山見好写庵 さん プロフィール

  •  
山見好写庵さん: 寄り道(フォト×俳句)
ハンドル名山見好写庵 さん
ブログタイトル寄り道(フォト×俳句)
ブログURLhttp://yamamizukisyaan.blog.fc2.com/
サイト紹介文2018年6月に俳句の面白さを知り日々勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 30日(平均8.9回/週) - 参加 2009/11/13 00:45

山見好写庵 さんのブログ記事

  • 上手になりたい
  • 犬の散歩中に飛行機雲があったのでスマホで撮っておいたのですが一週間も考えて居ても出てこない。下校途中の子供たちと見て居た情景を読みたかったけど上手く出来ず。情景への気持ちはあるのだけど頭が付いて来ずってところなんだろうか。学校はサボってばかりだったし今頃後悔(T_T)今からでも遅くないと思い毎日頑張ろうと思った今日この頃でした。今日の一句:待つ人の元へと向かう秋の空 まつひとの もとへとむかう あきのく [続きを読む]
  • 一つ家
  • 仕事ついでに映画「阿弥陀堂だより」のロケ地になった阿弥陀堂へ。側に棚田100選だったり小さな池だったり少し離れた場所には大銀杏、北竜湖や小菅里社&奥社などなど、この周辺の散策は気持ちが良いし考え事をするにはもってこい。人を引き込むような一句が出来るかなーぁっと思ってたけど未熟な自分にはまだまだ無理でした(^^;)アセ今日の一句:秋思かな人里離れた阿弥陀堂 しゅうしかな ひとざとはなれたあみだどう季語:秋思 [続きを読む]
  • 心も色々
  • 〇〇と秋の空っての思い出して調べてみたら「男心と秋の空」「女心と秋の空」の両方があったのを知らなかった。元々は男性バージョンだったらしく女性バージョンはイギリスの「A woman‘s mind and winter wind change often」(女心と冬の風)という ことわざから来てるらしい。ふと「心」のつく言葉を検索してみたら色々ありすぎ!それだけ人の心って色々とあるってことなんだろうけど何だか難しい話も出てきそうだから明日考え [続きを読む]
  • 渡旅
  • 標高500mぐらいの場所へブラブラっとしてみたら、まだアサギマダラが飛んで居た。町の朝晩の気温が10度ちょいぐらいだから山に入ると朝晩は一桁気温で寒くなって来てるけど渡り大丈夫だろうか?もしかしてだけど夏鳥の中には南国へ渡らず静岡の温かい場所で越冬する個体が居るって言うからアサギマダラも静岡で越冬する個体が居るのかも。命がけで大変だろうけど色々な山の紅葉を見ながら静岡へ行けるって羨ましいなーぁ。先月帰 [続きを読む]
  • 三日月
  • 先日の台風24号で実家(静岡)の屋根が数枚飛んで居たらしく修理を依頼するが自分が生まれる前からの家で傷みが進んでいたらしく直せないらしい(T_T)この際だから一棟を立て直そうって話が持ち上がってて財布が心配な今日この頃。子供の頃に下の歯が抜けると屋根に投げたり学校をサボるために屋根に上がって隠れたり(^^;)屋根って太陽さんに照らされたり雨風を受けたりと過酷な役割で大変だったんだろうなーぁっと考えながら月を撮 [続きを読む]
  • 丁度良い
  • 仕事のお供に愛犬を連れて歩くことが多い秋。猛禽の多い夏は襲われるのではないかっと怖くて一緒に山を歩けどないけど鷹の渡りもノスリばかりになったので久しぶりの同伴出勤。って言ってもイヌワシやクマタカが飛ぶ場所だから怖さはあるんだけど鈴がならない撮影中は熊が怖いから教えて貰わないと人間が危険。そんなわけで仕事を手伝って貰ったお礼に高原のドッグラン。ヒトには少し寒い山でも犬にとっては快適な温度。遊ぶぜ!走 [続きを読む]
  • やっぱ面白い
  • 毎日一句を作りながら勉強をしていて昨日は何となくで「手垢の付いた」ってのが分かって気がした。・・・って言っても今日になったら何だっけ?っと忘れてるけど(笑)数日前に撮ったハクセキレイが秋の季語だから一句っと思ったけど出来ない。最初は「知らん顔 夕暮れ頃には仲直り」ってしようと思ったけど季語が無い。ってか!セキレイの季語が入ってないし(笑)そんなこんなをしてて、ふと幼鳥の黄色い顔からレモン色。お?! [続きを読む]
  • コスモス畑
  • カメラ機材以外に色々な小道具があると楽しい遊びが出来る(^^)ニコ今回はシャボン玉で遊んでみたけど、こいつがなかなか難しい。欲しい場所を飛んでくれないし自動シャボン機を使うと玉が小さかったりする(T_T)玉を割れにくくするために液体も水、石鹸、砂糖、油っと気温や風の具合で配合が変わったりする。っと、楽しみながら一句を考えて居たんだけど、さっき調べてたらシャボン玉って春の季語だったんだ(T_T)虹色・・・夏の季語 [続きを読む]
  • 秋の声
  • 秋は色々な声が聞こえてくる。栗やドングリの落ちる音、虫の声、鳥の鳴き声、今年は温かいからなのか10月だと言うのにツクツクボウシの声も聞こえて来たり、当たり前の事だけど夏でもなく冬でもない。春と違った楽しさがあって面白い。鳥撮りで上ばかり見て居たけど、この日は何か面白いことがあるかもっと地上ばかり見てた。そんなことをしていたら居るはずの無い小人がホントは居るのでは?っと言う気持ちになってた(^^)ニコ今日 [続きを読む]
  • 忘れ物
  • 最近あれ忘れたが多い。酷い時は財布を忘れて出かける時も(^^;)アセ若年性アルツハイマーまでは行かないだろうけど、ちと心配に(T_T)ふと思い出したのが両親の事。父が母に「あれ何処だっけ?」っとか「おーい」っと言っただけで父が必要としている物を持ってくる母。長年連れ添った阿吽の呼吸なんだろうけど見事だなーぁって思う今日この頃でした。今日の一句:木通割れ阿吽揃わす夫婦かな あけびわれあうんそろわす夫婦かな季語 [続きを読む]
  • 甘い誘惑
  • また子供の頃の話だけど、木苺が大好きで父の写真撮りに付いて行くと探しまわっていた記憶が。山には色々な木の実があって、赤色だったり黄色だったり紫色だったり、どれも美味しそうな色。でも、どれも美味しいわけではありません。中には渋くて食べられないものも(^^;)アセそんな記憶を一句にしてみました。今日の一句:秋茱萸や色に騙され渋い顔 あきぐみやいろにだまされしぶいかお季語:茱萸(ぐみ)晩秋 【子季語】秋茱萸、 [続きを読む]
  • 釣り
  • 子供の頃に海で遊んでると釣り人をよく見かけて、何が連れてますかーぁ?って声をかけると、もうじきクジラが釣れるっとか人魚を釣りに来たとか言うジイさんが居て遊んで貰った記憶がある。静岡の駿河湾は浜辺から数メートルで深くなる場所が多いので深海魚が釣れちゃったりする(^^;)アセそんなことを思い出しながら湖畔を歩いていて海だとクジラや人魚だから山の湖畔だと龍が釣れるって言う人が居たら面白いのに。次に山で釣り人 [続きを読む]
  • 柿を見ると思うのが甘柿と渋柿の見分け方?最初はすべての柿は渋いらしく熟して行くうちに甘くなるらしい。っとネットで人は調べることが出来るけど動物たちは、どうやって見分けて居るんだろうか?柿だけに関わらずトウモロコシにしても木の実にしても美味しい時期に動物たちがやって来て食べる。よく聞くのが農家の人が「明日あたりに収穫だなーぁって思うと動物に朝一でやられてるんだよ」っと(^^;)昨年は近くのリンゴ園に熊が [続きを読む]
  • 米どころ
  • 仕事で米どころまで行ってきました。前回は赤い鳥を探しに出かけた6月頃。暑い暑いっと思ってたら早い物で稲刈りの時期に。あと10日もすれば山頂が白くなり里に雪がおり始める。師走には早いけど今年も終わりに近づく風景。そんなことを思いながら魚沼産のオニギリを食べつつ一句今日の一句:米どころ刈田の原に煙立つ こめどころかりたのはらにけむりたつ季語:刈田(かりた)晩秋 【子季語】刈田原、刈田道、刈田面被写体:稲刈 [続きを読む]
  • 写真を撮る時に太陽の位置を確認する。確認ついでに木漏れ日を撮ってしまう癖がある(^^;)アセ光線が長かったり短かったり虹色が出たりして結構面白い。折角V2を貰ったのに今日は机の上に置いて来てしまったのが残念(T_T)ってか!日陰は年がら年中あるのに何故季語に・・・・。仕方ないから木陰ってしてみたけど緑陰が木陰に当たるような記事も(^^;)季寄せ本だと問題ないらしいから、これを今日の一句にしよう(^^)ニコ今日の一句: [続きを読む]
  • 俳句用に
  • 友達に使わないから使う?っと言われて貰ったニコン1:V26年前の古いカメラだけど小さいし軽いし俳句用にっと使ってみたら結構イイ!野鳥撮りで重いカメラを持って出かけたはずがポケットに入れておいたV2で落ち葉だったり遊具だったりを撮って遊んで居たら鳥を1枚も切らずに帰宅(笑)帰宅後に愛犬も撮って見ようと仕事をほっぽらかしてカラスが山に帰る時間まで遊んでしまった(^^;)ってか!カメラは良いんだよ・・・俳句の腕を上 [続きを読む]
  • 寝てられない
  • エゾビタキ&サメビタキを撮りに行ったら気が付くと鳥仲間が消えている。少しして15mぐらい離れた場所でガサガサ音がする。もしかして熊?っと双眼鏡で覗くと仲間が枝を投げる姿が。ガサの後に小さくボトボト・・・っとあーぁ栗かーぁ。で!戻って来たら「家宝は寝てられない」っと一言(笑)面白かったから季語入れて575にしてみたけど、これって川柳???(^^;)今日の勉強になったこと。フォト俳句を始めた頃は写真を撮って来て [続きを読む]
  • いつもの散歩道
  • 週に1度は出かける霊仙寺湖。いつものように愛犬と一緒に2kmの散歩をしていると遠くで笛が聞こえてくる。収穫祭かなーぁ?秋祭りかなーぁ?っと目も耳も楽しい散歩の一句でした(^^)ニコ今日の一句:秋色にかすかに届く笛の音 あきいろにかすかにとどくふえのおと秋の色(あきのいろ)三秋 【子季語】秋色、秋光、秋景色、秋望む被写体:桜の紅葉カメラ:スマホ [続きを読む]
  • エゾビタキ
  • 秋になるとクマノミズキに来るエゾビタキ。毎年サメビタキと一緒に見掛けるから秋の季語だと思ってたら季語じゃなかったんだ。っと言うかサメビタキが夏鳥だったことも知らなかった(^^;)そっかそっかーぁ。写真を撮って居る時に一句を考えてたんだけど季語じゃないから作り直すことに。水木の実が秋の季語だから、それで作って行こうと思ったけど、どうも旅鳥ってのが気になる。旅鳥ってことは方々で色々な季節で見られるのなら季 [続きを読む]
  • ヒガンバナ
  • 子供の頃に毒があるからな!っと親父に言われて近くで見るのが怖かった彼岸花。彼岸花を見ると父の撮影に付いて行き巫女さんと遊んだ記憶が甦る。子供ながら背筋は伸びて居て綺麗なお姉さんって彼岸花見たいねって言った記憶がある。・・・・大人になって見て。20代の頃に巫女さんとお付き合いをする機会があった。やっぱ毒があった(笑)今日の一句:天仰ぎ気品漂う彼岸花 てんあおぎきひんただようひがんばな季語:曼珠沙華(ま [続きを読む]
  • 桜紅葉
  • 俳句の勉強を初めてから一番に気が付いたこと。・・・・老眼が始まって居た(笑)俳句本だったり歳時記だったり辞書だったりと小さな文字が見えにくい。あれ?っと、お約束の本を遠くにしたら あら不思議!読めるし(^^;)アセ中古で買った歳時記のカビ臭い匂いがしないわけだ(笑)っと言う一句を考えたんだけど、これだとかっちょ悪いから電子辞書の出現で古書を読まなくなったって意味にしておこう(笑)ってか桜紅葉も季語だけど [続きを読む]
  • 鷹の渡り
  • 朝仕事を終わらせてから鷹の渡り見物。今年は昨年とは違う場所で観察しつつ次の日のポイント探し。近い鷹柱は何ヶ所も見つけることが出来たけど数が少ない(T_T)ふと昨年のポイントへ出かけたら手の届きそう100羽の鷹の渡りと鷹柱!!すげーぇっと次の晴れ日にも出かけたけどサッパリ(^^;)自然相手だから仕方ないけどポイント探しが面白かった今期の鷹渡り。来年は渡途中の塒入りを狙って見ようかと考え中。あの雲と過ぎ行く鷹の山 [続きを読む]
  • 皆様 お気を付けください。
  • 大型で非常に強い台風第24号が近づいて居るようです。本州から北海道を縦断するらしいですが皆様気を付けて下さい。今朝、実家の母に電話して今日中に買い物を済まして週末は家に居るように電話を入れようと思ったら、なかなか電話に出ない(T_T)昼過ぎにやっと電話に出てくれて「分かった分かった。お菓子を買いこんどくよ」っと(笑)そう言えば先日の帰郷でレトルトパックの御飯を大量に買ってあげたりしてたの忘れてた(^^;)でも [続きを読む]
  • 小林一茶ゆかりの古寺
  • あきひがんわらいとまらぬのぼりざか何となくフラフラっと岩松院と浄光寺へ。ここには小林一茶の句碑があり「やせ蛙まけるな一茶これにあり」(岩松院)「山寺や畳の上の栗拾ひ」「大栗は猿の薬禮と見へにけり」(浄光寺)ここで詠んだのかーぁっと気持ちだけは一茶気分(笑)そんなこんなをしてたら墓参りに来た家族で詠んでみたけどヘッポコにはこれが精いっぱい(T_T)季語:秋彼岸(あきひがん)仲秋 【子季語】後の彼岸、秋彼岸 [続きを読む]
  • 秋の思い出
  • あきばれやはえるあかいろたべごろに赤いリンゴを見て、ふと20年前のことを思い出した。稲刈りの写真を撮ってたら婆様が亡くなった旦那も写真キチガイでねーぇ。。。。あんたも昼間からキチガイだなぁ(笑)長野名物のお茶しにしないかい?(休憩)に誘われ漬物を頂きながら世間話。そうだ!もうじき息子が帰って来るから写真を撮ってくれ!(お見合い写真)稲刈り風景を撮らせて貰ったお礼にokをしたら、持ってきたカメラは古いバ [続きを読む]