しんや さん プロフィール

  •  
しんやさん: ビビリンと私 犬の里親になって
ハンドル名しんや さん
ブログタイトルビビリンと私 犬の里親になって
ブログURLhttp://mybibirin.blog73.fc2.com/
サイト紹介文人嫌いな犬と仲良くしようと奮闘中。他に好きな本や映画のことなど思いつくままに書いています。
自由文このところ、一番親しく付き合ってきた動物は馬なのですが、この度、一頭の犬と暮らすことになりました。
その犬のことをご紹介したいと思います。
他にも本のこと、映画のこと、山登りのこと、そして大好きな馬のことも、時々お話したいと思います。
楽しんで頂けると良いのですが。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/11/30 09:36

しんや さんのブログ記事

  • 笑顔なんて簡単
  • オリオン座流星群を眺めるのは10月21日の20時頃が最適とのニュースを9月ごろにキャッチ。折角なら何処かの山の上に行こうかな、と思案していた頃が懐かしい。今年は月の光との競合も避けられるし、と地図を睨んでワクワクしていたんですがねえ。まさかの台風襲来で、日本全国、星空を眺めるどころではなさそう。これを書いている今、ビビリン地方は文字通り嵐の前の静けさ?(雨はしっかり降っているけど)、の中にいるのですが・ [続きを読む]
  • 野球の国のアリス(北村薫著)
  • ビビリン地方もそうですが、毎日雨で、しかも季節の先取りっちゅうか10月なのに冬が踏み込んできていますよ。冬さんは好きですけど、このところちょっと不作法が目につきますね。そんな日々なら、手持無沙汰で読んでもらえるかと、例によって文字ばかりの項です。さあ、読んで、読んでぇ。北村薫の作品の中で、多分最もファンが多いのが「わたし」が主人公の、落語家の円紫師匠が出てくるシリーズではないかと思う。人となりを良く [続きを読む]
  • 晴れ間を見つけて歩こう
  • 今年の夏も随分雨の日が続きましたが、ここにきてビビリン地方はまたしても秋雨前線にどっしり居座られて、太陽さんとこの前面会したのは何時だっけ?と言う状態が続いています。那須に行っといて良かったなあ。雨なら美術館だと言う訳で、根岸の馬の博物館に行き、帰りにうかうかと元町中華街に食材を買い出しに。はい、大失敗。休日でも結構な名品を展示していても基本的には混雑しない馬の博物館で、じっくりゆっくり展示物を見 [続きを読む]
  • 色黒同士で
  • そもそもラブちゃんが多いのか、それともドッグラン清掃日にはラブの飼い主さんの出席率が高いのか、お掃除の日ビビリンは沢山のラブ友に会うことが出来ますイエローラブが多いけれど黒ラブさんもいてそのひとの性格がまたこうだからビビリンはだーい好き色黒同士で記念撮影それにしても黒ラブさんて、何時も少しだけ困っているように見えますね色黒同士と言えばその日はこんなひとも来ていました同じ犬種と言っても、体型その他か [続きを読む]
  • 秋の那須高原(ロング散歩は楽しいね)
  • 我々が小一時間も散歩したこの頃になると、登山者や観光客が次々にやって来ました幾つかのグループが通り過ぎて暫く経ってから、展望台を下りて、今度は尾根道を帰ります秋らしいものを探しながら歩くことにしましょう蔦が紅葉しているこの木はダケカンバかな?尾根道は平坦で明るいのですビビリンちゃんもそう思うよねっこちらの木の蔦は紅葉を始めるところらしいケーブル山頂駅の周りを一回りしてから下山します。ビビリンは本当 [続きを読む]
  • 秋の那須高原(マウントジーンズに)
  • 旅先での起床時間は何時も大よそ5時半くらい。家にいる時より少し早起きして散歩に出かけます。早起きするのは前夜床に就くのが早目であることの他に、家とは勝手が違うから身支度に時間がかかるため。朝食の時間も決まっているしね。そんな訳でまだ薄暗いうちに目を覚まして、こっそり身支度などしたのだが、ビビリンはまだぐっすりお休み中。同室に居ながら人の動く気配に反応せず眠りこけている犬ってどうよ。以前にこう言うこ [続きを読む]
  • 秋の那須高原(トリックアートピア)
  • 早めに宿に入るにしても申告した到着時間には間が有るし、普段行かないようなところに行ってみよう、と言う訳で観光パンフレットを眺めていたら、トリックアートピアは中型犬まで入館OKだとか。そういうのもたまにはいいかなと思って行ってみました。小型犬は抱っこで、中型犬はカートを使うとのこと(カート代5百円也)。それは了承していたのだけれど、カートが私のイメージ(ショッピングカートのようなあっさりしたもの)とは [続きを読む]
  • 秋の那須高原(八幡の躑躅原)
  • さて本日の予定をどうするか、そろそろ本格的に考えなくてはならない。つまりマウントジーンズのケーブルに乗るのを今日これからにするか明日の午前中にするか。取り敢えず八幡の躑躅原方面に向けて出発。マウントジーンズはその先だからドライブしながら心を決めることにしていたら、雨が降り始めた。大した雨ではないし、青空も広がっているからすぐに止むとは思うけれど、上でまた降らないとも限らないし、何より今日は風が強め [続きを読む]
  • 秋の那須高原(那須自然研究路)
  • 新聞に那須岳の紅葉が今盛りだとの写真が載っていた。全山赤橙黄色のグラデーション。大変だあ、行かなくちゃ。と言うのも今年は那須のマウントジーンズに紅葉狩りに行こうと時期を窺っていた訳。前回ドンピシャリの時期に行って(⇒那須で紅葉狩り(前))天気は良し大変に楽しかったので、また行きたいなあとずっと思っていた。でも今年は天気が安定しない上に、予報は直近にくるくる変わるし、漠然と様子見をしている内に突然写 [続きを読む]
  • キス、キス!
  • ◎▲日頃から急速に気温が下がる、と言う話をもう3回ぐらい聞いたような気がします。そうかぁ?と思うのは体感温度の差と言うものでしょうか。ビビリンの夜の散歩も半袖で行っちゃってますが、どうと言うこともない。とは言え、季節は確実に廻っちゃってますからね。まだ衣替えに着手していないワタクシは、その内痛い目にあうのでしょうか。とにかく今のところ公園はまだこんな感じで、紅葉は当分先の話みたいです銀杏拾いの人達 [続きを読む]
  • 朝の光
  • やはり犬の撮影は夕方より朝が楽ですな。コンデジを使っているせいも有るのでしょうが(散歩に一々一眼レフを持って歩くのもねえ)、光の量が少ないと、動き回る被写体に露出とシャッタースピードの兼ね合いが中々うまく行きません。幾らデジカメが進化していると言っても、何でもやってくれるわけではなく、多少の微調整は必要なもので。まあワタクシのバヤイ、恵まれた光の中でも時にしっかりピンボケになったりするのですが。随 [続きを読む]
  • 夕方の撮影は難しい
  • 涼しくなって、夏の間に出来なかった遠出の計画を幾つか立てています。その予備段階として、ビビリンとドライブする機会を増やしているところです。この日はお出かけの序にK公園に寄り、夕方の散歩をすることに。その時々で、混んでいるのが小型犬エリアだったり中大型犬エリアだったり。今日は小型犬エリアの方に来ている人が断然多いみたいとは言え中大型犬エリアにいるのは、ビビリンだけではなくてお友達が何頭か初対面のひと [続きを読む]
  • ロング散歩をもう少し(ミューズパーク)
  • 深山の曼殊沙華園で良いお散歩が出来たので、秩父に来た目的は果たしたような気もしたのですが、折角だからもう少し歩いて帰りたい。ミューズパークの人出の様子を見て、駐車出来そうなら寄って行くことにしました。多分訪れた時間帯も良かったのでしょう、混んではいても駐車スペースがちらほら見つかり、何よりも広大な公園ですから散歩コースは取り放題です。よしよし。歩道の照り返しも、時間帯と言うより季節のお陰ですっかり [続きを読む]
  • 秩父の曼殊沙華
  • 日曜日、ビビリンとドライブするべく出先に帯同、お昼前にそこから秩父に出かけました。最初は七草寺の見学辺りを考えていたのですが、晴天の日曜日の秩父は超満員。それに七草の開花にも多少の時期のずれが有るから、今見頃なのは三草ぐらい。七草がダメなら今咲いているのはダリアだ(⇒秩父荒川のダリア園)、と言う訳で両神方面に進路変更してランチする場所を探しながら走ります。走る内に車の量やお昼ご飯が食べられそうなお [続きを読む]
  • 秋の朝
  • 9月の下旬ともなれば、さすがに朝夕の散歩の時は気持ちの良い風が吹くし、夜は虫の音などもして、秋らしさが横溢。なんだけれど・・・ビビリン地方は好天の日はまだ少し暑い。そろそろお出かけしたいのですが、高めの気温がネックになって、中々実行できないでいます。まあね、元々出不精なので、お出かけに際してマイナス要因を見つけるのが早いのよね。ビビリンちゃん、もう少し待っててね。遠足はまだでもロング散歩ならできる [続きを読む]
  • ビビリンの思い
  • 友人の両親に飼われている犬(洋犬)は、ソファーに座っていた御母堂が席を立つと、直ぐにソファーの真ん中に飛び乗って場所を占領、人間が戻って来ても断固退かないのだそう。可愛いなあ。思い切り犬と喧嘩できそうじゃないですか。ビビリンなんか多分私の座っていた場所は避けますよ。と言うかそもそも向こうから近づいて来ないですよ(-“-)。向こうから近づいてくるのは散歩に出かける時だけ。この時ばかりは自分の要求を猛アピ [続きを読む]
  • 日本百名山(深田久弥)
  • 久し振りに文字ばかりの回です。ま、そろそろ読書の秋ですし。高校大学の頃せっせと山に登った。私のように運動能力に見るべきものがない人間が、南、中央、北の「アルプス」と名の付く山々に登ることが出来たのは全てその頃、特に高校時代の教師や先輩達のお陰だ。中でも初日はアプローチだけで終わってしまうような、南アルプスの山々に登る機会を持てたことは本当に有り難いと思っている。お陰で、社会人になっても時々気が向い [続きを読む]
  • 9月最初の
  • 9月最初のドッグラン清掃日です。この時期、さすがに朝夕涼しくなりました、の朝はせいぜい7時頃まで。公園にお出かけ前に家の周りを散歩する時間帯です。家を出た時確かにひんやりする、でも歩いている内に暑くなる、と言うレベルなので、まだまだ公園まで歩いて行かれる時期には至っていません。従って、5時半起き、洗顔等を済ませて散歩に出かけ、帰宅後ビビリンのケア(早い話がブラッシング)をしてから人犬ともに朝食をとっ [続きを読む]
  • 夏服
  • 今年はあまりビビリンに夏服を着せませんでしたねえ。今までで多分3回かな。夏服は最終兵器と言う認識で、初夏の頃は結構暑い日でもまだ先が有ると思って自重、それにまだ朝夕は涼しかったりして、時間調整で散歩は全う出来ていたのです。そしていよいよこれからと用意していたら・・・今年のビビリン地方は、梅雨明け宣言の頃からすっかり雨がちになり、そのままずるずると気温が上がっても湿気の多い日々が続き、水で濡らして気 [続きを読む]
  • 沢山のお友達
  • お掃除の日には沢山のお友達が来るので、グループ交際のチャンスなのですが、どうしても個犬的に仲良くすることの方が好きらしく、お友達と順番に挨拶することが多いビビリンです。大勢の知人の間を広く浅く巡って、笑顔でそつなく親交を深めて行くパーティー(ワタクシはこれが苦手)向きの資質と言えるのかもしれません。ドッグランの清掃日はビビリンにとってはパーティーなのか。久し振りに会った昔馴染みのひと何時ものお友達 [続きを読む]
  • 葛西臨海水族園 ③
  • 外に出て、ペンギンを眺めます。暑いので大半のペンギンが泳いでいました。ここのペンギン舎は水深が浅いので、ペンギンたちが水の中をジェット機のように飛び交うところは見られません上から見ると涼しそうで楽しそう。自分達の影と一緒に泳いでいます右手の囲いの中に赤ちゃんたちが集められているのではなく、小さい種類のペンギン(フェアリーペンギン)滅茶苦茶気持ちよさそうです。外で見ているので暑いのですが、彼等の楽し [続きを読む]
  • 葛西臨海水族園 ②
  • タツノオトシゴと一緒の水槽に入っていて、こちらの方が大きいし目立っていました。名前からみると、タツノオトシゴ(シードラゴン)の仲間なのでしょう。リーフィーシードラゴン。つまり葉っぱみたいなタツノオトシゴと言う訳ですね水流のままにあっちへこっちへとゆらゆら今回、表情豊かな魚をたくさん見た気がします左手奥のひとはお疲れ気味?ボックスフィッシュとか、トランクフィッシュとか、幅のある体をした魚を正面から見 [続きを読む]
  • 葛西臨海水族園 ①
  • 葛西臨海水族園に行ってきました。水族館に入るのなんて何年ぶりだろう。連れなんか小学校以来だそうです。昔この水族館(水族園)のドーム型の屋根を、浅草から乗ったクルーズ船の中から見かけたことが有ります。あの中はどうなっているんだろうと思ったのですが、ドーム自体はただのエントランスで、本体は地下にありました。だからと言いますか、見かけよりずっと広かった。それに水中の生物ばかりでなく、水際の生物(触ること [続きを読む]
  • 夏の公園
  • ビビリンはドライブが好き。でも、私が運転する車の助手席に乗るのと、後部座席に一緒に乗るのとでは、後者の方が好きみたい。なんかね、私が運転している時は、景色はたまにちらっと見るだけで、もっぱら私を見ているのですが、後部座席の場合は暫くは私を見ていますが、その後くるりと背中を向けて景色を眺め出すのね。外の景色を見ていたいけれど、私がドライバーの時は何かしでかさないか、道を間違えないか、見張って居なくて [続きを読む]
  • 雨がやんでいる隙に
  • 前項の写真、実は某日の朝ドッグランで遊ぶ前に公園を一回りしていた時のものでした。このところずっと天気が安定せず、中々ロング散歩が出来ない。日頃の近所を一回りする散歩ですらショートカットしがちで、ビビリンは退屈で仕方がないようです。さすがのワタクシも、この日は目覚ましをかけて4時半に起床、頑張って(でも車で)出かけて行ったのでしたドッグランに行けば誰かしら居るし馴染みのお友達にも会えるし(では久闊を [続きを読む]