アタ さん プロフィール

  •  
アタさん: アタの雑記
ハンドル名アタ さん
ブログタイトルアタの雑記
ブログURLhttp://atanote.blog109.fc2.com/
サイト紹介文HP「口丹波の社」の管理人・アタのブログです。HPからこぼれた事柄を中心に書いています。
自由文口丹波と呼ばれる地域の神社や寺院、その地域で見られる草花や生き物たちを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/12/01 23:40

アタ さんのブログ記事

  • 週刊山野草vol.4 (2018.7.17)
  • 今週の山野草はニガクサ、モウセンゴケ、オオバノトンボソウ、ハグロソウなど8種類を掲載しています。 FC2 豪雨の後は猛暑です。連日気温は38℃前後で、もうヘロヘロの状態です。勝手なもので、夕方あたりに一雨欲しいなと、今は雨乞いをしています。 今週の山野草は、近場で撮ったものが中心で、ニガクサ、オオバノトンボソウ、モウセンゴケ、ノリウツギ、ハグロソウ、ネジバナ、コクランと自宅植栽のヤブミョウガの8種類を [続きを読む]
  • 週刊山野草vol.3 (2018.7.10)
  • このページでは最近出会った野草や植栽植物の動画を掲載しています。 FC2 この度の西日本豪雨によって被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また一日でも早く復旧できますことを祈願いたします。 その記録的豪雨災害は私の住む京都府にも大きな被害をもたらし、府中北部では亡くなられた方が数名おられるそうで、心が痛みます。この原因が地球温暖化であるなら、一言に天災では片づけられないように感じるからです。 さ [続きを読む]
  • 週刊山野草vol.2 (2018.7.3)
  • このページでは最近出会った野草や植栽植物の動画を掲載しています。 FC2 先週出会った野草の中から7種類と自宅植栽1種類の計8種類をまとめました。 下の画像は、その中のホタルブクロです。ホタルブクロ(2018年6月 京丹波町) ホタルブクロは市街地近くの道端で多く咲いていますが、口丹波地域のものは殆どが白花品です。週刊山野草vol.2(2018年7月3日)-PR-Corel VideoStudio Ultimate X10 通常版 動画 [続きを読む]
  • 週刊山野草vol.1 (2018.6.25)
  • このページでは最近出会った野草や植栽植物の動画を掲載しています。FC2 ここのところ野草個々の動画を撮影して、それをホームページのそれぞれのページに貼りつける作業をしていますが、週刊山野草は、直近の約1週間に出会った野草や、自宅植栽の植物の様子などをまとめた動画です。 だいたい2分程度の動画を考えていますが、今回は初回ということで拡大版(12種類3分)となっています。登場する植物は、野生のものがヒツ [続きを読む]
  • 4月に撮ったスミレ類
  • このページでは今年4月に撮影したスミレ類6種の動画を掲載しています。 カート 今春撮影したスミレ類を撮影順に揚げていきます。 最初はヒナスミレです。ヒナスミレ(2018年4月 右京区京北) ヒナスミレは比較的早い時期に開花するスミレで、4月中旬の撮影でしたが、既に花が終わった個体が多く見受けられました。スミレ(2018年4月 南丹市) 狭義のスミレです。スミレ類には非常にたくさんの種類があり、それ [続きを読む]
  • セリバオウレンとヤマシロネコノメ
  • このページでは早春に開花するセリバオウレンとヤマシロネコノメの動画を掲載しています。 FC2 セリバオウレンは山麓の道端や林の中で群生するキンポウゲ科の植物で、早春に白色、稀に淡紅色の小さな花が咲きます。年によっては2月中旬頃から花茎をのばすこともありますが、今年は寒かったせいで若干遅い開花となりました。セリバオウレン(2018年3月 京丹波町) セリバオウレンは雌雄異株で、雄花をつける個体と両性花を [続きを読む]
  • ホラシノブとイノデ
  • このページでは最近アップロードしたシダ植物のホラシノブとイノデの動画を掲載しています。 カート ホラシノブもイノデも、口丹波地域の山間ではごく普通に出会う常緑のシダで、やや乾燥した場所ではホラシノブ、湿った谷間ではイノデをよく見かけます。ホラシノブ(2018年2月 南丹市) ホラシノブは普通群生していて、陽当たりの良い場所に生育する個体の冬の葉は、赤味を帯びていることが多いです。ホラシノブ(201 [続きを読む]
  • 安栖里金刀比羅神社と廃墟・鐘打鉱山跡
  • このページでは京丹波町の安栖里金刀比羅神社と鐘打鉱山跡の動画を掲載しています。 カート 京都府船井郡京丹波町の旧和知町にある鐘打鉱山では、大正時代からタングステンや錫が採掘され、最盛期には相当な賑わいがあったようです。しかし現在は閉山され、坑道入口はブロックなどで塞がれています。 明治元年創建の金刀比羅神社は、安栖里、小畑、中山の3地区住民の崇敬社で、「命(長寿)の神様」として現在も参拝者が絶えま [続きを読む]
  • イヌチャセンシダ、トウゲシバとミツデウラボシ
  • このページでは最近アップロードした3種類のシダの動画を掲載しています。 カート イヌチャセンシダはチャセンシダとそっくりな常緑性シダですが、中軸の裏面に翼が有り、チャセンシダには有りません。また生育地は湿り気の多い半日陰で、チャセンシダのように明るい場所ではほとんど見かけません。イヌチャセンシダ(2017年11月 南丹市) トウゲシバには葉の幅によって3つのタイプがあるようです。動画では幅2〜3mm [続きを読む]
  • ヘラシダ、カミガモシダとアカハナワラビ
  • このページでは最近アップロードした3種類のシダの動画を掲載しています。 FC2 ヘラシダは京都府RDBには記載されていませんが、私が知る自生地は1ヶ所だけで、口丹波地域やその周辺には少ないような気がします。ヘラシダ(2017年12月 右京区嵯峨) ヘラシダは根茎が長く這い、間隔をあけて単葉を出すシダで、自生地では普通群生しているみたいです。ヘラシダ(2018年1月 右京区嵯峨) カミガモシダは山地の岩 [続きを読む]
  • 美山かやぶきの里 雪灯廊2018
  • このページでは美山かやぶきの里で開催された雪灯廊の様子を紹介しています。 カート 南丹市美山町のかやぶきの里で今年も開催された「雪灯廊」を見学してきました。期間は1月27日から2月3日までで連日観光客で賑わいますが、年々その数は増えているように思います。訪ねた日も、多くの観光バスでやって来る団体客が目立ちました。特に中国語圏からの人たちが大勢だったように感じます。夕暮れ時(2018年1月) 集落の [続きを読む]
  • ヒメオドリコソウとシシラン
  • このページでは最近アップロードしたヒメオドリコソウとシシランの動画を掲載しています。 カート 今はこの冬一番の寒波が来ているようで、庭の池には厚い氷が張り、植物を育てている植木鉢の土は霜柱でこんもりと膨らんでいます。そんな中でも陽が射すと、道端や田の畦を歩けばナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザやヒメオドリコソウなどの野草の花と出会うようになりました。ヒメオドリコソウ(2018年1月 南丹市) ヒ [続きを読む]
  • 天照皇大神社
  • このページでは京都府亀岡市に鎮座する天照皇大神社の動画を掲載しています。 FC2 今年の正月、2日だったか3日だったか忘れましたが、家のテレビで鬼平犯科帳の古い時代劇を見ていた時に、記憶にある神社の境内が画面に出ました。すぐにそれが亀岡市にある天照皇大(てんしょうこうだい)神社の参道と拝殿周辺だと判り、久し振りに神社を訪ねたくなりました。 そこで正月飾りが片付いたあと、最近たまに神社巡りをするようにな [続きを読む]
  • ミヤコヤブソテツ、カタヒバとサジラン
  • このページでは最近アップロードした3種類のシダの動画を掲載しています。 カート ミヤコヤブソテツはオシダ科のヤブソテツの仲間で、主に石灰分を含む山地に生育すると言われています。タイプ産地は京都府なのですが、石灰岩地が少ない京都府内には自生地、数ともに少ないようで、あまり出会うことのないシダです。ミヤコヤブソテツ(2017年11月 南丹市) カタヒバは渓流沿いの岩場などで群生しています。よく民家の庭 [続きを読む]
  • 清和天皇社
  • このページでは嵯峨水尾に鎮座する清和天皇社の動画を掲載しています FC2 清和天皇社は「柚子の里」として有名な京都市右京区嵯峨水尾の氏神です。清和天皇は山紫水明の当地をこよなく愛し、遺言により死後は当地に埋葬されました。神社とは水尾川を挟んで対岸の清和山中腹に清和天皇陵があり、参道や周辺は住民によって大切に護持されています。清和天皇を産土神とする以前の水尾は四所神社を信仰していたそうですが、現在は摂社 [続きを読む]
  • ヒトツバとオオカサゴケ
  • このページでは最近アップロードしたシダ植物のヒトツバと蘚類のオオカサゴケの動画を掲載しています。 FC2 ヒトツバはウラボシ科ヒトツバ属の葉が単葉のシダ植物で、口丹波地域では市街地近郊の岩上や樹幹に生育しているところをよく見かける多年草です。ヒトツバ(2017年12月 亀岡市) 画像と下の動画のヒトツバは渓流そばの岩壁に群生していたものです。ヒトツバ(2017年12月 亀岡市) オオカサゴケは長く匍匐 [続きを読む]
  • るり渓
  • このページでは南丹市にある国の名勝・るり渓の動画を掲載しています。 カート るり渓はもう何度も訪ねているのに、名勝と呼ばれる渓谷を、今まで一度も歩いていませんでした。先日、渓谷に沿って整備されている遊歩道を歩き、一番下の「鳴瀑」から「通天湖」までの所々を動画に撮りましたので、ご覧下さい。るり渓(2017年12月)-PR-Corel VideoStudio Ultimate X10 通常版 水遊びには時季外れなので、途中出会ったの [続きを読む]
  • ウチワゴケ、ヒメカナワラビとフジシダ
  • このページでは最近アップロードした3種類のシダの動画を掲載しています。 FC2 ウチワゴケは渓流近くの岩上や樹幹に着生して生育する小さなシダで、丸い葉は直径2?もありません。しかし長い根茎が這い回り、岩や樹幹を葉が覆い尽くすほど群生します。ウチワゴケ(2017年11月 福知山市) ヒメカナワラビはオシダ科のイノデの仲間で、山地の湿った岩壁などで群生していることが多く、特に岩が石灰分を含んでいると思われ [続きを読む]
  • 山間の溜池(水草たちの水中映像)
  • このページでは近所の溜池に繁茂する水草の水中映像を掲載しています。 FC2 今年の夏、自然度の高い近所の溜池にカメラを入れて、そこに生育する植物の動画を撮りました。動画は長くPCの中にしまい込んだままでしたが、簡単な編集を施して最近アップロードしたものです。植物としてはキクモ、ヒツジグサ、ミズユキノシタなどが映っています。水生植物の水中映像(2017年8月)-PR-花と葉で見わける野草 時季外れの動画 [続きを読む]
  • 質美八幡宮
  • このページでは京丹波町に鎮座する質美八幡宮の動画を掲載しています。 カート 質美八幡宮は秋の例祭のポスターに当ブログの画像をご利用いただいているご縁があり、今年の例祭にもお誘いいただいていたのですが、残念ながら当日は所用があって見学に行けませんでした。12月上旬に久し振りに神社を参拝し、その時に撮った動画を掲載します。質美八幡宮(2017年12月 京丹波町)-PR-開運! 御朱印手帖 (DIA Collection) [続きを読む]
  • 自生のマメヅタと植栽例
  • このページではシダ植物のマメヅタの動画を掲載しています 。FC2 マメヅタは細い根茎が樹幹や岩上を長く這い、丸くて小さな葉をつけるシダ植物で、時に園芸などでも利用されることがあります。自生のマメヅタと植栽例(2017年12月)-PR-Corel VideoStudio Ultimate X10 通常版 マメヅタは山地に多く生育していますが比較的身近なシダで常緑のため、冬でもすぐに見つかります。再生時間は3分27秒ほどです。あなたの [続きを読む]
  • オシャグジデンダとヒメサジラン
  • このページでは最近アップロードしたウラボシ科シダ植物の動画を掲載しています。 カート オシャグジデンダはウラボシ科エゾデンダ属のシダ植物で、京都府内では多雪地帯の樹幹や岩上に着生している冬緑性の多年草です。オシャグジデンダ(2017年11月 南丹市) ヒメサジランは山地の谷筋などの一年を通して空中湿度の高い場所で、コケ類と一緒に生育しているウラボシ科サジラン属の常緑多年草です。根茎はオシャグジデン [続きを読む]
  • 道風神社(とうふうじんじゃ)
  • このページでは京都市北区にある道風神社を掲載しています。 FC2 京都市北部の山間の地に道風神社は鎮座します。神社は社名にあるように、平安時代の三蹟の一人、小野道風を祭神とし、当地は小野氏所縁の地なのだそうです。動画・道風神社(2017年11月)-PR-開運! 御朱印手帖 (DIA Collection) 境内には、その水を硯に用いれば書道が上達すると伝わる積翠池や、都の貴族に献上された「和香水」の碑があり、古代より豊 [続きを読む]
  • 轟水満宮と今道の滝
  • このページでは福知山市の轟水満宮と右京区京北の今道の滝を掲載しています。 カート 先日、亀岡伝統文化研究会の達富代表から、菟原(福知山市)に轟水満宮という神社が山の中腹にあり、そばにある神木のモミの根元から、住民の飲料水になるきれいな水が湧き出していると聞き、マツタケのシーズンが終了したので訪ねてきました。轟水満宮(2017年11月) 轟水満宮の小さな祠とモミの木周辺は、大切な水源地なので鉄柵で囲 [続きを読む]
  • オオフジシダ、クリハランとクジャクゴケ
  • このページでは最近アップロードしたシダとコケの動画を掲載しています カート オオフジシダは深山の岩壁などに生えるシダ植物で、葉は普通垂れるように出ています。動画を撮った生育地ではフジシダと混生していました。オオフジシダ(2017年11月 右京区京北) クリハランは山地の谷筋など、水に近い場所に生育していることが多いようですが、動画を撮ったのは小高い丘の上で、地面は常に湿気ているようでした。クリハラ [続きを読む]