パステルミケ さん プロフィール

  •  
パステルミケさん: 永井さんちの猫ごはん
ハンドル名パステルミケ さん
ブログタイトル永井さんちの猫ごはん
ブログURLhttps://ameblo.jp/nyanwan-mamma/
サイト紹介文〜自然治癒能力を備えた身体を創り上げる調理師&ペット栄養管理士考案の犬猫ごはん〜
自由文犬猫にとって何より安全で健康を保つ食事を与えたい!豊かな経験と技、豊富な知識を持つベテラン調理師・ペット栄養管理士が栄養バランスと美味しさを日々追求しています。フードプロセッサーを使い、消化の良いペースト状ごはんのレシピや健康チェック方法などを紹介しています(^ω^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 317日(平均0.4回/週) - 参加 2009/11/26 22:05

パステルミケ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サーモン&鮭中骨レシピ
  • 本日は鮭中骨入り缶詰を使ったサーモン味豊富な美味しいレシピをご紹介します。(画像は、ちょっと昔の物ですみません。) 生サーモンの登場です。さけ中骨入り猫缶です。サーモンでいっぱいサーモンは焼いてほぐします。 今日のスープは人間のお味噌汁を作る時の出汁パックを使ってみます。出汁の中に鶏スープストックを3本ほど入れ溶かし混ぜます。 解凍した毎日の基本パーツを容器の中に入れほぐした焼鮭と猫缶も加えスープを加 [続きを読む]
  • 野菜ペースト猫1匹1日分の量
  • 4月後半、この時期は春の終わりか?初夏の始まりか? 作る野菜ペーストに使う野菜は旬の素材を選ぶので4季で内容が異なってきます。 今は春野菜をたっぷり入れます茹で上げた後、バット上で冷ましフードプロセッサーでペースト状にします。 1日分ずつ小分けにし冷凍保存しておきます。 我が家では小型犬2匹・猫4匹の1日分を1袋にパックします。 6匹とも体重は3〜4?前後で似通っています。 1袋に詰める量は90g。それ [続きを読む]
  • 全身酷いアトピー性皮膚炎だった白猫おーちゃんのその後2
  • 今から5年ほど前当時5才だった白猫おーちゃんの皮膚に異変が生じ始めました。 病院へ連れて行って血液や尿の検査をしてもどこも異常なしで原因不明のまさにアトピー性皮膚炎を発症していました最初は尻尾の上あたりから単発的に出ていた痒い発疹が半年ほどで首から下の全身に広がり飼い主の私はノイローゼ気味になりました獣医さんからステロイド治療を勧められましたがこんな発疹だらけの身体になっても食欲は衰えず毎日、機嫌 [続きを読む]
  • ホタテと出汁で旨々ごはん!
  • 鮮魚売り場で新鮮なホタテ貝柱を見つけたので我が家のチビちゃんたちに食べさせたくなり本日はこれを使い、基本の猫ごはんをアレンジすることにしました。プリップリな北海道産ホタテ貝柱です 小鍋に湯を沸かし貝柱を丁度良い加減に茹でます。煮過ぎると硬くなるので様子を見ながら茹でます。3〜4分くらいかな〜。 程良く茹で上がって白っぽい出汁が出た状態です。 この出汁には栄養素と旨味がたっぷりなので捨てないで、もちろ [続きを読む]
  • 小女子とかき卵のアレンジ
  • 今日のレシピは基本のレシピをちょっとアレンジして小女子と玉子を使います。 小女子で出汁を取るのでこの味がまた、すごく猫たちに好評なんです いつものパーツに分けて冷凍保存しておいたものを室温に6時間ほど置き解凍しておきます。上から順に     野菜ペースト 豚肉ペースト  発芽玄米     鶏肉ペースト 同じく以前買って冷凍保存しておいた小女子も解凍しておきます。 小鍋に湯を沸かし小女子を入れて灰汁を取 [続きを読む]
  • 犬オヤツから作る猫ごはん用カルシウム粉末2種
  • 永井さんちの猫ごはんでは基本的に ・野菜ペースト・鶏肉ペースト・豚肉ペースト・玄米・カルシウム食材・スープストック 6種類のパーツに分けて作っています。分けて作る理由は療法食が必要になったとき対応させるためです。 分けて作っておけば各種の割合を増減させ療法食に変化させることが可能です 永井さんちの猫ごはんで使用するカルシウム食材は多種あります。 ・煮干し粉・あご粉・鮭の中骨水煮缶・うなぎの骨・しらす干 [続きを読む]
  • 本日の猫ごはん【基本のごはん?日替り猫缶?焼ブリ】
  • 本日の猫ごはんは【基本のごはん+日替わり猫缶+焼ブリ】です。 金属バットに入っているのが基本のごはんセットです。・野菜ペースト・豚肉ペースト・玄米・鶏肉ペースト日替わりで違う猫缶を足します。今日のは・フォルツァ10のマグロ&イカ・たまの伝説ささみだけカルシウム分としてアゴの煮干し粉肉ペーストを作ったとき出来たスープを製氷皿で凍らせて作ったスープストック。・鶏スープ3スティック・豚スープ2スティック [続きを読む]
  • 現在、世界規模で猛威を振るっている猫インフルエンザ!
  • さて、新しい年がスタートして清々しい気分ですがこの年末年始、我が家では4匹の猫たち全員がたぶん猫インフルエンザに罹患し嘔吐、下痢、食欲不振、発熱の症状にみまわれました これまでの風邪と違う点は今まで経験してきた風邪はまず、咳から始まり、鼻水や目ヤニが出て比較的緩やかに症状が進行し罹る子と罹らない子がいました。 しかし、今回のは4匹全員が次から次へといきなり嘔吐と下痢をし始めたのでインフルエンザと思われ [続きを読む]
  • 犬猫ごはん専用冷凍庫
  • 猫4匹、小型犬2匹いる我が家にはペット専用冷凍庫があります。 引き出しが3つで最上段には金属板があり急速冷凍が可能です。 毎月、鶏肉10kg、豚肉10kg程購入するので冷凍庫は必需品です。 人間用の肉もストックしています。 最上段では、作り立てペーストを急速冷凍させます 冷凍が完了した各ペーストは普通の冷蔵庫の冷凍室に移し管理します。製氷皿で凍らせて作ったスープストックも保存しておきます。 ・鶏肉ペ [続きを読む]
  • 毎月2回、鶏肉ペースト5kgをドドーン!と作ります
  • 我が家では毎月1回和歌山県にある養鶏場から10kg以上の鶏肉を購入しています。産地直送なので新鮮で安くスーパーで買うものよりずっと美味しいです。 犬猫のためだけではなく人間用も含まれています。 犬猫と人間は同じ鶏肉を食べています。 犬猫ごはんの鶏肉ペースト用には・ムネ肉3k・モモ肉1k・砂肝300g・軟骨400g・レバー300gを使います。 多種類の部位を使うことにより異なる栄養素をまんべんなく摂取さ [続きを読む]
  • 全身酷いアトピー性皮膚炎だった白猫おーちゃんのその後
  • それは4年前のこと我が家の白猫おーちゃんは原因不明の皮膚炎を患っていました。 最初は尻尾の付け根辺りから発症し始めやがて胴体全部を舐め壊すようになり もちろん、動物病院へ連れて行きました色々検査をしても何も異常なし原因不明で、担当獣医さんの方針でとりあえずステロイド注射を打ち続けていくことになりました。 ステロイド、ステロイド、ステロイド。。。。ステロイドを続けると体表の皮膚炎は消えるが体内の臓器は [続きを読む]
  • 我が家の猫たちの食事風景
  • 手作り食を始めて早7年。栄養学の勉強をしたり(ペット栄養管理士資格取得) 実践で失敗を繰り返しながらも出来上がった現在のレシピによる猫ごはんは 我が家の4匹いる猫たちの胃袋と心を十分に満足させることが出来ています。 栄養のバランスだけではなく心も豊かに満足させられるという所が自慢の猫ごはんデス    [続きを読む]
  • 人間のおこぼれを頂戴するのが犬の生き方
  • 狩猟生活の太古の昔から犬は人間の食べ残しを頂き番犬の役割を果たして生きてきました。 その習性は現在でも色濃く残っていて 飼い主の行動は子細に観察していていつ何時、おこぼれにあずかる事が出来るか良く知っていて 食べ物が床に落ちるかもしれないと、犬の脳味噌で判断できた時は必ず床で待機状態になります。 私が肉や野菜ペーストを作っているときはいつも静かに傍らに座っていて神経だけは研ぎ澄ませ食べ物が落ちてくるそ [続きを読む]
  • 旬の野菜で体調を整えさせる
  • 【永井さんちの猫ごはん】は・野菜ペースト・鶏肉ペースト・豚肉ペースト・玄米・スープ・カルシウム食材・日替わりの猫缶を混ぜて作ります。 大変そうですが作り方は毎日同じでなおかつ、猫が飽きない工夫を凝らすので喜んで食べてもらえます。 本日は野菜ペーストの秘密についてちょっと、お話しします。 猫が野菜を食べるのと、いぶかる方もいらっしゃるでしょうが 犬のように直接バクバク食べるのではなく猫が捕らえるネズミや [続きを読む]
  • 旬の高級魚を堪能する!
  • 今、季節は夏。真夏。 太平洋沖に台風も産まれています。ムシムシ暑いので犬猫も人間もバテちゃいそう そんな季節にはペットたちにも旬の食材を与えたくなります。 この時期、旬の魚の一つが【鮎】 です。 養殖物と天然物があります。養殖物成魚は1匹500円くらい。天然物の成魚なら1000円します。 でも、稚魚の場合養殖、天然どちらでも1パック500円前後で売り出されます。 養殖と天然、どちらが良い? そりゃ、天然に [続きを読む]
  • 大変ご無沙汰致しておりました
  • この1〜2年ブログから遠ざかっておりました。 実は2015年の春、夫に癌が見つかり1年間の治療、介護の日々を送りその甲斐無く、夫は2016年7月にあっけなく旅立ってしまいました。 そうですね、現在は市川海老蔵さんの気持ちが痛いほど理解できる心境です。 夫に代わり自分が世帯主にならなくてはいけなくなったので、非常に多くの相続手続きを1年かかってやり終え、今やっと生活が落ち着いてきた状況です。 夫の介護、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …