ふるや さん プロフィール

  •  
ふるやさん: 「日々、キャリア」降矢一朋の気付きメモ日記!
ハンドル名ふるや さん
ブログタイトル「日々、キャリア」降矢一朋の気付きメモ日記!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kaz-furuya_1964
サイト紹介文「日々の気付き」を何かの役に立てればと、特に新卒の就活生に向けて配信しています。
自由文現在年間170本以上のキャリア・就職活動講演等、広報的には新聞の相談記事自社サイトのコラム執筆まで幅を広げて頑張ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/11/24 00:18

ふるや さんのブログ記事

  • 「企業が採用に苦労している」という報道をどう見るか
  • yahooニュースで企業の採用活動が本当に大変で苦労しているそんな報道を見て学生さんはどう思っているんだろうかとふと学生の立場で考えてみると。「就活楽勝!」「焦らなくても何とかなる」「特に頑張らなくても・・・」そんな声が聞こえてきそうだけど、企業は何で苦労しているのか良い学生が来なくて苦労している訳で、やる気の無い、意欲のも無いそんな学生が内定を貰えている訳ではないです。ましてやみんなが知っている大手 [続きを読む]
  • 努力した人が報われない世の中は変だよ
  • 最近、就活の話をする大学のガイダンス参加する学生が減っています。昨今の状況を見て大丈夫だと思う気持ちそれは分からなくは無い。しかし、採用する相手は少しでも良い人を採りたいと思う、だからこそ今のこんな時頑張っている人から露骨に格差がついて二極化が進むじゃないかな?だって頑張っている人が評価されなくて適当に取り組んでいる人から採用されたらおかしいだろうと誰もが分かる事。自己都合の理論を冷静に見直す時期 [続きを読む]
  • 凄い人を自分の目で見る事の重要性
  • 世間ではインターンシップという就業体験が席巻しておりますが分野が全く違う所や逆に本当に身近な所にも凄い人って沢山いると思いますし、そこには日常から向上心にお通しされた努力があるだろうと素直に考えれば分る筈です。しかし、才能とか運、環境のせいにしてしまいがちです。今日、次男坊がテニスをしている関係で世界スーパージュニアテニスのチケットを頂いて見に行きました。そこで世界の将来を担う才能を見た時に確かな [続きを読む]
  • 後期のガイダンス・講演シーズンがスタートしました
  • 先週の大阪南部の大学を皮切りに後期の講演シーズンがスタート毎週、基本的にはどこかに行って話をする生活が年内続きそうです緊張を切らずに、体調管理してと毎年思ってはいるのですがアクシデントは起こります。今年は台風も交通インフラが脆弱になっているので雨風の影響で移動にナーバスになりそうです。でも、本当に売り手市場とは言われてますが実際のみんなが知っている大手・人気・有名企業は相変わらず難関であるのは間違 [続きを読む]
  • もっと興味を持ってみる
  • 何とかなる、内定さえあればいい、こんな感じで面談して、未来に希望を持って色々と調べて、やりたい事について質問し熱く語る隣の奴と比較して勝てるはず無い。それをかなり色々な所で話してるけど中々聞く耳持たない人が多いです。 [続きを読む]
  • 経団連の会長が出したコメントは知ってます?
  • 先日、経団連の会長が就職協定撤廃というコメントが出てましたが学生さんの耳には届いているんだろうか?本当なら一番の当事者である学生が一番騒がないといけないかも知れないのに叫びは聞こえてこない。昔だったら直ぐに「学生運動」みたいな過激な活動が勃発してたのだろうが今は良いのか、悪いのか分からないが静かです。SNSで嵐でも起きるくらい騒いでも良いかもしれないのに情報の捉え方って時代とともに変化しますね。別に [続きを読む]
  • 周りが油断している時こそ
  • 最近、大学のガイダンスやセミナーに講演に行くと相手の担当の方から、イベントの参加が悪いんですということを聞かされます。全体の流行や風潮に流されるという事は、自分自身の意志に沿って動くのではなく周りに合わせて行動するのが自分のスタイルになっているという人が多いのでしょうねでも大事なのはどんな時でも必要だと思えば行動する自分のやるべき事を、やるべきタイミングでこなす事こそ大事なのではと思います。人生と [続きを読む]
  • 相談コーナーの相談員として一言
  • 色々な就活イベントで講演したり、相談に乗ったり、色々な質問を受けたり結構忙しく対応させて頂いておりますがそこで相談を受けて少し感じたこと。うまく行かないという相談者だったのですが、私から見たら基本的に何もしていないと感じました、社数的にも企業研究的にもなんとなく眺めて訪問してやっているだけ的な感じだったのですが本人的には頑張っているつもりなのでしょうが、肝心なポイントを外している就活という活動に沿 [続きを読む]
  • 真剣な対応は相手にとって
  • 就活も佳境に入り決断を迫られる時理不尽な対応をされる事が沢山ありますいつまでに決断をして返事しろと!迷って困っている自分にとって本当に辛い要求なんだけども相手も決断して返事を貰わないと待たしている人への対応が出来ないので真剣に迫って来ます、タイミングもある時間にも限りがある。そして大事なのは迷ってると言うのは熱意とは取られないと言う事決断の姿勢は大事ですよと言う話です。 [続きを読む]
  • リアルな現実を目の当たりにして
  • 6月のこの時期はある意味で今までの成果が出て現実を受け止めるタイミング思った通りになるかどうかはわからない相手がいる時の努力は評価するのは自分じゃないからね。対象を広げて受け入れてくれる相手を探す自分の受け入れられる部分を明確にする。どちらも案外地味でリアルな対応をしっかりと自分に取り込まないといけない学び、成長の大事な課題なんですよねテストの点数が高い友達を羨ましく思って嫉妬するのはいいけど、自 [続きを読む]
  • 目的はあくまでもやりがいのはずなのに。
  • 最近の就活状況の色々なデータを見た時に勘違いしそうになるなと本当に景気は良いのか? 人手不足がどのような影響をもたらすか?色々な事を考えた時に、人材ってやはり優秀な人が優遇されるけどもう一つ自分に合った環境を手に入れるマッチングというのが大事だと思うんですがそれらを蔑ろにしている気がしてなりません優秀な人材と言われる人は間違いなく努力を積み重ねています、でももう一つ大事なのは適材適所で生かされる環 [続きを読む]
  • AIが就活に活用される時代とは
  • 今、時代はAIを活用して大いに変化する過渡期にあるらしいです。そうしたら学生は何もせず意中の企業から連絡が来て内定が決まってなんてなるのか?多分、逆に何もしない学生はどこからも連絡が無く取り残されて放置されてしまうのではと危惧する。人工知能はビッグデータから探してはくれるけど、そもそもデータが無い活動していない、痕跡がない学生を探すのは無理な話。企業側からは自社に都合の良い人物像はテストや研修からデ [続きを読む]
  • 年始から頑張って次のシリーズに入ります
  • 年始は三が日はお休みをいただきまして、1月4日から営業スタートいたしまして四国は高松から仕事始めでした。基本年始の仕事はUターン就活の地元開催の新聞社のイベントが毎年のマストになっておりますがそれがひと段落した後にセンター試験を挟んで、ESの添削・相談講座が開幕しました。そして大学の後期の試験が終わると、いよいよイベント時期そして始まりを迎えたのが、出遅れた感のある学生さん対象の集中講座、凝縮講座が始 [続きを読む]
  • そろそろ大学も年末モードに
  • 先週末で授業が終わった大学が多く私学はそろそろ休みになっております。国立は木曜から休みになっているみたい皆さま、休みは有意義に過ごしましょう普段の生活では体験出来ない事をするのは必ず自身の視野を広げます。疲れた体を休めてリセットするのも大事な仕事です。頑張るのと無理するのは全く違います。しかし、今まで何もしてない人はやるべき事をするのが、メンタル面の癒しになるのでそれは頑張ってください。皆さまに来 [続きを読む]
  • 今年もこの日が来たな
  • 今日は親父の命日になります。仕事が終わったから少ししんみりとした気分に浸りながら実家に向かいます一番親父が大事にしていた人をこの日に1人にしてたら怒られる気がするもう一度会いたい。話しがしたい。あの日も講座をしてたなって思い出した今日だけはしんみりとさせてください。思い出の中の親父は丁度、今の自分位もしくはもう少し若い頃の姿です。小学生の頃のイメージが強いから親父の前だと子供なんだなと思います [続きを読む]
  • コツコツ行動する事から学ぶ
  • 最近の運動不足を指摘されてウォーキングをすることになった。しかし、目的が単にダイエットでは全く面白くないから、近所の神社や風景の良い所などを出来るだけ探索して住んでいる地域の事をもう少し学ぶ事に誰かが遊びに来た時には案内出来る位には地元を改めて認識したいと思います。大事なことが学べる気がします。 [続きを読む]
  • 就活という成長期にサボらないで!
  • 学生と社会人の間の時期、昆虫で言うと蛹の様に今までの自分を再構築する大きな成長期だと思うのですが、ここで少しは苦労という名の負荷をかけておかないと後の成長に陰りが出てしまう気がします。同じ時間、同じ経験をするなら少しでも効果的に自分の将来の栄養になるそんな活動を味わってほしいとこの仕事に関わっていると思います。就活で内定が取りやすい環境だから楽をするのではなく、自分の為に少しでも上を目指して取り組 [続きを読む]
  • 新しい商品から時代の進化を感じる
  • 久しぶりに電化製品の量販店に行く、用事としてはイヤホンのパッドがとれたので交換用のモノを買いに行っただけなのですがその売り場を通る際に、今家にある電化製品と似たような商品のスペックの違いに驚いている。無線のルーターもスペックが全く違うし、最近買い換えたプリンターも同じスペックでも価格が半分以下になっている。日々の努力と進化、常に頑張らないと時代にはついてゆけない仕事の内容が大分変ってきていることを [続きを読む]
  • 高野山に行く
  • 9月に奥さんと休みをあわせて休暇がとれたので家から近い高野山に行ってきました、奥さんのやりたい事の一つ宿坊に泊まるを実践するのと折角なので色々と現地で体験したいというのが目的初めて高野山に伺ったのは小学校5年生の林間学校でのお泊りその時のお寺もまだ健在で嬉しかったです。現地に7時半に到着して、人気もまばらな凛とした空気の中大門、檀上伽藍、奥の院、そして御廟まで歩いて探索できて本当に爽やかでした写経、 [続きを読む]
  • 些細な事の奥に潜んでいる知恵に触れる
  • やらないと何事も分からない、でもそれは自分で興味を持って少しでも向上心を持たないと身につかない知識でもあります。先日、実家の応接間のドアノブが壊れて交換するという事をしに行った際に外してみて初めて中の構造、サイズ的なものがよくわかりました。交換する部品をホームセンターに買いに行くと、その種類や機能的な差もよくわかりました、「バックセット」という言葉も今回交換したから初めて知った事ですし、ドアの外か [続きを読む]
  • 緩急をつけて歳を重ねる
  • 普段、忙しそうで大変ですねと周りからよく言われますが本人はあまりその意識がありません。そしてこれを言われる度に申し訳ないなと思います。「忙しい」という字は人が亡くなるという事で日々お世話になっている方々に死んでいるのと同じ位に音沙汰が無くなっている事を意味しますから、相手に甘えて失礼を重ねてしまっていると思うので恥ずかしいです。でも、この事を気付くのには自分を見直す為の緩やかな時間が不可欠であり、 [続きを読む]
  • よくあるニュースも身近で起こると、考えさせられる・・・・
  • 本日のニュースの中の一つhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000527-san-soci21日午前8時50分ごろ、大阪市住吉区上住吉の南海高野線住吉東−沢ノ町間で踏切に成人男性が立ち入り、三日市町発なんば行き区間急行電車(8両編成)にはねられ死亡した。乗客750人にけがはなかった。大阪府警住吉署は男性の身元確認を急ぐとともに、事故の状況を調べている。同署などによると、運転士が踏切内にいる男性を発見し [続きを読む]
  • 就活は焦ってする事じゃないけど
  • そろそろ、19年卒の講座が増えて来て新しい学年の学生に話す機会が多くなりよく思うし、実際に言うことですが就活自体は焦ってする事じゃないけど就活を意識していながら何もしないあなたのその行動特性というか意識は変えないとマズイと焦った方がいい!仕事やコミュニケーションが上手く行かない最大の原因ですから。今日もこれを伝えに岡山まで行きます。 [続きを読む]
  • 就活って何の為にするの?
  • 才能に溢れて、周りからも期待されプロの世界に飛び込んで、そこで有名なチームに入ったと有頂天になって武勇伝を語り始めると危ないかもドラフト一位が活躍するかなんて誰にも分からない、でも努力する才能を持っている人は頭角を表してくるよね。大きな組織に所属すれば成果を出すのも目立つのも過酷な競争を強いられるのは当然なんだから、気持ちを入れ替えて新たな頂を目指して欲しいなって思う。これはプロのアスリートだけじ [続きを読む]