Luxurydays. さん プロフィール

  •  
Luxurydays.さん: PATEK PHILIPPE Blog by Luxurydays.
ハンドル名Luxurydays. さん
ブログタイトルPATEK PHILIPPE Blog by Luxurydays.
ブログURLhttps://luxurydays.exblog.jp/
サイト紹介文VINTAGE PATEK PHILIPPEを中心に価値のあるタイムピースをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/11/14 23:04

Luxurydays. さんのブログ記事

  • Get fly on to PARIS
  • 今日から久しぶりの海外出張です。さしあたりの行き先はこれまた久しぶりのパリとなっております。雲が低くてやや流れが早いですね。飛行機が揺れそうです…Aquanaut 5065/1Aをお供に…秋の気配が濃くなりましたが、まだ汗ばむこともあるのでブレスレットウォッチが重宝しますね。 [続きを読む]
  • The repeaterbook on a beautiful walnuts desk
  • オーダーしていたクリ材を使った作業デスクが納品されました。天板は40mm厚の無垢板三枚ハギなので強度を確保するためと美観上のアクセントとして、黒檀の蝶々を入れてもらいました。無垢材の温かみがありながら、比較的硬めの素材ということもありピシッとした仕上がりです。最近納品した1920-30’s頃に最初にラインナップされたリピーターシリーズ、いくつかのケースタイプがありますが、現在17本のみが... [続きを読む]
  • I have joined a lecture meeting about HONDA Jet.
  • Honda Aircraft company の藤野道格社長の講演に参加してきました。何冊かホンダジェットに関する書籍は読んでいたので、お話しされたアウトラインは知っているエピソードばかりでした。しかしその内容については藤野社長の人柄が現れた訥々とした語り方もあり、ご苦労されたお話しの臨場感は想像を絶するものがありました。恥ずかしながら何度も涙が流れるのを堪えなくてはならない場面があ... [続きを読む]
  • Just arrived a very nice Nautilus Jumbo Steel ref.3700/1A
  • Coolなヴィンテージ・スポーツ、ref.3700/1 ノーチラス・ジャンボが入荷しました。コンディションはとても良好です。ブレスレットのロックに付いているカラトラバマークもクリスプなコンディションです。もちろんクラスプにNautilusの刻印もあります。ケースの裏側(ケースバックは一体式なので、丸型以外の部分)の梨地もオリジナルです。ノーチラスはケースとブレスレットのヘアラインの番... [続きを読む]
  • I'm ordering a chestnut woods desk
  • 昨日は、オーダーしている仕事用の机を木工所の工房で見てきました。事務作業のほか、時計も扱うのでシッカリした硬さのある素材としてChestnut(栗材)を選んでいます。体格の問題で、なかなかちょうど良い高さの机に出会えず、腰痛の問題もあり、椅子と高さを合わせた作業机をオーダーする事になりました。今回は仕上げのステインの色の発色具合をサンプルに塗ってもらい確認してきました。思い切ってレッド... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.10
  • さて、今回でDB5の購入記もいったん最終回となります。また機会があれば、様々なエピソードをご紹介したいと思っています。最終回は、どのように遠く日本から離れた、ニューポート・パグネルからこの素晴らしいDB5がやって来て、お客様の元へお届けしたかをご紹介しましょう。アストン・マーティン・ワークスのN氏はデリバリーに先立って、DB5に素晴らしいコーティングを施してくれました。ちなみに通常... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.9
  • 今日はDB5のエンジンについてお話ししましょう。エンジンは当時のエンジンブロックやヘッドを使用しつつ、内部のピストン及びシリンダースリーブ、バルブなどはすべて新しい部品を用いてオーバーホールされています。この画像は見やすくするために回転させてありますが、ピストンとコンロッドを組み込んだ後、シリンダーブロックの下部から撮影したものです。この部分にオイルパンが組み付けられることになります... [続きを読む]
  • Just arrived some new stocks
  • 香港出張から帰国して、そのまま自宅には戻らず国内出張と、ややハードなスケジュールでした。右から、ref.1578R 1950年代中盤ref.3429J 1960年代前半ref.3558G 1960年代こうは出張終了後に事務所へ立寄ると、いくつかの時計のオーバーホールが完了しており、ちょうどジュネーブからアーカイブスも到着していました。香港で入手した時計も、まもなく到着する見込... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.8
  • 今日はDB5の内装のレストア工程について少しご紹介します。ドライバーズシートのレストア前の状況ドライバーズシートのレストア後の状況これらの画像を見比べると、オリジナルに忠実にレストアが行われていることが分かります。ナチュラルなレザーの光沢具合や、シートの張りの再現は経験のいる作業かと思われます。ファクトリーで縫製されているシートのレーザパーツファクトリーで聞いた担当者から... [続きを読む]
  • Had good meal with my friends
  • 昨日は一日中オークション・プレビューをまわりやや疲れ気味でした。街にはダブルデッカーが行き交います。3939Pフルセットはお買い得なタイミングかもしれません。現在世界中で、大人気のAmagnetic 3417も出品されています。かなりの高額で落札されると予想します。1578RGはなかなか良いコンディションですが、高くなりそうですね。ディナーは気の置けない、友人・先輩の業界関係... [続きを読む]
  • We had quite nice dinner at Cipriani again
  • 昨日から香港に入りました。雲はあるもののなかなかの好天です。しかし、かなり暑く湿度も高いため、建物内との気温差に慣れません。暑いからといってTシャツ一枚で外出してしまうと、屋内で風邪をひいてしまいます。Over coolingがおもてなしの文化ですし、基本全館空調ですから、部分的に設定温度を上げてもらうことは難しいです。夕食は、久しぶりにCipriani Hong Kongへ行き... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.7
  • 私がNewport Pagnellのファクトリーを訪れた日も、規則正しいハンマーを打ち下ろす音がショールームにも絶えず聞こえていました。今回のDB5がレストアされた記録の画像とともにその工程を振り返ってみましょう。経験に裏打ちされた確かな職人技と、正確なデータに基づいた数値管理により一枚のアルミ板から複雑な曲線を持ったボディパネルが造り出されていきます。各パネルは、決められた接続代を... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.6
  • 今日はアストン・マーティン・ワークスによる、新車以上というレストアの様子を、前回記事のボディワーク編につづいてご紹介します。フロントサスペンションはすべて新品パーツか、オーバーホール済みのパーツで構成されています。ダンパーは当時よりも性能のよい、現代の交通事情にあったスペックが与えられています。リアサスペンションも同様に完全にレストアされていますが、アクスルの支持方法など、オリジナ... [続きを読む]
  • Just was arrived a nicer Aquanaut 5065/1A full set
  • 久しぶりにコンディションの良い、初代アクアノート・ジャンボref.5065/1Aが入荷しました。ベゼルのオリジナルラインをのした個体は、希少です。オリジナルギャランティー、Box、未使用のトロピカルストラップ、バックル付属です。ブレスレットは非常に手の込んだ造りです。このブレスレット裏面のサーフェスは微妙にカーブしており、研磨によって表情が失われやすい部分です。 [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.5
  • 今回から、記事数回にわたってAston Martin Worksによってレストア・レコードとして撮影された素晴らしい画像の一部をご紹介します。ファクトリーの前で撮影されたレストア作業完成後の車両まず、レストア車両の候補として認められるためには、各部を分解した上で、目視などの検査を受けます。その後、車両全体を3Dスキャンし、ボディーの左右対称性や歪みなどがチェックされます。これは3D... [続きを読む]
  • Il Aurora Ottantotto SIGARO Azure
  • 重要な文書にサインするときに使うつもりで入手したアウロラの万年筆モデル88、EFサイズのニブであることも手伝い、カリカリとした小気味よい書き味です。使い込んでいけば、書き手の癖なりに18Kのペン先が摩耗して馴染んできます。精密な造りのクロームフィニッシュの軸先が気に入っています。キャップリングには限定品の証しに通し番号が…たしか生産数は688本だったはずです。マーブル・ブルーと称される... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.4
  • このブログ記事のタイトルが示す様に、お客様は私どもが作成した概算見積書をご覧になり即座に購入を決断されました。一言、「このプレミアム価格は、言うなれば時間を買うという意味になりますね」と添えられたことが印象的でした。今考えてもこれは本質をついた考察をされたと思います。それは、私がニューポートパグネルのアストン・マーティン・ワークスのショールームで出会ったイギリス人と思しき紳士の言葉が忘れら... [続きを読む]
  • A story of purchasing the DB5 from Newport Pagnell Vol.3
  • 現在では世界的にクラシックカーから、ネオクラシックといわれる年代まで、メーカー自ら行うレストアレーションの需要が高まっており、フェラーリのクラシケも日本で拠点を開くようですし、また一部のポルシェ・センターではポルシェ・クラシックのサービスが行われています。当然各サービスが先行している本国の拠点には非常に多くの問い合わせが集まることになります。後からわかったことですが、それはアストン・マーテ... [続きを読む]
  • Get back flight to Tokyo
  • 今日はジュネーブからの帰国日です。ジュネーブは雨がちで肌寒かったですが、時折晴れ間も見えました。新緑が萌え出る季節、藤の花も咲き始めています。今朝駅に向かう道すがら、青空も見えました。乗り継ぎ地のロンドンに到着し、フライト待ちをしていると、ほぼ快晴の中、飛行機が飛んで行きました。まもなく搭乗になります。 [続きを読む]
  • I’ve visited at the salon de PATEK PHILIPPE
  • 今日はジュネーブ滞在中、最後のオークション日程でした。残念ながらBidは早々に諦め、Geneva Salonへ行ってきました。相変わらずファサードは豪奢な造りです。今年の新作、5531Rクロワゾネダイアルを見ることができました。リピーターサウンドも、クラシックゴングながら、非常に美しいノートを奏でていました。注目のレディース・パイロット・ウォッチ7234Rも腕に載せてみましたが37m... [続きを読む]
  • We have a nice lunch meeting in Sandy
  • ジュネーブでの日曜日はブランチを気の置けない友人たちと、ジェッドーの見えるレストランで頂きました。席に着いた時にはまだ人もまばらでしたが、すぐ満席になりました。日曜日に食事のできる場所を探すのはいつも苦労します。トマトてブッラータ、カプレーゼとは少し違います。スフレ仕立てのサラダ。ビーフタルタルはビネガーが効いています。情報交換をしながら楽しい時間を過ごしました。 [続きを読む]