kyoshusen さん プロフィール

  •  
kyoshusenさん: Nゲージレイアウト 郷愁の情景
ハンドル名kyoshusen さん
ブログタイトルNゲージレイアウト 郷愁の情景
ブログURLhttp://kyoshusen.blog101.fc2.com/
サイト紹介文昭和四十年代の鉄道風景をイメージしたNゲージレイアウトを製作しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/11/18 14:47

kyoshusen さんのブログ記事

  • さんけい「住宅B」完成
  • さんけい「住宅B」の仕上げの続きです。前回製作した住宅周りの小物類を取り付けていきます。塀は、建物の正面側と裏庭のある側だけ付けることにします。裏庭側の塀は、建コレの建売住宅の塀の残りを流用しました。敷地内の地面を作り・・・建物本体を固定して、「住宅B」竣工です。庭に、カトーの樹木キットを利用して作った樹木を1本植えました。建物正面側からのカットを1枚・・・玄関の前は路地で、その路地を抜けて表通り [続きを読む]
  • さんけい「住宅B」の仕上げ
  • 前回は、さんけい「住宅B」建設予定地前に「中乃郷商栄会」看板付き街灯の最後の1本を取り付けました。街灯設置が完了し、「住宅B」固定の準備が整いましたので、今回は「住宅B」の仕上げです。まずは電飾作業からです。ペーパーキットですので、遮光は光が漏れる部分や透ける部分にアルミテープを貼るだけです。遮光塗装は不要です。キットには物干しが付属しています。物干しを組み立て、以前に使用したさんけい「商店F」の [続きを読む]
  • 商店街の街灯最終章
  • ストラクチャー固定作業が続きます。次に仕上げるのは、さんけいの「民家B」です。さんけい製品では「民家C」がすでにレイアウト固定済みですが、この「民家B」も同じような木造建築で、「民家C」よりも若干大きめになってます。こちらを表具店の隣りに建てます。と、その前に街灯設置作業を行います。商店会名看板付き街灯を「民家B」の前に立てようと思います。道路に穴を開け、チップLEDを通します。商店会名看板付き街 [続きを読む]
  • 電柱とマイカー
  • 今回は、前回固定した建コレ「現代住宅A2」の前に街灯付き電柱を立てます。街灯用のLEDのリード線を通す穴は、「現代住宅A2」固定前に開けてあります。製作法は、これまでの街灯付き電柱と同じです。まずは道路に開けた穴にチップLEDを通します。LEDのリード線の着色が必要な部分は、LEDを穴に通す前に、先に塗っておきます。直径1.5ミリハーフラウンドプラ棒2本でリード線を挟み・・・画用紙の街灯笠を取り付 [続きを読む]
  • ジオコレ「現代住宅」の仕上げ
  • 今回は、建コレの「現代住宅A2」を仕上げます。現代風の住宅がそろっている建コレ「現代住宅」シリーズですが、この「現代住宅A」タイプは昭和時代の田舎町にも似合ってくれそうなスタイルです。まずは電飾作業からです。塗装とアルミテープ貼りの併用で遮光を行い、天井にチップLEDを貼り付けます。1階テラスは、内側にもう1枚壁が存在しているのですが、その部分の遮光はせず、プラ板ごと光を透過させてテラスの窓を光ら [続きを読む]
  • 表具店完成
  • 今回は建コレ「靴屋・表具店」の表具店を仕上げます。土蔵造りの店蔵をイメージした建物のようです。ちなみに同梱の靴屋の方は、すでにレイアウト固定済みです。さっそく点灯化作業にかかります。内側に遮光塗装を施し、屋根裏にチップLEDを貼り付けます。このストラクチャーもベースを付けず、直接ボードに取り付けます。配置場所にはLEDのリード線を通す穴を開けました。この建物は店のショーウィンドウが張り出しており、 [続きを読む]
  • 建売住宅完成
  • 建コレ「建売住宅B3」の青屋根の方の建売住宅の仕上げの続きです。キット付属の塀を敷地のサイズに合わせてカットし、レイアウトに取り付けます。このストラクチャーは直接ボードに貼り付けますので、ストラクチャーベースは付けません。ボードにはLEDのリード線を通す穴も開けました。次に建物周囲の地面を作ります。スチレンボードで作った玄関ポーチとテラスのポーチ、玄関の飛び石を取り付け、土、草、砂利を撒きます。さ [続きを読む]
  • 2棟めの建売住宅を仕上げる
  • 今回は、建コレ「建売住宅B3」の2棟の建売住宅の内の青屋根の建売住宅を仕上げます。もう片方の緑屋根の建売住宅は、昨年レイアウトに固定しています。窓の裏側は、レースカーテンのイメージでぺんてるホワイトを塗っています。今回のレイアウトでは、ほとんどのストラクチャーの窓をぺんてるホワイトで塗っているのですが、建コレの場合は窓ガラスにスモークが入っているので、窓を白く塗っても、レースカーテンではなく普通の [続きを読む]
  • 薬局完成
  • さんけい製「薬局」の仕上げの続きです。今回は建物本体をレイアウトに固定します。ベースボードにスチレンボード製自作ストラクチャーベースを取り付け、LEDのリード線を逃がす穴を開けます。そして、建物をストラクチャーベースに接着・・・臭突も取り付けます。さらに建物の周囲に土と草を固着させて薬局竣工です。建物の正面側には、キット付属ののぼりも立てました。他に自動販売機の付録もあるのですが、そちらは好みに合 [続きを読む]
  • 薬局の仕上げ
  • 今回は、前回仕上げたそば屋と同じさんけい製ペーパーストラクチャーの「薬局」を仕上げます。本来このストラクチャーはもっと明るいカラーなのですが、オリジナルより薄汚い色合いになっているのは、ウェザリングに失敗して塗り直しているためです。このストラクチャーには物干し台が付いてますので、まずは物干し台のディテールアップを行います。この建物はタクシー営業所の隣りに建てますが、通常の観賞方向から見ると、後ろ向 [続きを読む]
  • そば屋完成
  • 今回は、前回仕上げたそば屋をレイアウトに固定します。まずは自作ストラクチャーベースの取り付けからです。ライトグレイで塗った1ミリ厚スチレンボード製のストラクチャーベースを、そば屋配置場所に貼り付けます。そしてストラクチャーベースにLEDのリード線を通すための穴開けを・・・と、別の小穴から、またしても街灯用のLEDが顔を出しています。ここには街灯付き電柱を立てます。ストラクチャーベースの周囲には、リ [続きを読む]
  • そば屋の仕上げ
  • タクシー営業所の隣りには、さんけいのペーパーストラクチャー「そば屋」を配置します。老舗の風格を漂わせる重厚な造りのそば屋です。とりあえず付属の暖簾を付けてますが、暖簾に屋号が入っておらず、また建物に屋号の看板も付いてませんので・・・屋号入りの暖簾を作ってみました。材料はコピー用紙で、裏面にも色を付けています。自作暖簾に取り換え、正面は上のようになりました。内部です。正面1階部分は、構造上玄関のレー [続きを読む]
  • タクシーできました
  • カーコレのセドリックをタクシーに変えてしまう作業の続きです。駅前に配置したカトーの路線バスにはサイドミラーを取り付けましたので、タクシーにもサイドミラーを付けてみます。材料は路線バスのミラーと同じく画用紙と美軌模型店の直径0.15ミリ燐青銅線です。画用紙で作ったミラーと燐青銅線のステーを木工ボンドで接着し、サイドミラー完成です。接着後に全体をアクリルのフラットアルミで塗っています。完成したミラーを [続きを読む]
  • 駅前タクシー営業所にタクシーを
  • 前回で駅前タクシー営業所ができあがりましたが、せっかく作ったタクシー営業所にタクシーが1台もいないのは、ちょっと寂しいです。そこで、今回はタクシー営業所に配置するタクシーを作ってみたいと思います。上は中古品取扱い店で見つけたカーコレ第10弾の日産セドリックです。このセドリックは昭和44年から45年にかけて販売されていたモデルをプロトタイプとしているようで、昭和40年代後半の時代設定の当レイアウトに [続きを読む]
  • タクシー営業所完成
  • タクシー営業所脇の街灯が完成しましたので、今回はタクシー営業所を固定し、周囲の地面を仕上げます。LEDのリード線を事務所部分に開けてある穴から逃がし、車庫のベースの上に車庫をかぶせて建物を接着します。事務所横には付属パーツのガスボンベを取り付け、また、車庫内には同じ付属パーツのタクシー待ち用と思われるイスを取り付けています。ところで、事務所の壁には大きな窓と小窓が並んでますが、小窓の方はトイレの窓 [続きを読む]
  • 久々の街灯製作
  • 前回でタクシー営業所のLED取り付けが完了し、後は建物を固定するだけとなりました。まずは自作ストラクチャーベースの接着です。車庫部分だけに1ミリ厚スチレンボードのストラクチャーベースを取り付けます。事務所が建つ場所には、LEDのリード線を逃がす穴を開けています。と、小穴からチップLEDが・・・建物固定前に、この場所に街灯を設置してみたいと思います。今回は久々に商店会名看板の付いた街灯を作ってみます [続きを読む]
  • タクシー営業所点灯化完了
  • 建コレのタクシー営業所の仕上げの続きです。今回は電飾作業です。車庫の屋根と事務所の屋根の裏側に、それぞれチップLEDを取り付けます。LEDは電球色のものを使用していますが、より電球色感を出すため、発光部をクリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜた色で塗りました。この建物は遮光性が良いので、LEDが直接当たる部分だけアルミテープで遮光してあります。車庫の屋根裏に付けたLEDのリード線を事務所内に逃が [続きを読む]
  • タクシー営業所の仕上げ
  • しばらくの間、ストラクチャー仕上げ作業から離れていましたが、今回より再びストラクチャー仕上げ作業に戻ります。今回は、建コレの「駅前タクシー営業所2」を仕上げます。自作看板を取り付け、仮組みしてレイアウトに置いてある、というのが現状です。まずは、内部にLEDを入れて点灯テストを行ってみます。このストラクチャーは、屋根や壁から光が透けることはないようですので、遮光は、光が漏れている屋根や壁の接続箇所の [続きを読む]
  • 三代目の駅名標とラッチ小改造
  • 駅前にバスが並び、バス停も立って、駅舎周辺が徐々に充実し始めてきましたが、実は駅舎本体の方に以前から気になっている部分があります。今回は駅舎に関する小工事を行います。駅舎正面の駅名標は、最初に作ったものを外して点灯式のものに交換しているのですが、印字部分は写真用紙利用ということもあって、今では印刷した文字がかすれてきてしまっており・・・また、点灯させてもLEDの当たる部分だけ光って、駅名標の隅には [続きを読む]
  • バス停を作る
  • 長かった路線バス仕上げ作業が前回でようやく終了しました。バスの配置が済んだところで、今回は駅前にバス停を設置してみようと思います。前作「国鉄郷州線」でも駅前のバス停を自作しましたが、その時はバス停の丸板を切り出すのに苦労しました。そこで今回は上の穴開けポンチを用意しました。主にベルトの穴開けなどに使用する物のようで、革製品売り場での購入です。2ミリから4.5ミリまで6つのサイズの穴開けができます。 [続きを読む]
  • 路線バス配置完了
  • カトー製路線バスの改造工事が今回も続きます。外装が神奈中カラー・・・もとい中乃郷カラーに生まれ変わったところで、窓ガラスパーツを元に戻します。付属パーツの中扉には窓ガラスがありませんので、裏から透明プラ板を貼っています。下回りパーツは内装を着色しました。配置済みのバスと同じ配色にしてあります。ボディーに下回りをはめ込み、最後の仕上げとしてサイドミラーを取り付けます。今回も、ステーは美軌模型店製0. [続きを読む]
  • 路線バスまだ続きます
  • カトーの2台めの路線バスを仕上げる作業の続きです。中乃郷カラーに塗り替えたボディーに社名入りラインと出入口表示を取り付けます。製作法は1台めと同じで、コピー用紙に印刷したものにPPテープを貼り付けてカットし、木工ボンドでボディーに貼っています。出入口表示は、こちらも1台めと同じく前扉「しめきり」中扉「出入口」のツーマン仕様です。続いて方向幕とナンバーも取り付けます。方向幕の行先は、終点に到着し、方 [続きを読む]
  • 路線バス再び
  • 前回で路線バスの点灯化と固定が完了しましたが、カトーの路線バスは2台入りですので、もう1台バスが残っています。もう1台の方は、電飾なしで通運会社営業所脇の待機所に停めておく予定なのですが、そちらのバスも、ここでボディーの塗り替えとディテールアップを行っておくことにします。というわけで、バス加工記事が今回も続きます。こちらは待機所に停まっているバスですので、中扉は閉まっている状態にします。閉状態用中 [続きを読む]
  • 路線バス点灯化完了
  • 拙い仕上がりながらも、駅前に配置する路線バスの改装工事がボディー下回り共に何とか終了しましたので、今回は点灯加工を施してレイアウトに取り付けます。まずは路線バス配置場所に穴を開け、室内灯用チップLEDを通します。穴はLEDの他に光ファイバーも通しますので、今回は直径3ミリにしてあります。ボディーの方にはマーカーランプを取り付けました。カットした直径0.5ミリの光ファイバーの先端にクリアーブルーを塗 [続きを読む]
  • 路線バスに乗る人々
  • 前回で路線バスの上回りが仕上がりましたので、今回は下回りの方を仕上げていきます。カトーの路線バスは座席など車内の様子も表現されていますが、全面黒塗りでムードが今一つです。で、上のように色を付けてみました。座席はグリーン、床は木製のイメージで茶色にしています。中扉のすぐ後ろは車掌席ですので、座席がありません。上は付属パーツの中扉です。扉が閉まっている状態と開いている状態の両方を表現できるように二種の [続きを読む]