Asami@戦国お城ライター さん プロフィール

  •  
Asami@戦国お城ライターさん: 愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!
ハンドル名Asami@戦国お城ライター さん
ブログタイトル愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!
ブログURLhttps://ameblo.jp/aichioshiromeguri/
サイト紹介文愛知県のお城や戦国関連情報サイト!
自由文このブログは、愛知県のお城、戦国武将ゆかりの地を紹介します。また私の好きな作品の中からの『今日のひとこと』を織り交ぜながら、『分かりやすく、楽しく!』紹介してきますので、宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/11/16 09:10

Asami@戦国お城ライター さんのブログ記事

  • 小折城(こおりじょう)
  • 小折城(こおりじょう) 〜生駒屋敷〜文明年間(1469〜1487)に大和国(奈良県)から、この地に移ってきた生駒(いこま)氏。この地は小牧〜一宮を通る街道と、名古屋〜犬山を結ぶ岩倉街道が交差する交通の要所でした。ここで生駒氏は馬借(運送業)で財を成し、尾張屈指の豪族に。この家に生まれた吉乃は、織田信長の側室となり、長男・信忠、次男・信雄、長女・五徳を生みました。その後このお城は、小牧・長久手の合 [続きを読む]
  • 大道寺砦(だいどうじとりで)
  • 大道寺砦(だいどうじとりで)美濃の国を攻め取るために、小牧山城に居を構えた織田信長。手始めに周辺の小口城・犬山城を攻め落としています。この砦は犬山城の前衛の砦であり、兼松全四郎(又四郎との説も)という人が守っていました。扶桑町指定文化財の山門がある、専修院が砦跡と伝わります。なぜこの山門が指定文化財なのか?それはなんとこの山門、犬山城二ノ丸の矢来門で、明治九年にこのお寺に移築されたそうです。※も [続きを読む]
  • 茶臼山砦(ちゃうすやまとりで)
  • 茶臼山砦(ちゃうすやまとりで)築造年不明、被葬者不明の前方後円墳。小牧・長久手の合戦時、羽柴方がこの古墳に砦を築いたとの記録が残っています。小牧・長久手合戦時、羽柴秀吉がこの上に登って物見もしたと伝わる青塚古墳。残念ながら、現在では古墳の上に登ることは出来ませし、砦としての遺構も残っていません。※もっと詳しい茶臼山砦はこちら にほんブログ村 ↑いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 楽田城(がくでんじょう)
  • 楽田城(がくでんじょう)永正元年(1504)に織田久長の築城と伝わります。永禄年間始め(1558〜)、犬山城主・織田信清に奪われましたが、信長が犬山城を攻め信清を追放、坂井政尚に守らせました。しかし元亀元年に、堅田の戦いで政尚が討ち死にしたため、梶川高盛が城主になりました。高盛の死後、しばらくして廃城に。そして小牧・長久手合戦で堀秀政が入城し、後に秀吉が本陣を楽田城に移しました。楽田城は現在の犬 [続きを読む]
  • 犬山城(城下町編)
  • 犬山城 の続きです。 数年前に、犬山城下町の電柱が地中化されて、景色も変わりましたね☆ 【茶運び人形】などが見学できる[ からくり館(上写真)] や、貴重な歴史史料が展示されている[文化史料館]などもあります。 おみやげに人気の忍冬酒。このお店は約400年も前から続くお店で、犬山城の成瀬のお殿様にも献上されたと伝えられている尾張最古の銘酒。お味は……あまい、薬のような味で……それもそのはず、滋養豊富で体温の [続きを読む]
  • 羽黒城(はぐろじょう)
  • 羽黒城(はぐろじょう)鎌倉幕府の重臣・梶原景時。平家が滅び、幕府創設時には、権勢を振るいましたが、源頼朝が死亡すると、梶原一族は鎌倉から追放され、この地に落ち延びてきました。景時の孫である影親は、ここに館を築き、一族代々移住しました。時は、戦国時代。影親から数えて十七代目の影義は、織田信長に仕え、羽黒村三千石の領主となりましたが、本能寺の変で討ち死にしています。お城跡は、犬山市羽黒町の興禅寺の東 [続きを読む]
  • 犬山城(いぬやまじょう)
  • 犬山城(いぬやまじょう)天文六年(1537)に織田信康が、居城の木ノ下城を三光寺山(今の犬山城のある場所)に移したのが始まり。 2004年4月に、その長い個人所有のお城としての歴史を終えた国宝・犬山城。現在は財団法人犬山城白帝文庫の所有となりました。 切妻付櫓。付櫓とは天守の入り口に敵が迫った時、側面から敵を攻撃するために作られた施設です。ここまで敵が迫れば、後は何やっても落城しそうな感じがします [続きを読む]
  • 木之下城(きのしたじょう)
  • 木之下城(きのしたじょう)小口城(大口町)の織田広近が築き初代城主となりましたが、後に織田信康(織田信秀の弟、つまり信長の叔父さん)が、天文六年(1537)に現在の犬山城を築き、移り住んだので木之下は廃城になりました。お城跡は犬山城の南側すぐの所にあり、現在は愛宕神社になっています。敷地内にはどんな日照りのときも、決して枯れる事がなかったと伝わる伝説の井戸、『金明水』がありました。※もっと詳しい [続きを読む]
  • 正光寺砦(しょうこうじとりで)
  • 正光寺砦(しょうこうじとりで)『張州雑志』という資料に『大高村の東南五町計りに有り』と記述があります。桶狭間合戦時、大高城を包囲する為の砦として築かれたとのこと。また一説には、大高中学校の西ではないか?との事ですが、大高中学校の南にかなり砦チックな高台がありました。現在民家となっているこの地は、独立した舌状の高台になっており、東は大高台地が見渡せる絶好の場所です。あくまで推測地ということで記載し [続きを読む]
  • 氷上砦(ひかみとりで)
  • 氷上砦(ひかみとりで)氷上砦は『信長公記』には記載がなく、『張州雑誌』や『尾州知多郡大高古城図』など限られた資料に記載されています。桶狭間合戦では、大高城(今川方)に対抗するために織田方が築き、西方丘陵上に堀、土塁があったと言いますが…現在の氷上姉子神社の西南という説もありますが確定はできませんでした。ところで、氷上姉子神社から、少し西へ行った所に『取手山』という山があります。名前からして砦があ [続きを読む]
  • 中島砦(なかしまとりで)
  • 中島砦(なかしまとりで) =中島城=永禄二年(1559)織田信長が、今川氏に備え築いた砦です。城主は梶川平左衛門と伝わります。桶狭間合戦では…熱田神宮から善照寺砦に入った信長。桶狭間に近づくために進んだのが中島城でした。一説によれば、この時義元が桶狭間山で休息しているとの知らせが入ったとか。これにより中島城から織田軍が桶狭間に向かいます。※もっと詳しい中島砦はこちら にほんブログ村 ↑今日も最後に [続きを読む]
  • 善照寺砦(ぜんしょうじとりで)
  • 善照寺砦(ぜんしょうじとりで)鳴海城・大高城が今川方に落とされた際、その備えとして織田方が築いた、鷲津・丸根砦。実はこの善照寺砦もその時、織田方によって築かれましたが、あまり知られていません。と、言うのも、鷲津・丸根砦は後の天下人徳川家康が攻めたり、攻められた際、守備していた城兵が全滅したりと、いろいろ話題がありましたがここは、なんとか持ち堪えていたのです。清洲から打って出た信長勢は、熱田神宮で [続きを読む]