安井俊夫 さん プロフィール

  •  
安井俊夫さん: 建築的じゃない日々
ハンドル名安井俊夫 さん
ブログタイトル建築的じゃない日々
ブログURLhttp://www.k-tantei.com/
サイト紹介文神奈川県小田原市を拠点に、設計活動を展開する建築家の戯言。用語の解説や考え方。読書の話も多々。
自由文住宅を中心に店舗などの設計監理業務を行っています。日々の設計活動の様子や、現場の進捗状況を公開すると同時に、分かり難い専門用語の説明や、考え方を書くこともあります。またミステリ好きと言う趣味が高じて出版した、拙著『犯行現場の作り方』や、有栖川有栖氏との共著『密室入門!』と言った建築と関連の深いミステリ本もあり、書評なども書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/11/18 20:15

安井俊夫 さんのブログ記事

  • 雨が続くと現場は辛い
  • OKANOIEは木工事の追い込み中。外では外壁工事が続いているが、生憎の雨続きで作業は遅れている。今週いっぱいは雨の予報が出ているので、とても辛いところだが、自然とはケンカも出来ないので仕方ない。ここはジッと天候の回復を待つしかない。室内の大工仕事だって、本当は窓を開けて作業したいところだが、それも叶わないので埃っぽい。天候の良し悪しは、けっこう建築作業には影響が大きいのです。 そして私の作業も追い [続きを読む]
  • 「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」
  • コルビュジエの映画が、14(土)より上映される。コルビュジエが、その才能に嫉妬したと言われるアイリーン・グレイとのお話。 この近くでは、港南台まで行かないと観られないのだが、観たい。ムムム、どうしよう? 「アイリーン」と聞けば、ミステリ読みは名探偵ホームズの才能を凌駕したと言われるアイリーン・アドラーを思い出すのだが、どうしてこうもアイリーンと言う女性は凄い人ばかりなのだろう。 「ル・コルビュジ [続きを読む]
  • 『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん読了
  • 東京南西部最大の都市まほろ。駅前で便利屋を営む多田と同級生の居候、行天。毎日忙しく依頼をこなす便利屋の元に、4歳の娘「はる」を預かってほしいとの依頼が舞い込む。はるは遺伝子的には行天の娘なのだが、その事実を隠したまま、子供嫌いの行天を騙すように子供を預かることになってしまう。はるの面倒だけでも大変なところに、怪しげな団体が無農薬野菜を作り、駅前で販売したり、いつものお騒がせ老人の岡たちが、なにや [続きを読む]
  • セミナー御礼
  • 週末のセミナーは、無事に終了。今回、お話することが出来なかった方や、予定が合わずに御参加いただけなかった皆さんは、次回は当事務所の「OPEN OFFICE」で、お会いしましょう。 [続きを読む]
  • 山北町の緑茶カフェ「 茶ぁぼう」
  • 今週の月曜日、山北町にある緑茶カフェ「茶ぁぼう」さんに行って来ました。茶ぁぼうさんは、国道246号線と平行に走る御殿場線の北側にある国道76号線沿いに建つ、古民家を改装したお店。美味しい足柄茶を楽しむことが出来るカフェです。神奈川県の指定する自転車の駅にも登録されており、サイクリストも安心して休憩して貰えるバイクラックも用意されています。日本茶の美味しさを堪能できる甘味もあり、日本茶の美味しさを再発 [続きを読む]
  • 平屋の鉄骨店舗 もう一棟
  • 月曜に丁張りの立会いをした店舗と、ほぼ同じ内容の建物を、もう一棟工事中。もう一棟の工事現場は相模原市。建物は工場で組み立てられ、内装まで仕上げられる。工場内には同様の建物が何棟も製作中で、なんだか不思議な光景だ。 完成した建物は車で運ばれ、施工済みの基礎の上に設置される。この後、アンカーされ、電気や給換気と言った設備関係が施されていく。一番肝心な機器類は建築工事とは関係ないので、先に建築の完了 [続きを読む]
  • OKANOIE 木工事中
  • 木工事が粛々と進行中。すでに1階の床を貼り終え、2階ももう少しで完了するところ。その後、板材を貼る天井や壁を攻めていく。大工さんは一人黙々と仕事をしているのだが、なぜか楽しそう。だからこちらも現場に行くと、楽しい気分になる。どんな仕事も楽しくやることは何よりも大切だからね。これから追込みだけど、引き続きその感じでお願いします。 [続きを読む]
  • セミナー開催の御案内
  • 10月1日の日曜日、午後一時から二時までの一時間、小田原市千代のオープン・ハウスの建物内でセミナーを行います。お話するテーマは、土地と間取りの話しですが、なんせ時間が一時間しかないので、要点を絞った駆け足の内容になります。ですがこれから家を建てようとお考えの方には、きっと参考になると思います。お時間が許す方は、どうぞ遊びに来て下さい。 ちなみにこの催しのメインはオープン・ハウスで、南足柄市に本社の [続きを読む]
  • 木造でも耐火建築物は造れますよ
  • 電話でのお問い合わせ。なんだか急いでいるような感じの様子で、「防火地域で50坪ぐらいの家を建てる時、鉄骨じゃなければダメですか? HMに問い合わせたら、そう言われたんですけど本当ですか?」なんて感じのご質問をいただいた。 前提条件が不明瞭な問い合わせの場合(大抵の場合そうなのだが)は、キビシめの回答をすることを心掛けている。依頼欲しさに「出来ます出来ます、何でも出来ます! どんな条件でも適えてみせます [続きを読む]
  • 丁張り立会い
  • 丁張りとは、工事着工前に建物の位置を確定する作業。今朝一番で確認してきた丁張りは、鉄骨造平屋の面積9.92?の店舗の新築工事。写真に車止めが写っているが、9.92?と言うと、乗用車一台分の駐車場と、ほぼ同じ面積。今日から工事を初めて、完了検査を受けるのは約2週間後と言う超特急な工事。その後、若干の外構工事などを整え、それでも約1か月後にはOPENする予定。 今回、初めてお手伝いさせていただいたが、こういう建物 [続きを読む]
  • 事務所見学・御相談会の御案内
  • 天工舎一級建築事務所では、毎週土曜日の午前と午後に、住宅や店舗設計・デザインに興味のある方を対象に、事務所を開放する「オープン・オフィス」を催しております。馴染みの少ない建築設計事務所を開放することで、広く業務内容や仕事振りを知っていただきたいと考えています。当事務所が携わった建物の設計事例を写真や模型などでご覧いただき、住むこと、生活することに関心をお持ちいただき、少しでも大勢の方と、お話出来 [続きを読む]
  • もうワクワクしないんですよ−小田原市民ホールの話 
  • 小田原市役所のHPに、「小田原市市民ホール整備事業公募型プロポーザル1次審査について」と題した、小田原市市民ホールの第一次審査の結果が公表されています。一次審査に残ったのは三社。残った三社の計画案は、pdfデータで見ることが出来ます。どの計画案も綺麗にまとまっていますが、正直言えば、もうどの案を見てもときめかないのです。もう飽きたと言うか、旬は過ぎたというか、惰性で遣っているというか、そんな感じにしか [続きを読む]
  • 手水鉢
  • 週末は少し予定が立て込んでいましたが、大型台風の影響もあり、それもなんだか有耶無耶な感じで終えたような気がします。 で、話変わって、玄関に置かれていたのは手水鉢。これ、「ちょうずばち」で合っていると思いますが、電気式で水を循環させ良い音をさせているので「水琴窟」と呼んだ方が正しいのかもしれません。風流です。 これを蹲(つくばい)と呼ぶ方も居ましたが、蹲とは、この手水鉢の他に前石や手燭石、その他もろ [続きを読む]
  • 『インデックス』誉田哲也著/読了
  • 裏社会の悪党が次々と惨殺された「ブルー・マーダー事件」から時が経ち、姫川班は解体され、今は池袋の所轄に配属されている姫川警部補。いつかは本庁に戻り、旧姫川班を復活させたいと考えていた。そんな姫川が本庁に引き上げられ、新・姫川班を結成するまでの短編八作を描いた、姫川玲子シリーズの七作目。 お薦めは『夢の中』と、その後編の『闇の色』。暗い話で、どこにも救いは無いのだが、姫川が事件の中心人物の心情に対 [続きを読む]
  • 事務所見学・御相談会の御案内
  • 天工舎一級建築事務所では、毎週土曜日の午前と午後に、住宅や店舗設計・デザインに興味のある方を対象に、事務所を開放する「オープン・オフィス」を催しております。一般的には馴染みの少ない建築設計事務所を開放することで、広く業務内容や仕事振りを知っていただきたいと考えております。当事務所が携わった建物の設計事例を、写真や模型などでご覧いただき、住むこと、生活することに関心をお持ちいただき、少しでも大勢の [続きを読む]
  • 既存住宅状況調査技術者登録証
  • 7月に受講した「既存住宅現況検査技術者」から「既存住宅状況調査技術者」への資格移行講習会の結果が届いた。終了考査試験は無事に合格。「そんな終了考査は誰でも受かる簡単なものだろう?」と、甘く考えていたのですが、蓋を開けてみると意外と難しくて、時間的にも余裕が無くて焦りました。合格で一安心です。 平成30年4月に施行予定の「宅地建物取引業」の改正により、今まで以上に中古住宅の売買時には、建物のインスペク [続きを読む]
  • 温水式床暖房敷設中
  • 温水式の床暖房を採用した「OKANOIE」。電気式床暖房よりも若干コストは掛かるが、緩やかに温度が立ち上がり、床材にも住む人にも優しいのが特徴。それにこの家には、ハイブリッド給湯設備を採用しているので、ランニング・コストも優しい。ただ床暖房の厚さが12mm程あるので、それ以外の箇所には合板を捨て貼りして、段差を仮称させる必要もあるが、それはこれからの作業。 床暖房の配管内には注水し、加圧して漏水が無いか [続きを読む]
  • 月が綺麗なままで
  • せっかくの喜ばしい記者会見の日に、時代錯誤の核実験の報道で、変な緊張感の走った昨日の朝。即時開戦なんて話はないだろうが、それでも放射能の飛散が怖いことは確か。大陸からの風に乗り、日本海側に飛散しないとも限らない。直ぐに原子力規制委員会がモニタリングを開始したようで、今のところ日本側に影響は出ていないとのこと。 世界中が更なる経済制裁で追い込むとの話だが、限界まで追い込むと前に出るしかないのは、子 [続きを読む]
  • 防災の日
  • 今日9月1日は防災の日。小田原でも酒匂川の河川敷で、大規模な防災訓練を催していました。災害用の救助ヘリも飛んでおり、結構な人出。そんな催しがあるとは露知らず、うっかりと小田原大橋を渡ろうとしたら大渋滞で車、動かず。仕方ないので車から、離発着するヘリコプターを眺めていました。 ちなみに防災の日とは、1959年に伊勢湾台風で大きな被害を受けたことを受け、翌60年に制定された日らしい。近頃では異常気象の影響 [続きを読む]
  • スパムメールが1000通以上
  • ミサイルが飛んでも、仕事は始まる。そして私の元にはスパムメールがミサイルの如く飛んでくる。昨夜一晩で1000通以上のスパムメールが届いた。サーバー元に連絡をして、スパムは弾いて貰ったが、それでもまだ少し飛んでくる。ググると、スカイプが影響している場合もあるとの情報もあったので、一度スカイプをアンインストール。まったく、本当に「迷惑メール」としか言いようがない。これで止まってくれること願いたい。 そん [続きを読む]
  • マンションでも民泊がOKに!?
  • 賃貸あるいは分譲マンションを購入する際の、大切なポイントの一つに「セキュリティの高さ」がある。例えばエントランス・ホールにオート・ロックは設置されているか? 玄関の鍵はICチップ入りのカード・キーか? 常駐の管理人が居るか、あるいはコンシェルジュが居てくれると、それだけで安心なのだがと言う具合に、防犯に対する配慮は、とても大切なポイントとなる。そしてそれらの安心を共有している同じマンションの住人に [続きを読む]
  • 『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川有栖 著/読了
  • 本にも、その本を読むのに適した季節があります。例えば春、いつもより早く目覚めた朝に読むと、物語がグッと心に迫る本あれば、秋の夜に虫の声を聴きながら読むと、大きく感情を揺さぶられてしまう物語もあります。それはきっと物語の季節や背景、イベントや出来事を知っているからこそ、よりその世界観に浸ることが出来るからでしょう。 本書『濱地健三郎の霊なる事件簿』も、晩夏のこの時期に読めて良かったと思う本でした。 [続きを読む]
  • 定例と金物検査
  • OKANOIEは瑕疵保険の躯体検査。それに先立ち、現場での打ち合わせとチェックに行って来た。現場作業は順調で、親工程からのズレも無い。検査も無事に合格し、安心して次の作業へと進んでいける。毎日、雨が降り続いているとTVは言うが、晴れるとそれなりに暑いので、暑さに気を付けて作業して下さい。 一方、私はと言えば、テンションがやや下がり気味。気持ちの問題か残暑のせいか? 年末に試験を受けようと勉強していること [続きを読む]
  • 気になったメッセージ
  • 現調に出掛けた先で見つけた「注意書き」。駐車場の路面に貼られていたので、あまり人目には付かないが、それでも偶然見かけた人の記憶に残ることは確か。その意味では、かなり効果的なメッセージと言えそうだ。ただしタバコとサリンを同列に並べるのは如何なものか? そこは大いに気になる点だが。 [続きを読む]
  • 今日から後半戦の始動です
  • 昨日までお盆休みをいただき、今日から始動。 お盆休みで彼方此方の行楽地が混雑する13日、身内の法事のために修善寺まで行って来ました。普段なら1時間半も掛からない道のりなのですが、さすがはお盆の行楽地。3時間半も掛かってしまいました。 渋滞は予想していたので早めに出かけたのですが、それでも倍以上掛かるとは予想外。しかも早朝から出掛けたにも拘らずの大渋滞で、なんとかギリギリに辿り着桁から良かったものの、 [続きを読む]