よっし さん プロフィール

  •  
よっしさん: 西湖でヒメトロ(ヒメマスのトローリング)
ハンドル名よっし さん
ブログタイトル西湖でヒメトロ(ヒメマスのトローリング)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sunriseyosshi
サイト紹介文富士五湖のひとつ「西湖」でのヒメマス釣り「ヒメトロ(ヒメマスのトローリング)」の様子を中心に紹介。
自由文釣った魚は食べる主義!ヒメマス釣りにはまっています。なぜかって?ヒメマスは大変おいしい魚で、数が釣れるから!癖が無く、後味が良いヒメマスは、塩焼き、薫製、甘露煮、天ぷら、フライ、ムニエル、大きいものは刺身などで食べます。その他、ハゼ、手長エビ、ワカサギなど食べておいしい魚を釣りに行きます。外道のウグイ、ニゴイ、タモロコ、オイカワ、ブラックバスなども食べます!料理法など暇を見て紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/11/29 11:38

よっし さんのブログ記事

  • 6月23日 芦ノ湖
  • 昨年末から新しい仕事を始め、慣れるのに大変で、やっとこさ今期初釣行です。結果は…ヒメマス釣れず…ニジマス50センチを筆頭に多数…コーホー多数…小サクラ数匹。ヒメマスかと思ってキープしていた魚も、よく見たらコーホーでした…50センチのニジマスは湖心付近、15メートルの棚で掛かりよく引いてくれました。生簀で回復させてからリリース。あまりにもヒメマスが釣れないので、スプーンを大きいものに付け替え、20メートル出 [続きを読む]
  • 12月7日 芦ノ湖
  • 12月から新しい仕事を始めて、急遽休みが取れたので芦ノ湖へ行って来ました。天気は微風、やや雲の多い晴天と絶好の釣り日和でした。三ツ石ブイから始めましたがあまり魚影はなく、20分ほど流してやっとアタリ。しかし乗らず。移動しても同じような気がしたので、アタリがあった周辺で粘ることに。トリカブト沖で棚10メートル付近に単発の魚影が映ったので棚を合わせると即座にアタリ!34センチの良型でした。その後も棚10メートル [続きを読む]
  • ヒメマスの干物バター焼き
  • ヒメマスの干物をバター焼きにしてみました。干物は塩をして半日ぐらい干したものをラップに包んで冷蔵庫の氷温室で保存。けっこう保ちます。フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくスライスを弱火で炒め、香りが立ってきたら干物を投入。そのまま弱火で両面焼きます。バターをひとかけヒメマスの上に乗せ、溶けたらひっくり返し、両面に絡め完成。乾燥パセリを振ってみました。 [続きを読む]
  • ヒメマスと大葉の棒鮨
  • ヒメマスは冷蔵庫の氷温室で3日間熟成。ちょうど良い感じ。いつもの棒鮨に大葉を加えてみました。爽やかです。わさび醤油でいただきます。大葉はヘタを取って両の手のひらで、パン!と叩いてやると香りが立ちます。35センチのヒメマスは身が真っ赤でした。脂ののりは夏前に比べるとイマイチかな。1尾のヒメマスで2本の棒鮨。酢飯は1合でちょうどです。 [続きを読む]
  • 11月22日 芦ノ湖
  • 急遽思い立って芦ノ湖へ行ってきました。釣果10匹(最大35センチ)山の上は相当寒かと思い万全の防寒で臨んだのだが、風もなくそれほど寒くはない。糸も凍るかと思いガイドの大きいロッドを準備したが、水温は12度近くあり杞憂に終わった。「ちょっと前に来ればすごい釣れたのに…」とのこと。状況は下降線。三石、トリカブトあたりは魚探に反応がないので、箒の鼻部位周りに行くと24メートルから30メートルに大きな群がいくつもあ [続きを読む]
  • ヒメマス天丼
  • ワカサギサイズ(〜15センチ)のヒメマスはできればリリースしたいところですが、デッドで上がって来たり蘇生しなかったりしたものはキープしなければなりません。しかし小さいヒメマスは骨が柔らかく、内臓を取ればワカサギのようにまるごと食べられます。今回は天丼にしてみました。天ぷらの衣にマヨネーズを入れると上手くいく。と聞いてやってみました。簡単だし、まー上手くいったのではないかと…レシピ→https://www.kewpie [続きを読む]
  • 11月10日 西湖
  • やっとこさ西湖に行ってきました。8時までは微風で絶好の釣り日和だったものの、8時から強風が吹きはじめ、終始風に悩まされた一日でした。水は朝、岸辺は澄んでいましたが、湖心付近はターンしているようで泡が浮いています。さらに風で、岸辺付近も濁りが出ました。群は、岸近くよりも水深50メートルぐらいの、棚20〜25メートルぐらいによく映りましたが、釣れて来るのは小型ばかりでした。ワカサギサイズは基本的にリリ [続きを読む]
  • ヒメトロ竿の自作
  • ここ数年10月が忙しくなり釣りに行けない年が続いている。そんな中、LEW'S SPEED STICK #1 16HOBBのブランクが手に入ったので、必要もないのに夜な夜な竿を自作することにした。このブランクは子供の頃バス釣りに使っていて、たくさん魚を釣った思い出があるのだが、ヒメトロ竿の穂先にちょうどいいのだ。80号までのオモリに対応し、グラス特有のしなりで魚が掛かってもよく曲がる。感度も良く、食い上げアタリなどもよく出る。フ [続きを読む]
  • 9月19日 芦ノ湖
  • 今日の釣果ヒメマス9匹(最大33センチ)ニジマス10匹(キープ1匹)最近雨に祟られていましたが今日は天気が良い。晴れ無風・・・天気が良いのは良いが、無風は厄介。台風後の無風で良い釣りをしたことがない。何はともあれとりあえずいつものように三ツ石ブイから流し始める。案の定アタリが遠い。30分ぐらいしてようやくトリカブト沖で1匹ゲット(本日最大魚)。そこからポツポツとかかり始める。2時間ちょっと三ツ石ブイを中心 [続きを読む]
  • 9月8日 芦ノ湖
  • 何かに祟られているのでしょうか・・・3回連続の雨です。朝のうちは曇り空。そのうち晴れ間も出てきて日の出が眩しい、とか思っていたら、10時ぐらいから雲行きが怪しくなり大粒の雨が降ってきました。その後は断続的に強い雨が降り、今日も雨との闘いになりました・・・釣果はヒメマス7匹(最大38.5センチ)、ウグイ1匹。珍しくニジマスは釣れませんでした。いつものように三ツ石ブイ付近から流し始めますが、しばらく流すとブイ [続きを読む]
  • 8月29日 芦ノ湖
  • 今日の釣果です。14匹、最大37センチ(最小25センチ)。ニジマス3匹(35センチぐらい)リリース。天気予報では晴れて暑くなるとのことだったので、降っても夕立ぐらいかなあ…と思っていたのですが、朝4時ぐらいから小雨が降り出し、時折強い風を伴って雨が強くなります。「ピーカンよりはいいけど、暗いうちは食わないかなあ」などと思いつつ出船。出船時は上がっていたのですが、ポイントに着くとまた降り始めました。しかも霧 [続きを読む]
  • ヒメマスのカルパッチョ(生ハム風?)と冷製パスタ
  • 釣りビジョンの番組でフレンチのシェフがヒラメの生ハム風カルパッチョを紹介していて、ヒメマスでマネして作ってみました。・薄くスライスした身に軽く塩味をつけて、ピチットシートで水分を抜きます。(冷蔵庫で1日)・エクストラバージンオイルにニンニクのスライスを浸し香りをつけておきます。(一晩)・オイルに魚の身を浸して半日から1日浸けます。完成。生ハム…とは行かないまでも美味しいカルパッチョができました。その [続きを読む]
  • ヒメマスのアラでとった出汁でスープパスタ
  • 最近、ヒメマスのアラは玉ねぎなどと一緒に煮出し、出汁をとることにしています。あっさりとした出汁ですが、コラーゲンがよく出た出汁が取れます。・玉ねぎのみじん切り、ニンニクのスライスをオリーブオイルで炒め、ある程度火が回ったらヒメマスの身、なす、ミニトマトなどの野菜を投入し、蓋をしてしばらく蒸し焼きにします。・ヒメマスの身に火が通ってきたら、身を崩しながら具をよく混ぜ、塩胡椒で味付け(ちょと濃いめ)。 [続きを読む]
  • ヒメマスとゴーヤの和え物
  • グリーンカーテンのゴーヤが大きくなってきたので収穫して食べてみました。ゴーヤは軽く湯がいて御浸しにしたものです。市販のゴマドレッシングでヒメマスの刺身と和えてみました。ゴーヤとは合っていましたが、ヒメマスドレッシングの相性はイマイチだったかな。ポン酢なんかがいいかも。 [続きを読む]
  • 8月16日 芦ノ湖
  • 今日の釣果です。ヒメマス10匹、最大34センチ。しかし雨が続きますねー。予報によると釣りができないほどの雨は降らなそう。ということで雨の中車を走らせました。夜明け前は霧が出たりして心配しましたが、出航時は小雨で微風。釣れそうな雰囲気です。例によって三ツ石ブイ付近から流し始めます。風は南東からの風。風上に船を向けターンしたところで15メートル出しの竿にアタリ!良型が釣れました。最先の良いスタート。12メート [続きを読む]
  • ヒメマスの酢締め(皮付き)棒鮨
  • 最近の私のトレンドは「皮付き」です。酢で締めると元々柔らかい皮ですが、さらに食べやすくなります。鱗はたわしで擦るとよく取れます。鱗を取ると滑りが少なくなり、まな板の上で捌きやすくなるようです。婚姻色が出てしまったものは鱗が取れないので、ぬるぬるする中、皮を引くしかないですね。 [続きを読む]
  • 7月28日 芦ノ湖
  • 釣果ヒメマス7匹(24〜34センチ)。大きい2匹はメスで卵がだいぶ発達していました。醤油漬けにしてみます。大きいのは神経締めしてあります。尾を切って針金を刺す方法です。芦ノ湖もここ何日か雨が降ったようで期待したのですが、増水にはつながらず減水傾向は相変わらず。曇り空で雰囲気はあるものの朝方は無風。例によって三ツ石から流し始めトリカブトで大きなアタリ。しかしこれは40センチぐらいのコーホー。顔がとんがってい [続きを読む]
  • 夏バテ対策のヒメマス丼
  • いやー、暑い日が続きますね。食欲の出ないときも、さっぱりとしたものでのどごしよく栄養を摂りたい。・炊いたご飯は、釜ごと流水にさらして冷ます。・きゅうり1本、かぶ1個(葉の部分も使う)を適度な大きさに切り浅漬けにしておく。・氷温室で冷やしておいたヒメマスを適度な大きさに。捌いたヒメマスは氷温室で熟成させると結構日持ちしますね。・生卵を1個、香り付けにゴマ油を一まわし、醤油適量まわしかけ完成。それぞれの [続きを読む]
  • 7月17日 芦ノ湖
  • 芦ノ湖へ行ってきました。釣果はヒメマス4匹、ニジマス55センチ1匹とふるいませんでした。朝4時半ごろになるとヒグラシが一斉に鳴き始めました。雲が厚く日の出の時間を過ぎてもまだ薄暗い感じの中スタート。三ツ石からトリカブトあたりなし。今日は渋いかも・・・大島の北側がいいと聞いていたので行ってみると、魚探によく魚影が映ります。14メートルの棚でアタリがあったもののバラし。レイキジギングの方が頑張っていたのであ [続きを読む]
  • マスのあらで取ったスープで吉田うどん(冷汁)
  • マスのあらで取ったスープで冷汁うどんを作ってみました。うどんは吉田うどん。ヒメマスの刺身、ブナシメジ、ルッコラの御浸し、梅干し、生姜、味付けは醤油のみ。マスのスープは、三枚おろしなどにしたあら(頭、かま、はらす、中骨、ひれ、皮)全てと、たまねぎ1個、ローリエ数枚を水で6時間ぐらい煮出したもの。カツオ節のような高い風味は出ませんが、コラーゲンたっぷりな感じの爽やかなスープが取れました。 [続きを読む]
  • ニジマスの刺身
  • 68センチのニジマス。これだけ太いとさすがに脂がのっていて、魚屋に並んでいても遜色ない味です。釣った翌日ですが、もう少し熟成させた方が美味しいと思います。(手前はヒメマスです) [続きを読む]
  • 7月6日 芦ノ湖
  • 台風明けの芦ノ湖へ行って来ました。雨で増水を期待したのですが、芦ノ湖はあまり雨が降らなかったそうで、減水のままでした。朝一番、三ツ石からトリカブトへ流していくと、いきなり18メートル出しで30センチオーバーが釣れました。さらにその周辺をUターンして流していると、またもや尺上。上げている途中にもう一方の15メートル出しの竿にアタリ。深い方の竿に先に掛かり、上がってくる魚を追いかけて来た魚が上の棚の竿に掛か [続きを読む]