清里フクロウ さん プロフィール

  •  
清里フクロウさん: フクロウの生息する高原・清里より
ハンドル名清里フクロウ さん
ブログタイトルフクロウの生息する高原・清里より
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/
サイト紹介文清里を中心に八ヶ岳南麓の風景と生き物を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/11/22 18:37

清里フクロウ さんのブログ記事

  • 八ヶ岳
  • 八ヶ岳もようやく雪化粧。サンメドウズ清里スキー場は、今日がオープン。良いタイミングで雪が降ってくれたようだ。林道から見える八ヶ岳(スマホで撮影)今年は、ガラケーが壊れたので、私もようやくスマホを買った。スマホのカメラはなかなか良い。悪質なあおり運転の被害にあったことがあるので、自動車にドライブレコーダーを付けた。最近のドライブレコーダーは、小型軽量でも性能が良い。 [続きを読む]
  • ルリビタキ, Red-flanked Bluetail
  • 今週は八ヶ岳に冠雪が見られた。清里では、氷点下まで冷えこむ日もあるので、そろそろ自動車のタイヤを交換しなければ。たくさんのルリビタキが山から下りてきている。この季節に出会うルリビタキは、青くない個体(メスか若鳥)が圧倒的に多い。今年生まれた若鳥が多いからだろう(オスが青くなるのには3年ほどかかる)。春に山へ戻っていくルリビタキは、青い鳥の割合がぐっと高くなる。若鳥の多くは、最初の冬を乗り越えられな [続きを読む]
  • 紅葉
  • 清里周辺の紅葉はピークを過ぎつつある。今日は爽やかな秋晴れ。昨日の雨で湿った落ち葉を踏みながら森を散策すると、とても気持ちが良かった。ブナの葉ミズナラの葉(すべて400mmレンズで撮影) [続きを読む]
  • 紅葉&アトリ&アカハラ
  • 台風の影響で倒木や土砂崩れが多く、多くの登山道や遊歩道が荒れている。紅葉の名所「吐竜の滝」へ向かう遊歩道も通行止めだったが、昨日から通行可能になったようだ。https://www.city.hokuto.yamanashi.jp/docs/kankou_climinfo_caution_kawamatagawakeikoku.html清里周辺では紅葉が見ごろを迎えている。ズミの実を食べるアトリ先週くらいから数百羽のアトリの群れが来ている。アカハラにほんブログ村 [続きを読む]
  • エノキタケ
  • ヤナギの倒木に発生したエノキタケ別の倒木のエノキタケ幹の裏側にもびっしりと発生している。昨年の冬にヤマブシタケのミイラを見つけたミズナラの木。気になっていたので見に来ると、やはりヤマブシタケが発生していた。ダケカンバの生木に発生したヌメリスギタケモドキヒイロチャワンタケ [続きを読む]
  • ヤマブシタケ
  • ミズナラの幹に発生したヤマブシタケ別のミズナラの木の高いところに発生したヤマブシタケ傾いたウラジロモミの枯木に発生したサンゴハリタケモドキクリタケ晩秋に大量に発生するチャナメツムタケキヌメリガサキララタケシモフリシメジフチドリツエタケ?オオゴムタケ食用とされているが、食べる気にはならない。ベニチャワンタケ [続きを読む]
  • コガネタケ
  • 例年なら、山栗を拾って栗ご飯を食べる季節なのだが、今年は山栗が不作。夏の猛暑か、9月の台風で若い実が落ちてしまったのが原因だろう。その他の木の実も不作傾向のようだ。晩秋によく見られるコガネタケ今年は豊作で発生が長く続いたハナイグチベニテングタケ梅雨の時期から晩秋まで発生するヌメリスギタケモドキヒトヨタケの仲間タンポタケかその仲間2年前と同じ場所で発生していた。サルナシの実ベビーキウイ、キウイベリーと [続きを読む]
  • ムキタケ
  • 9月は、月初から月末まできのこの豊作が続いた。こんな年は記憶にない。夏の猛暑が原因と思うが、今月は秋雨前線が良い働きをして、土が乾く間もなく次の雨が降ったのも良かったのだろう。ミズナラの枯木に発生したムキタケ(晩秋のきのこ)斜面に群生するコウタケコウタケは、発生が遅れたが豊作。クリフウセンタケも発生がやや遅れたが豊作。ハナイグチの表面で太陽光が反射していた。ウラベニホテイシメジ?ベニテングタケノボ [続きを読む]
  • ベニテングタケ
  • 亜高山帯では、紅葉が始まり、晩秋のきのこが姿を見せ始めた。季節は駆け足で進んでいる。美しいベニテングタケ(毒)の群生ヤマドリタケ(ポルチーニ)毎年同じ山を歩いているが、今までヤマドリタケを見たことがない場所で発生していた。オオツガタケ今までオオツガタケを見たことがない場所2カ所で発生していた。クリタケチャナメツムタケカヤタケコガネテングタケテングタケの仲間コテングタケ(毒)?シロオニタケ?ヒイロチ [続きを読む]
  • ナラタケ
  • きのこの豊作が続いている。猛暑の年に、こんなにきのこが豊作になるのなら、猛暑も悪くない。ナラタケナラタケヤマイグチハナイグチキノボリイグチシロヌメリイグチオニイグチサクラシメジは豊作。例年より少し早く発生し始め、例年より長く発生し続けている。コガネタケウラジロモミの枯木に発生したサンゴハリタケモドキ [続きを読む]
  • ヒメベニテングタケ&テングタケの仲間
  • 高原は、きのこシーズンたけなわ。昨年の大不作とは対照的に、今年はとても多くの種類のきのこに出会える。山歩きがとても楽しいが、連日の登山で足腰が痛い。登山道に足を踏み入れてすぐに、真っ赤なタマゴタケが群生していた。ここは、魅惑のきのこワールドへの入口。ヒメベニテングタケ(背後にズキンタケ)ウスキテングタケ(毒)?ベニテングタケ(毒)テングタケ(毒)タマゴタケモドキ(毒)タマゴタケモドキに似ているが、 [続きを読む]