かまぬし さん プロフィール

  •  
かまぬしさん: 竹炭工房 無限窯の窯主ブログ
ハンドル名かまぬし さん
ブログタイトル竹炭工房 無限窯の窯主ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mugengama/
サイト紹介文東京の秘境、檜原村で昔ながらの土窯を使い、こだわりの硬質竹炭と高純度竹酢液をつくっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/11/17 01:55

かまぬし さんのブログ記事

  • 伊勢神宮の懐中時計と文鎮
  • 実家の地元の神社で伊勢神宮の式年遷宮記念の懐中時計と御用材で作った文鎮をいただいてしまいました。なんともうれしいー!ありがたいです!!皇紀2673年は平成25年で、この間の式年遷宮です。http://www.isejingu.or.jp/sp/sengu/the62nd/index.html懐中時計は普段だと炭まみれになりそうなので、背広を着て神社仏閣にお参りする時に身に着けさせていただきます。文鎮は御用材の残材を使っていて、芯におもりが入っています。習 [続きを読む]
  • タマゴタケ、実食!
  • 竹林でタマゴタケ発見! 採って食べるのは初めてなので、毒キノコでないか図鑑やネットで何度も確認。https://yamahack.com/651 似た毒キノコは、カサにイボがついていたり(ベニテングタケ) 、色が黄色かったり(タマゴタケモドキ)します。それでも不安なので、フェイスブック仲間に確認して、ようやく食べる気に。 恐る恐る食べて、1日経って何ともなかったので、ホッ。 私の不安そうな様子を見て家族は敬遠・・。一人で [続きを読む]
  • 蚊には竹酢液を二度塗りで!
  • 竹伐り中です。写真を見ると気持ちよさそうに見えますが、この時期の竹林と言ったら、やっぱり蚊!だいたい10匹以上は集まってきます。うれしくないハーレム状態…。 携帯用の蚊取り線香を焚き、虫除けスプレーをしてそれでもダメですね。なので、刺される前提での対策として、竹酢液を作業前に手や顔に塗り、刺された後にもう一度塗ると良いです。そうすると、痒くなく腫れません。 刺された後に塗るときは少し滲みるので、滲み [続きを読む]
  • 葛と屑
  • 「窯主はこんな人」話 2つい最近まで、植物の葛と、「この人間のクズめ!」と言うときに使う「クズ(屑)」と同じと思ってました。 いやいや、言い訳させてください! つる科の葛はとんでもない繁殖力と葉っぱの大きさで草木をあっという間に覆いかぶさり、窯場で草刈りする時は刈払機に絡まったり、ほんとにやっかいな植物なんですよ。 なので蔑視語にも使われるほどかなーと…。 「葛って蔑視語に使われるだけあってやっかい [続きを読む]
  • サワガニ取りの仕掛けに・・
  • この季節、粒炭を洗っている水場の桶には、ほぼ毎回サワガニが入っています。 樋から水と一緒に桶に落ちて逃げれない、ちょっとしたカニ取りの仕掛けになってしまっています。 多いときには5匹も! 天ぷらや素揚げにしたら美味しく食べれるのでしょうけど、今のところリリース。ほんとに食に困ったらいただきます。 【竹炭工房 無限窯】 安心の土窯で焼いたこだわりの竹炭・竹酢液 [続きを読む]
  • 炭汁は園芸に!
  • 浄水用竹炭や竹炭まくらに使う粒炭は、粉を取り除くために洗浄しています。その時にできる墨汁みたいな粉の炭汁は普段はそのまま川に流していますが、今回はトマトに撒いてみました。炭なのでだいぶアルカリ性が強い水になっているので、良い作用だけではないかもしれませんが、土壌改良と生育が良くなることを期待します。 ちなみに洗浄の仕方は、 桶に水と粒炭を入れて撹拌、 浮いている炭だけを取り、 底に沈んだ炭を別の [続きを読む]
  • 炭汁は園芸に!
  • 浄水用竹炭や竹炭まくらに使う粒炭は、粉を取り除くために洗浄しています。その時にできる墨汁みたいな粉の炭汁は普段はそのまま川に流していますが、今回はトマトに撒いてみました。炭なのでだいぶアルカリ性が強い水になっているので、良い作用だけではないかもしれませんが、土壌改良と生育が良くなることを期待します。 ちなみに洗浄の仕方は、 桶に水と粒炭を入れて撹拌、 浮いている炭だけを取り、 底に沈んだ炭を別の [続きを読む]
  • 免疫を高める「エキナセア」
  • 免疫力を高める効能がある北米原産のハーブ「エキナセア」。 数年前に窯場に植えて、ようやく増えてきました。 お茶のほかにサプリメントやチンキにも使えるそうで、先日のスギナと同じように粉砕して煎ってフリカケにしてみます。 全草が使え、特に根に有効成分があるとのことなのですけど、もっと増やしたいので当分は地上部(葉、茎、花)を使わせてもらおう。 参考:ハーブのちからhttp://an-herb.com/echinacea.html [続きを読む]
  • 抜け殻の正体は・・
  • 窯場で確認できてる蛇はマムシ、ヤマカガシ、アオダイショウ。 今回、小屋の中で見つけた蛇の抜け殻は150センチほどの長さでした。 調べるとマムシは45〜60センチ、ヤマカガシは60〜120センチなので、今回のはアオダイショウなのでしょう。 アオダイショウは「人とともに暮らすヘビ」と言われ、人家や倉庫で生活することもあり、ネズミを捕食することから益獣と扱われることもあるそうな。(かたや飼い鳥や卵も食べます) そうい [続きを読む]
  • ヘビの脱皮
  • 窯場の小屋の中で蛇の脱皮の抜け殻を発見。 長さ1.5mほど。結構大きい。 え〜こんな大きいのが小屋の中にいたの!? 火が入っている時は、ここで寝泊まりしているのですけど… 【竹炭工房 無限窯】 安心の土窯で焼いたこだわりの竹炭・竹酢液 [続きを読む]
  • 窯場の入口に芸能人!?
  • 先週の水曜日、窯場の入口の檜原街道で、私でも見たことがある芸人さんたちが。サイコロの出た目の数だけバス停を進み、飲食店を探す企画の旅番組だそうで、だからあんな何もないところにいたのか。びっくりしました・・。それにしても、あそこから数馬温泉まで結構な距離なのに歩いたの?暑いのにお疲れさまです。明日16日夜7時放送。帰れマンデー見っけ隊!!|テレビ朝日出演者:サンドイッチマン、渡辺直美、 大谷亮平 。http:/ [続きを読む]
  • セミの脱皮前の幼虫、発見!
  • 昨夜の20時頃、自宅の玄関前でゆっくり動く虫を発見。 よく見ると脱皮前のセミの幼虫でした! 脱皮中のセミは観察したことがありましたが、これは初めて。 (動かない)脱皮の皮はいつも見ているので、それをまとった幼虫がゆっくり動くのを見るのはちょっと感動。 茶色の皮の奥に白い本体が透けて見えます。 基本的には、空が暗くなった午後8時過ぎごろから背中が割れて羽化が始まり、その2時間後には羽が伸び、朝方には飛び [続きを読む]
  • 梅干しづくり
  • 実家で梅干しづくりをしていました。 我が家では、青梅を塩水に漬ける前に消毒のための焼酎をくぐらせるそうです。 瓶に入れ重石をして一週間ほど置いたら、ザルに広げて天日干しします。 ここで広げたりひっくり返ししたりする時には手袋や箸を使うそうな。 塩が多ければそんなに問題ないみたいですが、なるべく雑菌が付かないようにした方がいいみたいです。 梅雨も明けましたし、いい梅干になりそうです。 [続きを読む]
  • 靖国神社 桜の根元
  • 愛宕神社参拝の日に、靖国神社と東京大神宮もお参りしてきました。 靖国神社の能楽堂 その周辺の桜の木の根元には、腐葉土のような木チップが施されていました。 去年は気づかなかったので、最近なのかもしれません。 樹木の根は地中で呼吸しています。 土を踏み固めてしまうと地中に空気が入らず、根は弱り、生育が悪くなっていきます。 こちらのような参拝者が大勢通る場所ではどうしても踏まれてしまいますが、色が違う木チ [続きを読む]
  • 大祓の形代
  • 昨日は夏越の大祓。 ずっと昔から日本で行われてきた厄払いの儀式。 最近は年2回の大祓を毎回受けているので、半年分の私と車の罪・穢れを形代に遷し、お焚き上げしていただきました。 心身ともにリセットされた感じがします。 【竹炭工房 無限窯】 安心の土窯で焼いたこだわりの竹炭・竹酢液 [続きを読む]
  • 「’98.梅のさとうづけの汁」
  • 実家の床下収納庫で、「’98.梅の砂糖漬けの汁」と書かれた汚れた瓶を発掘! ’98って20年前?字は私なのに、まったく記憶にない・・。 恐る恐る蓋を開けて、匂いを嗅いでみると、おぉ〜、養命酒みたいな香り。腐ってなく、発酵してるようです。 舐めてみると、しっかり甘い!発酵すると糖分がアルコールに変化しますけど、糖分濃度が濃いと発酵しても甘さが残るのか。 2倍に水で薄めて飲んでみたら、いや〜こりゃ旨い♪アルコ [続きを読む]
  • 愛宕神社(3)顔ハメ看板
  • せっかくなので、「顔ハメ看板」撮ってきました。 一つは「江戸城無血開城会談」。今年のNHK大河ドラマは西郷さんなので、後半に愛宕神社での会談も登場してくるでしょうね。幕末は大好きなので楽しみです。 もう一つは「出世の石段」 江戸時代、曲垣平九郎という武士が愛宕神社の急勾配の石段を馬で駆け上がり、それを見た将軍様に讃えられ出世したことから、「出世の石段」と呼ばれるようになりました。 ほんとに急勾配なので [続きを読む]
  • 愛宕神社(2)茅の輪
  • 境内に入ると、あれ、何かやってる・・ もうすぐ夏越の大祓ということで、 ちょうど茅の輪を作っていました。 こうやって作るのですね。材料の茅。 台に設置。その上下に竹の葉を束ねてありました。竹は清めや結界によく使われます。他で見た茅の輪は、輪の左右に竹葉が束ねて置いてありましたので地域でいろいろあるのですね。 ちなみに、この輪をくぐり越えて罪・穢れを取り除いていただくので、茅に厄災が遷されています。 [続きを読む]
  • 愛宕神社(1)狛犬と竹炭
  • 愛宕神社は火の神様なので、窯場の神棚にてお祀りしています。 その去年の古札を(遅くなりましたが)返しに参拝してきました。 港区の愛宕神社の出世の石段。 その石段の手前の狛犬 この右側の狛犬、十数年前は膝の部分が破損していまして、銅像なので空洞になっていたのですけれど、その時、何気なく中を覗いてみたら、なんと竹炭が一枚入っていたんです! 竹炭を作っている私が発見するって面白いですよね♪ (修復跡が見え [続きを読む]
  • 窯主はこんな人
  • 私の人となりを紹介する「窯主はこんな人」の話を始めます。 実家の庭の紫陽花の花が、なぜか一房だけ額紫陽花になってました。 母 「今年は一房だけ額紫陽花になってるのよ。なんでだろう?」私 「あれじゃない。里帰りじゃない?」母 「それ、先祖返り!」 ということで、私はだいぶ言葉を知りません。このテーマ、こんな自虐ネタしかないかも...。 http://take-sumi.com/ [続きを読む]
  • ヤマネ or 野ネズミの寝床
  • 窯場の物置にある収納ケースを開けてみたら、枯れ葉がびっしり!ヤマネか野ネズミの寝床でしょうね。 横から。下半分はビニール袋で、その上にびっしり枯れ葉が・・。 窯場のいたるところに枯れ葉の塊を見つけます。 数年前には竹筒に枯れ葉が詰まっていて、見てみるとヤマネが冬眠していたこともありました。死んでるかと思って、外に出して雪の上に置いた写真がこちら。かすかにスースーと息をしてて、真冬で寒いのに悪いこ [続きを読む]
  • NHKのサッカーW杯アプリがすごかった!
  • サッカーW杯が始まりました。中高はサッカー部だったので、いつも楽しく観ているのですが、NHKのスマホアプリ『NHK 2018 FIFA ワールドカップ』が高評価で、試してみたらほんとにすごかった! ライブ配信の画質も良いし、すぐに今までのプレーを見直せたり、すべてのアングルから見れたり、選手や試合内容のデータも見やすいし、至れり尽くせり。これはほんとにオススメです。http://realsound.jp/tech/2018/06/post-207439.html [続きを読む]