kanako さん プロフィール

  •  
kanakoさん: 〜うた・声と向き合う日々〜
ハンドル名kanako さん
ブログタイトル〜うた・声と向き合う日々〜
ブログURLhttp://izumi-kana.sblo.jp/
サイト紹介文うたと共にある日常の気持ち・発見・学びなどを書き綴っています。
自由文泉山加奈子です。
うたの教室をやっています。

うたの教室 IZUMI(大阪・天満橋)
http://izumi.topaz.ne.jp/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/12/01 20:36

kanako さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 根本的に
  • 日本人には無理なのか?という疑問によくぶち当たる。そうは思いたくないとずっと思っている。レッスンをしていても自分で練習していても人の歌を聴いていても感情の幅も思い切りの良さも何もかも西洋人には劣っていると感じることが本当に多い。その中でも素直にまっすぐに自己を磨き続けておられる方は西洋人並みの感性の豊かさと思い切りの良さと日本人的な繊細さを持ち合わせておられる方もいる。そう感じさせて下さる方の下で [続きを読む]
  • 感覚的
  • またまた、やってしまいました。やはり理屈ばかりになると失敗します。もっと感覚的にならないと、「自然」であることに気づけません。何度繰り返すんだろうな…(T-T)ダメだな…これで気持ちが折れたら更に最悪なことになってしまうので自分を信じるエネルギーを取り戻さなければ。思い切って出来ない状態で思おうとしても良いところに行くわけないです。悩まない。先生もちょっと前のレッスンでおっしゃっていたように紙一重の差が [続きを読む]
  • やっぱりメゾソプラノ
  • 今日は久々に先生に「その調子で」と見送っていただけました。何だかんだ意識改革をしようとがむしゃらにやってみたことがちょっとだけ前進させてくれたのかな?と思います。やはり先生のレッスンは吸収したいところが本当に沢山です。いつも今日のようにレッスンを受けられればきっと先生は今日のようにレッスンしてくださるんだと思いますが…いつもは発声が…声が…という感じで…全て自分の責任です。今日レッスンを受けながら [続きを読む]
  • 真面目すぎた
  • 昨年末から真面目すぎる自分と決別すべく意識改革を行っています。私はそもそも思考回路がものすごく合理的でポジティブで今までの人生を振り返ってみてもこれは無駄だったかも?と思うことは全くありません。単に忘れているだけという節もあります(^^;だから「声楽家になるにはこうあるべき」と真面目に型にはまろうとしていた約10年間も全く無駄だったとは思っていません。私の長所と言えば型にはまらない発想力ぐらいしかありませ [続きを読む]
  • 自分の身体を大切にする
  • 最近、だいぶ体調が安定してきているような気がします。こういう時が一番気を付けないといけない時なんだろうな〜と思いますが。若い頃は自分の身体を顧みることもなく体調が崩れても病院に行けばいいや、薬を飲めばいいやとあまり深刻に考えることもありませんでした。それが(私の場合)薬が効かない症状(パニック障害)が身体に出てきてから体調は自分でコントロールしないといけないんだと気づきました。その症状が全く出ないよう [続きを読む]
  • 紙一重
  • 今日のレッスンのキーワードは「紙一重」です。この言葉に救われる部分があったりやっぱりそうよね〜と納得する部分があったり今の自分の考えを肯定してもらったような気分になった部分があったりしました。今まで発声が崩れる度に自分を責めに責め、全く能力がない人間だと思うほどに責めていました。それが最近ちょっと違うんじゃないかなと思い始めていた所に先生からこの言葉を頂けてホッとしました。それに今までちょっと変に [続きを読む]
  • 考えに考え
  • 年末から今までやってきたことに対しての見直しが止まりません。何だか色々間違っていたりやっぱりこっちで合ってるよな〜と思い直したり本当に大変な作業ですが楽しんでいます。型にはまろうとしていた昨年までの自分は今後の人生には無駄にはならないと思いますがそんな気持ちでは単なる安定を求めているだけで生きた音楽が出来るはずもないことに気づきました。そして教室、教室と必死に教室の発展に力を尽くしてきましたが音楽 [続きを読む]
  • 年内最後のレッスン
  • 今日のレッスンは舌の根っこがいかに固まってはいけないかということがよくわかりました。舌を出したまま声を出すととても楽に良い場所で歌えるのですが「オ」で歌おうとすると舌の根っこが固くなりポジションが落ちてしまいます。そして上唇にもすごく力が入ります。どちらも結局、喉を使おうとして起こることで喉を使わない状態で歌えていないということがよくわかりました。やはりポイントは舌ですね。自分が引っ掛かっていたポ [続きを読む]
  • 自由
  • 先週の土曜日、2台のピアノによるコンサートを聴きに行きました。高校の先輩と同期とのDUOで以前も一度聴かせて頂いて感動しましたが今回はそれにも増して感動し、いまだにその感動がさめません。音の美しさも、音楽の一体感も本当に素晴らしくて二人で弾いている感じが全くないぐらいに息もピッタリで私の語彙では表せないぐらい素晴らしかったです。そして目で見て驚いたことはお二人共、弾いている姿が自然体で美しかったこ [続きを読む]
  • 体験レッスンと今後
  • 今日は久々に体験レッスンをしました。お申し込みをメールでしか受け付けていないので、お申し込みのお名前だけでおじさんだと思い込んでいたら大学生の男の子でした。(とても渋いカッコ良い昭和っぽいお名前だったので^^;)それも同じ大学でした(笑)合唱団に所属しているけど、発声を習ったことがなく、何を練習すべきかわからなくてレッスンを受けてみようと思ったそうです。癖がなくあっという間に変わりました。若いって素敵 [続きを読む]
  • いい気になってはいけない
  • とても久しぶりの更新です。この一ヶ月ぐらいで予想だにしなかったことがいくつか起こり改めて考えることも色々出来ました。私は基本的な性格が調子乗りでその性格が災いして発声がおかしくなることも多々あり人に誤解されることもありずっとその性格を直そうと自分を律してきたつもりでした。でも、この一ヶ月に起こった出来事でやはり根本は変わってないな…と知ることができそれを教えて下さったのはやはり先生でまた先生の尊敬 [続きを読む]
  • 今日の感覚、大切にしなきゃ!
  • 今日はOさんと一緒にレッスンを受けさせていただきました。Oさんと私は直さないといけない所が同じでとても参考になります。それに同い年ということもあり私は自分の声のことも教室のこともよく相談に乗ってもらうので聴いてもらうことも後々に繋がると思います。今日はその良い影響もあって自分が普段一人で練習しているときのベストな状態を先生の前で出すことができました。ほんの一瞬だけですが…今までは良い状態のところに [続きを読む]
  • やはり話し方に原因があるようです。
  • ここ最近はレッスンでいつも感覚の確認が出来ていて色々、明確になってきました。先生が過去に「本当はしゃべり方から直した方が早いんだけど…」とポロっとおっしゃっていたのを思い出しやっぱりそうか〜ととても納得しています。今になってわかることばかりなんですが私の声は若い頃は特に違いが非常に分かりにくい声で今思うと話し声から歌声に至るまで全てにおいて全てが作り声だったんだと気づきました。なぜそうなってしまった [続きを読む]
  • 道は
  • 何事においても本当に勉強を続けるならば道は一本しかなく時には足踏みをするときもあるだろう。でも、自分自身で続けると決めたならば少しずつでも前進するしかなくその過程で辛いことやしんどいことが起こっても何とかして越えていくしかない。そのしんどさや辛さに克てないときは潔く諦めるという選択もひとつだろう。出来ない理由を並べ立てても何の成長にも繋がらない。言い訳でしかない。勉強できる環境に身を置けることにい [続きを読む]
  • 正常でない
  • 私を含め、日本人のほとんどは話すこと、歌うことに何かしらのアンバランスが存在することに気づきました。とにかく表情筋で話す人がものすごく多く声楽の世界では更にこうしろ!ああしろ!と言われそれをたくさん身に付けて訳がわからなくなってしまっている人も多いのではないでしょうか!?そもそも口の開け方は教えられた時点からもう普通の開け方はできなくなってしまっている訳で私はそれに気づき日々必死に生徒さん達にそれを [続きを読む]
  • 教えることと勉強することを同時にするのが難しい訳
  • 最近、何となくそれがわかってきました。教える場合はどう教えようかということをひたすら考えます。生徒の声を聞いてどこが違ってどこは正しいかをどう言えば一番伝わるかを考えながらレッスンします。しかし、注意し続けて生徒が悩み始めると必ずと言って良いほど力が入り開かなくなっていきます。その時、私は「考えない!」と言います。考えてしまうと体の機能に沿った動きつまり自然な動きが出来なくなってしまいます。それを [続きを読む]
  • コーラス交流会
  • 昨日は高齢者コーラス交流会でした。私が参加させていただくのは確か5回目だと思うのですがコーラス交流会としては記念すべき15回目でこれまでになかった講師演奏などもあり全体としても例年よりまとまりがあり盛り上がっていてとても良い雰囲気だったと思います。うちの団は今回は「カッチーニのアベマリア」と「うたうたう」を歌いました。どちらも暗譜するのに皆さん苦労されていました。カッチーニのアベマリアは歌詞はほぼな [続きを読む]
  • 限界を決めない
  • うちの教室は様々な方がレッスンに来られています。教室をスタートした頃は音楽に全く関わったことのない人がほとんどでした。今では合唱経験の長い方ピアノを習っていた方その他の楽器の経験がある方なども来られています。経験の有無は関係ないのかもしれませんが私の場合は音楽的にも人間的にも尊敬出来る人に出会うと一歩でも近づきたいと思います。(逆にそうでない人とは出来るだけ関わらないようにします〓)年齢層も広く、様 [続きを読む]
  • 過去の記事 …