清里フクロウ さん プロフィール

  •  
清里フクロウさん: フクロウの生息する高原・清里より
ハンドル名清里フクロウ さん
ブログタイトルフクロウの生息する高原・清里より
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/
サイト紹介文清里を中心に八ヶ岳南麓の風景と生き物を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/11/22 18:37

清里フクロウ さんのブログ記事

  • コサメビタキの営巣
  • (6月上旬に撮影したもの)道路沿いのハンノキの枝の上で抱卵(抱雛)していた。あまり近づかないように遠くから短時間で観察。400mmで撮影。20%ほどトリミング。同じ写真を大きくトリミングしたもの。今日見に行くと、巣はすでに空になっていた。雛は無事に巣立ったのだろうか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • ツバマツオウジ
  • カラマツの腐食部分から発生したツバマツオウジ7−8年ほど前に見つけてから、毎年同じ場所で、梅雨の時期に発生する。ヤナギの木に発生したヌメリスギタケモドキウスタケ径が20cmほどの大型のアミヒラタケ?ヒロメノトガリアミガサタケ老菌 [続きを読む]
  • 巣材を運ぶオオルリ♀
  • 森の中から巣材をくわえたオオルリ♀が飛び出してきた。このあたりでは、6月中〜下旬に多くのオオルリの雛が巣立つ。今頃巣作りとはずいぶん遅い。私の姿を見ると、巣材を捨ててしまった。オオルリは警戒心が強く、雛に餌を運ぶ途中で人間にみつかると、運んできた餌をその場で食べてしまうこともある。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ヌメリスギタケモドキ
  • ヤナギの木から発生したヌメリスギタケモドキ季節外れのエノキタケ。ヤナギの倒木から1本だけ発生。キイロスッポンタケオレンジ色のキイロスッポンタケを時々見かけるが、あるいは別種だろうか。ヤナギの倒木(↑のエノキタケの生えた倒木と同じ)から発生。ヤマキマダラヒカゲが2羽とアブの仲間(?)が止まっている。ヤマキマダラヒカゲは、動物の糞や臭いきのこに止まることが多い。蝶なのに食性はハエのようだ。 [続きを読む]
  • ジョウビタキの巣立ち
  • ジョウビタキの雛が巣立っていた(標高1400m)。確認できた雛は2羽。八ヶ岳山麓では、広い範囲でジョウビタキが繁殖することが知られている。翼の白斑、赤褐色の尾羽など、ジョウビタキの特徴がはっきりとわかる。人家の周りで子育てすることが多いようだ。パパビタキにほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒガラの育雛
  • リョウブの木の洞に餌を運び込んでいた。地上20cmほどの低い場所。ヘビなどの外敵に襲われなければいいのだけれど。リョウブの木は、洞ができやすく、小鳥が営巣しているのをよく見かける。雛の糞をくわえて飛び去る。にほんブログ村 [続きを読む]
  • クリンソウと菜の花
  • リョウブの木の洞に餌を運び込んでいた。地上20cmほどの低い場所。ヘビなどの外敵に襲われなければいいのだけれど。リョウブの木は、洞ができやすく、小鳥が営巣しているのをよく見かける。雛の糞をくわえて飛び去る。にほんブログ村 [続きを読む]