SARAH さん プロフィール

  •  
SARAHさん: サラの裁縫箱
ハンドル名SARAH さん
ブログタイトルサラの裁縫箱
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/saradana/
サイト紹介文リングピローなどのウエディング小物を作っています。
自由文アトリエサラ(http://www.ateliersarah.com/)というリングピロー専門のウェブショップを運営しています。
ゼクシィの手作りページ”つくっちゃお!”の作品制作を担当していた時もありました。
日々感じた事を書きとめたり、これまで作って来た作品を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/11/20 00:12

SARAH さんのブログ記事

  • [リングピロー]とも布リボンをのせたひし形のリングピロー
  • No1362と同じデザインのリングピローです。前回は輪郭線をまっすぐ縫って角が鋭角になってしまったので、今回はパターンを修正して作り直しました。これは柔らかい感じになりましたが、前のシャープなのも良かったような気がします。閉店まであと10日になりました。3月からグーグルに広告を出していますが、費用対効果は低いようです。まぁ、商品が特殊だから仕方ないですね。。そろそろ花粉症も治まるので、出来なかった事を始め [続きを読む]
  • [和風リングピロー]緑と白の市松和風リングピロー
  • No.1382と同じ”花立涌文様”の色違いの金襴を、交互に縫い合わせたチェッカーピローです。グリーンの生地の中心寄りに”モチーフレース”を縫い付けています。中央にはグリーンのツイストコードを棒結びにしたものをリングセット用に付けました。棒結びは、よく自転車の荷台に荷物を乗せて縛るロープの結び方に似ています。ツイストコードはカットした箇所からアッと言う間に”捻”が解けてしまうので、端が出ない方法をとりまし [続きを読む]
  • [和風リングピロー]紺と白の市松柄の和風リングピロー
  • よく使う”花立涌文様の金襴”の紺色と白色を交互に縫い合わせた和ピローです。ねらった訳ではありませんが、2020年の東京オリンピックのエンブレムのようで、作っていてちょっと楽しい気持ちになりました。リングをかける組紐の両端は、3本まとめて紺色の糸で巻き、下の撚りをほぐして房状にしています。しっかりした組紐であればあるほど”捻”が強くて、霧吹きをかけながら目打ちで少しずつほぐし、最後は櫛で梳きながらアイロ [続きを読む]
  • [和風リングピロー]角にリボンを飾った黄色の和風リングピロー
  • No.1376、No.1378と同じ、青海波に小桜柄の黄色の金襴を使っています。正方形のマチ付きクッションの4角にとも布で作ったリボンを飾りました。リボンは中央にパールビーズを渡してクッションに縫い留めています。生地がしっかりしているので、長方形の袋布の中央にヒダを寄せて作ったリボンは、両端を押すと自然に角に沿ってくれます。リングは、デザインやサイズによって、2本のコードの間に挟んで立てるかコードの下に差し込ん [続きを読む]
  • [リングピロー]ダリアを飾った菱形のリングピロー
  • オフホワイトのシャンタンで作った菱形のクッションに、ウイング形の白いモチーフレースを、左右対称に2対、合計4枚縫い付けました。中心にはオールドローズのダリアのアートフラワーを飾り、花の上下に同色の細いサテンリボンを結んで縫い付けています。菱形作品は、これを含めた2点がラストになります。リングを置くクッションなので、「ダイヤモンド形」と言った方がキャッチーからもしれません。ずっとバラだと思っていたこ [続きを読む]
  • [和風リングピロー]2色の市松柄の扇形和風リングピロー
  • No1376と同じ、小桜柄の黄色の金襴を使っています。これは”白い綸子”と合わせた、市松風の扇形のリングピローです。横の縫い目の上にはケミカルレースをのせ、両端には大中小のパールと金のロンデルを連ねて飾りました。以前作った、ピンクの金襴と緑のシャンタンを合わせた作品と同じデザインです。その作品は売れましたが、同時期に作った”紺と橙色の市松柄の扇形和風リングピロー”は未だ残っています(--;)あまり深く考えず [続きを読む]
  • [和風リングピロー]ガーベラを飾った亀甲形の和風リングピロー
  • おめでたい亀甲形の神前式用リングピローです。生地は白の”花立涌文様”の金襴で、中心に淡いクリーム色の多弁ガーベラを飾りました。リングは花の上下に付けた組紐の結び目に留めていただきます。長寿を表す「亀甲形」、末広がりの「扇形」、平和や縁を表す「丸形」など、和ピローでは縁起の良いとされる形を取り入れて、これまで数多く作って来ました。買っていただいた皆さんが、健康で、幸せで、良い縁に恵まれていらっしゃる [続きを読む]
  • リングピロー1374
  • クリーム色の金襴のふくさ形和風リングピロー表を桜柄のクリーム色の金襴、内側を生成色のちりめんで作った、アトリエ定番のふくさを模した神前式用のリングピローです。No.1373と同じ金襴を使っています。(この生地はこれで使い切りました!)このデザインはこれまでたくさん作って来たので、もうアレンジのアイデアが思いつかずしばらく作っていませんでしたが、金の大きなタッセルが一房残っていたので、最後にひとつだけ記念 [続きを読む]
  • [和風リングピロー]クリーム色の桜柄の和風リングピロー
  • 少し色味を抑えたクリーム系の桜柄の金襴を使っています。金襴は金糸が使ってあって結構綺麗なのですが、写真では金色がうまく写りません。正方形の布を、折り紙のように4角を内側に折って縫い合わせ、中心を閉じてとも布リボンを飾りました。紙のように伸びないと簡単なのですが、布はバイアス方向に伸びるので、ちょっとでも寸法を間違えると歪になってしまいます。実際、以前に作った時に、4辺の縫い合わせが数ミリずれて、綿 [続きを読む]
  • [和風リングピロー]ダリアを飾った紅い和風リングピロー
  • おめでたい”吉祥文様”の唐草鳳凰を織り込んだ紅い綸子(りんず)の正方形の布を、折り紙のように4辺を内側に折りたたむようにして縫い合わせ、中央に白い綸子を縫い付けてダリアのアートフラワーを飾りました。中央に開いた白布の角には、七宝ビーズとパールを飾っています。18日に彼岸の入りを迎え、街の和菓子屋さんでは「おはぎ」と「桜餅」がショーケースの一番上で仲良く並んでいます。うちは父が粒あん派、母がこしあん派 [続きを読む]
  • リングピロー1371
  • 18日に彼岸の入りを迎え、街の和菓子屋さんでは「おはぎ」と「桜餅」がショーケースの一番上で仲良く並んでいます。うちは父が粒あん派、母がこしあん派、私は粒あんの入ったお団子にきな粉をまぶしたものが好きで、昔はいつも3種類買っていました。桜餅も同じく、道明寺を使った関西風と、クルッと巻いた関東風に別れていました。お彼岸が来ると、実家に何種類もの和菓子を買って訪ねた事を思い出します。 [続きを読む]
  • [和風リングピロー]2段の紅白の和風リングピロー
  • いつも使っている”華紋唐草地柄”の金襴で作った紅白のクッションをふたつ重ね、赤いサテンリボンでまとめました。リボンの”垂れ”の両端は下段の赤いクッションの角に縫い留め、小さい花形レースと赤いラインストーンを付けています。洋布のシルクやサテン、レース生地は他にも使い道があるけれど、金襴などの和布は今後あまり使う事がなさそうなので、花粉症で霞む目をパチパチさせながら、ちょっとずつ和ピローを作っています [続きを読む]
  • [リングピロー]ピンクのフリルを飾ったアイボリーのリングピロー
  • アイボリーのマットなシルクで作った長方形のクッションに、柄入りのオーガンジーのリボンをのせ、両側にピンクのシルクシャンタンのフリルを挟んでブレードを飾りました。こじんまりと大人しい作品ですが、結構手間はかかっています。ストップしていたGoogleのリスティング広告ですが、今日から「リングピロー」のキーワードがなんとか復活しました。今のところ無事に表示されているようですが、月末閉店でこの時期1週間抜けたの [続きを読む]
  • [和風リングピロー]紅白の着物風和風リングピロー
  • 紅白の”花立涌文様”の金襴を表裏で縫い合わせて帯状にし、着物の衿元風に折りたたんで作りました。最初は”ひと結び”して仕上げようと思ったのですが、長さが足りず綺麗な形にならなかったので、シンプルに折りたたみ、合わせ目に水引の花のアートフラワーを飾りました。水引の花の"花言葉"は「慶事」なので結婚式にはぴったりかなと。。こんな風に途中でデザインを変更すると、裏に隠そうと思っていた”綿入れ口”の位置がずれ [続きを読む]
  • [和風リングピロー]小さな緑の和風リングピロー
  • No.1354と同じ、若草色の金襴を使った小さなリングピローです。前回でかなりの量を使ってしまったので、今回は、残った生地にモスグリーンのサテンを足して作りました。よく作るデザインで、インバーテッドプリーツ風に、向かい合わせにタックをたたんで中央に”開き”を取り、リングを差し込むスタイルです。ちょっと物足りなかったので、差込口の上下に金のビーズを渡しました。角にも金ビーズを大パールを連ねて付けました。近 [続きを読む]