どんちゃん さん プロフィール

  •  
どんちゃんさん: カバチたれ!
ハンドル名どんちゃん さん
ブログタイトルカバチたれ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/don-blog-1966/
サイト紹介文広島東洋カープ、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、競馬、山登りのことをメインで書いてます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2009/11/21 03:15

どんちゃん さんのブログ記事

  • ヨンソン監督の采配的中?? 全員で掴んだ勝利
  • ヨンソン監督の采配的中??全員で掴んだ勝利ヴィッセル神戸 1-2 サンフレッチェ広島これこそが監督の仕事というヨンソン監督の采配が見事に的中した試合でした。ロペスワントップ、見事にハマりました。ゴールという結果は残せなくても、神戸ディフェンスへ脅威を与え続けました。そしてこれが4バックのサッカーというような、両サイドバックが何度となく駆け上がり攻撃。特に椋原は素早く単純なクロスを何度も放り込みます。た [続きを読む]
  • 吉と出るか?凶と出るか? FW アンデルソンロペス
  • 吉と出るか?凶と出るか? FW アンデルソンロペスサンフレの運命を決める残り3節、その運命はロペスに託された。右サイドハーフにはシウバ、右サイドバックには椋原が入る。先週非公開でのガンバとのトレーニングマッチでは攻撃だけでなく守備も安定したそうな。ボールロストするロペスがトップに入ることによりカウンターを受けなくなったからだろう。ロペスのボールロストは攻撃へ転じたドリブル時や、低い位置での守備時に多い [続きを読む]
  • 代表井手口は洋芝への対応を??
  • 代表井手口は洋芝への対応を??今回の日本代表遠征試合で気になったのは井手口が足を滑らせたこと。ブラジル戦で2度、ベルギー戦で1度。足を滑らせるくらい、、、と言われるかも知れないが、本戦では命取りになりかねない。忘れもしない2014年ナビスコカップ決勝。寿人の2ゴールで押せ押せのサンフレがガンバに流れを持っていかれたのは芝に足を滑らせたから。遠藤をマークしていた選手が足を滑らせ転倒。そこでドフリーになった [続きを読む]
  • 浅野拓磨はワールドカップ本戦に出場出来るのか?
  • 浅野はワールドカップ本戦に出場出来るのか?ブラジル戦、悪くはなかったが決定機を外す。ベルギー戦、スピード以外は世界で通用しないことを露呈した。ハリル監督は縦に速い選手が欲しい。浅野のスピードは申し分無いのだが、他の技術が低過ぎる。プロは結果が全て、今は叩かれてもしょうがない。サンフレサポは浅野が下手なのはよく分かっている。ずっと我慢して使い続け、育てて来た。そして開花して恩を返してくれた。浅野拓 [続きを読む]
  • ミキッチ退団はヨンソン監督続投の証?
  • ミキッチ退団はヨンソン監督続投の証?残念ながらミキッチの退団が決まりました。疾風のようにサイドを駆け上がるミカに何度となくワクワクさせられたものです。3-4-2-1システムではミカは外すことは出来ない選手です。よってミシャも森保さんもミカを重宝しました。ヨンソン監督に代わり4-2-3-1システムとなりミカの役目は終わりました。3-4-2-1では、サイド職人であることが求められました。とにかくサイドを駆け上がりクロスを [続きを読む]
  • 本職のサイドバック
  • 本職のサイドバック駒野友一アビスパ福岡 No.3右サイドバックサンフレッチェユース上がりの駒野日本代表に拘り、2007年のサンフレJ2降格決定によりサンフレを去った。4バックシステムとなった今のサンフレに駒野がいれば、残留圏からとっくに脱出出来ていただろう。それだけ本職のサイドバックは4バックシステムの生命線。駒野のクロスは芸術品と言っても良いだろう。ボールが美しい軌道で走り込んだフォワードへ引き寄せられるよ [続きを読む]
  • 元TBS記者の準強姦罪疑惑とは
  • 元TBS記者の準強姦罪疑惑とは卑劣な性犯罪は絶対に許されるものではない!その上でこの事件は関係者の思惑が入り混じっておかしな状態になっています。外野も両極端な誹謗中傷を繰り返しています。事件を複雑にしたのは、被害者が不起訴を不服で検察審議会にかけ、こちらも不起訴相当と結論が出たにもかかわらず、記者会見を開いたからです。被害者の弁護人は民進党と深い関係にありました。一方加害者の記者は安倍政権に近いと言 [続きを読む]
  • 浦和の長澤とカズを足したボランチ募集w
  • 浦和の長澤とカズを足したボランチ募集w浦和の長澤選手、良い選手ですね。パスとフリーランニングとポジショニングが素晴らしい。さすが日本代表です。サンフレの敗因は、興梠とラファエルシルバだけマークして、長澤を抑えられなかった事です。浦和戦の失点シーン、青木からのフィードを右サイドにフリーで上がった遠藤が折り返します。水本が釣られたとの記事もありましたが、水本は興梠をマークしていたのですからニアに走った [続きを読む]
  • 3連敗の反省を活かして残留を??
  • 3連敗の反省を活かして残留を??3連敗後の3週間の中断、サンフレには助けとなる中断です。守備は良いが攻撃力が弱いと4-1-2-3にシステム変更した鹿島戦と川崎戦。これが裏目に出て失点は増え、得点は奪えない。浦和戦からは元の4-2-3-1に戻しました。しかし0-1の敗戦。鹿島戦と川崎戦は内容は良いのですが、失点後にガタッときて戦えなくなりました。残留争いには得失点差も大切なのに、ライバルとのアドバンテージすら吐き出し [続きを読む]
  • ここからが本当の勝負??
  • ここからが本当の勝負??サンフレッチェ広島 0-1 浦和レッズ同じサッカーで戦って来たライバル対決。今日の青山はサッカーが楽しそうだった。その表情から活躍を期待していたのだが、前半で古傷の故障で交代。審判が笛を吹かないでも、青山の異常に気がついてプレイを止めてくれた浦和の選手たち。素晴らしいフェアプレイの精神でした。内容は決して悪くないのだが、決定機を決められない、肝心な場面でパスミスをする。クオリテ [続きを読む]
  • 最後に輝け工藤壮人
  • 最後に輝け工藤壮人佐藤寿人に代わる新エースとして加入した工藤壮人。サンフレのワントップサッカーに合わず期待した成績は残せていない。サポーター内でも工藤については賛否両論ある。森保監督のサッカーが通用しなくなった中で、慣れないワントップで苦しんだ。ヨンソン監督に代わっても、出場時間はわずか3試合33分。最近はベンチにすら入れていない。このまま工藤は終わるのか?工藤壮人は終わっていない??チームが工藤に [続きを読む]
  • 残留を諦める必要は全くない??
  • 残留を諦める必要は全くない??鹿島と川崎に連敗し悲観しているサポーターやファンも多いことでしょう。でも心配要りませんよ!サンフレが最強だった2015年ですら鹿島には勝てていないし、川崎には内容では負けていました。今年のサンフレで勝てる相手ではありません。今節の浦和も正直厳しい戦いとなります。浦和戦の鍵は、Jリーグ最高のストライカー興梠を抑えられるかどうかです。清水戦で良い試合をしたのは、チアゴを完璧に [続きを読む]
  • 闘う気持ちはあるのか?
  • 闘う気持ちはあるのか?サンフレッチェ広島 0-3 川崎フロンターレ優勝を争う川崎に勝てとは言わない。ホームだけに勝ち点1は欲しいところ。負けても1失点差。先発を3人入れ替えて挑んだ試合。前半の入りは悪くなかった。鹿島戦からの内容の良さを引き継いでいた。ところが中林が苦手のハイボールにまさかのファンブル??川崎に先制点を与えてしまった。ここから一気にチーム全体にガタがくる。監督交代前のメンタルの弱さが蘇る [続きを読む]
  • ロペスを使う理由
  • ロペスを使う理由鹿島戦の失点はロペスがボールを奪われてのショートカウンターから。なぜロペスを使い続けるのか?そう思うサンフレサポーターも多いでしょう。鹿島戦だけでいえば失点は、ロペスが倒されてサンフレの選手がセルフジャッジをして鹿島の選手をバイタルエリアでフリーにしたことが原因です。ロペスはプロ野球の投手に例えると分かりやすいかも知れません。150kmの球速があるけど制球の定まらない先発ピッチャーがロ [続きを読む]
  • 優勝争いのチームと残留争いのチームの特徴が顕著に出たシーン??
  • 鹿島戦の1失点目、優勝争いのチームと残留争いのチームの特徴が顕著に出たシーン??サンフレが攻撃に移りロペスがボールを持ったところを狙いすまして鹿島の山本が奪いに行き、もつれます。稲垣はマークしていた土居から離れ、棒立ちでファウルをアピール。柏も1番近くにいながらウオッチャー。一方鹿島の三竿はファウルをアピールするも、ボールが溢れると見るや直ぐにボールを奪って土居にパス。バイタルエリアでフリーで受け [続きを読む]
  • 王者鹿島アントラーズは強かった
  • 鹿島アントラーズ 2-0 サンフレッチェ広島力負け、その一言に尽きる。選手はよく戦った。得点の匂いがするチャンスも作った。でもそれ以上に王者鹿島が強かったのだ。今日の試合でゴタゴタ言ってもしょうがない。残り5試合で勝負するだけ。今更戦力は変わらない。戦術も大きく変えられない。選手を信じて後押ししようではないか。批判は選手ではなく、声を出さないサポーターへ向けるべき。泣いても笑っても12/2の日立台で全てが [続きを読む]
  • 鹿島戦、ヨンソン監督が陽動作戦に出た??
  • 鹿島戦、ヨンソン監督が陽動作戦に出た??鹿島に負けないために絶対に必要なカズの防御力。札幌戦を見ても今更説明するまでも無いでしょう。青山とは次元が違いました。そのカズ負傷でサンフレのゲームプランが白紙に。鹿島戦は大ピンチです!そこでヨンソン監督が4-1-2-3の奇策に。稲垣を中盤のアンカーに据えて、ブラジル人3トップ。でもこれはヨンソン監督の陽動作戦でしょう。実際は柏を左サイドハーフ、シウバがトップ下、 [続きを読む]
  • 森保さんの五輪代表監督就任、心配です
  • 森保さんの五輪代表監督就任、心配です??サンフレサポが喜びまくっている森保さんの五輪代表監督就任、他サポはどう思っているのでしょう?捻くれ者の私は全く嬉しくない。仕事見つかって良かったですねといったところか。ミシャのサッカーを引き継いで守備面を修正しリーグ3連覇。実績は申し分無いのだが、1からチームを作り上げた実績は無し。私は2016年の5月には森保采配に疑問を感じ、9月には監督解任を訴えた。森保さんが [続きを読む]
  • グランドキーパーの後押しに気をつけろ??
  • グランドキーパーの後押しに気をつけろ??前節鳥栖に負けた鹿島。敗因の1つにボールの転がらないピッチがありました。鳥栖は豊田をターゲットにしたサッカーがメインのチームです。ロングボールだったり、クロスだったり、セットプレイだったり。そしてロングボールで吉田豊を裏に走らせる。浮かしたボールがメインの鳥栖のサッカーには、芝生のコンディションは関係ありません。むしろ裏をついたボールがゴールラインを割らな [続きを読む]
  • 名古屋グランパスの佐藤寿人
  • 名古屋グランパスの佐藤寿人を観てきました。4-4-2の左サイドハーフ出場でも輝けている寿人。風間監督の流動的に人が動くパスサッカーだからこそ、サイドハーフでも寿人が機能する。縛りの多い森保前監督のサッカーでは考えられないでしょう。名古屋サポーターの応援は素晴らしかった。何よりコールリーダーの上手さがメインスタンドからでもはっきりと分かった。バッドボーイズも見習うべきでしょう。名古屋サポーターにも愛され [続きを読む]
  • やはり難しい試合、チャンスを活かせずドロー
  • チャンスを活かせずドローサンフレッチェ広島 1-1 コンサドーレ札幌試合開始から激しいゲームとなった残留争い。お互い失点したくないチーム同士の戦いのため、守備陣を残して少ない人数で攻撃を仕掛ける展開。札幌が高さがあるためサンフレのセットプレイはノーチャンス。今日はいつものロペス。周りが見えない強引さがPKを生む。やり直しも動揺せずきっちり決めて先制??しかしPKにはお返しのPKが付き物。稲垣がハンドで同点に [続きを読む]
  • 1番難しいホーム札幌戦
  • 1番難しいホーム札幌戦残留を目指すサンフレにとって今日の札幌戦は残り7試合で1番難しい試合。残留争いライバルが下位チームとの対戦を残しているのに対して、サンフレは今日の札幌が終われば上位陣との戦いのみ。鹿島、川崎、柏との対決が残るのも厳しい。しかし今のサンフレのサッカーはしっかり守ってカウンターのサッカー。ラインを高く攻めてくる上位チームの方が戦い易い。戦術面では今日の札幌戦が1番難しい。札幌は勝ち [続きを読む]
  • 頑張れ岐阜
  • 今日の岐阜vs名古屋に注目!木曽川ダービー?木曽川クラシコ?そこはどうでも良いのですが、大木監督率いる岐阜には注目です。前節まで4連勝。前節こそアビスパに負けましたが、内容は完全に優っていました。プレスのかけ方とインラーセプトが素晴らしい。アビスパの攻撃の起点となる仲川を徹底して潰し、アビスパの攻撃を無力化しました。4連勝していることが十分に納得出来る内容でした。さすが大木監督です。この内容のサッカ [続きを読む]