蓼科企画 さん プロフィール

  •  
蓼科企画さん: 蓼科企画 移住・別荘のブログ
ハンドル名蓼科企画 さん
ブログタイトル蓼科企画 移住・別荘のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/suwa12345/
サイト紹介文蓼科・八ヶ岳の移住・別荘ライフ・田舎暮らしをご紹介しながら日々の出来事などをお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/12/04 13:35

蓼科企画 さんのブログ記事

  • この夏 問い合わせの多い物件はこちら。
  • この夏は、6月からの猛暑もあってか、例年より中古建物系の動きがいいようです。最近に ホームページや電話での問い合わせの多い物件をご紹介いたします。 中古建物◯NO20290 茅野市宮川 1,300万 (1480万からの価格改定 H29.8/2)http://tateshina-life.net/tate/19675/ ◯NO20310 原村深山 2,500万  築浅の平家 http://tateshina-life.net/tate/20164/ ペンション◯NO20142  ピラタスの丘 外壁リフォーム済み [続きを読む]
  • 辰野町休眠不動産見学会に参加してきました。2017/7/22(土)
  • 先日に、岡谷市のとなり 辰野町で開催された「休眠不動産見学会」に参加させていただきました。 辰野町は、昭和40年頃を中心に、鉄道の貨物荷降ろしの要所として人々が多く集まり栄えた場所だとのこと。私は隣の岡谷市川岸出身ですので、高校の同級生には辰野町出身の友人がたくさんいました。 その頃には、そんな話は出ませんでしたので、興味深い話でした。町並みというのは、その地域の歴史をそのまま反映するもので、その [続きを読む]
  • 突っ走っている人に追いつくことってできるのかな、と思うことあり
  • 6月21日(水)、本日は夏至ですね。 日が一番長い日になります。 時がたつのは早いもので、今年も半年が過ぎようとしています。 この半年では、何かとニュースになるのが14歳の天才2人。 将棋の藤井聡太4段と卓球の張本智和さん。 彼らの活躍は、ほんとすごい。 今までに業界で、それだけをひたすら頑張ってきた先輩方をあの年にして追い越していってしまっていること。 天才ですね。 さて、その彼らを追う後輩くん達とい [続きを読む]
  • 不動産の仕事は、社会問題の縮図なのかなと思う今日このごろ。
  • 春から夏にかけてのこの時期、新緑の若葉が出揃い、梅雨に入る前から梅雨にかけての今頃の時期、 私がこのエリアのベストシーズンだと思う季節です。 夏を思い浮かべる人が多いのですが、長く住んでいる人や季節の移ろいを感じている人に話を聞くと、多くの方が今頃の時期を 好きな季節と推挙してくれます。 さて、久々の投稿。 最近に不動産を売却したいと相談に来られる方、様々な要因から売却への相談につながっているのです [続きを読む]
  • 移住先でのお仕事紹介事業(転職の斡旋など)が正式開始
  • 2017年(平成29年) 3月1日より、移住先での仕事を紹介する事業として、許認可が下りまして、新規事業が正式にスタートいたしました。 ホームページは、 「移住と転職.com」 http://iju-tensyoku.com/ 主に、長野県に移住を希望する方(UターンやIターン希望者)を中心として、求人をしている地元企業様との接点を取り持つ という内容です。 仕事の紹介事業というのは、正式には「有料職業紹介業」といいます。 求人をする企 [続きを読む]
  • 年下の方に学ぶ姿勢が必要な時代になってきたと強く感じています。
  • 世の中は、AI や IoT といった言葉が新聞紙面を賑わし、Facebook等のSNSで個人的な発信を含めて情報が氾濫しています。 10年前に比べて、個人で情報を得ることのできる量が数十倍になったように感じます。 これまでは、過去の経験に基づき それを基に将来設計を考えれば良かった時代でした。これからは、大きく社会構造が変化していき、過去の経験に囚われすぎることで、将来の計画にマイナスの影響を与えることも出てくるか [続きを読む]
  • 2017年の抱負
  • 2017年(平成29年)がスタートしました。 蓼科企画で目標として掲げているのは、「このまちが移住者にとっての移住満足度NO1になるためのサービスの提供」です。 それをうけての蓼科企画の事業体制は、3つの柱が中心となります。 1,不動産仲介業 2,仕事紹介 3,移住者受け入れコンサルティング 世の中全体が「首都圏から地方への移住受け入れ」に傾くなか 地方へ移住する人にとって、その人が何を求め、何があれば安心なの [続きを読む]
  • 家の適正サイズは使う年代に応じて変化していくもの
  • 家のダウンサイズという言葉があります。 最近に多いのは、子供が育ち外で暮らしている老年夫婦2人で、大家族で暮らしていたときの同じ大きさの家に住み続けることで、現在の暮らしに求められるサイズより大きい家に暮らしているケース。 子供が大学を卒業して実家に戻ってこないケースというのは、多くのご家庭で当てはまることと思います。 夫婦で家を建てるときというのは、夫婦2人+子供の人数+αで部屋を設計して家を建 [続きを読む]
  • 火災保険料が年々高くなっていることに気付いた。。。。
  • 建物などにかけている火災保険 1年毎に更新がくるのですが、前年度また前前年度はいくらだったのかということまで、なかなか気がまわらない場合も多いですよね。 更新通知が来て、書類整理をしていたら昔のものが出てきました。 2012年から2013年 6,750円2016年から2017年 8,960円 なんと、約33%アップとなっています。最近では、・天災が多くなっているということ・消費税のアップなどで保証する総体金 [続きを読む]
  • 物件を見学する前に、電話で物件のことを詳細に聞く事のメリット
  • 私どもは、できるだけ見学をする前の段階で、お客様にお探しの物件について要望を聞くようにしています。 それは特には、・物件周辺のロケーションへの要望・里山のような場所明るい場所か 森の中の雰囲気か・家庭菜園ができるようなところがいいのか・子育てをする必要があるのかどうか これらの多くは、土地の立地条件や場所に帰属するものですが物件の選択を左右する重要な要素です。 中古建物を希望する方の多 [続きを読む]
  • 毎日、新聞3紙に目を通すことを日課としています。
  • 毎日の日課、一週間での日課、毎月での日課とそれぞれやることを決めて実践しているのですが、毎日の日課として、「新聞3紙に目を通すこと」を実践しています。わたしの読んでいるのは、◎長野日報◎信濃毎日新聞◎日本経済新聞   の3紙です。最近、新聞離れが進んでいると話がでることがあります。 また、新聞代がもったいない、とか インターネットで情報はとれるそんな声もあります。そういう考え方もわかります。 わた [続きを読む]
  • 書類を入れるファイルに再会して、ほんとうれしく感じた話
  • 最近に、うれしかった出来事がありました。弊社では、不動産の取引を行う際に、市販の書類保管用ファイルを契約関係書類の保管用として、購入者の方にお渡ししています。それは、なんでもない普通のドキュメントファイルです。 売買の契約があったのですが、今回に取引のあった売主様、このドキュメントファイルに 当時購入された時の書類を入れて持ってきてくれました。当たり前と言えば当たり前のことですが。。。。私個人の思 [続きを読む]
  • 愛読書の話 
  • 今日は、わたしの愛読書の話。みなさんも定期的に読み返したりするような愛読書ってあるのではないかと思いますが。私はと言いますと。。。。漫画 「カバチタレ」 です。カバチタレ全20巻、特上カバチ全34巻、カバチ3(現在も進行中)とっつきにくい法律の話を一般生活でのできごとに落とし込んでわかりやすく面白く、時には悲しくむなしく、そんな漫画です。 主人公が行政書士として、法律を駆使しながら、世の中の矛盾や [続きを読む]
  • 家事の大変さ、重要さを知った冬場でした。。。。。
  • 「男は外で仕事だ〜、 仕事で出世して偉くなるためには家庭は顧みない」そんなことを言っているのは、昭和時代のワープロとかポケベルを使っていた時代のことでしょうか。。。私もこれまでは、家事というものをあまりやらずに来ていた人間のひとりです。この冬、否応なしに家事をするようになった事件がありました。奥さんの足首の骨折が2月の上旬にあり、そこから松葉杖生活に突入。突然の不自由状態。交通事故とか病気というの [続きを読む]