Anzama さん プロフィール

  •  
Anzamaさん: 単身物語
ハンドル名Anzama さん
ブログタイトル単身物語
ブログURLhttp://sherwood018.blog89.fc2.com/
サイト紹介文祝単身赴任1周年、なんだかんだと1年経ちました。
自由文最近の記事の傾向、歴史にゲームにパソコンってなんかバラバラだ〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/11/17 14:09

Anzama さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ミニ・クーパー 納車
  • ようやく新型ミニ・クーパーが納車されました。前車のワンはエアコンもマニアルで、結構使いずらい車でしたが、このクーパーは、エアコン、ワイパー、ライト、外気導入などがオートになっていて、大変便利で扱いやすいです。アイドリングストップも付いていて、ようやく普通の車になった感じです。エンジンは独特の排気音ですが、振動はほとんど感じません。トルクが太くて、大変使い易いです。アクセルを踏むとかなり速いです。い [続きを読む]
  • ミニ・クーパー ブレーキシステム
  • ミニ・クーパーのブレーキシステムはたくさんあります。コンピュータ制御の塊ですね。よくわかりません。・アンチロックブレーキシステム(ABS)・エレクトロニックブレーキフォースディストリビューション(EBD) (前後輪の回転差を検出し、これによって前後輪に最適な制動力を配分するシステム)・コーナリングブレーキコントロール(CBC)付きの油圧式2回路ブレーキシステム (姿勢変化を察知し、左右別々にブレーキへの力の [続きを読む]
  • ミニ・クーパー スペアタイヤ
  • ミニ・クーパーにスペアタイヤが付いていません。今頃気が付きました。ランフラットタイヤというタイヤをはいていて、パンクしても80km走行が可能になっているようです。タイヤのサイドのゴムが補強されていてパンクしても極端につぶれなくてある程度走行が可能になっているようです。高速道路なのでパンクしても継続運転が可能で、停車して危険なタイヤ交換をしなくても良いようになっています。安全を重視した為の製品のよう [続きを読む]
  • ミニ・クーパーの足回り
  • ミニの足回りですが、フロントがストラット式サスペンションリアがマルチリンク式サスペンションになっています。FF車のほとんどがエンジンルームのスペースを確保する為フロントがストラット式サスペンションです。サスペンション自体がアッパーアームの役割を兼ねているので、構造が簡単になります。ダブルウィッシュボーンがいいのでしょうが、ここは各社の腕の見せ所のようです。リアはFF車の場合トーションビーム式が一般 [続きを読む]
  • ミニ・クーパー 車体剛性
  • ミニの車体は当然ながらモノコックボディです。ほぼ全ての乗用車がこの構造ですよね。一部のオフロードタイプは、ラダーフレームにボディがのっかっていますが、その用途を考えたら当然の事です。強度を上げれば、板厚を厚くしたり、構造が複雑になって重くなる。軽量化とせめぎ合いです。ボディ剛性はなかなか定量化できるものではありませんが、やはり、乗り心地に表れてくるみたいです。ミニに乗ると、硬いといった感覚がすぐに [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジン (まとめ)
  • ミニ・クーパーのエンジンについてまとめます。・インタークーラー・オイルクーラー・樹脂製吸気マニフォールド・ロングストローク・バイブレーションダンパー・バランスシャフト・ターボチャージャー(アルミ製/ウォータージャケット)・加給圧制御・シリンダーヘッド一体式排気マニフォールド・マニフォールドコンバータ(三元触媒)・ツインO2センサー・筒内ガソリン噴射・高圧縮比・ダイレクトイグニッション・ダブルVANOS( [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは(その6)
  • ミニのエンジンにはスロットルバルブがありません。スロットルバルブの代わりに付いているのが、バルブトロニックで吸気側のシリンダーヘッドに突き刺さっているのがそのアクチュエータです。アクセルの踏み込みに応じてアクチュエータが回転する事によりカムの駆動機構の軸が偏心し、バルブのリフト量が可変になる構造です。この機構によりBMWはスロットルバルブを無くす事ができました。スロットルバルブが無くなる事により、 [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは(その5)
  • この写真はエンジンの後ろ側からのものです。オートマ用なのでフライホイールは付いていません。タイミングチェーンがリア側についています。普通はフロント側だと思いますが。フロント側の補器類とのテンションとバランスを取ったのでしょうか?2本のカムシャフトに付いているのがダブルVANOS(バノス)です。ドイツ語でVariable Nockenwellen Steuerung(可変カムシャフトタイミング)で、読んで字の如く、吸気と排気のカムシャ [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは(その4)
  • この写真はエンジンカバーの中を撮ったものです。ガソリン直噴の要である高圧用ポンプのようです。カムシャフトから駆動しているようです。筒内噴射する為には燃料圧をかなり高くする必要があります。昇圧するには電気式ポンプでは難しく、機械式のポンプが必要です。これは、噂のボッシュ製ですかね?奥に見えるのがダイレクトイグニッションのコイルですね。ガソリンを直噴する事により、ガソリンが気化熱を吸収することで、シリ [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは(その3)
  • こちらは、排気側の写真です。ターボチャージャーがあります。他の記事に載っていた通り、排気側のタービンケーシングがアルミ製でウォータージャケットが通っています。ウェストゲートのアクチェーターは電動のようです。加給圧制御を自在に制御しているものと思われます。更に良く見ると排気マニフォールドが存在しません。シリンダーヘッドと一体になっていて、そこからウォータージャケットが続いています。シリンダーヘッドに [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは(その2)
  • この写真はエンジンの正面のものです。見て分かるようにエンジン自体が後ろに傾斜しています。これは、エンジンが縦に長くてそのままではボンネットにぶつかってしまう為でしょう。エンジンの諸元でボア×ストロークが82×94.6mmでロングストロークです。エンジン高が高くなる原因のひとつです。ちなみに、ロングストロークはトルク重視のエンジンだという事です。クランクシャフトプーリーはバイブレーションダンパーとも [続きを読む]
  • ミニ・クーパーのエンジンは
  • クーパーの3気筒エンジンについてもっと良く知りたいと思いましたがなかなか詳しい事が書かれているところが無くて、写真もエンジンルームの写真ばかりで、しかもエンジンカバーがあって、ほとんど隙間が無いので、全く良くわかりません。さんざんネットを探しまくってドイツのHPに写真がありました。ミニ・クーパーのエンジンモックアップ写真です。エンジンカバーはBMWになってますね。モックアップ写真をみて、今更ながら、イ [続きを読む]
  • ミニについて
  • ミニについていろいろ調べてみましたが、それぞれの記事に共通しているのが、この車が好きであるという事です。かく言う私も、3年間ミニに乗って他の車に乗るという考えが全く起きなかった事からも、この車には不思議な魅力がありますね。ミニからミニへ乗り継ぐといった人が多いのは、改めて実感です。ミニはドイツ車ですよね。ドイツと言えばアウトバーンアウトバーンは速度無制限の高速道路ですよね。そんなドイツ車の新型ミニ [続きを読む]
  • ミニ クーパー インテリア
  • 次はインテリアです。こんな感じかな。センター部には待望の純正カーナビを付けました。これがバカ高いですが、純正しかつかないのでしょうがないです。外周部がLEDになっていて状況に応じて色が変化するようです。高価な割にはタッチ機能はついてなくて、操作はシフトレバーの横に設置された別置きのコントローラーで操作します。丸いところがタッチセンサーになっていて字が書いて入力できるみたいです。かなり操作が複雑で慣 [続きを読む]
  • ミニ クーパー エクステリア
  • ミニクーパーのボディーカラーはツートンが標準です。ルーフ、ミラーキャップがホワイトが一般的のようです。前回赤だったんで、青系のディープブルーを選択してみました。標準仕様が白とオレンジしかなくディープブルーはオプションになります。標準が2色しかないのは少なすぎますね。ホィール・タイヤは標準15インチアルミ(5,5J x 15・175/65 R15)です。オプションも豊富ですがバカ高いです。実に大人しい外観です。年相応です [続きを読む]
  • 新型ミニ(クーパー)とは
  • さて、新型ミニに乗り換えるという事で、クーパーの仕様を少し掘り下げてみたいと思います。まずは車体諸元値から全長 3835 mm(3740mm)全幅 1725 mm(1685mm)全高 1430 mm(1430mm) ( )は旧ミニ仕様トランク容量211 L車両重量1200 kgここで注目は全幅1700mmを超えたので3ナンバーになった事です。ナンバープレートが変わる位の事で、自動車税や車両重量税には影響はない様ですが結構さわがれていたような?全長が95mm長くなった事 [続きを読む]
  • 新型ミニ
  • 現在乗ってるミニ(ワン)が12月で3年目になります。ミニの最下位グレードだったのですが、結構高価で、いわゆる残クレで購入しました。当然、残債分を清算しなくてはなりません。最初は残債分を再ローンにするつもりだったのですが、この3年間エンジンのトラブルが多く、このまま乗り続けるのに、うちの奥さんが難色を示していました。新しくするにも、どうしても残債清算する必要があります。残債が約130万円、ミニ(ワン)のグ [続きを読む]
  • 沖縄旅行(4日目)
  • 沖縄旅行も最終日の4日目です。天気はなんとか曇り空・・・ホテル日航アリビラ「ベルデマール」の美味しい朝食を食べながら昨日の「斎場御嶽」をリベンジしようとスマホの雨雲レーダーを見たら那覇方面は真っ赤で土砂降り状態!!ここ(読谷村)から南へ行けば、間違いなく大雨と遭遇です。「斎場御嶽」には縁が無かったという事で、ここから北へ行くことに。帰りの飛行機が14:10ですので、そんなに遠くへは行けません。沖縄 [続きを読む]
  • 沖縄旅行(3日目)
  • 沖縄旅行3日目はあの有名な世界遺産「首里城」です。NHKのドラマ「テンペスト」の舞台の「首里城」です。10時頃ついたのですが、やはり人が多かった。中国人?韓国人?でした。当日予約していた水中観光船「オルカ」は出港するけれど、雨で海が濁って全く見えないという事だったのでキャンセルした為、「首里城」にはたっぷりと時間が取れる事になり、スタンプラリーに挑戦する事に・・・私はあんまりやる気はなかったのです [続きを読む]
  • 沖縄旅行(2日目)
  • 2日目は、沖縄観光人気1位の美ら海水族館へ行って来ました。美ら海は「ちゅらうみ」と読むみたいです。読めないですよね。さすが、人気1位。人が多いです。ですが、日本人ではない。韓国人?中国人?日本語が聞こえてきません。ここは、沖縄海洋博の後の公園で海洋生物園から水族館になったようです。沖縄海洋博なつかしいですね。水族館の一番の人気は黒潮の海という水槽です。巨大なジンベイザメが3匹、他の巨大魚と一緒にゆ [続きを読む]
  • 沖縄旅行(1日目)
  • 会社からリフレッシュ休暇がでました。少しながらお金ももらったので、奥さんと沖縄に行って来ました。2人だけでの旅行は新婚旅行以来かもしれませんw飛行機は早割75%引きでANAで2か月前に予約。現地でレンタカーを借りて3泊4日のプランです。旅行期間はまだ、梅雨が明けてなくて、ずっと曇りか雨でした。ちょっと残念でしたが、暑いのもイヤなのでちょうどよかったかも知れません。1日目は空港からアメリカンビレッジ [続きを読む]
  • 燃費偽装問題
  • 燃費偽装問題が世間を騒げせている今日この頃です。まさか、こんな日がくるとは思いませんでした。まさに、パンドラの箱を開けてしまった感があります。世間ではどうもカタログ燃費についてよくわかってないですよね。カタログ燃費は国土交通省の定めたJC08モード排ガス試験における実際の燃費の実データです。国土交通省の試験場にメーカーがこれから売り出す車を持ち込んで国が定めた排ガス規制値にこれから売ろうとしている車が [続きを読む]
  • 黄金のファラオと大ピラミッド展
  • 先日、仙台市博物館の特別展示「黄金のファラオと大ピラミッド展」に行って来ました。平日だったけれど、結構人が来ていました。やはり、エジプトのピラミッド関係は人気がありますね。1度は見てみたい自分のNo1は「ピラミッド」ですが、最近のエジプト方面は治安が悪くて行ける気がしません。今回の展示の目玉が「アメンエムオペト王の黄金のマスク」です。紀元前993〜984年という事です。以外と小さくてペラペラ感があり [続きを読む]
  • 過去の記事 …