しんや さん プロフィール

  •  
しんやさん: ビビリンと私 犬の里親になって
ハンドル名しんや さん
ブログタイトルビビリンと私 犬の里親になって
ブログURLhttp://mybibirin.blog73.fc2.com/
サイト紹介文人嫌いな犬と仲良くしようと奮闘中。他に好きな本や映画のことなど思いつくままに書いています。
自由文このところ、一番親しく付き合ってきた動物は馬なのですが、この度、一頭の犬と暮らすことになりました。
その犬のことをご紹介したいと思います。
他にも本のこと、映画のこと、山登りのこと、そして大好きな馬のことも、時々お話したいと思います。
楽しんで頂けると良いのですが。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/11/30 09:36

しんや さんのブログ記事

  • 盛夏のドッグラン
  • 8月半ばともなると、公園のグラウンドにはセミの抜け殻が沢山落ちています。このエリアのセミ達は全員大人になって無事飛び立って行けたかな。長い長い期間を暗い土の中で過ごして、突然全く姿を変えて光の中を飛び立って行くって、本能と言ってしまえばそれまでなのですが、何と凄い生き物なんでしょう。地上での1週間は何とか全うしてもらいたいものです。でも時々口の中でジージー鳴かせている犬猫が・・・この季節は案外落ち葉 [続きを読む]
  • ビビリンは10歳
  • この夏、ビビリンはついに10歳になりました。ダブルスコアかぁとしみじみ。これまで無事にやって来られたことは本当に嬉しいけれど、そんなに急いで歳を取らなくても良いじゃないか、とも思う。周りに若いお友達が増えて行くのが嬉しい反面淋しいキモチ。なんて私は勝手に一喜一憂しておりますが、本犬は今まで通り淡々と過ごしております。いずれにせよ、とんでもない顔のまま10歳の誕生日を迎えずに済んでよかったです。健康な君 [続きを読む]
  • パソコンのトラブルが2個有りました・・・2個目
  • さて前回のお話は、私の個人的な過失なのですが、こちらは訳の分からないPCの動作不良が出現、解決できなくて・・・と言うお話です。私ばかりではなく、私と同じブログサービスを使っている人達が大勢被ったであろう、管理画面が開かないというもの。管理画面が開かない件は、原因不明で調査中だとブログサービス側も告知画面に赤字で発表しているくらいですから、そういう人が多くて問い合わせが殺到したのでしょう。いやこの件の [続きを読む]
  • パソコンのトラブルが2個有りました・・・1個目
  • は〜、パソコンのトラブルが漸くクリア出来ました。と言う訳で、大変久し振りのブログ更新です。もう読者は残っていないかもしれませんが、そのうちまた道行く誰かが足を止めてくれるでしょう。ほらそこのあなた、寄って行って下さいよ。夏休みでもここなら空いていますよ。席がスカスカだから少しは涼しいよ。まず私がいかにバカであった(ある)かを書きます。今回から読み始めた方が呆れて去って行ってしまいそうな話ですが、以 [続きを読む]
  • どうするビビリン!
  • 「関東では漸く暑さも一段落。35℃を超えるところは有りませんので」だって。確かに40℃周辺の気温から見れば一段落なんでしょうが、勝手に基準線が上がってしまって、35℃を下回れば「暑さが一段落」にカウントされてしまうのって変ですよ。この夏が酷暑であり、真夏日が続いて湿度も高いのは変わりません。おのおの方、熱中症対策はくれぐれもご油断召さるな。それでもね、朝の散歩の時、日が照っておらずその上風でも吹いている [続きを読む]
  • 夏服の出番
  • 公園には車で行くのが当たり前になってしまいました。ビビリンが我が家にやって来て間もない頃の夏は、人気のない早朝にぶらぶらと公園まで歩いて行くのが、特別な時間と言う感じで楽しかった。ビビリン地方にも、まだ少しは「夏の朝」の爽やかさがあった頃でした(遠い目)。今でも出来るだけ歩いて行きたいとは思うのですが、5時台であっても気温が既に「朝の爽やか」からはかけ離れたものになっているし、何よりもルートが住宅 [続きを読む]
  • 久し振りに一緒にお買い物
  • ビビリンはお陰様で、一見して皮膚のトラブルが有るようには見えなくなりました。通りがかりの人から、見て見ぬふりをされたり、それとなく顔を背けられたりはしなくなりました。それでも陰では(?)投薬や、柚子風味のオイルで味付けしたりは、毎日せっせと続けておるのですが。病院も以前ほど頻繁ではないけれど、定期的に通っております。この暑い最中も、主役の彼を連れて行かない訳にはいかず、午前中に出かけることにはして [続きを読む]
  • とんでもなく暑い日々
  • ビビリン地方(だけじゃないですね、多分)は4時半起床で5時に散歩に出かけても、既に暑いです。そもそも地面が夜にいったん冷えると言うことをせず、前日の熱気を保持したままなので、地面に近い所を移動する犬には折角の散歩もあまり楽しくないだろうとはと思いますが、これ以上早くは出来ない。まあワタクシもさすがに連日3時半起きは勘弁してほしいし、そもそも4時に出かけても条件はそれ程変わらないもの。夕方の散歩もだんだ [続きを読む]
  • 馬の血統のお話③
  • はいはい皆様今回で最終回ですよ。目を覚まして下さいな。今まで目を覚まして頑張ってきた皆様(皆様と言う程の人数が残っているかどうか)、私が書き終えるのが早いか、そちらが眠ってしまうのが早いか、勝負!勝負!さて伝貧の疑いをかけられたものの、関係者の懸命の働きかけによって「学術試験馬」と言う名目で延命に成功したクモワカですが、このままでは折角の名血を受け継いだ子供達が出走できない。馬主と牧場は提訴します [続きを読む]
  • 馬の血統のお話②
  • さあ、さあ、相変わらず文字ばかり、どころか挿絵代わりの写真も使い回しと言う、しかも犬ブログでの馬話です。ワタクシの文章力が問われると言う、ね。と言っても問答無用ですのでよろしく。馬のかかる病気の中で、一番怖いのはやはり「伝貧」だろうと言うことです。伝貧とは伝染性貧血の略ですが、伝染力がとても強いので、そうと分かった場合は、自分の所の馬ばかりでなく、その地域の馬達のために即座に殺処分しなければならな [続きを読む]
  • 馬の血統のお話①
  • 久し振りに馬の話など。これは私が犬ブログの他に馬ブログもやろうと無謀な計画を持っていた頃のネタですが、文字ばかりでもちゃんと面白いよ。任せなさい。知り合いの牧場に行って、繁殖と調教の難しさみたいな話をちょっと聞きました。大分馬が増えてきましたねと言う話から、頭数は増えても使えると言うことになるとどれもこれもと言う訳に行かないから、そう楽観できる状況ではないのだと言う話になって、長らく続く不況、今後 [続きを読む]
  • 久し振りにランの清掃に
  • ビビリンの肌をあまり陽光にさらさない方が良いとのことなので、近頃は早朝以外に公園散歩はしないのですが、大勢のお友達と遊ぶ機会も大切、たまにはねと言うことで、久し振りにドッグランの清掃に参加しました。この日は何時ものメンバー以外にも新しい若いひとが沢山来ていて、グループ交際の苦手なビビリンもそれなりに積極的に、大勢のお友達とのお付き合いに励んでいました。余程楽しかったのか、フェンスの外を掃除していて [続きを読む]
  • ビビリンのお肌は随分良くなって来ました
  • ビビリンのお肌は、一時の悲惨な状態からは見違えるような回復ぶりではありますが、炎症がおさまれば終わりと言う訳ではなく、今後は薬の使用について考えて行かなければならず、先は長いです。今は服用するものの他に、肌を守るローションを塗っています。その主成分が、電解質還元イオン水と柚子果汁なのね。ワタクシにとって電解質と言う言葉は、なによりも馬に必要だ!であり、スポーツドリンクのあれでしょというもの。それに [続きを読む]
  • バーフバリ 王の凱旋(完全版)・映画の話
  • 文字ばかりの回ですのよ。本当はもっと早く書きたかった案件ですが、風邪をひいて、薬のせいも有ってこのところ頭が良く回転しなかったもので。漸く霧が晴れてきて「文章」を書けるようになりまして。えーとこれは関連映画(?)が3本ありまして、この前編に当たる「バーフバリ 伝説誕生」と、これを完全版と言うのに対しての不完全版(これじゃイメージ悪いか)、30分近く尺を短くした輸出用と言うか、海外で上演するために編集 [続きを読む]
  • 朝の公園の仲間たち
  • ビビリンの皮膚の炎症の原因が真菌だと思っていた頃は、彼をせっせと日に当てようとしていたものが、新しい診断では出来るだけ日に当てないようにとのこと。それを良いことに(?)早朝散歩をしに公園に行くのに、せっせと歩かずに車を使っています。まあ、夏の間はどんなに早く出かけて行っても、皆とそれなりに遊べば帰り道が既に暑くなり始めていますし、体調が万全でない内は体力温存に留意しませんと。前回の久し振りの公園散 [続きを読む]
  • 病院を選ぶと言うこと
  • 真菌がビビリンのお肌のトラブルの原因と言う診断を受け、言われた通りせっせと対処するも一向に良くならず。ネットで症例について調べてみたり、ビビリンの様子を観察すると、獣医の言うことに思い当たる節も有り、シャンプーで症状が改善したように見えたことも有り・・・。でも、どうにも長過ぎないか?それに一度良くなった筈が、手当を続けているのに再発と言うか悪化と言うかを感じることも。それを言うと、真菌はしつこくて [続きを読む]
  • 智光山公園は花盛り
  • ビビリンちゃん、鎌倉に行った時に留守番をして貰ったので、今度は君も行けそうなところを捜してみましたよ。新しい散歩コースはまたじっくり調べるとして、今回は君も勝手が分かっている智光山公園が、丁度菖蒲祭りをやっているという記事を見つけました。君は緑の中をロング散歩が出来ればどこでも良いし、むしろよく知っているところの方が安心出来るタイプ。とにかく梅雨の晴れ間に出動するのだから、目的地はさっさと決めなけ [続きを読む]
  • 遠足のしめは浄智寺
  • 明月院と東慶寺の拝観を終えて、美味しいランチも済ませて、後は成り行きと言うことで浄智寺に。こちらはさらに静かでした本当にこのエリア全ての観光客が明月院に集合しているのかと言うくらい高野槙(こうやまき)、市指定の天然記念物とのこと時々こんな風に初夏に赤い葉をもつ楓を見かけますこちらの竹林の竹は細いです鎌倉七福神の内の、布袋尊。皆にお腹を撫ぜられて、何時しか腹黒の人に・・・布袋尊の居られる岩屋に行くに [続きを読む]
  • 東慶寺は花の寺
  • 井上ひさしの小説(東慶寺花だより:まあ、花の話じゃないですが)ではありませんが、東慶寺には色々な花が咲いているので、このお寺に来れば、何時も何らかのお花見が出来ます。紫陽花は勿論のことその種類も色々で北鎌倉周辺にやって来た観光客は皆明月院に集まっているのかと思われるほど、こちらは静かでしたここのドクダミは八重咲なので知られています蛍袋  咲き残っていた岩煙草緑陰と言う言葉がしっくりきます花菖蒲もこ [続きを読む]
  • 明月院の本堂後庭園
  • 明月院の本堂の後ろに広がる庭園にはいつも入れる訳ではなく、特別の場合に別料金を払って入れて貰うシステムです。今回は花菖蒲の開花期に合わせた特別公開とのこと。特別料金の威力はあらたかで、あの大群衆からは考えられないほどガラッガラでした。特別料金と言ってもユニセフに寄付と言う名目の300円ですが。友人の話によると、何時もは千円ぐらい取るとのことで、今回は花菖蒲の時期が過ぎてしまったためのダンピング価格だ [続きを読む]
  • 鎌倉の紫陽花(明月院)
  • 鎌倉の紫陽花と言えば、明月院と長谷寺が特に有名。そして梅雨時の混雑と言えば、両者とも半端ではないので、同行する友人がいなければとても出かける気になれなかったところです。友人のお陰で思い切って出かけて行き、流石に有名どころの花は見応えが有りましたし、美味しいランチも食べ、楽しい遠足が出来ました。と、言う訳で、皆様には混雑無しで紫陽花の花見をして頂こう、もしやはりこの目で見ようと言う方には情報をお届け [続きを読む]
  • VS カラス
  • 昨夜は久し振りにテレビの「天才!志村どうぶつ園」を見ました。テレビは基本的にニュースと天気予報ぐらいしか見ないのですが(昔から余り見ない方だけれど、も〜、ホント、近頃特につまらない)、この番組は内容により3〜4週に1度見ています。そして昨日は秋田犬のワサオ君とお父さんを見るつもりだったのですが、それに続いて何気なく見始めたカルガモ親子の引っ越し風景が意外にも見応えが有りまして。近くの池から子育てのた [続きを読む]
  • 旅行の締めは大内宿
  • 大内宿は、江戸時代には会津西街道(下野街道)の「半農半宿」の宿場であったものですが、鉄道の開通により、宿場の機能を失いました。1981年に重要伝統的建物群保存地区に指定され、今では観光地として多くの観光客が訪れています。チコ母も私も、それぞれが遥か昔に来たことの有る大内宿を再訪です。観光客が山盛りかと思ったら、そう言うことも無くて、印象は昔とさして変わらず。まあ、変わらないように努めてもいるのでしょう [続きを読む]
  • 塔の岪(読めるかな)
  • えへへ、私も今回初めて読めるようになりました。岪はへつり、です。つまり「塔のへつり」ですね。しかもこの「へつり」は、会津の方言で、川に迫った険しい断崖のことだそう。ここにはむか〜し来たことが有るのですが、観光客が立ち入れる場所が、以前より狭まったように感じました(遊歩ルートが震災で崩壊したために閉鎖したようです)。この塔のへつりの駅がチャーミング。山小屋みたいで自販機が興醒めではありますが・・・こ [続きを読む]
  • 塩原八幡宮と樹齢千五百年の逆杉(さかさすぎ)
  • コテージに素泊まりなので、翌朝は犬の散歩(宿泊棟が散在している緑の多い園内を歩くだけで、十分な散歩が出来ました)を済ませた後、昨日買って来たパンとコーヒーでのんびり朝ごはん。このパンが本当に美味しかった。牧場が沢山有る地域だし、使用されている乳製品が上質なのだと思います。コテージ泊は好きな時間に荷造りして出発できるので、お天気も思ったほど悪くないし、早目に出かけることにしました。でも早過ぎて、木の [続きを読む]