草野球音 さん プロフィール

  •  
草野球音さん: ハマたそdiary
ハンドル名草野球音 さん
ブログタイトルハマたそdiary
ブログURLhttp://tamane1203.blogspot.com/
サイト紹介文「草野球音備忘録」を改題しました。気ままな映画日誌 ときどき本・美術・野球のメモランダム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/11/20 05:06

草野球音 さんのブログ記事

  • Watch your step! 足元注意
  • *踏み出した先にはなにもなかった。視界が急に消え、泳ぐように、前のめりに転倒した。熱海でのホテルの出来事。孫やママ(長女)妻がロビーに見えたので、向かった。階段を降り、手を振る彼らのもとに急いだ。視線は20メートル先。足元に30センチほどの段差があった。あるはずと思った足場はなく、そこにあったのは空気だった(笑)空足を踏み、ステンコロリ。ママや妻、ホテルのスタッフが駆けつけ起こしてくれた。軽い打撲だけ [続きを読む]
  • 熱海でhappy birthday!
  • *次女と孫兄の誕生日祝い??????__パパママ(長女)孫弟、妻に私のファミリー7人で熱海に出掛けました。次女と孫兄Rは1日違いの誕生日で、例年は我が家で一緒にお祝いをしています。今年はプチ贅沢をして「星野リゾート リゾナーレ熱海」にしました。熱海の高台にあるホテルからはオーシャンビューが広がります。子どもはハロウィンの仮装やボルダリングに興じたり、温泉に浸かり生命の洗濯をする大人と家族連れで楽しめる [続きを読む]
  • 松重豊「孤独のグルメ」シーズン7
  • *Amazon prime videoで配信されたと知り、早速観ました。松重豊主演の爆食いドラマ「孤独のグルメ」2018年4月期の放送されたシーズン7です。2012年1月、テレビ東京の深夜にひっそりと始まって、じわじわと人気を呼び長寿番組となりました。個人で輸入雑貨業を営む独身男・井之頭五郎(いのがしら・ごろう)は仕事先で腹が減り、店を探し回り食いまくる。ただそれだけのストーリーが毎回繰り返される。グルメではなく、庶民的なメ [続きを読む]
  • やった‼?逆上がり・跳び箱5段
  • *成功しました。逆上がりに跳び箱5段をクリアしました。取り立てて自慢するほどではないが、できると爺さんとしても嬉しい。4歳の孫(次男坊)の保育園運動会を観た。障害物競走で彼は頑張った。過去2年連続で大雨に見舞われ体育館で行われた運動会が今年は晴れた。ダンスの整列時、じいじとばあばの存在に気づいた。気をつけをしながら、少し照れ、手の部分だけ振って応えてくれた。愛おしい。毎年観ている運動会。成長を実感す [続きを読む]
  • 渥美清×吉永小百合「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」13作
  • *13は知らないので三でご勘弁__産で死んだが三島のおせん。おせんばかりがおなごじゃないよ。京都は極楽寺坂の門前で、かの有名な小野小町が三日三晩飲まず食わず野垂れ死んだのが三十三。とかく三という数字は縁起が悪い。三々ロッポウで引け目がないという__寅さんお得意の「啖呵売」。おいちょかぶ=オイチョは八 カブは九、ブタは0。ロッポウは六ですね。三と三で六となると、3枚目のカードを引くか止めるか。思案にくれ [続きを読む]
  • 嵐の前に塩釜 松島の旅
  • *だからお前さんは後生楽ってんだ。台風が来るってえのに、旅かいッ!前から決まってまして、ね f^_^;)9月29・30日の1泊2日で塩釜 松島 仙台と旅しました。メンバーはムコ殿のご両親とパパママに孫2人、妻と私の計8人。台風24号が沖縄、奄美に迫っていました。東京駅から東北新幹線「やまびこ」に乗って2時間で仙台駅到着。わりと近い。新横浜駅から京都駅までが東海道新幹線「のぞみ」で同じく2時間。心配された天気は曇り。雨 [続きを読む]
  • 渥美清×吉永小百合「男はつらいよ 柴又慕情」9作
  • *九 国定忠治は男でござる。かわいい子分と赤城山で泣き別れ。男は度胸で女は愛嬌、坊主はお経で学生は勉強、庭で鶯ホーホケキョウ__寅さんのお得意の「啖呵売」 × ×シリーズ9作目で吉永小百合がマドンナ役で登場します。公開時は27歳。可憐で清楚です。渥美清主演の映画「男はつらいよ 柴又慕情」1972年を観る。監督原作:山田洋次脚本:山田洋次 朝間義隆音楽:山本直純撮影:高羽哲夫配給:松竹*「いいね ? [続きを読む]
  • 樹木希林さん FOREVER
  • *その死を迎えるお姿は潔くかつユーモアに富んでいました。 達観とでも言うのでしょうか。 高僧や武将を彷彿とさせる器量であります。 かくありたい__ショボクレには無理な話だけどf^_^;) 稀代の個性派女優 樹木希林さん FOREVER × × 女優の樹木希林さんが15日、亡くなった。75歳だった。× × 悠木千帆でブラウン管(当時のテレビは…)デビューしたドラマ「七人の孫」から最晩年の「 [続きを読む]
  • 「あの名台詞」をもう一度
  • *七つの顔の男じゃよ ある時は私立探偵 ある時は片目の運転手 またある時は気障な中国人 またある時はインドの魔術師 しかしてその実体は 正義と真実の使徒 藤村大造! __片岡千恵蔵主演の映画「多羅尾伴内」シリーズ震度7の北海道地震の際、被災地にエールをおくる言葉として中村錦之助(萬屋錦之介)主演の映画「関の弥太っぺ」(長谷川伸原作)の台詞を書いた。2009年に台詞を拙ブログで特集したこ [続きを読む]
  • 「男はつらいよ ハイビスカスの花 特別篇」
  • *「男はつらいよ ハイビスカスの花 特別篇」は渥美清の没後1年(1997年)、根強い寅さん人気に応えて作られた。満男役の吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加し、寅さん渥美清を回想するという構成に25作をリメークした。「叔父さんはどうしているのだろう」セールスマンとなった甥の満男は出張先の駅で寅さんの幻影を見て、小学校のころのひと夏を思い出す。叔父さんとリリーさん(浅丘ルリ子)の沖縄での出来事だった。__柴又に [続きを読む]
  • 渥美清×長山藍子「男はつらいよ 望郷篇」5作
  • *「男はつらいよ」50作目が、誕生50周年を迎える来年2019年に新作映画として公開されることになった。同シリーズは1969年に第1作が公開され、国民的映画として親しまれ、全48作と特別篇が作られている。山田洋次監督で主演の寅さんはもちろん渥美清、共演は倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆ら。渥美さんが死んじゃってるからね、どんな映画になるでしょうか。愉しみだ。 × × 渥美清主演の映画「男はつらいよ 望郷篇」197 [続きを読む]
  • 健さん映画で北海道エール
  • *震度7の北海道地震で高倉健さんの映画の舞台を思い出した。被災地や被害に遭った方々には不謹慎かもしれないけど m(*__*)m 私にできる、せめてもの北海道へのエールであります・「幸福の黄色いハンカチ」1977年 山田洋次監督 高倉健 倍賞千恵子 桃井かおり 武田鉄矢 blog2014/06/14釧路、網走、阿寒湖、帯広…そして感動を呼ぶラストシーン。家の前の物干しにはためく無数の黄色いハンカチ。かたわらに妻役の倍賞千恵子が [続きを読む]
  • CRASH & BUILD 涙を拭いて立ち上がれ
  • *こんなときゃ植木等だな。♪ みろよ 青い空 白い雲 そのうちなんとかなるだろう無責任男が代名詞だが、植木さんは常に人生を肯定的に歌う。陽はまた昇る。明けぬ夜はないのだ。× × 北海道で震度7の胆振東部地震が6日未明に起こった。台風21号で被害を受けた直後の列島に追い打ちをかけるような災い。7月に西日本豪雨、6月には大阪府北部地震と、平成最後の2018年は未曾有の難事続きだ。日本の歴史は CRASH & BUILD [続きを読む]
  • 渥美清×太地喜和子「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」17作
  • *「私、近ごろよく思うの。人生に後悔はつきものじゃないかしらって。ああすればよかった…という後悔と、もうひとつは、どうしてあんなことをしてしまったのだろう…という後悔」岡田嘉子の台詞が心にしみました。日本画壇の大家役の宇野重吉が故郷の播州龍野に訪れ、初恋の相手の岡田嘉子と語らうシーンがあります。静謐のなかに二人の名優の存在感が凄まじく漂いました。邦画の豊穣さを感じました。渥美清主演の映画「男はつら [続きを読む]
  • 霊山歴史館に幕末の風が吹く
  • *霊山は「りょうぜん」と読む。あたしゃずっと「れいざん」って… f^_^;) 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館(京都・東山)に行ってまいりました。ここでも坂本龍馬の写真に出会いました。幕末の写真家・上野彦馬が撮ったものです。袴にブーツ姿で手を懐に入れたポーズでおさまったヤツです。春に訪れた高知でも至るところで見かけました。龍馬さんも上野さんも著作権や肖像権を主張したりしませんから、日本中で安心して使用し [続きを読む]
  • 平等院鳳凰堂と十円玉
  • *ガキのころ1日の小遣いに母から十円玉1個もらった。昭和30年年代の初めの話だ。文字通りの『餓鬼』で買い喰らいが専らだった。川崎の下町の商店街に住んでいたので、店はたくさんあったが、10円で腹を満たすほどのシロモノはあまりない。菓子屋で甘納豆が食べたいが、ほんのひとつまみしか買えない。嵩(かさ)ががあり、コストパフォーマンスのいいのはカリントウだったなぁ。十円玉とカリントウはガキのころの思い出に繋がる。 [続きを読む]
  • 小栗旬「銀魂」
  • *「銀婚2 掟は破るためにこそある」の前作__小栗旬主演の映画「銀魂」2017年を観る。監督脚本:福田雄一原作:空知英秋「銀魂」配給:ワーナー・ブラザース映画出演・小栗旬:坂田銀時・菅田将暉:志村新八・橋本環奈:神楽・岡田将生:桂小太郎(攘夷志士)・長澤まさみ:志村妙(新八の姉)・中村勘九郎:近藤勲(真撰組隊長)・柳楽優弥:土方十四郎(同副長)・吉沢亮:沖田総悟(真撰組)・ムロツヨシ:平賀源外・堂本剛: [続きを読む]
  • サルでもわかる「有田と週刊プロレスと」
  • *「有田と週刊プロレスと」をご存知ですか?Amazonプライムビデオで配信されているトーク・バラエティです。くりぃむしちゅー有田哲平が1冊の週刊プロレスを題材に語りまくり、人生の教訓を伝授する。進行役を務めるが元AKB倉持明日香。× × シーズン1と同2を観た。有田のトークが絶妙だ。プロレス=八百長・見世物・スポーツじゃない__こんな概念がぶっ飛んだ。力道山が草分けで、ジャイアント馬場の全日本とアントニ [続きを読む]
  • 菅井きんさん「ムコ殿!」FOREVER
  • *訃報:菅井きんさん92歳=女優 ドラマ「必殺」シリーズ「ムコ殿!」で人気 映画「ゴジラ」2018/08/10 × × もう一度聞きたい。あの台詞。「ムコ殿!」__「必殺」シリーズ。中村せんは主水(藤田まこと)の義母で娘が白木万理でした。ムコいびりがドラマの香辛料になっていました。1973年に始まっているから、当時はまだ47歳でした。・「ゴジラ」1954年 本多猪四郎監督 特殊技術:円谷英二出演:宝田明 河内桃子 平田昭 [続きを読む]
  • 7歳の日本史知識
  • *なぜか7歳の孫が坂本龍馬を知っている。「龍馬の奥さんの名前は?」「おりょう(龍)」「超ビジュアル!日本の歴史大辞典」という児童書をリビングに置いてある。薩長同盟のページに3人の武士が座っている。「坂本龍馬は真ん中で左は西郷隆盛だ」「『ごわす』というんだよ」「『ごわす』鹿児島の言葉だぞ。こっちが桂小五郎」「……」桂小五郎は未知の世界のようだが、西郷(せご)どんは言葉が印象に残っているようだ。どうやら [続きを読む]
  • カブトムシと我が命
  • *「じいじが死んだら、Rちゃんが泣いて大変だよ」「……」「だって(飼育中の)カブトムシが死んでも大泣きしたんだから」「……」娘が食卓を囲みながら言った。オレの生命と虫ケラは一緒かいッ ????(笑)娘とオレの距離感はそれだけ近いのかもしれない。パパと孫2人は福島に帰省し、仕事がある娘(ママ)が残り、珍しく妻と3人の夕食だった。「死んだら」はダブーだが、気の置けなさが言わした言葉だし、だから長生きしてね、 [続きを読む]
  • 「あなた買います」穴吹義雄さん FOREVER
  • *「あなた買います」という映画、ご存知ですか?60年ほど前1956年(昭和31年)松竹作品__小林正樹監督 / 松山善三脚本出演:佐田啓二 岸恵子 大木実 伊藤雄之助大学野球のスター選手をめぐるプロ野球の争奪戦の顛末を描いた小野稔の同名小説が映画化され、「あなた買います」は流行語となるほどでした。主演の佐田啓二(中井貴一の父)はスカウト役、プロ注目のスラッガーに大木実、その選手そ育成した男に伊藤雄之助という [続きを読む]
  • 津川雅彦さん「狂った果実」FOREVER
  • *鎌倉に住む裕福な家庭の兄弟、滝島夏久と春次。兄の夏久はたくましく遊び人の大学生だが、弟の春次はまだ華奢で純真な高校生で、女性を知らない。二人で海に遊びに行った逗子駅で落とした帽子を拾ってくれた美しい天草恵梨に、春次は一目惚れする。その後、兄弟は海で恵梨を再会する。春次はどんどん恵梨にのめり込んでいく__。★映画「狂った果実」1956年 / 日活 拙ブログ 2017/07/06監督:中平康 / 原作脚本:石原慎太郎 [続きを読む]
  • フトコロを心配する孫
  • *「いらない。じいじとばあばのお金がなくなっちゃうよ」7歳の孫が健気にも(笑)遠慮する。一緒に出かけたとき、思い出にとささやかなオミヤを買ってやりたいと思い、どれでもいいから(1000円程度)選べと言うと断られる。パパとママに「おねだりしてはいけない」と言い含められているに違いない。安易に買い与えない教育方針だろう。ましてや年金暮らしに負担をかけない配慮だろう。先々週は中華街のおもしろ水族館、先週は桜 [続きを読む]
  • ドン増殖中の病める国
  • *組織を円滑に運営するために権限のあるリーダーを選ぶ。その権限が肥大・独裁色を増しドンに化けると始末が悪い。組織は完全に私物化されてしまう。・至学館大レスリング部の栄和人氏 × ・日大アメフト部の内田正人氏とその親玉の田中英壽氏 × ・早稲田大学オーケストラの田中雅彦氏 × ・日本ボクシング連盟の山根明氏 × 真っ当な組織とは言い難い。こんなことがあちらこちらに顕在する。日 [続きを読む]