kyoshusen さん プロフィール

  •  
kyoshusenさん: Nゲージレイアウト 郷愁の情景
ハンドル名kyoshusen さん
ブログタイトルNゲージレイアウト 郷愁の情景
ブログURLhttp://kyoshusen.blog101.fc2.com/
サイト紹介文昭和四十年代の鉄道風景をイメージしたNゲージレイアウトを製作しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/11/18 14:47

kyoshusen さんのブログ記事

  • 路線バスまだ続きます
  • カトーの2台めの路線バスを仕上げる作業の続きです。中乃郷カラーに塗り替えたボディーに社名入りラインと出入口表示を取り付けます。製作法は1台めと同じで、コピー用紙に印刷したものにPPテープを貼り付けてカットし、木工ボンドでボディーに貼っています。出入口表示は、こちらも1台めと同じく前扉「しめきり」中扉「出入口」のツーマン仕様です。続いて方向幕とナンバーも取り付けます。方向幕の行先は、終点に到着し、方 [続きを読む]
  • 路線バス再び
  • 前回で路線バスの点灯化と固定が完了しましたが、カトーの路線バスは2台入りですので、もう1台バスが残っています。もう1台の方は、電飾なしで通運会社営業所脇の待機所に停めておく予定なのですが、そちらのバスも、ここでボディーの塗り替えとディテールアップを行っておくことにします。というわけで、バス加工記事が今回も続きます。こちらは待機所に停まっているバスですので、中扉は閉まっている状態にします。閉状態用中 [続きを読む]
  • 路線バス点灯化完了
  • 拙い仕上がりながらも、駅前に配置する路線バスの改装工事がボディー下回り共に何とか終了しましたので、今回は点灯加工を施してレイアウトに取り付けます。まずは路線バス配置場所に穴を開け、室内灯用チップLEDを通します。穴はLEDの他に光ファイバーも通しますので、今回は直径3ミリにしてあります。ボディーの方にはマーカーランプを取り付けました。カットした直径0.5ミリの光ファイバーの先端にクリアーブルーを塗 [続きを読む]
  • 路線バスに乗る人々
  • 前回で路線バスの上回りが仕上がりましたので、今回は下回りの方を仕上げていきます。カトーの路線バスは座席など車内の様子も表現されていますが、全面黒塗りでムードが今一つです。で、上のように色を付けてみました。座席はグリーン、床は木製のイメージで茶色にしています。中扉のすぐ後ろは車掌席ですので、座席がありません。上は付属パーツの中扉です。扉が閉まっている状態と開いている状態の両方を表現できるように二種の [続きを読む]
  • 路線バスの上回りの仕上げ
  • 路線バスのボディーのディテールアップ作業が続きます。フロントの方向幕には行先表示を入れました。行先は、中乃郷の奥座敷山湯温泉です。行先表示が方向幕窓のHゴムからはみ出していますが、表示自体のムードは悪くないので、これでいいことにします。製作法はラインや出入口表示と同じで、コピー用紙に印刷したものにPPテープを貼り付けてカットです。側面の方向幕にも行先表示を入れます。さすがにここまで文字が小さいとカ [続きを読む]
  • 路線バスに社名入りラインを付ける
  • 路線バスには、たいていボディーに会社名が入っているものです。当社の路線バスにも、社名を入れてみたいと思います。コピー用紙に印刷した鉄道会社名にPPテープを貼り、それを細長くカットして、ライン状にしてみました。ラインの幅は1ミリくらいになっています。製作した社名入りラインをボディーの溝に合わせてカットし、木工ボンドでボディーに貼り付けていきます。反対側の側面は中扉が開いているので、「中乃郷電気鉄道」 [続きを読む]
  • 路線バスの色差しとウェザリング
  • 前回は駅前に配置する路線バスを中乃郷カラーに塗り替えましたが、塗り替えた際にウィンカーやバンパーなどの塗装も埋没してしまいました。で、今回はそれらの塗装を復活させる作業からです。ウィンカーにはクリアーオレンジを入れ、バンパーはアクリルのフラットアルミで塗ります。フォグランプにはエナメルのクリアーイエローを入れましたが、そのまま近鉄マルーンの上に塗っても色が載りませんので、フォグランプ部分だけ、いっ [続きを読む]
  • 路線バスを中乃郷カラーに
  • 新年明けましておめでとうございます。着工以後、4度目の正月を迎えることとなったものの、未だ開通時期未定の中乃郷電鉄ですが、今年も拙ブログと中乃郷電気鉄道株式会社をよろしくお願い申し上げます。中乃郷駅前に配置する路線バスを仕上げる作業が続きます。カトーの路線バスは旧国鉄カラーですが、中乃郷駅前発の路線バスは中乃郷電鉄が運行していることにしたいと思います。なので、路線バスも鉄コレと同じように中乃郷カラ [続きを読む]
  • 路線バスの点灯化準備工事
  • 中乃郷駅前に電話ボックスとポストが付きましたが、続いて駅前に配置する路線バスを仕上げます。使用するのはカトーの路線バスです。こちらも電飾してレイアウトに固定します。バスの電飾には光ファイバーを使います。今回のレイアウトを製作するにあたり、細かい部分の電飾には光ファイバーが必要になるかと思い、上の光ファイバー三菱レイヨン「エスカ」を購入して、ストックしておいたのですが、今まで使用する機会がありません [続きを読む]
  • 駅前の電話ボックス設置完了
  • 中乃郷駅前の電話ボックス設置工事が続きます。今回は、前回製作した電話ボックスの隣りに配置する、もう1台の電話ボックスを製作します。これまで製作してきた電話ボックスと同じように、こちらも点灯加工を施します。駅前電話ボックス2号機が完成しました。こちらはフィギュアなしです。これまでの電話ボックスは、フィギュアのせいで、せっかくの電話機パーツが影に隠れて見えなくなっていましたが、これはボックスの中のディ [続きを読む]
  • 駅前に電話ボックスを
  • 通運会社営業所が固定され、その横の未舗装部分の地面もできあがって、中乃郷駅の駅前は徐々に駅前らしい雰囲気になりつつあります。今回は中乃郷駅前にさんけいの電話ボックスを設置し、駅前をさらにディテールアップさせます。以前消防屯所横に電話ボックスを置いたときは、電話ボックスに取り付けたLEDのコネクターをレイアウトベースに開けた穴から逃がしたのですが、電話ボックスの床よりもコネクターを逃がすための穴の方 [続きを読む]
  • 自作通運会社営業所の取り付け
  • 前回で中華料理屋の固定作業が完了し、レイアウト奥側のストラクチャーの固定が、すべて終わりましたので、ストラクチャー固定作業は再び駅前からとなります。今回は、唯一のフルスクラッチストラクチャーである通運会社営業所をレイアウトに取り付けます。こちらは、照明組み込み済みですので、そのまま固定するだけです。設置場所にスチレンボードのストラクチャーベースを付けるのは、いつも通りです。ストラクチャーベース全面 [続きを読む]
  • 中華料理屋完成
  • さんけいの中華料理屋をレイアウトに固定する作業の続きです。地面に土を撒き、草を生やして、中華料理屋の周囲は上のようになりました。ストラクチャーベースに仮留めしておいたチップLEDを中華料理屋の天井に貼り付け、中華料理屋本体をストラクチャーベースに接着して、中華料理屋竣工です。夜景はこんな感じです。さらに、踏切に車両を載せ、自動踏切Ⅱを作動させて雰囲気を見てみます。美軌模型店のきらめきライトが、車両 [続きを読む]
  • 中華料理屋横のバラスト撒布
  • さんけいの中華料理屋を固定する作業の続きです。前回はストラクチャーベースの取り付けまで行いましたので、今回は中華料理屋周囲の地面製作です。中華料理屋は自動踏切Ⅱのスピーカーにかぶせますので、すぐ横にはレールがあります。なので、まずはスピーカー横のレールにバラストを撒いてしまいます。バラストは、前作「国鉄郷州線」製作時に使用したモーリン製が、まだ残ってますので、それを使います。郷州線と同じように、ロ [続きを読む]
  • トミックス自動踏切Ⅱのスピーカー隠ぺい工作
  • 今回はさんけいの中華料理屋を仕上げます。ウェザリングに失敗して、壁全面を塗り替えていますので、オリジナルとはだいぶ趣きが異なる建物になっています。踏切を渡ると民家はないので、町の一番外れに、なぜか中華料理屋が立地していることになりますが・・・それは、このストラクチャーが自動踏切Ⅱのスピーカーを隠ぺいする役割を担っているためです。中華料理屋の形やサイズがスピーカー部分を隠すのにちょうどよかったので、 [続きを読む]
  • 消防屯所と火の見やぐらの取り付け
  • 前回は消防屯所の横に設置する電話ボックスを製作しました。今回はその電話ボックスをレイアウトに固定し、さらに消防屯所と火の見やぐらを取り付けていきます。まずは消防屯所のストラクチャーベースをスチレンボードで作り、レイアウトに接着・・・電話ボックスのLEDのリード線を通す穴も開けます。そして電話ボックスの固定です。LEDのリード線を通しているレイアウトベースの穴を隠すため、電話ボックスの床の下に1ミリ [続きを読む]
  • 電話ボックスを作る
  • クリーニング屋の隣りには消防団の屯所を配置します。これはGM「商店セット」の余りパーツと、こばるのプラノイタを利用して作った自作ストラクチャーです。建物本体は点灯せず、正面の赤色灯だけ点灯するようになっています。上は、駅前に電話ボックスを設置したいと思い、それ用にストックしておいた、さんけいのジオラマオプションキット「電話ボックスA」です。このキットは電話ボックスが4台作れますので、1台を消防屯所 [続きを読む]
  • クリーニング屋完成
  • 前回でクリーニング屋の照明組み込み作業が完了し、後はレイアウトに固定するだけですが、その前にクリーニング屋の前に立てる街灯付き電柱を製作します。製作方法は、さんけい「民家C」の前に立てたものと同じです。GM製電柱と、エバーグリーンのハーフラウンド棒2本でLEDのリード線を挟んで作った自作部分とを組み合わせて作ります。上はハーフラウンド棒2本の間から顔を出したLEDに、画用紙の笠を取り付け、木工ボン [続きを読む]
  • クリーニング屋の仕上げ
  • 建売住宅の隣りには、GMの「商店セット」を利用して作ったクリーニング屋を配置します。このストラクチャーは、「商店セット」付属のシールを使って製作した点灯可能な袖看板を付けています。遮光、点灯テストは済んでますので、さっそくLEDの取り付けにかかります。袖看板のLEDのリード線は、屋根と壁の間を通して室内へ逃がします。さらに店内の仕切りと受付カウンターを取り付け、簡単な内部表現も行いました。少し前に [続きを読む]
  • ジオコレの建売住宅を仕上げる
  • 洋館付き住宅の隣りには、建コレ「建売住宅B3」の緑屋根の建売住宅を置きます。2棟入りの「建売住宅B3」ですが、もう1棟は別の場所に配置したいと考えています。窓の裏側は、ぺんてるホワイトで塗装済みです。遮光作業前に一応点灯テストを・・・前回設置した洋館付き住宅は、ほぼ遮光不要でしたが、同じ建コレでも、壁の色が白っぽいこのストラクチャーは、内側からLEDを当てると上のように壁全体が輝いてしまいます。こ [続きを読む]
  • 洋館付き住宅完成
  • 今回は、建コレ「洋館付き住宅・医院2」の洋館付き住宅を仕上げます。洋館付き住宅とは和風住宅に洋館を増築した家屋のことで、大正から昭和初期に多く建てられていたらしく、映画「となりのトトロ」にも、これとは造りの違う洋館付き住宅が「サツキとメイの家」として登場しています。このストラクチャーは、ウェザリングは程よく効いているように思えますので、追加のウェザリングは行わず、このままの状態で使うことにします。 [続きを読む]
  • さんけい「民家C」完成
  • 仕上げの途中だったさんけい「民家C」ですが、家の前の電柱ができあがりましたので、今回は「民家C」を固定します。まずは「民家C」の敷地を塀で囲みます。塀は、さんけいジオラマオプションキットの「塀C」を使います。リアルな覗き穴(?)が気に入り、採用することにしました。「塀C」を「民家C」の敷地の形に合わせて切り継ぎ、上のように配置しました。「塀C」は長さが7.5センチしかないので、2セットを使用してま [続きを読む]
  • 街灯付き電柱を作る
  • さんけい「民家C」の仕上げの途中ですが、今回は「民家C」の前に建てる街灯付きの電柱を製作します。電柱はグリーンマックスのものを使います。GM製電柱は街灯取り付け部分よりも上だけを使用し、下側はエバーグリーンの直径1.2ミリハーフラウンドプラ棒で作ります。これまで製作してきた街灯と同じように、LEDのリード線をハーフラウンド棒2本で挟み、リード線を目立たないようにさせる方式です。リード線とハーフラウ [続きを読む]
  • さんけい「民家C」の仕上げ
  • 医院の隣りには、さんけいのペーパーストラクチャー「民家C」を配置します。これまで商店ばかり並べてきた駅前通りですが、ここで一般の住宅の登場です。このあたりから徐々に商店と住宅が混在するようになり、次第に町はずれ風の雰囲気になっていくというシナリオです。まずはLEDの取り付けからです。光漏れしないよう接着面の隙間などをアルミテープでふさぎ、点灯状態を確認してから、2階の天井にPPテープでチップLED [続きを読む]
  • 医院完成
  • 建コレの医院を仕上げる作業の続きです。前回はチップLEDと木工ボンドで作った玄関灯を取り付けましたが、建物本体用のLEDも付けました。屋根や壁の接着面の隙間をアルミテープでふさぎ、窓の裏側はレースカーテンのイメージで白く塗っています。続いて1ミリ厚スチレンボードで作ったストラクチャーベースをレイアウトに接着します。ストラクチャーベースの右側には、やはり1ミリ厚スチレンボードで作ったガレージの支柱の [続きを読む]