mayumin さん プロフィール

  •  
mayuminさん: Noas Cafe / Vivre sa vie
ハンドル名mayumin さん
ブログタイトルNoas Cafe / Vivre sa vie
ブログURLhttps://mayuminlif.exblog.jp/
サイト紹介文仕事と生活のトピック、お庭の楽しみなどを綴っています。
自由文Home&Garden中古の木造住宅をリノベーション。小さな庭が「のあちんのお庭/noasgarden」です。折々にガーデンランチやパーティをします♪良い香りのする自然でシャビーなフレンチ風のお庭をめざしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/11/30 08:48

mayumin さんのブログ記事

  • ポークポットローストの翌日カレーキノコ添え
  • 美味しい味に仕上がったポークポットローストは、翌日はカレーで楽しみます。お肉や野菜をカットしてもどし、粉なしのスープカレーに。お肉はしっかりと柔らかですが、ちぎったような切り方にすると口当たりよくなります。お野菜もお好みで増やしてくださいね。スープストックを加え、塩、はちみつ、でターメリック、刻んだセロリ、生姜クミンやカルダモン、パプリカ、フェネグリークなどのスパイスとともに煮込みます。写真では分 [続きを読む]
  • ローカーボ 豆腐ナッツソースのグリーンサラダ
  • シンプルなサニーレタスとアボカドの組み合わせにクリーミーなソースをたっぷりかけて低糖質でヘルシー、栄養とボリュームのある一品に。絹どうふ半丁にクリーミーナッツドレッシングを加え、塩胡椒、エゴマオイルで調味します。ザクザク混ぜてアーモンドクラッシュをふりかけます。ケンコーマヨネーズ社のクリーミーナッツドレッシングはすごく美味しいのでおすすめですが、他のものでも代用できます。カレーと一緒にいただきまし [続きを読む]
  • シンプルポークポットロースト
  • シンプルクッキング。お友達にフレッシュのローリエをいただいたので、ポークポットローストにしました。ドライの売ってるものより香りはちょっと弱いけど、なんといっても鍋にいれるだけで姿がきれい。うれしい?。先日のBBQみたいに3日の塩豚にしておいた豚ロースを表面をギーで香りよくカリッと焼いてから、野菜とスパイス、お水と白ワインを適量加えコトコト煮るだけ。水分は1/3程度にして野菜は蒸し焼きくらいに仕上げます。 [続きを読む]
  • バラに蝶
  • バラ会の月例会で発見。駒場野公園花壇でこんな小さな蝶がお食事中でした。このチョウチョはなんだろう、地味なシジミ類かとおもいますが、、いまひとつ特徴がつかめませんでした。秋もヒラタアブが活動していますが、バラのそばに蝶がみられることは意外にすくないもの。バラの蜜や花粉は美味しいのでは?と思いますが、八重のバラの花びらが蜜を吸うには邪魔になり、活動しづらいという説があります。蝶は一部の幼虫が葉を食べる [続きを読む]
  • クマバチぶんた
  • 庭の掃除をしていたら、いつも夫婦でかわいがっているくまばちのブンタが地面におっこちていました。そっと指をのばすと、手袋にしがみついてきました。黒いものが好きというから?ドウダンツツジ二移してあげたら、高いところへ移動しようとがんばって、またおっこちる、、。すり足をしたり、よじのぼったり、、全く弱っているようには見えないけど、、すっかり心配になって、何度もチャレンジ。。どうも日の当たるところに移動し [続きを読む]
  • 無洗米を洗っていますか?
  • これは先日、話題に出た話。無洗米といえば、洗わず炊けるのがお約束。寒い冬に水をなんども変えて研ぐのは面倒だし、ネイルをしている人などお米が引っかかってしまう_なんてことが避けられて便利ですね。でもこれって、全く洗わないでもいいのでしょうか?分量のお米にぴったりのお水を加えて炊いていますか?わたしも数年前から無洗米を使っています。わたしは1.2度流してから炊きます。研がなくてもいいけど、ちょっとすすぐ [続きを読む]
  • 無洗米を洗っていますか?
  • これは先日、話題に出た話。無洗米といえば、洗わず炊けるのがお約束。寒い冬に水をなんども変えて研ぐのは面倒だし、ネイルをしている人などお米が引っかかってしまう_なんてことが避けられて便利ですね。でもこれって、全く洗わないでもいいのでしょうか?分量のお米にぴったりのお水を加えて炊いていますか?わたしも数年前から無洗米を使っています。わたしは1.2度流してから炊きます。研がなくてもいいけど、ちょっとすすぐ [続きを読む]
  • 無洗米を洗っていますか?
  • 新米が美味しい季節です。これは先日、話題に出た話。無洗米といえば、洗わず炊けるのがお約束。寒い冬に水をなんども変えて研ぐのは面倒だし、ネイルをしている人などお米が引っかかってしまう_なんてことが避けられて便利ですね。でもこれって、全く洗わないでもいいのでしょうか?分量のお米にぴったりのお水を加えて炊いていますか?わたしも数年前から無洗米を使っています。わたしは1.2度流してから炊きます。研がなくても [続きを読む]
  • レンコンのペペロンチーノ
  • レンコンは美味しくて体の良い野菜の代表ですね〜!煮込まなくてもシンプルな調理で軽く炒めるだけで食べられるのも魅力です。わたしの普段のペペロンチーノはドライにんにくで作ります。フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れ、ほの暖かくなったらいちょう切りのレンコンを加えふり塩をし、動かさずに2分焼きつけます。焼き色がついたらレンコンをひっくり返しながら片よせます。片側に、切り唐辛子、ドライにんにくを入れ、酒 [続きを読む]
  • BBQにもグッド!簡単塩豚のコツ
  •  先日のBBQでポークロースト!炭火で焼いた下味のついたお肉はプリッと香ばしく、大変好評でした。塩豚肉が美味しくなる仕込みのコツはただ一つ!思うより多めの塩をすること!→800gの塊で小さじ山盛り2、重量にして肉の3%前後を表裏にすり込みお好みのハーブをまぶして、袋に包みチルド室で熟成させます。(これでも少なめ、5日程度で食べきる用、もっと長い貯蔵の場合は5%程度)塩が表面のタンパク質に作用して旨味と水分を [続きを読む]
  • #切干し大根ともやしのさわやかタイ風サラダ
  • 和え物で野菜をモリモリ食べます!#餃子パーティのサイドディッシュにしました。手に入りづらい青パパイヤの代わりになるのが切り干し大根。ヘルシーで食べ応えがありオススメの食材です。#切干し大根ともやしのさわやかタイ風サラダ材料/ゆで茎にんにく、焼きしいたけ えのき もやし 切干し大根 パクチー 切り唐辛子 ごまたれは、#ミツカンドレッシングビネガー をベースにナンプラー、お酢、はちみつ漬けシークワサー、レモン [続きを読む]
  • ヒハツ〜
  • インドネシア産 ヒハツ ロングペッパー味は胡椒とは違い、独特のものはつかみづらく、シナモンの風味に似ていますが、これに胡椒の辛味だけを少々合わせたような印象です。カレーを中心としたエスニック系のスパイス料理には問題なく合います。ヒンディ語ではペッパーに近い言葉で、胡椒=ペッパーの語源になったそうです。漢方薬としても使われてきたそうで、毛細血管が若返ると話題になったピペリンという成分により新陳代謝ア [続きを読む]
  • 初秋の庭 彼岸花
  • 秋のお彼岸間近。やっと庭に構う時間が。夏の終わりは大小の剪定に草むしり。レイアウト変更など、庭の仕事が山盛り。全身防御雨スタイルで半日汗を流しました。枯れ落ちるアナベルと入れ替わるように、赤い彼岸花が盛りで、目に鮮やかです。秋の空気で日差しもきれい! [続きを読む]
  • コーヒーだって挽ける!スティックブレンダー
  • ビーンという音とともにいい香り!これはありがたい!コーヒー豆が、スティックブレンダーで挽けることがわかりました(^。^)これからは豆できても大丈夫だわ。カリカリの豆が飛び散るので、紙で簡易的な蓋をしてまわしました(*≧∀≦*)。コーヒーが大好きだけど、そこまでこだわりのない私にはこれで充分。ものを増やさないで生活するというのはくせになると快感です。そういう発見がうれしいの。白くて可愛い形がお気に入りのボダ [続きを読む]
  • カスリメティ/フェヌグリーク
  • wikifenugreekフェヌグリーク(日本名コロハ、ヒンディ語メティ)マメ亜科の一年草植物/枝分かれしながら60cmほどにまで成長し、黄色か白い花を咲かせた後に細長い豆果を付ける。種子は、メープルシロップ様の香りと若干の苦味をもつ。挽いて炒めるとカラメル様の香りが出る。クマリン由来の癖のある香りがする事もある。日本には享保年間に持ち込まれたが、農作物として栽培されることはなかった。ハーブ・香辛料の一種。フェヌ [続きを読む]
  • ハリッサで〜豚肉とインゲン豆のチュニジア風煮込み
  • カレーにあらず。〜豚肉とインゲン豆のチュニジア風煮込み(角切りの塩漬けポーク300gとざく切りの玉ねぎ大1、にんにく親指大)をオリーブオイルで炒め(塩小さじ1、黒胡椒、エストラゴン、セージ、オレガノ、ローズマリー、スモークパプリカ各小さじ1)を加えて炒め、(白いんげんの水煮一缶、ひたひたの3倍水、ケチャップ、酒 各大さじ2、地中海の調味料ハリッサを小さじ2)加え煮込みます。20分で評判上々の深い味わいになりま [続きを読む]
  • マーマレード作りワークショップ
  • 今年はすこし時間がとれたので、何組かにわけてマーマレード作り体験のワークショップを開催しました。隣に並んで作業しながら、一鍋を担当するので、自分の力だけでつくりあげます。出来上がったマーマレードを思い思いにラベリング。こんな様々な顔ができあがりました!どれも可愛いですね!持って帰ったマーマレードはギフトにしたり、でもすぐに食べてしまったという方もいましたよ^^v基本のマーマレードレシピはこちら。 [続きを読む]
  • ガーデンコーヒーブレイク
  • ご近所のマダムが台湾から取り寄せたというライチのおすそ分けをもってこられました。バラ談義に加え、おまけよと取り出されたクッキーは神戸のお店のもので、シュエットの参考になるのでは?という情報交換も楽しかったです。わたしからもマーマーレードをプレゼントしました。お庭で小一時間、気持ちいいひとときをすごしました。バラの最盛期はすぎたけれど、まださほど暑くなくて、こういう時間が好きです。 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間、2018のアナベル
  • アナベルとメドウセージの季節になりました。沢山の白い花びら萼が、密集してこんもりと手毬状に咲いています。日に日に大きく、白くなっていきます。西からの日差しにきらめいて、本当に綺麗。ささやかな庭でひっそりと精一杯輝いているなあと愛おしくなります。小さいうちはしなるので耐えられるけど、頭が大きくなると、持ちません。そろそろ風雨で倒されないように、添え木を強くしてあげなくては、、。バラとガーデニングショ [続きを読む]
  • 懐かしくて、新しい 四つ葉のクローバー!
  • 子供の時に、飽きずにさがしたものですよね!わたしも家の近くの広場のあちこちにこんもりとしげったクローバーにじっと目をこらしたものです。見つかる時には、ここだよっと葉っぱに呼ばれるような気がするのでした。これは先日伊豆高原で、お庭の持ち主にお聞きしていただいてきた四つ葉のクローバー。ありがとうございます。思い出になります。そう、不思議とこのときも、呼ばれた気がしました。一株にいくつか四つ葉があったの [続きを読む]
  • 夏みかんの収穫
  • ゴールデンウィークに山口に帰ることができたので、みんなで夏みかんを収穫しました。花も実も同時についているのが夏みかんの特徴で夏橙とも言われ(橙〜代々)とみておめでたいこととされています。この花も葉もとてもいい香り、植物の葉っぱは概ねその実や花と同じ香りがしますね。大きく枝を広げて、毎年150〜200個ほどの実をつけてくれます。この木がうちへきたきっかけは、今では考えられないことですが、祖父が職場の懸賞で [続きを読む]
  • 三洋化成のホースリール
  • 青くて目立っちゃう!。写真をとるたびに常々ホースの色が気になっていたのですが、念願の茶色の散水ホースを購入しました!こげ茶色は庭の色になじみ、巻き取ってなくても目立だたないからいいなあとおもっていたのです。アイアンベースのごっついものもよいですが、これは小さく、小回りがきいて、便利じゃないかと思います。なんどか資材を購入したタカショーのPRご担当の方から教えていただき、即購入。国際バラとガーデニング [続きを読む]
  • バラの天然有機お手入れ剤
  • 無農薬でバラを育てるためにわたしが使っているのはロゼアのお手入れ製品です。お手入れ剤は天然の有機物を醗酵させてバラを保護する数種の活性液で。今回の展示会で購入した樹葉エキスNo2は展着がつよいのかバラ,樹木用としぼられていました。効き目がたのしみですね!*黒点がひどくなりがちなラレーヌヴィクトリアの株のことを会場でいつもおめにかかるAさんに相談したところ、株元の込み具合が心配に。個々の株力をあげるよう [続きを読む]