martin さん プロフィール

  •  
martinさん: 台北の民宿「ペンション悠遊村台北便り」
ハンドル名martin さん
ブログタイトル台北の民宿「ペンション悠遊村台北便り」
ブログURLhttp://longstay-martin.blogspot.com
サイト紹介文民宿のオーナーが台湾観光をガイドブックとは違う視点でとらえています。
自由文旅行計画の参考になれば嬉しいな〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/11/29 23:42

martin さんのブログ記事

  • 今さら聞けない用語
  • WiFiとはパソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiは、おうちの中で使っているパソコンやタブレットなどのネットワーク対応機器が、無線の電波で接続できるようになる便利な方式です。Wi-FiルーターとはWi-Fi機器と電波の送受 [続きを読む]
  • 北門の鄭州路 「牛肉麺」
  • 庶民の腹を満たす牛肉麺、独特の香辛料を使っており結構これを苦手とする日本人が多い。士林駅前に有る「牛厨」の塩味牛肉麺は五香を使っていないのでスンナリ食べられます。しかし、ここまでくると全く別の麺料理だね。店の能書きを見ると北門の鄭州路が創業の地らしい。ここは元々日本時代は鉄道官舎が有ったところで崩れかけた和風建築が沢山のこされており痛々しいですね。北門鄭州路関連の投稿記事 : http://longstay-mart [続きを読む]
  • 必見の台湾の医療情報。
  • 将来 科学が進歩し体内に潜んでいる病巣から「何月何日にお伺いいたします」なんて連絡がはいる時代になれば、その時期は海外渡航を控えるなど対策を講じられます。しかし、怪我は所かまわず突然襲って来る。不幸にも海外で病気怪我に襲われたとき、「ちくちく」「ずきずき」「しくしく」「ガンガン」など無数にある日本語の痛み表現を現地の医師に伝えるのは難しい。医療技術や医療費の心配事もさることながら痛みをを伝えきれな [続きを読む]
  • 台湾の医療情報
  • 笑い話ですが、科学の進歩で体内に潜んでいる病巣から「何月何日にお伺いいたします」なんて連絡がはいる様になったにしても、突然の怪我は予知が難しい。海外の病気怪我には私も苦い経験が過去に有り、医療技術や医療費の心配事もさることながら自分の状態を伝えきれない言葉の壁をもどかしく感じ語学の必要性を強く感じたものです。台湾に於いては、高齢の医師は戦前の日本語教育を受けて日本語が堪能です。しかし残念ながらその [続きを読む]
  • 台湾南部の温泉  「花季」冷泉温泉
  • 台湾には温泉が沢山ある。ほとんどが熱泉で冷泉は2箇所しかないそうだ。その一つがここ高雄県田寮郷に有るリゾートホテル「花季」冷泉温泉だ。この温泉は、日本時代に日本が開発したもので、その後放置され、さびれていた物を、本日、私たちが接待を受けている周正道様の友人が買取りNT$4億をかけ再建したそうだ。途中、尖がった剥き出しの山肌が連なる”月世界”という名所に立ち寄りながら辿り着いたところは客室・食堂等に日 [続きを読む]
  • 日本時代の「台湾総督府専売局台北南門工場」の今
  • 「台湾総督府専売局台北南門工場」日本時代の1899年に建設された当工場は東南アジアで最大規模を誇った樟脳やアヘンの製造工場であった。時を経て中華民国1967年の樟脳事業民営化にともなって工場は廃業、その後は荒れ地となっていましたが、歴史建造物の活性化をはかる文化部により修築が進められていた。5年にわたる修復を経て2013年11月、国立台湾博物館「南門園区」として生まれ変わり一般公開されております。台湾の樟脳産業 [続きを読む]
  • 観光地に飽きた人は「康青龍」(カンチンロン)の散策がお薦め
  • 「康青龍」(カンチンロン) 最寄駅はMRT古亭駅・台電大樓駅・東門駅。南北に北から永康街⇒青田街⇒龍泉街と楽しい町が連なっています。カンチンロンの康(カン)は永康街、青(チン)は青田街、龍(ロン)は龍泉街、各地域の頭文字を取って「康青龍」(カンチンロン)と言われています。永康街は今更ながらの地域ですね。小龍包の鼎泰豊、マンゴーかき氷の各店、上海料理の高記等々、外省人料理が軒を並べる観光客必須の地域です。青田街は日本人が昭和町と [続きを読む]
  • 新北投の観光スポット。日本時代の「新北投駅舎」、「瀧の湯」温泉
  • 台北の温泉のメッカ「新北投」に新スポットが二か所もできました。移築先から里帰りした「日本時代の新北投駅舎」MRT淡水線の建設工事にともない台湾中部・彰化県の個人博物館に解体の危機を逃れ移築されていた日本時代の「新北投駅の駅舎」が25年の時を経て里帰りしました。現在のMRT淡水線は日本時代に台湾総督府が進めた鉄道整備で、本線は淡水港から台北までの物流の迅速化を目的に1901’(明治34)に、新北投支線は北投温泉へ [続きを読む]
  • 「MRT空港線」情報 no.2
  • 停車駅の少ない「快速」「各駅停車」が有ります。快速だと台北を出て3駅目が桃園空港第一ターミナル駅、所要時間は35分前後。各駅停車で45分前後です。料金は台北〜桃園空港は160元です。台北駅での事前チェックインサービスも有りますが今のところ「チャイナエアライン」と「エバー航空」の2社、離陸3時間前までのチェックインが必要となっています。 [続きを読む]
  • 元宵節(小正月)は内湖が面白い。
  • 昨日は農歴の小正月、各地で元宵節を祝う行事が行われています。IT企業が集まる、ここ「内湖」では土地の神様を祭る祭事がおこなわれます。商売繁盛を願う商店が供出した爆竹が次々と点火され戦火の中にいるがごとく轟音が鳴り轟く町中を土地公が乗った山車が練り歩きます。その凄まじさを動画でどうぞ? [続きを読む]
  • 待ちに待ったMRT空港線、正式開業!!!
  • 待ちに待ったMRT空港線が3/2から正式開業です(運行時間6時〜23時)。そして開業後1カ月は運賃の半額割引が実施されるとの事です。。これに先立ちプレ開業が2月2日から実施され正式開業の3月2日までの1カ月間は運賃が無料になります。下記要領で実施されますので注意が必要です。*2月2日〜2月15日までは団体予約のみ(この間は乗車駅は限定されます)。*1般客は2月16日から全駅で利用できます。*試乗時間は毎日午前8時から午後4 [続きを読む]
  • 台北「東北海岸」の隠れ名店へ
  • 台北の東北海岸には地元民しか行かない漁港が沢山有りその近在にはこれまた知られざる穴場の海鮮料理店が有ります。そのうちの一軒を口コミニュースで探検に来ました。ここは平渓線の始点駅で有名な「瑞芳」の海岸、当地で30数年営業をしている土日祝日には予約なしでは入店できない隠れた名店です。獲れたての海鮮を塩味と素材の旨味だけで調理した「天ぷら」「焼物」「鍋」など海鮮料理店らしくない料理の数々で満腹、大満足の一 [続きを読む]
  • 「湯語双泉館」 金山にこんな良い温泉が有ったなんて。
  • 金山郷と言えば楽しく食事が出来る「金包里老街」、数ある温泉では「総督温泉」、観光スポットでは広大な敷地に彫刻を展示する「朱銘美術館」等が一般的かな。しかし世間は広いね、私流に言う台北の裏庭「金山郷」にこんな良い泉質の温泉が有ったなんて吃驚、本当に知らん事だらけだ。今日迄の私の温泉ビッグスリーは「行義路温泉郷の天祥」「陽名山の馬槽花芸村」「礁渓の春宮温泉」だったんだけど一気にこれらを抜きトップに躍り [続きを読む]
  • 穴場中の穴場、礁渓の某温泉でまったり!!
  • お客様をご案内し礁渓温泉へ行ってきました。この温泉は台北から少し離れていますがバスで50分、あっと言う間に到着です。温泉好きの方が本を読んだり、ネットをしたりしながら1日のんびり過ごせる最高の温泉です。 温泉浴を楽しんだ後は地ビールを飲みながら歓談、最高の1日です。台北に到着。白粥でおなかを満たしました。 [続きを読む]
  • 穴場中の穴場、礁渓の某温泉でまったり!!
  • お客様をご案内し礁渓温泉へ行ってきました。この温泉は台北から少し離れていますがバスで50分、あっと言う間に到着です。温泉好きの方が本を読んだり、ネットをしたりしながら1日のんびり過ごせる最高の温泉です。 温泉浴を楽しんだ後は地ビールを飲みながら歓談、最高の1日です。台北に到着。白粥でおなかを満たします。 [続きを読む]
  • 蔬果牛肉
  • お客様をご案内し地元住民の生活をみていただく為に悠遊村近所の「栄華市場」をご案内しました。こんな綺麗な鍋を発見。南国の果物をふんだんに入れて牛肉を煮込んでいます。美味そう!!! [続きを読む]
  • 湖南料理 本場を求めるなら「口口香小吃湖南菜」で 
  • 料理は土地に根付けばその土地の料理になる、これを進歩というか退化というか、難しいところだ。日本の国民食とも言われるカレー等はもはや本家インドのカレーとは似ても似つかぬ料理になっている。台湾に有る中華の地方料理も然り。有名な「彭園」が湖南料理では一番だと思っていた事が恥ずかしい限りだ。中国湖南地方出身の知人に連れて行ってもらったこの店が、その人曰く本場の味らしい。食通の人だけにいやに説得力が有る。湖 [続きを読む]
  • 台北に行ったら泊りは「ペンション悠遊村」だ!
  • 台湾へのご旅行を計画されておられる皆様、私共のペンション悠遊村を是非ご検討下さい。99?のワイド空間で、おだやかな時間の流れに身をまかせ、ゆっくりとお過ごしください。近所には温泉郷もありますよ。(北投温泉 行義路温泉)1日1組様限定、ツインベッドのホテル形式の宿ですのでプライベートは完全に確保されております。観光に、あるいは急な出張に、あるいは数か月の短期滞在の利用に最適です。 [続きを読む]
  • 観光情報、グルメ情報のご相談はメールでどうぞ!!
  • 個人旅行を楽しまれる人には、ホテルや航空券の予約をインターネットで簡単にしかも低価格で入手できる良い時代になりました。同様に観光情報なども簡単に入手できます。しかし情報の良し悪しは観光客にはなかなか分からないものです。貴重な滞在時間を無駄なく効率よく使うには、HOTな現地情報を知る在住者の情報が必要です。悠遊村は皆様に台湾を十分に味わって頂く為、有意義な観光計画、観光旅行では味わえないグルメ情報をご [続きを読む]
  • ロングステイに台湾はどうですか?
  • 年金の範囲内で楽しく生活できる国、どこか無いかなとお考えの貴方、台湾はどうですか?「安心」「安全」「安い」「近い」トリプル安近の国です。治安の良さ、医療水準の高さ、安い生活費、衛生面、世界一の親日国、日本が通じる 等々、こんなに揃っている国は世界中探しても無いですよ。一度ペンション悠遊村で生活体験しませんか。 [続きを読む]
  • (仮称)ロングステイ・サポートセンター悠遊村
  • 夢にみた海外ロングステイを開始〜〜♪♪、当初の数ヵ月は遊んで楽しく暮らせるかもしれません。が、遊びだけでは退屈な日々がやがて訪れます。やはり人には生甲斐が必要です。そして生甲をどのように探すかこそがセカンドライを充実したものにする必須条件です。趣味に没頭する、記録の整理をする、過去の自分の経歴を生かす、など選択肢は様々です。ロングステイの準備は、まず旅行社に頼らず、ご自身の企画で10日前後の下見旅 [続きを読む]