ubak さん プロフィール

  •  
ubakさん: 株の記録
ハンドル名ubak さん
ブログタイトル株の記録
ブログURLhttp://ubak.blog.jp/
サイト紹介文日々の株の売買の記録とか考えたこととか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 223日(平均1.4回/週) - 参加 2009/11/22 20:31

ubak さんのブログ記事

  • ホールド
  • 一時は大きくマイナスになった我が株たちも、軽いナンピンとホールドで、現在プラス3.5%まで回復。決算後に大きく上がって、長年の含み損から一気にプラスになったものもあるし、逆に一時あった大幅な含み益が、株価がじわじわ下がってなくなったものもある。狼狽売りが一番いけない。焦らずホールドしよう。 [続きを読む]
  • ホールドで
  • 一時の含み損地獄をガチホ+ナンピンでしのぎ、今日の上げでトントン位まで来た。ということは配当分プラスということか。陽気が暖かくなってきて、何となく上がっていく気分になってくる。株の上げ下げの理由なんて、投資家の(しかも大口の)気分次第なんだろうし、ということは上がっていきそうという感覚も間違っていないのかも知れない。 [続きを読む]
  • このまま戻って欲しい
  • 今日は日経が大幅プラスで+428.96。持ち株も全部上がって、9つのうち6つが含み益。含み損の一つも好決算だったようで、じきにプラ転するのではないか。基本ホールド継続で、含み損の銘柄はタイミングを見て買い増ししてみたい。余力もまあまああるので。あとは、ずっと含み損だったアステラスが好調なので、思いきって利確してもいいかもしれない。売ったとたんに爆上がりしそうなあまのじゃく感がすごい銘柄だが。 [続きを読む]
  • ここがとりあえずの底なのだろうか
  • 下がり続けた株価もようやく一段落したのだろうか。もう底かなと思って、思わず買い増ししようとしたけど、とりあえず上昇トレンドが見えてからでも遅くないかと思い直し、自重。大口が買うか売るかで株価が決まるのであれば、結局どうしたらいいのだろうか。 [続きを読む]
  • 戻ると思わせて下げる
  • 戻ると思わせて下げる。中途半端なナンピンはやけどして収拾不能になりそう。とりあえず、ある程度の余力を残してひたすら耐えるのみ。上昇気配が見えたら買う方針でも遅くはないだろう。いきなりストップ高3連発とかで戻る訳ではないだろうし。生活に直結しない余剰資金でやっているという意味では致命的ではないのだが、やはり実際にお金が減っていくのを耐えるのは精神修業が必要である。まあ下がったとは言っても、好決算のも [続きを読む]
  • やや戻ってきた日経
  • 月火の暴落でどうなることかと思ったが、昨日今日と着実に戻してきている。含み損解消、とまではいかないが、気持ち的には落ち着いている。とりあえず、あの勢いで下がり続ける訳ではない感じだし、まだ不安定な状態っぽいものの、長い目で見れば上昇していくんだろうという(甘い)見通しがあり、加えて持ち株の配当利回りも悪くないため、最悪塩漬けが続いてもまあ気持ち的に耐えれるだろうという感じで。落ち着いたら、好決算だっ [続きを読む]
  • 暴落で阿鼻叫喚
  • 今日も下げて、日経平均−1071.84(−4.73%)。持ち株も下がりまくりで、含み損が膨らんでいる。10銘柄のうち、まだ含み益があるのが4銘柄。残り6銘柄は含み損(濃淡あり)。中途半端にナンピンするのが一番まずそうだと思ったので、まだまだ買い増しはせず。売りもせずでひたすらホールド。早く底になって再上昇してくれる日を待つ。上がり始めたら、買って平均取得を下げてもいいかも知れない。いずれにしても、株は売り時が難しい。 [続きを読む]
  • 連日下げて涙目
  • 今日も大きく下げ。だいぶ含み益が減ってきて、もうすぐマイナスになりそう。株の売り時は難しい。好決算でも下がったり、決算が悪くても上がったり、よく分からない。まあ決算悪くても自社株買いの発表で上がるということか。一喜一憂しないで、好業績好配当企業の株はひたすらホールドしてみる。 [続きを読む]
  • 日経下げたが、持ち株は上げ
  • 日経はマイナス83だが、持ち株は微増。大半は下げたが、厚めのところが大きく上がった。株は買うより売る方が難しいとはよくいうが、確かにそうだ。少し前にドンと上がって含み益のある銘柄が最近ダラダラ下がってきているので、利確するかホールドするか、悩ましい。売らないともっと下がるのでは、売ったらもっと上がって買いづらくなるのでは、みたいにビビり過ぎているということか。売って上がっても仕方ないと割りきって、他 [続きを読む]
  • 大きな波に乗る
  • 今日は日経平均が+741と大きく上昇。持ち株もほぼ全て大きくプラス。含み益が今日だけで+12万。年末に仕込んだ銘柄も大きく上昇し含み益が出たが、売らずにホールド。今年はもっともっと上がるだろうという読みで。今年は(も?)何をやっても勝つ相場なのでは?・・・とみんなが思うと思わぬ落とし穴にはまるかもしれない。株売買のリスクは忘れずに、しかし、恐れすぎずに大きな波に乗っていきたい。 [続きを読む]
  • 今年最後の仕込み
  • 今年最後ということで、少し仕込んでおいた。年明け大発会でご祝儀相場がくることを期待。一年を振り替えると、それなりにプラスで終えられて良かった。地合いが良かったのは間違いなく、運が良かっただけともいえる。配当も結構もらえたし、含み益もそれなりにある。利確とホールドのバランスについて考えながら実践していきたい。来年も良い年になることを願う。 [続きを読む]
  • 以前に利確した銘柄を再購入
  • 今年9月に利確した銘柄を再度購入。100株。9月に売らずにホールドしてたらもっと利益が出ていたが、まあ仕方ない。優待付きで6月末権利だが12月末から継続保有が必要で、そろそろタイムリミットでもあり。株価はかなり上がり切っている感もあるが、業績も財務も良さそうなので。今度は気合いでホールド予定。 [続きを読む]
  • 利確とホールドどちらが得か
  • 結局、いつ(いくらで)買うかが重要。1000円の株を100株買っていると仮定する。手数料・税金は無視する。1100円に上がった時、売るかホールドするか。売って110,000円。1000円に下がってまた100株買って、1100円に上がって売ったら資産は120,000円になっている。一方、1100円に上がっても100株をホールドして1000円に下がった場合。1000円で買い増しして200株とし(取得株価1000円)、再度1100円に上がった時に売ったら、資産はやはり [続きを読む]
  • 爆発力のあるポートフォリオ
  • 今の自分のポートフォリオを見ていると、爆発的に評価額が増えていくという感じではなく、高配当かつ大きく下がらなさそうな銘柄中心で、長期的にじわじわ増えていくイメージ。最近急騰した銘柄も持っているのだが、最低単位でしか持っておらず、増えた額も微々たるもの。こういう急騰銘柄を厚く買えれば利益も増える。紙の上ではそうなるのはわかるが、実際に買うとなると難しい。下がった時のことを考えてビビってしまう。有名な [続きを読む]
  • 日経は大幅プラスだが
  • 日経平均はプラス348と大きく上がったが、持ち株は上がったり下がったりでプラス0.11%。急騰していた銘柄の利確売り(?)で下がったものや、少し前の決算がいまいちでじわじわ下がっているものなど。長期的に見て買場のような気がしているが、余力と買い増しのタイミングと色々考えているうちに15時を過ぎるという。 [続きを読む]
  • 大きく下げて
  • 日経がマイナス141で持ち株も大きく下がった。まだ含み益は出ているので気持ちに余裕はある。上がって売って、下がって買ってまた上がったら売ってを繰り返すのと、上がっても売らずに下がって買い増しして、上がったら売るのはどちらも同じなんじゃないかと思って、今は上がってもホールドする方針にしている。ただ、下がってもまた上がってくるという前提だが。 [続きを読む]
  • 日経下げたが
  • 日経は100円以上下げたが、持ち株は上がったり下がったりでややプラス。高配当の銘柄が多く、大きく下がったものは買い増しのチャンスともいえる。余力十分に確保しながら買い増ししたい。あとは、12月優待の買うタイミングを逸している感じで、どうしようかと考えている。 [続きを読む]
  • 決算で上がったり下がったり
  • 先週末引け後に決算発表があった2銘柄。一つは大きく上げて、もう一つはやや下げた。大きく上げた方は売ろうかと思ったが、100株しか持っておらず、売るのは我慢した。200株持っていたら100株売っていたかも。下げた方は、追加で買っておいた。1月末までに1000株に増やす予定だったし、ちょうど良かった。余力を残しつつ、ちょこちょこ買っていく。 [続きを読む]
  • 日経採用銘柄が分割したら
  • 日経平均が上昇し続けている。この先どこまで上がるのだろう。30000円とかいくのだろうか。日経について考えていたら、ふと、採用銘柄が分割したら日経って下がるのかなと疑問に思ってググったのだが、その辺はちゃんと調整するようである。まあ確かに連続性なくなるのは困るし、当たり前か。 [続きを読む]
  • 朝のS高やS安の気配値 
  • 朝8時から9時の気配値で、S高やS安になっている銘柄がよくある。いわゆる見せ板というのかよくわからないが、途中でそれらの買いあるいは売り注文は消えてそれなりの相場価格に落ち着く。あれは誰が何を意図してやっているのかよくわからないが、よく考えると、かなりの出来高のある銘柄でもそれができるということは、その特定の機関がかなりの資金を持っている、あるいはかなりの株数を持っているということで、その特定の機 [続きを読む]