安井俊夫 さん プロフィール

  •  
安井俊夫さん: 建築的じゃない日々
ハンドル名安井俊夫 さん
ブログタイトル建築的じゃない日々
ブログURLhttp://www.k-tantei.com/
サイト紹介文神奈川県小田原市を拠点に、設計活動を展開する建築家の戯言。用語の解説や考え方。読書の話も多々。
自由文住宅を中心に店舗などの設計監理業務を行っています。日々の設計活動の様子や、現場の進捗状況を公開すると同時に、分かり難い専門用語の説明や、考え方を書くこともあります。またミステリ好きと言う趣味が高じて出版した、拙著『犯行現場の作り方』や、有栖川有栖氏との共著『密室入門!』と言った建築と関連の深いミステリ本もあり、書評なども書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/11/18 20:15

安井俊夫 さんのブログ記事

  • 竣工写真撮影でした
  • 今日は「W.BOX」の竣工写真撮影でした。生憎、朝から小雨が降っていたのですが、雨の止む瞬間があったので、そのタイミングを見て外部の撮影をしていただきました。高価な機材が濡れやしないかと、見ているこちらがハラハラしましたが、なんとか無事に撮影することが出来ました。ただ本当のことを言えば、青い空は欲しかったーーー! でも撮れただけでも良しとしましょう。 10時から始まった撮影でしたが、室内も含めて全ての [続きを読む]
  • サーバーメンテナンスのお知らせ
  • 11月14日(水) 15時30分から16時までの30分間、サーバーのセキュリティ強化を目的としたバージョン・UP作業を行うため、当ホームページは停止します。この間、Webメールの送受信も出来なくなります。ご不便お掛けいたしますが、ご理解いただけますよう宜しくお願い致します。なおこの間に頂戴いたしましたメールは、メンテナンス終了後に返信させていただきます。 「えっ! ホームページが見られないんだけど? 事務所無く [続きを読む]
  • スコードローンパッチはブルー
  • 昨夜TVを観ていたら、自衛隊の訓練の様子や日常を紹介する番組を放送していた。なかでもブルーインパルスは相変わらず人気が高いようで、追っ掛けの女性たちやパイロットのサイン会などもあるらしい。そうだ! と思い付き、タンスからMA-1を引っ張り出した。私のフライトジャケットは航空自衛隊モデルで、右肩には航空自衛隊60周年の文字とブルーインパルスが描かれている。今年の冬はコレだな。もっとも私の場合、現場にこれを [続きを読む]
  • オープンハウスの御礼
  • オープンハウスも無事に終えました。お越しいただきました皆様には、御礼申し上げます。完成した家を見ながら、御自身の家へと夢を膨らませる方や、心配事を膨らませる方と様々でしたが、何かのご参考になったのならば何よりです。まずは御礼を申し上げます。次はあなたの家の計画で、お会いしましょう!(笑) 見学された家の造作洗面台が、ウケてました。それと言うのも、ミラーキャビネットは施主が御自身で購入された施主支 [続きを読む]
  • 完了検査も終わり
  • 工事中の「W.BOX」は、完了検査も無事に終え、これから社内検査・事務所検査・施主検査を行います。社内検査とは施工者である建設会社の社内で行う検査を表し、事務所検査は設計事務所の視点での検査の意味です。それらを経た上で施主が最終確認を行い、指摘された是正内容を補修・修正して、お引き渡しをするというのが一般的な流れ。この流れは官公庁の建物に対する検査の流れと同じで、HMや地域のビルダーさんの造る家では、 [続きを読む]
  • 建築雑誌『CONFORT』を一年間
  • LIXILのビジネスサイトでアンケートに答えたら、建築雑誌一年分を頂戴しました。れから一年間分を購読できるのは『CONFORT』という月刊誌。毎号、設計・デザイン・素材やインテリア等の一つに焦点を当て、特集されている専門誌です。だいぶ以前は読んでいたのですが、ここ最近は手に取ることが無かったので、懐かしくもあり新鮮でもあり。これから一年間、楽しく読ませていただきます。 [続きを読む]
  • 設計事務所の無料相談会
  • 毎週土曜日、住宅をはじめとした建築全般の御相談ごとにお答えする、無料相談会を催しています。当事務所では、それを「オープン・オフィス」と呼んでいます。建築家を志す学生が、設計事務所などで経験を積む機会の事を「オープンデスク」と呼びますが、建築全般に興味関心・不安を持つ方が、「話を聞いて貰いたい、あるいは話を聞いてみよう」と、思って来ていただきたいと考えたのが「オープン・オフィス」です。 「無料 [続きを読む]
  • オープンハウスの御案内
  • 神奈川県小田原市南町の閑静な住宅街の一角に、設計:天工舎一級建築士事務所、施工:株式会社安池建築工房による「W・BOX」が、竣工を迎えました。お引渡しに先立ち、クライアントの御厚意により、オープンハウスを開かせていただけることになりましたので、ご案内させていただきます。 建物は、20代の御夫婦と小さな二人のお子さんが暮らすための家。2階にリビングを持つ真っ白な外観の小さな家は、限られたご予算の [続きを読む]
  • 静かな現場は器具付け中
  • W.BOXは、器具付の真っ最中。1、2階の便器が座っていたのだが、なんとなく違和感を覚えた。でも私の記憶違いだった。なんだか最近、ボケてるなぁ……。食事制限でもして、鈍った五感に活を入れるか。 来月は公私共にバタバタします。だからこういう静かな光景には、ホッとさせられる今日。 [続きを読む]
  • 東電柱移設に関する立会い
  • 先日申し込んだ、電柱移設に関する立会いをして来ました。電柱を立てた東京電力の設計担当の方々と、事業主である自治会の会長と建設委員長、立会いの下での打合せでした。計画地内に立つ一本の完全移設と、別の場所に立つ電柱を支えるための支柱の撤去が御相談の趣旨。 電柱の移設と一口に言っても、電柱間の距離には一定の制限があり、電柱間の距離を遠く離してしまうわけにはいきません。電柱自体の転倒や電線の破断、ぶら下 [続きを読む]
  • 『議論の作法』櫻井よしこ著/読了
  • 議論におけるテクニックと言った、技術的なマニュアル本ではありません。著者である櫻井さんが、日本を取り巻く関連諸国の方たちと、歴史認識をはじめとした領土問題や環境、教育問題に関して対談されている、実例集と言っても良い一冊です。 中国や韓国などとの歴史認識や領土問題に関する対談は、櫻井さんの知識量と見識の広さを知ることが出来ます。ですがそれよりも面白かったのは「ゆとり教育」に関する御高説で、日本の現 [続きを読む]
  • 電柱移設もweb申請の時代
  • 電柱の移設に関して相談しようと、東京電力へ電話した。以前は小田原にも事務所があったが、東日本の震災以降に小田原事務所は無くなり、今は秦野市の営業所に統合されているらしい。で、そこに移設の件で電話したのだが、オペレーターさんに「webから申請して下さい」と、軽くいなされてしまった。単純に、「ここからあそこまで〇〇m移動して欲しい」という事では無く、まず移動が可能なのか? そのためには現地で立ち会いの上 [続きを読む]
  • 箱根ガラスの森美術館に遊びに行って来た
  • お世話になっている方から、「箱根ガラスの森美術館」の年間パスポートを頂戴したので、早速遊びに行って来ました。先週の日曜日は地域の運動会に参加する予定だったのですが、夜半からの雨で運動会は中止となり、予定が空いてしまったので、それじゃあと言うことで、朝一で箱根へ出掛けたというわけ。美術館に付いたのは開館時間の少し前にも拘らず、大勢の人が待っている状態で、少し驚きました。 ヴェネチアンガラス満載の [続きを読む]
  • パテ処理中
  • W・BOXは、パテ処理作業の真っ最中。ひととおりパテ処理を施した後、もう一度、仕上げのパテ処理を行い、その後、ペーパーを当てて、ようやく壁紙が貼れる状態になる。クロス屋さんの工事は来週月曜までの予定なので、なかなか大変ですが、宜しくお願い致します。来月の完成お引き渡しに向けて、追い込みに入ります。 [続きを読む]
  • 『この地名がすごい』今尾恵介著/読了
  • 日本全国から集めた「珍地名」や「おもしろ地名」を、縦横無尽に語りまくった面白本。田んぼの真ん中にある「蛸 たこ」と言う地名は、昔その場所は海であり、そこで海の生き物の蛸が獲れたからじゃないか−という説や、あるいは「多古 たこ」の字が、いつの間にか「蛸」になった可能性もあり、そもそも「多古」は、山の稜線を示す言葉で合ったり、アイヌ語で「高くなった所」という意味であり、それらが長い時代の中で変化した物 [続きを読む]
  • オープン・ハウスに向けて
  • 工事中の「W・BOX」は、今週で木工事を終え、来週から内装工事に入ります。 内装はシンプルな仕上げですが、仕上げ工事は工事の中でも重要な作業。 慌てず騒がず落ち着いて、宜しくお願い致します。 来月中旬には、オープン・ハウスも予定しています。 また時期が近付きましたら、御案内いたします。 [続きを読む]
  • 袖ケ浦市で完了検査
  • 昨日は千葉県袖ケ浦市で、完了検査の立会いでした。現調時には車で行ったのですが、今回は相手もあることなので、時間が読める電車で行く事にしました。予定では検査時間よりも、1時間半程早く到着する感じで出掛けたのですが、ナント! 総武線がトラブルで一時不通に。 なんとか動き出すもダイヤは大幅に乱れまくり。焦りましたが、余裕を見越して出掛けたのが幸いし、検査の予定時間の40分前には袖ケ浦駅に到着。本当は駅か [続きを読む]
  • 玄関には大きさを考えた庇が必要
  • 工事中のW・BOXの玄関廻り。この後、扉の脇にインターホンや門灯が設置される。 シンプルな玄関廻りは、ローコスト住宅たる所以か、あるいは嗜好の問題か。 簡潔に造ることを旨とした住宅だが、それでも玄関の庇だけは譲れない。 雨の日に傘をたたみ、コートの水滴を払い、あるいは佇まいを整え直す場所は大切だから。 何気ないことだけど、手を抜いたり諦めたりしてはいけない場所であり、パーツでもあると考えています。 [続きを読む]
  • 嵐の説明会でした
  • 昨日は計画中の公民館の説明会でした。昼と夜の二回に分けて、自治会の皆様に対して計画案を説明し、ご意見等をいただく集まりだったのですが、昨日は超大型台風が本州を縦断するとのことで、物凄い風雨。そんな足元の悪い中を、大勢の人にお集まりいただき、貴重なご意見をいただきました。今後はいただいたご意見等を参考にしながら、実施設計に進みます。準備していただきました実行委員の皆様、ありがとうござました。 [続きを読む]
  • 『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎著/読了
  • 九年ぶりに出たシリーズ三作目のギャング一味のお話は、今回も期待以上に楽しませて貰った。 演説の達人・響野、どんな嘘でも見抜く人間嘘発見器・成瀬、スリの天才・久遠、1秒単位の正確な体内時計を持つ凄腕ドライバーの雪子、この四人が銀行強盗を行うのだが、毎回何か変なトラブルに巻き込まれてしまう。今回は久遠が助けたアイドルを付け狙う週刊誌の記者との騒動。 週刊誌記者は、どんなプライバシーでも暴き、その記事 [続きを読む]
  • 計画案の模型が一段落
  • 作成中だった計画案の模型は、こんな感じ。中も作っているけど、プレゼン前なので非公開。1/50サイズの模型でも、最近は老眼で手こずるのだから、1/100スケールの模型はホント辛い。でも取りあえず、間に合ったので良しとする。さぁ、次の模型の準備だ! ←模型製作が続く [続きを読む]
  • 模型の製作中
  • 模型の製作中だが、敷地と外構の一部を作った段階でめげた。また敷地が広いために、模型のスケールが1/100スケールなのだが、このサイズは老眼には辛い。ということで、建物は明日に持ち越し。そうでなくても今日みたいな雨の日は、湿度でスチレンボードが反る。だから作業が難しい。除湿しようとエアコンを点けるのだが、外が寒いので設定温度を下げないときかない。除湿にしても同じことなので、仕方なく温度を下げているのだ [続きを読む]
  • 柔軟な思考が大切
  • 午前中は計画中の住宅の御打合せ。計画案は気に入っていただけたものの、ご予算的には、もう一工夫して減額が必要な状況。一般的に言って、計画案を練っている段階で減額を考える場合に、大切な事は「イメージに固執しないこと」だと思っている。イメージとは建物の大きさや外観、素材や色と言ったすべての事柄に関しての話。 例えばクライアントが持つイメージとは、大抵の場合、設計者がプレゼンの中で「こんな感じは如何です [続きを読む]