kyoshusen さん プロフィール

  •  
kyoshusenさん: Nゲージレイアウト 郷愁の情景
ハンドル名kyoshusen さん
ブログタイトルNゲージレイアウト 郷愁の情景
ブログURLhttp://kyoshusen.blog101.fc2.com/
サイト紹介文昭和四十年代の鉄道風景をイメージしたNゲージレイアウトを製作しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/11/18 14:47

kyoshusen さんのブログ記事

  • 乗用車に乗った中年
  • ガソリンスタンドに乗用車を配置する作業の続きです。給油にやってきた乗用車にはフィギュアを乗せてみます。使用するフィギュアは、カトー「自転車に乗った中年」の男性フィギュアです。自転車からフィギュアを切り離し、1ミリ厚スチレンボードの背もたれを付けて、クラウンの下回りにセットします。手には、自転車のハンドルに替えて、0.3ミリ真鍮線で作った乗用車のハンドルを持たせています。ボディーをかぶせるとこんな感 [続きを読む]
  • 給油にやってきた乗用車
  • 前回はガソリン計量機に照明付きの屋根を取り付けましたが、計量機の前には給油にやってきた乗用車を配置してみます。使用するのはカーコレ第4弾のクラウンセダンです。こちらは2代目のクラウンになりますが、テールライトが丸型ですので、昭和40年には生産が終了しているモデルです。昭和40年代後半の時代設定である当レイアウトでは、そこそこ年季の入った車ということになってしまいますが、走っていてもおかしくはありま [続きを読む]
  • ガソリン計量機の屋根に照明を付ける
  • ガソリンスタンド建設作業が続きます。今回はガソリン計量機の屋根の照明灯取り付け工事です。計量機の屋根の支柱は、キット付属のものは使わず、自作するので、支柱取り付け用の穴を、チップLEDを通す穴として利用しています。照明灯用の4本のチップLEDが穴から顔を出しています。LED本体に木工ボンドを盛り付け、照明灯を作ります。計量機のベースは地面に置いてあるだけでしたが、ここで接着しました。乾燥後のボンド [続きを読む]
  • 光るサインポールを作る
  • レイアウトにガソリンスタンドを建設する作業の続きです。仕上げ中の建コレ「ガソリンスタンドB」には、上のようなサインポールが付属していますが、これを点灯するサインポールに作り替えてみようと思います。そのためのチップLEDは、前回の内にレイアウトに通しておきました。まずはサインポールから丸看板を切り離します。切り離した丸看板をガイドにして、コピー用紙から新たな看板面となる円を切り出し、それに「ガソリン [続きを読む]
  • ガソリンスタンド建設
  • 木造長屋と焼鳥屋の隣りにはガソリンスタンドを作ります。建コレ「ガソリンスタンドB」利用の、当レイアウトのガソリンスタンドは、「出光中乃郷SS」仕様に改造済みです。今回より、こちらのガソリンスタンドを仕上げていく作業にかかります。まずは遮光塗装です。事務所、ピット、計量機の屋根、と電飾を施すパーツの裏側を黒く塗ります。計量機屋根は、ダミーの照明灯をカットしました。外から見えそうな内部の壁は、コンクリ [続きを読む]
  • 焼鳥屋完成
  • GM「商店セット」利用の焼鳥屋を仕上げる作業の続きです。自作ストラクチャーベースをレイアウトに取り付け、周囲の地面を作ります。隣りの美容室との間は、裏の木造長屋の方へと続く路地になっています。道路に小穴が開いていますが、ここにも街灯付き電柱が立ちます。ストラクチャーベースには、前回製作したイスやテーブルなどの店内表現パーツを取り付けます。イスに、カトー「座っている乗客」とジオコレ ザ・人間「座る人 [続きを読む]
  • 焼鳥屋の仕上げ
  • 今回はグリーンマックスの「商店セット」を利用して作った焼鳥屋を仕上げます。こちらは、遮光と点灯テストは完了しています。あとはチップLEDを取り付けるだけです。店名看板も、裏側をくり抜いて光るようにしてあります。外から店内が見えますので、壁の一部は遮光用に黒く塗ってある上からフラットフレッシュを塗り重ねました。続いて店内表現用のパーツを製作します。カウンターとテーブル、イスをスチレンボードで自作しま [続きを読む]
  • 木造長屋完成
  • 今回は建コレ「木造長屋・角の雑貨店2」の木造長屋を仕上げます。3世帯が入居できる2階建ての長屋です。現代で言うテラスハウスやタウンハウスの昭和版といったところでしょうか。まずは点灯化加工からです。遮光作業を行い、屋根の裏側にチップLEDを貼り付けます。ちなみに屋根の裏側は、元々の成形色が濃いグレイのせいか、遮光塗装が不要です。点灯テストを・・・玄関の格子戸から漏れる明かりがいいムードです。格子の目 [続きを読む]
  • 美容室完成
  • トミックス「商店セット」を利用して作った美容室の仕上げの続きです。店内表現用パーツとして、お客を座らせるイス、いわゆるセットチェアを作ってみました。1ミリ厚スチレンボードで適当にでっち上げています。セットチェアをストラクチャーベースに固定し、ザ・人間「座る人々」の女性フィギュアを座らせます。後ろにはカトー「商店街の人々」の女性フィギュアを美容師に見立てて立たせます。さらに店内にはスチレンボード製の [続きを読む]
  • 美容室の仕上げ
  • 今回はトミックス「商店セット」を利用して作った美容室を仕上げます。トミックス「商店セット」で作った3軒の商店には、屋号にキャンディーズのメンバーの名字をそれぞれ入れてあります。建コレの商店長屋はドリフターズのメンバーの名字が屋号になっていましたが、特にそれからヒントを得たわけでもなく、「商店セット」は3棟入り、キャンディーズも3人ということで、何となくです。ちなみに建コレの商店長屋は、今回のレイア [続きを読む]
  • さんけい「住宅B」完成
  • さんけい「住宅B」の仕上げの続きです。前回製作した住宅周りの小物類を取り付けていきます。塀は、建物の正面側と裏庭のある側だけ付けることにします。裏庭側の塀は、建コレの建売住宅の塀の残りを流用しました。敷地内の地面を作り・・・建物本体を固定して、「住宅B」竣工です。庭に、カトーの樹木キットを利用して作った樹木を1本植えました。建物正面側からのカットを1枚・・・玄関の前は路地で、その路地を抜けて表通り [続きを読む]
  • さんけい「住宅B」の仕上げ
  • 前回は、さんけい「住宅B」建設予定地前に「中乃郷商栄会」看板付き街灯の最後の1本を取り付けました。街灯設置が完了し、「住宅B」固定の準備が整いましたので、今回は「住宅B」の仕上げです。まずは電飾作業からです。ペーパーキットですので、遮光は光が漏れる部分や透ける部分にアルミテープを貼るだけです。遮光塗装は不要です。キットには物干しが付属しています。物干しを組み立て、以前に使用したさんけい「商店F」の [続きを読む]
  • 商店街の街灯最終章
  • ストラクチャー固定作業が続きます。次に仕上げるのは、さんけいの「民家B」です。さんけい製品では「民家C」がすでにレイアウト固定済みですが、この「民家B」も同じような木造建築で、「民家C」よりも若干大きめになってます。こちらを表具店の隣りに建てます。と、その前に街灯設置作業を行います。商店会名看板付き街灯を「民家B」の前に立てようと思います。道路に穴を開け、チップLEDを通します。商店会名看板付き街 [続きを読む]
  • 電柱とマイカー
  • 今回は、前回固定した建コレ「現代住宅A2」の前に街灯付き電柱を立てます。街灯用のLEDのリード線を通す穴は、「現代住宅A2」固定前に開けてあります。製作法は、これまでの街灯付き電柱と同じです。まずは道路に開けた穴にチップLEDを通します。LEDのリード線の着色が必要な部分は、LEDを穴に通す前に、先に塗っておきます。直径1.5ミリハーフラウンドプラ棒2本でリード線を挟み・・・画用紙の街灯笠を取り付 [続きを読む]
  • ジオコレ「現代住宅」の仕上げ
  • 今回は、建コレの「現代住宅A2」を仕上げます。現代風の住宅がそろっている建コレ「現代住宅」シリーズですが、この「現代住宅A」タイプは昭和時代の田舎町にも似合ってくれそうなスタイルです。まずは電飾作業からです。塗装とアルミテープ貼りの併用で遮光を行い、天井にチップLEDを貼り付けます。1階テラスは、内側にもう1枚壁が存在しているのですが、その部分の遮光はせず、プラ板ごと光を透過させてテラスの窓を光ら [続きを読む]
  • 表具店完成
  • 今回は建コレ「靴屋・表具店」の表具店を仕上げます。土蔵造りの店蔵をイメージした建物のようです。ちなみに同梱の靴屋の方は、すでにレイアウト固定済みです。さっそく点灯化作業にかかります。内側に遮光塗装を施し、屋根裏にチップLEDを貼り付けます。このストラクチャーもベースを付けず、直接ボードに取り付けます。配置場所にはLEDのリード線を通す穴を開けました。この建物は店のショーウィンドウが張り出しており、 [続きを読む]
  • 建売住宅完成
  • 建コレ「建売住宅B3」の青屋根の方の建売住宅の仕上げの続きです。キット付属の塀を敷地のサイズに合わせてカットし、レイアウトに取り付けます。このストラクチャーは直接ボードに貼り付けますので、ストラクチャーベースは付けません。ボードにはLEDのリード線を通す穴も開けました。次に建物周囲の地面を作ります。スチレンボードで作った玄関ポーチとテラスのポーチ、玄関の飛び石を取り付け、土、草、砂利を撒きます。さ [続きを読む]
  • 2棟めの建売住宅を仕上げる
  • 今回は、建コレ「建売住宅B3」の2棟の建売住宅の内の青屋根の建売住宅を仕上げます。もう片方の緑屋根の建売住宅は、昨年レイアウトに固定しています。窓の裏側は、レースカーテンのイメージでぺんてるホワイトを塗っています。今回のレイアウトでは、ほとんどのストラクチャーの窓をぺんてるホワイトで塗っているのですが、建コレの場合は窓ガラスにスモークが入っているので、窓を白く塗っても、レースカーテンではなく普通の [続きを読む]
  • 薬局完成
  • さんけい製「薬局」の仕上げの続きです。今回は建物本体をレイアウトに固定します。ベースボードにスチレンボード製自作ストラクチャーベースを取り付け、LEDのリード線を逃がす穴を開けます。そして、建物をストラクチャーベースに接着・・・臭突も取り付けます。さらに建物の周囲に土と草を固着させて薬局竣工です。建物の正面側には、キット付属ののぼりも立てました。他に自動販売機の付録もあるのですが、そちらは好みに合 [続きを読む]
  • 薬局の仕上げ
  • 今回は、前回仕上げたそば屋と同じさんけい製ペーパーストラクチャーの「薬局」を仕上げます。本来このストラクチャーはもっと明るいカラーなのですが、オリジナルより薄汚い色合いになっているのは、ウェザリングに失敗して塗り直しているためです。このストラクチャーには物干し台が付いてますので、まずは物干し台のディテールアップを行います。この建物はタクシー営業所の隣りに建てますが、通常の観賞方向から見ると、後ろ向 [続きを読む]
  • そば屋完成
  • 今回は、前回仕上げたそば屋をレイアウトに固定します。まずは自作ストラクチャーベースの取り付けからです。ライトグレイで塗った1ミリ厚スチレンボード製のストラクチャーベースを、そば屋配置場所に貼り付けます。そしてストラクチャーベースにLEDのリード線を通すための穴開けを・・・と、別の小穴から、またしても街灯用のLEDが顔を出しています。ここには街灯付き電柱を立てます。ストラクチャーベースの周囲には、リ [続きを読む]
  • そば屋の仕上げ
  • タクシー営業所の隣りには、さんけいのペーパーストラクチャー「そば屋」を配置します。老舗の風格を漂わせる重厚な造りのそば屋です。とりあえず付属の暖簾を付けてますが、暖簾に屋号が入っておらず、また建物に屋号の看板も付いてませんので・・・屋号入りの暖簾を作ってみました。材料はコピー用紙で、裏面にも色を付けています。自作暖簾に取り換え、正面は上のようになりました。内部です。正面1階部分は、構造上玄関のレー [続きを読む]
  • タクシーできました
  • カーコレのセドリックをタクシーに変えてしまう作業の続きです。駅前に配置したカトーの路線バスにはサイドミラーを取り付けましたので、タクシーにもサイドミラーを付けてみます。材料は路線バスのミラーと同じく画用紙と美軌模型店の直径0.15ミリ燐青銅線です。画用紙で作ったミラーと燐青銅線のステーを木工ボンドで接着し、サイドミラー完成です。接着後に全体をアクリルのフラットアルミで塗っています。完成したミラーを [続きを読む]
  • 駅前タクシー営業所にタクシーを
  • 前回で駅前タクシー営業所ができあがりましたが、せっかく作ったタクシー営業所にタクシーが1台もいないのは、ちょっと寂しいです。そこで、今回はタクシー営業所に配置するタクシーを作ってみたいと思います。上は中古品取扱い店で見つけたカーコレ第10弾の日産セドリックです。このセドリックは昭和44年から45年にかけて販売されていたモデルをプロトタイプとしているようで、昭和40年代後半の時代設定の当レイアウトに [続きを読む]
  • タクシー営業所完成
  • タクシー営業所脇の街灯が完成しましたので、今回はタクシー営業所を固定し、周囲の地面を仕上げます。LEDのリード線を事務所部分に開けてある穴から逃がし、車庫のベースの上に車庫をかぶせて建物を接着します。事務所横には付属パーツのガスボンベを取り付け、また、車庫内には同じ付属パーツのタクシー待ち用と思われるイスを取り付けています。ところで、事務所の壁には大きな窓と小窓が並んでますが、小窓の方はトイレの窓 [続きを読む]