エリアンダー さん プロフィール

  •  
エリアンダーさん: The door into summer
ハンドル名エリアンダー さん
ブログタイトルThe door into summer
ブログURLhttp://elleander.blog103.fc2.com/
サイト紹介文世界のジョークとちょっといい話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供599回 / 365日(平均11.5回/週) - 参加 2009/12/02 21:20

エリアンダー さんのブログ記事

  • 「告解」
  • 地元の司祭が25年勤めあげて退職することになり、夕食会が設けられ称えられることになった。この地区のメンバーでもある、地元の有力な政治家がこの式を企画し、夕食会でスピーチもすることになっていた。しかし政治家の到着が遅れたので、司祭が先にスピーチをした。「私がこの教区で最初の告解を聞いた時、どえらいところに来てしまったと後悔したものでした。私の告解室に最初に入ってきた男のことを今も忘れません。彼はテレ [続きを読む]
  • 「萌(も)え系」
  • 秋田県羽後町の農協が「萌(も)え系」と呼ばれる美少女のイラストを米袋に印刷したら、1カ月で2年分の米が売れたそうである。生徒が集まらずに困っていたタイ、バンコックのある高校では2年前、思い切って制服を日本のセーラー服に変えた。すると生徒が殺到して10倍になったそうで、ここ2〜3年の間に100近い学校がセーラー服を採用したとか。 [続きを読む]
  • 「簡単には泣かない男」 朝日新聞〜男のひといき
  • 先日、妹の家に電話がかかってきた。「警察のものですが、奥様ですね。たった今、お宅のご主人が車の交通事故で人をひいて、泣いていらっしゃいます」今流行の振り込め詐欺である。電話はこの後、警官役から泣き声の夫役へと交代し、「事故を示談で済ませたいので至急金を振り込んでくれ」と頼む展開だったに違いない。交通事故と偽って動転させたうえに、泣き声ならば本人の声と判別しにくい。彼らは夫のその日の予定まで調べてい [続きを読む]
  • 「ん? 2」
  • 男がマンションの隣室の住人に尋ねた。「越してきたばかりなんです。部屋の模様替えしたいんです。壁紙どのくらい買いました?」「12ロールです」しばらくたってから隣人が男に尋ねた。「壁紙、どうでした?」「12ロール買って4ロールあまりましたよ」「そうでしょう。ウチもそうでした」 [続きを読む]
  • 「ん?」
  • 男が山道を歩いていると、バックで上ってくるクルマがあった。「どうしてバックで上ってるの?」「頂上が狭くてユーターンできないと困るからさ」しばらくするとそのクルマがバックで下りてきた。「どうしてバックで?」「頂上でユーターンできたんだ」 [続きを読む]
  • 「仮病」
  • 電話で先生が言った。「山田一郎君は風邪で学校へ来られないというんですね。そういうあなたは誰です?」相手が答えた。「こちらは、ボクの父親です」 [続きを読む]
  • 「消防車」
  • あるとき、消防署内で、古くなった消防車をどうするかで会議を開いた。やがてひとりの署員がある提案をし、満場一致で採択された。その提案とは、古くなった消防車はとっておいて、火事のイタズラ電話のとき出動させればいい・・というものだった。 [続きを読む]
  • 「高級品」
  • アジアでは日本の地名を食料品につけるのが大流行り。牛乳に「北海道」のロゴを入れたり、食料品に「京都」の字を入れるだけで高級なイメージになってよく売れるとか。TVでの取材シーン。台湾のレストランでウエイトレスが肉を運んできた。リポーターが「それは何ですか」と尋ねると、ウエイトレスはちゅうちょなく答えた。「マツザカブタです」 [続きを読む]
  • 「正直」 朝日新聞〜いわせてもらお
  • 近所の医院で91歳と87歳の夫婦が息子に付き添われて健診を受けていた。「ご飯を食べるのは早い方ですか」と、息子が問診票を読み上げる。「お父さんは早過ぎる」と妻が答えると、夫が「まわりが遅すぎる」と切り返す。「次。自分が誰かの役に立っていると思いますか?」 「いいえ」。夫婦で声を合わせていた。(京都府長岡京市・十分和ませてもらった・54歳) [続きを読む]
  • 「猛母」
  • 母は私に水泳を教えることにした。二人は近くの湖に行き、母は湖面にボートを浮かべた。母は岸から少し離れたところまでボートを漕いで私を船外に放り投げた。私はなんとか岸に泳ぎ着いた。母はさらに遠くまで漕いでまた私を船外に放り投げた。私はまたなんとか岸に泳ぎ着いた。母は今度は湖の最深部まで連れて行き、また私を放り投げた。今度もまた私はなんとか岸に泳ぎ着いた。これが、私が水泳を覚えた方法だった。泳ぐのを覚え [続きを読む]