かまぬし さん プロフィール

  •  
かまぬしさん: 竹炭工房 無限窯の窯主ブログ
ハンドル名かまぬし さん
ブログタイトル竹炭工房 無限窯の窯主ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mugengama/
サイト紹介文東京の秘境、檜原村で昔ながらの土窯を使い、こだわりの硬質竹炭と高純度竹酢液をつくっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 345日(平均0.3回/週) - 参加 2009/11/17 01:55

かまぬし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • NHKのサッカーW杯アプリがすごかった!
  • サッカーW杯が始まりました。中高はサッカー部だったので、いつも楽しく観ているのですが、NHKのスマホアプリ『NHK 2018 FIFA ワールドカップ』が高評価で、試してみたらほんとにすごかった! ライブ配信の画質も良いし、すぐに今までのプレーを見直せたり、すべてのアングルから見れたり、選手や試合内容のデータも見やすいし、至れり尽くせり。これはほんとにオススメです。http://realsound.jp/tech/2018/06/post-207439.html [続きを読む]
  • スギナ茶、実飲・実食
  • スギナ茶が乾燥できたので、さっそく実飲。 今回は煎じず、急須に入れてみました。 まだ乾燥が甘かったからか、すごく草の香りがします。苦味は全くないですし、飲めるは飲めます。でも、ノメ〜とした味で毎日飲みたいという感じではないです。やっぱり他の野草茶とブレンドしたほうが良いですね。 他に、粉砕して料理に使うこともできるそうです。 試しにカレーにふりかけてみましたが、ん〜可もなく不可もなく。香草ではな [続きを読む]
  • スギナ茶
  • 窯場に生えてるスギナをお茶にしてみました。スギナは、つくしが成長した後に生えてくる草のことです。 窯場でもたくさんあって、今まで雑草として草刈りして捨てていたのですけれど、ビタミンが豊富で、利尿作用があり、デトックスにも効果があるというのを聞いて、初めて採ってみました。 根っこごと採取して、ついてる土は水で洗い流します。 日陰干しで乾燥中。もう少し経ったら、煎じて飲んでみます。 [続きを読む]
  • 蒸留竹酢液の変色
  • 蒸留竹酢液は直射日光に当てると色が濃くなります。しかし、暗所に数日置くと、元の色に戻ります。 この現象は前から確認していたのですが、今回、写真を撮って検証してみました。まず、 同じ蒸留竹酢液を入れたものを2本用意します。(2018.5.15撮影)Bだけを直射日光に10分間当てて、色が濃くします。(2018.5.15撮影)A:光に当てていない蒸留竹酢液B:10分間光を当てた蒸留竹酢液(2018.5.15撮影)変色させてから暗所に保管し [続きを読む]
  • 竹炭ペンダント
  • ひさびさに竹炭ペンダントを制作しました。 硬質な竹炭は電磁波を遮蔽する働きがあることから、ペースメーカーを付けている方に愛用してもらっています。 また、なんとなく(科学的根拠がないので・・)気持ちが落ち着きます♪ ペンダントは一番硬質なものを選びます。 硬質の目安は抵抗値Ωでわかり、今回のは8〜30Ωでした。 粗い紙ヤスリから形をつくり・・ 細かい紙ヤスリで研磨していきます。 最後はもっと細かいもので [続きを読む]
  • コナラの虫こぶ
  • 自宅の近くのコナラの木に直径4cmほどの実みたいなものを見つけ、コナラにこんな実はならないだろうと思ってネットで調べてみたら、『虫こぶ(虫エイ)』でした。 虫こぶとは、植物の内部に昆虫が卵を産み付けることによって、植物組織が異常な発達を起こしてできるこぶ状の突起のこと。 有名なのがマタタビの実の虫こぶで、通常の実よりも薬効が高く、焼酎に漬けて薬用に使われています。 ちなみに虫こぶの名前の付け方は決ま [続きを読む]
  • 竹の念珠
  • 奈良にある「癌封じ」で有名な大安寺の竹の念珠。 新しく無塗装になったので質感がきもちいい。 のぞき玉からは十一面観音様が拝めます。 我が家はガンになる人が多い家系なので、家族全員分のガン封じのご祈祷を受けてきました。ご祈祷の最後に頂ける「笹酒」と「笹水」。私は運転手なので「笹水」をいただきましたが、竹の香りがしてホッとします。 竹の薬効と観音様の霊威に感謝。 http://take-sumi.com/ [続きを読む]
  • 復興のシンボルツリーと竹炭
  • 宮城県塩釜市のJR本塩釜駅のロータリーに、今年2月に植樹した桜に、土壌改良材として無限窯の竹炭を使っていただきました。 「桜守」で著名な佐野籐右衛門さんが育てた30年ものの「祇園シダレ桜」1本に、竹炭をたっぷり100kgも腐葉土や堆肥と混ぜて根元に埋めていただきまして、本当にうれしいですし、ありがたい・・。 生育環境が良ければ千年も生きる品種だそうで、復興のシンボルツリーとして末永く元気に育ってもらいたいです [続きを読む]
  • 山の水
  • 浄水用や竹炭まくらに使う小粒の炭は、水洗いして細かい粉を洗い流します。 水道水を使う時もありますが、窯場の脇から少量だけ流れる水はきれいなので、それが枯れてないときは山の水を使います。 竹炭も山の水の方が気持ちよさそうです♪ http://take-sumi.com/ [続きを読む]
  • 萱草(かんぞう)のお浸し
  • 窯場の近くに生えていた萱草(かんぞう)。山菜としてはポピュラーらしいのですが、今まで気がつきませんでした。 ほのかな甘みがあって、これはいける!お浸しと天ぷらを試してみましたが、お浸しの方がうまかった。ちなみに漢方の甘草ではないです。 http://take-sumi.com/ [続きを読む]
  • 猫砂に竹炭
  • 猫のトイレの『猫砂』に消臭のための竹炭を加えてみてもらいました。 我が家には猫はいませんので、2匹のニャンコと同居の友人に頼みました。 ほとんどの猫砂には消臭剤が含まれているので、竹炭を入れる意味があるのか、という疑問があったのですが、ものは試しで、試してみることに。 用意したのは5mm以下の小粒の竹炭。猫砂は取り出しやすくするために尿や糞が入ると固まります。竹炭も一緒に固まらなければいけないので、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …