どんちゃん さん プロフィール

  •  
どんちゃんさん: カバチたれ!
ハンドル名どんちゃん さん
ブログタイトルカバチたれ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/don-blog-1966/
サイト紹介文広島東洋カープ、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、競馬、山登りのことをメインで書いてます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/11/21 03:15

どんちゃん さんのブログ記事

  • 東京だけには負けられない??
  • 東京だけには負けられない??城福監督の古巣対決、2度も同じチームから解任されたことを考えれば絶対に負けられない相手。城福監督ばかり話題になっているが、池田フィジカルコーチもその想いは同じだろう。ACLとJリーグを並行して戦うのは本当に難しい。今年のサンフレが鹿島と川崎を倒せたのも、ACL出場中というラッキーな要素があったのも事実。そのACLとJリーグを戦うために城福監督と共に池田コーチは2016年東京のフィジカ [続きを読む]
  • サイドバックの守備力がチームを救う
  • サイドバックの守備力がチームを救う!攻撃重視の4バックシステム、センターバックが2人だけにサイドバックの守備力がチーム守備力を左右すると言っても良いだろう。昨年ヨンソン体制になり4バックにシステム変更するも本職のサイドバックは不在。椋原の加入と丹羽のコンバートでなんとか体裁は整えたものの、効果的な4バックのサッカーが出来ているとは言えなかった。今年は大宮から本職の和田が加入、さらに対人最強の佐々木が [続きを読む]
  • 野党議員が酷過ぎる
  • 野党議員が酷すぎる??福田財務事務次官のセクハラ問題で麻生財務大臣の辞任要求をし、応じられないなら国会審議をボイコットする野党議員(除く維新)、論点ズレズレで議員辞職して欲しいレベルの大馬鹿だ!今回のセクハラ問題を民間企業で例えてみよう。巨大自動車メーカーのA社、そこに業界ではスケベで有名な調達部長の福田さんがいる。部品メーカーのB社、何としてもA社と取引したい。B社の営業部長である松原さんは、正攻 [続きを読む]
  • 鳥栖戦、決勝ゴールを生んだムービングフットボール
  • 鳥栖戦、決勝ゴールを生んだムービングフットボール守備から構築した城福サンフレのサッカー。リーグ戦を戦う中で、攻撃面も醸成して行く。鳥栖戦の決勝点はムービングフットボールによる得点だった!鳥栖は広島のツートップに対応するため3バックのシステムとした。最終ラインは187cmの高橋、188cmのチョンスンヒョン、187cmのキムミンヒョクを並べる。Jリーグ1の高さのある3バックを揃えたのだ。さらに韓国人選手特有のラフプレ [続きを読む]
  • 今日も魅せた城福采配
  • 今日も魅せた城福采配サンフレッチェ広島 1-0 サガン鳥栖急激な気温上昇で選手には厳しい環境下での試合。前半は鳥栖にボールを持たせるがサンフレの選手の動きが重い。ファーストディフェンスに行けずピンチを招く。鳥栖の3バックの高さの前にパトリックも機能しない。先発渡はカップ戦での見事なゴールがあっての起用だろうが、連戦のため工藤温存の采配でもあるだろう。渡は何度も書くがJ1ではまだまだ。ただムイ投入までの捨 [続きを読む]
  • サッカー観戦の前に築地場内寿司大
  • サッカー観戦の前に築地場内にある寿司大日本で1番並ぶお寿司屋さんコストパフォーマンスも日本一ではないだろうか?美味しく楽しく食べられます!4時間半並んで入店出来ました。このくらいの並びってサポーターにとってはなんてことないですよね?2015年のCS決勝の時の30時間並びと比較したら楽勝でした?? [続きを読む]
  • サッカーは監督が全て
  • サッカーは監督が全て勝てない浦和が大槻暫定監督になった途端、公式戦4勝1分。浦和もサンフレも力のある選手が揃っている。勝てない原因は戦術も大きいが、監督が出す負のオーラだろう。堀さんも森保さんも自信がメンタルをやられていた。チームの雰囲気を変えるだけでガラリと変わる。大槻暫定監督の選手に向けた言葉。サポーターをリスペクトする監督には結果がついてくる!毎試合サポーターのところに挨拶に来る城福監督も同 [続きを読む]
  • 目に見えない城福監督の名采配
  • 目に見えない城福監督の名采配相手センターバックを動かして崩すのが城福スタイル。当然味方センターバックは動かされない。そういう意味では守備優先城福サンフレのセンターバックはなによりも大事な存在。今年は千葉、水本、野上、丹羽と厚いセンターバック陣でシーズンスタートしたものの、15連戦を前に千葉と丹羽が故障離脱で今は緊急事態。公式戦11戦無敗の記録が途絶えようとも、土曜日からホーム鳥栖→アウェイ東京→アウ [続きを読む]
  • 緩慢なプレイでは負けるのは当たり前
  • ルヴァン杯名古屋グランパス 2-1 サンフレッチェ広島渡の見事なゴールで先制したものの、逆転負けで無敗記録は途絶えた。この試合にはレギュラー組とのプレイの質の違いがはっきりと出ていた。まず名古屋同点のシーン。ロングボールに抜け出した深堀はハンドに見えなくもない。このシーンでチョンボしたのは松本。名古屋は裏を狙うサッカーを徹底していたのにボールホルダーに全く寄せていない。これでは自由に蹴られるのは当たり [続きを読む]
  • ミキッチのの着用していた黒いブラジャー?
  • ミキッチの着用していた黒いブラジャー?湘南戦、試合後に水本とミキッチがユニフォーム交換、ミキッチの着用していた黒いブラジャーのような物が気になった人も多いのでは?あれはデジタルブラジャーとも呼ばれているGPS計測デバイスです。写真のミキッチの背中、青山の手首の位置にこのデバイスが収められています。GPSだけでなくジャイロスコープも内蔵しているため、身体の傾きまで計測出来ます。走行距離、加速回数、心拍数 [続きを読む]
  • 重戦車は止まらない??
  • 重戦車は止まらない高い打点でのヘディングとスピードを活かして裏に抜けるのが重戦車パトリックの特徴!パトリックが抜け出すシーンが多いのは裏を狙った動き出しの多さから。オフサイドポジションにいて相手ディフェンダーの死角に入り、味方がボールを出す瞬間に一旦戻ってオンサイドに、そして猛ダッシュ。フォワードとして当たり前のように思われるかもしれないが、その絶妙な動き出しが非常に巧い!昨日もオフサイドにはな [続きを読む]
  • ペース配分を改善しての完勝??
  • ペース配分を改善しての完勝??湘南ベルマーレ 0-2 サンフレッチェ広島独特の湘南スタイルといわれる湘南のサッカー。今季リーグ戦ではホーム負け無し、前回のホーム戦は鹿島を撃破。好調サンフレでも非常に厄介な相手だった。柏戦での反省を活かし、前半はペースを落としたサンフレ、湘南に幾度もチャンスを作られる。前半のシュート数は湘南7本、サンフレ3本。後半に入りギアを上げるもゴール前を厚く守る湘南。こうなると流れ [続きを読む]
  • 城福サンフレが止まらない
  • J1リーグ7戦無敗で首位、公式戦10戦無敗、城福サンフレが止まりません。前節は3得点、得点の度に城福監督の反る角度がきつくなっています。このままではワールドカップ中断期間まで監督の腰が持たないのではないでしょうか?クラブマスコットのサンチェも今年から城福監督のガッツポーズ反りを真似始めました。頭が重いのに反るので前節ではそのまま転倒するシーンも。さらに腰を押さえてまるで中におっさんでも入っているかのよ [続きを読む]
  • 林卓人が好調な理由
  • 林卓人が好調な理由今年のサンフレが首位を走るのは間違いなく林卓人のおかげ。卓人が今年好調なのは何故でしょう?卓人は仙台時代も好セーブを連発していました。2014年にサンフレに戻ったものの、キーパーをフィールドプレーヤーの1人に考えるサンフレのサッカーに馴染めず多くのミスが出ました。2015年はようやくサンフレのサッカーに慣れて優勝に貢献。2016年は前年ほどのパフォーマンスは発揮できず、2017年は怪我もあり満足 [続きを読む]
  • Eスタで乱射事件発生??
  • Eスタで乱射事件発生??サンフレッチェ広島 3-1 横浜Fマリノス高い運動量でプレスし、球際で競り勝つ今年のサンフレ。柏戦後半の運動量低下から負けるなら中2日のマリノス戦だと考えていた。試合は予想通りマリノスがボールを支配する。6人を入れ替えて挑んだサンフレだが、お家芸のプレスは控えめでボールを奪ったらシンプルに前へ。いつものサッカーが出来ない状態。マリノスのキーパー飯倉はフィールドプレーヤーの如く動き回 [続きを読む]
  • レイソル戦、後半に押し込まれた理由
  • レイソル戦、後半に押し込まれた理由前半は豊富な運動量で圧倒したサンフレ、決定力があれば3点は取れた試合だった。伊東純也を避けてパトリックの得意な右サイドでの戦う戦術が大当たり!レイソルがボールを持っても前線からのプレスとブロックを形成して守り、飛ばし過ぎの感があったが今季1番の45分だった。しかし後半になると一変、パトリックと工藤が前線からプレスに行けなくなった。前半飛ばしたために足が止まったからだ [続きを読む]
  • ハリル解任
  • 豚骨ラーメンって、一杯目はそのままお店の味を楽しむ!替え玉用にスープは控え目に飲むのよ。そして替え玉注文してからが本番??ニンニク入れる?辛子高菜入れる?紅生姜入れる?自分の味にアレンジして楽しむ?その替え玉が来る直前に、バカなバイトにどんぶり下げられたら?バカかっ、きさん???????これからが本番ちゃろーもん??と、ハリルさんと同じ気持ちになれるでしょう! [続きを読む]
  • 真価が問われるマリノス戦
  • 真価が問われるマリノス戦リーグ戦6試合5勝1分0敗失点1と快進撃のサンフレッチェ。これを支えているのはサブ組の存在だ。リーグ戦の合間にあるカップ戦をフルターンオーバーで戦えて来たからだ。リーグ戦のレギュラー組は1週間に1試合のペースを維持できている。次節は中2日の試合。柏戦に出場した選手には体力的に非常に厳しい。幸い対戦相手のマリノスも中2日と同条件なのが救い。6試合1失点の結果は豊富な運動量による素早い寄 [続きを読む]
  • 完全復活 佐々木翔??
  • 完全復活 佐々木翔??176cm70kgと大きくない身体ながら屈強な外国人選手も弾き飛ばす強靭なフィジカル!空中戦を制する驚異的なジャンプ力!復活するだけで最強の補強といわれた佐々木翔が帰って来た??2016年の大宮戦、相手選手の悪質で理不尽なプレイにより大怪我をして戦線離脱。1シーズンを棒に振って治療とリハビリに励み、ようやく復帰と思われた2017年キャンプで再び故障。2シーズンを棒に振った。クラブワールドカップ [続きを読む]
  • 工藤が広島で活躍出来ない理由?
  • 工藤が広島で活躍出来ない理由?「サッカー選手の現役は短い、現役中はサッカーのことだけを考えろ」ドイツ代表としてワールドカップ優勝1回、準優勝2回の世界的に有名な元サッカー選手、ピエール・リトバルスキーの言葉です。プロ野球選手と違って運動量が格段に多いサッカー選手は日常の身体のケアが大切です。昨日カープ戦のナイターに工藤と稲垣が観戦に行っていました。翌日の練習開始は9時30分です。これをどう思いますか? [続きを読む]
  • 中村航輔欠場は大チャンス??
  • 中村航輔欠場は大チャンス??0勝2分2敗サンフレのキーパー中村航輔の柏との対戦成績です。うち3試合は完封されました。枠に飛んだシュートをことごとく弾かれての結果です。中村航輔が出場ならサンフレの勝つ可能性は低いでしょう。ところが明日は代表キーパー中村航輔の欠場が濃厚です。そうなると柏のキーパーは桐畑和繁でしょう!桐畑といえば2014年ナビスコ杯準決勝での相手。桐畑のポロリのお陰でサンフレは決勝進出を決め [続きを読む]
  • 広島先制となるコーナーキックの前のプレイはオフサイドではない??
  • 広島先制となるコーナーキックの前のプレイはオフサイドではない??パトリックの先制ゴールのきっかけとなったコーナーキック。これがそもそもオフサイドの誤審と言う川崎サポーターがいるようですが、競技規則に照らし合わせるとオフサイドとならないことが分かります。オフサイドポジションにいること自体はオフサイドの反則ではありません!ボールに触れて始めて反則となります。ボールに触れないでオフサイドの反則となるケ [続きを読む]
  • 解任と退任の違い
  • 解任と退任の違い浦和の堀監督が解任された。森保さんと同じくミシャサッカーを引き継いだ監督の解任。相手に研究され尽くされ、旬を過ぎたサッカーだけにしょうがないところ。解任はクラブより契約解除されるもの。契約した年俸は違約金として全額保証される。一方退任は自らの申し出により契約解除するため残りの年俸は貰えない。サラリーマンでいえば解任は会社都合の退職、退任は自己都合。退職金額も大きく違う。クラブのた [続きを読む]
  • 進化著しいムービングサッカー
  • 進化著しいムービングサッカー川崎フロンターレ 0-1 サンフレッチェ広島城福サンフレはどこまで変化するのだろう?ミシャから森保さんと続いたサンフレのサッカーから決別して、こんなにも早く形が出来るとは思わなかった。現在Jリーグ最強の川崎フロンターレ、そのチームとこの時期に対等に戦えるのだ。素早いブロックの形成、それを維持したままラインの上下、守備への戻りの速さ。連動したプレスは芸術的である!川崎戦ではト [続きを読む]
  • チケット購入はお早めに
  • チケット購入はお早めに今日のアウェイ川崎戦、チケット完売であちらこちらでチケット難民続出です。難民の多くがきちんと応援するサポーターなのです??忘れてはいけません??サンフレサポーターはJリーグでダントツの薄情なサポーターです。3度の優勝でファン、サポーターになったライト層が大部分を占めます。昨年のように負け続けているとアウェイ席も空席が目立ちますが、今年のように好調であればミーハーなファン・サポ [続きを読む]