かずい さん プロフィール

  •  
かずいさん: かずいの雑記帳3
ハンドル名かずい さん
ブログタイトルかずいの雑記帳3
ブログURLhttp://yaplog.jp/kazuikazui/
サイト紹介文引っ越ししながら地味〜に更新中
自由文立ち退きを迫られてやむをえず。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/11/23 13:38

かずい さんのブログ記事

  • 自由研究2018夏(浦島太郎)
  • 最近、出張が多くて、それも電車での移動が多く、移動中は ほとんど寝てるんですが 読書などしております。スマホ&Kindleアプリのおかげでかさばらず、手軽に読書が出来るようになりましたし、こんな時じゃないとなかなかじっくり物語なんて読めませんものね。んで、先日、移動中に小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)全集を読んでたんですよ。その中に「夏の日の夢」という話がありまして、これは筆者が長崎に出張に行った際の紀行 [続きを読む]
  • カーオーディオを部屋で使ってみた(その1)
  • これまでいくつかの中華製デジタルアンプを試してみた感想。音量調整をプリアンプのゲインでやってて、しかも反転増幅回路だったりする。トーンコントロールも反転増幅なので、ダイレクトモードに切り替えると位相がひっくり返る。パワーアンプ出口側のローパスフィルタに難があり、高音が再生できない。EMCフィルタの係数がデタラメでノイズ出まくり。ディスクリート部品のはんだ付けでまともなのはほぼ無い。熱対策やアースが妙 [続きを読む]
  • ジェネリックPickit3
  • ”ジェネリック”といえば聞こえはいい。多分Microchip社の許可なんてとってないだろうから、所謂海賊版か?ついに悪魔に魂を・・いや、取説で回路図公開してるし、Arduinoみたいに互換機として売っていいのか?壊れた純正Pickit3。一旦は修理するも、しばらく使っていたら今度はVDD周りが壊れたようで、いよいよ利用が出来なくなった。故障の原因はCLKをプルアップしてしまったことと推測。CLKのゲートICに逆電圧がかかり損傷、VD [続きを読む]
  • I2C 16bit ADコンバータ MCP3425(その2)
  • ソースを載せると記事が無駄にながくなってしまったので、2つに分けました。動作確認中の映像です。 以下プログラムのソース。実行には別途 i2c_lib2 と AQM1602XA_Lib が必要です。I2Cバスの割付デバイスが変更されましたので、過去発表した同名のライブラリは今回に合わせて更新されてます。/******************************** * File: MCP3425_Sample.c * Author: Kazui Okumori * * Created on 2018/06/21, 12:00*********** [続きを読む]
  • I2C 16bit ADコンバータ MCP3425(その1)
  • MCP3425(16Bit ADC I2C 基準電圧内蔵)搭載モジュール形:AE-MCP3425,¥250秋月電子さんで販売されてるA/Dコンバータ。Microchip社製のチップとDIP化モジュールのセット。最大16bitの分解能で電圧を測定できる。今回はポインタ変数を駆使してint→Ascii変換をするので、ここで簡単にポインタ変数の使い方を整理しておこう。※ポインタ変数の一般的な使い方1.ポインタ型変数を宣言する2.ポインタ変数にタ [続きを読む]
  • Pickit4 使ってはみたけれど(解決)
  • サポートから回答が来た。いつもお世話になってます。迅速丁寧な対応誠にありがとうございました。おかげで早期に解決することが出来ました。さて、原因はなんてこたぁない、初歩的なミス。こちらのクイックスタートガイドにも記載されているように、 PGC/PGD(CLK/DAT)はプルアップしちゃいけないんだと。内部に4.7kΩのプルダウン抵抗が入っていて、電源電圧の降下につながるそうだ。なので、最悪の場合Pickitの故障につながる可 [続きを読む]
  • Pickit4 使ってはみたけれど(その2)
  • 転送直後に動かなかった件の続きどうやら開発環境のバグだったらしく、転送後にMCLRがローインピになってしまう場合があるそうだ。MPLAB X IDE 4.20で修正済らしいので、MCLRの電圧を見ながら早速試してみたところ、MCLRがハイインピになるものの、やっぱり動かない(ように見えたんだ、この時は)。サポートに報告するために改めて回路図を描いていて、ハタと気づいたのが、これって、書込後にCLKがローインピのままなんじゃ?(´ [続きを読む]
  • I2C LCD表示器 AQM1602XA-RN-GBW
  • 秋月電子さんで取り扱っている Sitronic ST7032コントローラLCDモジュール。コマンド体系が教科書と同じなので、わかりやすい(と、買ったときは思ってた。)I2C接続小型キャラクタLCDモジュール 16x2行 3.3V/5V形:AQM1602XA-RN-GBW,¥450教科書はもちろんこちら。基本的な動作を含め、プログラムソースを大量に流用させていただいています。(多謝)今回はとりあえずライブラリを作ることをゴールにしよう。 [続きを読む]
  • Pickit4 使ってはみたけれど
  • プログラム転送した後、ICSPコネクタを外すまでプログラムが動かない。Pickit3だと、転送直後に動き出してたんだけどなぁ。シーケンサで言うところのRUN中書込が出来ない状態なので、デバッグが不便でしょうがない。(´・ω・`)あれこれ設定を見てみたがそれらしい設定項目が見当たらない。ユーザーズマニュアルが検索でヒットしない。しかたがないので、サポートに問い合わせ中。まだしばらくはPickit3を手放せそうにない。環境 [続きを読む]
  • Pickit3が壊れたら
  • IDE,IPEからはPickit3を認識しているが、電源供給も通信もできない状態。無茶な使い方はしていないはずなんだがなぁ。(´・ω・`)一応、サポートに相談したところ、修理は可能だけど、アメリカまでの往復送料がかかるので、新品買ったほうが早いですよと回答をいただいた。そりゃそうだ。急遽Pickit4を手配したものの、バックアップはやはり欲しい。コスパ的には互換機に走るのもアリだけど、見た目がニセモノっぽいからのう。(´ [続きを読む]
  • Pickit4
  • Pickit3でデバッグ中に突然通信不能の状態に陥ってしまった。IPEから本体のファームなどは認識出来るので、どうやらゲートICがお亡くなりになったようだ。メーカーサポート殿によると修理は可能だが、アメリカ本国とのやり取りで送料も発生するので、新品交換のほうが早いんでは?と。そりゃそうだよな。(´・ω・`)仕方がない。不本意ではあるが、海賊版 もとい、互換版に走ろうか・・・。などと思案していると、いつの間にかPIC [続きを読む]
  • 8ch ロジックアナライザ
  • ほぼ衝動買い。デジタルストレージオシロが不調でPICのI2C通信のデバッグに難儀していたので、PCオシロを物色してたのだけど途中でアナログオシロがあることにハタと気付き、ロジックアナライザを購入。saleae社製の海賊版らしい。PCオシロの約1/10の価格。アナライザのソフトとして同社のソフトも使えるそうだが、それはライセンス違反。代わりにオープンソースのSigrok PulseViewが使えるということでセットアップする。saleae社 [続きを読む]
  • デジタルマルチメータ ADVANTEST R6341A
  • 気候も良くなってきたことだし(?)普段遣いのMASTECHのMS8209が、だいぶくたびれてきたのでデジタルマルチメータを買い替えた。過去ログ見るとすでに10年も使ってるのだから、そりゃくたびれもするだろう。業務用で手頃なものを探してみたが、HIOKIとかFLUKEはやっぱり高い。かといって、K○iseiじゃ中華製と大差ないしなぁ、とか考えてたらヤフオクで出物があったので購入。ADVANTEST R6341Aこちらに詳しく解説されている。ht [続きを読む]
  • 1/10テーパーとは
  • タイトルのキーワードでググった時、上位に間違いがあったので気になった。「1/10テーパーとは」で検索した結果。Yahoo!知恵袋「図面上での記載でテーパー1/10は何度でしょうか?」いや、ベストアンサーて、、(・ω・;)すでにコメントが締め切られてしまっているので、間違いであることを指摘してあげることも出来ない。さらに、今なお絶賛拡散中。Yahoo知恵袋って怖いなぁ。質問主さんは、(旋盤で加工する際に)図面に1/10テー [続きを読む]
  • DENON SC-MX5500(ついでにインシュレーター比較)
  • 鎌ベイアンプのトーンコントロールで行き詰ったが、その際に思ったのが、低音についてはアンプで対応できない(フラット以上に出来ない)ならスピーカーに甘えるのも一手かと。で、低音が出てそうなスピーカーを購入。(泥沼いうな)型式:SC-MX5500メーカー:DENON様式 :3ウェイ・4スピーカーバスレフ型防磁設計筐体 :天然木突き板FinishSP :12cmウーファー×2、2.5cm/スコーカー/ツィーターインピーダンス :6Ω最大入力 :50 [続きを読む]
  • 鎌ベイアンプSDAR-2100、修理とチューンアップに挑戦(その3)
  • 一通りの部品交換と改良の結果、音質的には格段に良くなったように思う。(育ての親の贔屓目含む)ただ、幾つか問題があることも判った。問題点1.USBポートを使うとノイズが入る仮にもPC周辺機器として販売されていたものに対して信じられない事だけど、前面のUSBポートを使ってiPodの充電をするとノイズが入る。iPod以外の機器に入力を切換えても同様にノイズが入るので、どうやら原因は5Vの電源供給をしている回路周辺にあるよ [続きを読む]
  • 鎌ベイアンプSDAR-2100、修理とチューンアップに挑戦(その2)
  • とりあえず、どうでもいいところから やりやすいところからやってみよう。作業はコンデンサなど背が高い部品を一旦外すなどして分解した後、部品の付けやすさなどから適宜行った。なので、必ずしもここに書かれた順序ではない。1.VUメータのレンズ表面が溶けて見苦しくなっていたので、磨き直す。サンドペーパー#1000→#1200で表面を綺麗にならし(写真左)、アクリル用コンパウンドで仕上げ磨き(写真右)する。さらにプレクサ [続きを読む]
  • GAOHOU TPA3116D2 (その3)
  • 例によってBTL出力なので、そのままでは周波数特性を測ることが出来ないのだけれど、とりあえず抵抗負荷をつけてオシロで波形の減衰を見る。前述の通り、改造(と、いっても、データシートの推奨値にしただけ)を施したのはR側とサブウーハーなので、L側とR側で改造前後の比較が出来る。ステレオ出力のボリュームは最大。メインのボリュームはAカーブのものに交換しておいた。2つ乗ってるOPアンプはサブウーハーのローパスフィ [続きを読む]
  • GAOHOU TPA3116D2 (その2)
  • EMCフィルタについて悲しい報告だ。ローパスフィルタの回路をスケッチしている際に、EMCフィルタの抵抗の係数がデータシートの推奨値と全く異なることに気がついた。いくつか部品を取り外し、回路をオープンにしてコンデンサの容量を測るとてんでバラバラの数値を示すので、もう何を信用してよいかわからない。問題の部品はこいつらだ。なんか、たまたま手元にあった部品を適当に付けたとしか思えん。可聴域の周波数に影響するもの [続きを読む]
  • GAOHOU TPA3116D2 (その1)
  • モノは以前、HiLetgo社から出てたやつのコピー品だと思う。D級アンプTPA3116D2を2個据えて、BTL出力50W×2ch、BTLデュアルで100W×1chを叩き出す。ちゃんとした電源があればミニコンポどころか昔の大型ステレオ並の出力が得られるだろう。(そんな大出力、まず使うことは無いけど)ただ、今回の目的はそこには無く、トロイダイルコイルの実験をしてみたくなったので教材として購入してみた。あえて、アマゾンレビューの星1つを購 [続きを読む]
  • Lepy LP-2024A+を買ってみた(オマケ)
  • ところで、このアンプ、DirectとToneの切替をすると位相がひっくり返ることはあまり言及されていないようだ。回路をよく見ると、初段で反転増幅、トーンコントロールでさらに反転なので、アタリマエっちゃアタリマエなのだけれど、この設計ってどうなんだ?TONEモード上段:入力信号、下段:スピーカー出力の+とGND間DIRECTモード上段:入力信号、下段:スピーカー出力の+とGND間私はToneモード使ってるので、スピーカーの+-を逆に [続きを読む]
  • インダクタンスの測定
  • マイコンを使ったLCR測定器を持ってはいるが、簡易なものなので、微小な値(特にμHクラスのインダクタンス)の測定は桁落ちの影響が大きくてうまく測定できない。(最小0.01mH〜)そこで、次の動画を参考にして試験回路を作り、10μHのインダクタンスを測定してみた。周波数が測定できるテスターでコイルのインダクタンスを測定する測定原理は高校物理でも習うLC共振(ω=1/2π√(LC)ってやつね)を利用したもので、インダクタン [続きを読む]