LINNET さん プロフィール

  •  
LINNETさん: 野鳥とのふれあい
ハンドル名LINNET さん
ブログタイトル野鳥とのふれあい
ブログURLhttp://linnettu.blogspot.jp/
サイト紹介文デジスコからスタートして、カメラを通して野鳥とのふれあいを画像でご紹介していきたいと思います。
自由文野鳥の静止画.動画を多く掲載したいと思っておりますので、よろしかったら見に来て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/12/04 18:13

LINNET さんのブログ記事

  • お知らせです。
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px &a
    pos;MS PGothic'; -webkit-text-stroke: #000000; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 14.0px
    ; font: 14.0px 'MS PGothic'; -webkit-text-stroke: #000000} p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 14.0px; f
    ont: 14.0px 'MS PGothic'; -webkit-text-s [続きを読む]
  • カワセミ雛の巣立ち  ( Common kingfisher's chicks )
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'Hiragino Sans'} カワセミの雛が巣立ちをして、出てきました。全部で4羽でした。2羽づつそれぞれの池に分散してしまい、4羽同時に撮影することはできませんでした。 それでも親の給餌シーンを見ることができて、久しぶりに楽しませてもらいました。            ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • お知らせ
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px
    'Hiragino Sans'; min-height: 18.0px} 新たに「シンガポールの野鳥」というコーナーを右側のガ
    ジェットの中、「台湾の野鳥」の下に新設しました。 名称のわからない野鳥2種を含めて、シ
    ンガポールで撮影した野鳥63種を掲示しましたので、よろしかったら、ご覧になって下さい。 ↑
    アイコンの応援 [続きを読む]
  • ミドリカラスモドキ 緑烏擬 (Asian Glossy Starling)
  • ミドリカラスモドキ 緑烏擬 (Asian Glossy Starling)は スズメ目ムクドリ科カラスモドキ科の鳥で、体長は約19cm〜21.5cm 位です。 生息地は、フイリピン.インドネシア.ブルネイ.マレーシア.シンガポール.タイ.ミャンマー.バングラデシュ.インド亜大陸等です。 以前 台湾遠征時の最終日に電線に乗ったミドリカラスモドキを数コマだけ撮影したことがありますが、ここシンガポールでは、遠征先のいたるところで見かけて、ム [続きを読む]
  • ムネアカゴシキドリ (Coppersmith Barbet)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 22
    .0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 12.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'; color: #3c
    3c3c} span.s1 {font-kerning: none} span.s2 {font-kerning: none; color: #323333} span.s3 {color: #232323} span.s4 {color: #000000}
    シロボシオオゴシキドリに続いてご紹介 [続きを読む]
  • シロボシオオゴシキドリ( Lineated Barbet)
  •  今回ご紹介する野鳥は、キツツキの仲間のシロボシオオゴシキドリです。キツツキ目 オオゴシキドリ科 シロボシオオゴシキドリ属の鳥で 、体長は約27〜30cm位の野鳥です。 ゴシキドリといえば台湾の遠征時に見た、鮮やかな色彩で圧倒されましたが、シンガポールで出会ったシロボシオオゴシキドリも初めて見た時にとてもキツツキの仲間とは思えない鮮やかな色彩をまとっていたので、夢中でシャッターを切っていました。 参考のた [続きを読む]
  • プッポウソウ 仏法僧 (Oriental Dollarbird)
  •  プッポウソウ (Oriental Dollarbird)はプッポウソウ目プッポウソウ科の鳥で、体長は約30cm位です。生息地は、ユーラシア東部やオーストラリア.東南アジア等です。 シンガポールの公園で撮影しました。最初は池を挟んだ遠くにいたのですが、飛んで近くの木に止まったので、枝の隙間から撮影しました。 日本にも本州.四国.九州等に飛来して、繁殖してから東南アジアへと渡ります。                 ↑アイ [続きを読む]
  • シロハラクイナ (White-breasted Waterhen)
  • Red-legged Crakeに続いてシロハラクイナ(白腹水鶏、White-breasted Waterhen)の紹介です。ツル目クイナ科の鳥で、 体長は約28cm〜33cm位です。生息地は、インドから東南アジア、中国南部などで、この個体はシンガポールのチャイニーズ.ガーデンで撮影しました。日本でも沖縄で留鳥として生息していますが、沖縄以外にも日本各地で迷鳥としての記録が時々あります。                    ↑アイコンの応 [続きを読む]
  • マダラナキサンショウクイ (Pied Triller)
  •  マダラナキサンショウクイ (Pied Triller)はスズメ目サンショウクイ科の鳥で、 体長は約17cm 位です。生息地は、南アジア、東南アジア等です。一番最初に訪れた、湿地公園で撮影することが出来ました。                       ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • カザリオウチュウ 飾烏秋 (Greater Racket-tailed Drongo)
  •  カザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo)はスズメ目オウチュウ科の鳥で、 体長は約63cm〜66cm 位です。生息地は、インド亜大陸から、ヒマラヤ、東南アジア等です。長い尾羽を持ち、英語で Racket-tailedというように、ラケット状の飾り羽が付いています。 台湾で以前に撮影したことがある、オウチュウにラケット状の飾り羽をつけた感じの野鳥でした。                 ↑アイコンの応援 をよ [続きを読む]
  • オナガサイホウチョウ 長尾縫葉鶯(Common Tailorbird)
  • 前回紹介したアカガオサイホウチョウに続き、今回はサイホウチョウの仲間であるオナガサイホウチョウ(Common Tailorbird)です。スズメ目ウグイス科の鳥で、体長は約12cm 位です。生息地は、インド亜大陸から東南アジアなどで、この個体はシンガポールで撮影しました。 オナガサイホウチョウの名前の由来は、尾が長く裁縫する(Tailorbird)鳥ということで、大きい葉っぱに穴を開けて、植物の繊維やクモの糸を使い、上手に裁縫 [続きを読む]
  • アカガオサイホウチョウ (Ashy tailorbird)
  • アカガオサイホウチョウ (Ashy tailorbird )はスズメ目ウグイス科の鳥で、体長は約10cm 位です。生息地は、シンガポール、マレーシア、タイなどです。このアカガオサイホウチョウは初日にマングローブがある湿地帯自然公園で撮影できました。                        ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • ヨタカ (Grey Nightjar)
  •  次にご紹介する野鳥は、日本でもたまに見かけるヨタカです。シンガポールのチャイニーズ.ガーデンという所で現地の中国系シンガポール人にいる場所を教えて頂きました。 ヨタカ(Grey Nightjar)はヨタカ目ヨタカ科ヨタカ属の鳥で 体長は約29cm位の野鳥です。生息地はユーラシア大陸の温帯から亜熱帯に広く分布し、フィリピン.インドネシア.カンボジア.スリランカ.タイ.フィリピン.中国.ネパール.朝鮮半島.日本等です。     [続きを読む]
  • シロガシラトビ (Brahminy Kite)
  • シロガシラトビ (白頭鳶、Brahminy Kite)は タカ目タカ科の鳥で、 体長は約45-50cm位で、日本のトビより一回り程小さいサイズです。名前の通り白い頭をしたトビです。 生息地は東南アジア、インド、中国南部・インドネシア、 オーストラリアなどの沿岸地域に広く分布しています。 主に魚類が主食ですが、カニ.カエル.ヘビ.トカゲ等を補食する場合もあるようです。今回の遠征では飛びものがほとんどでしたが、1枚目の写真のよ [続きを読む]
  • USB 3.0インターフェイス.カードの交換
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'Hiragino Mincho Pro'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font:
    14.0px 'Hiragino Mincho Pro'; -webkit-text-stroke: #000000} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px Arial; -
    webkit-text-stroke: #000000} p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px 'Hiragino Sans'; -webkit-text-stroke: #
    000000} p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px [続きを読む]
  • ルリノドハチクイ (Blue-throated Bee-eater)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} ルリノドハチクイは(Blue-throated Bee)はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥で、体長は約28cm 位で、先に紹介したハリオハチクイ(Blue-tailed Bee-eater)よりは多少小さいでしょうか?生息地は、中国南部やマレー 半島.タイ.ラオス.スマトラ島.ジャワ島.ボルネオ島など東南アジアに広く分布します。 今回は対岸からですが、英語でBee-eater(ハチクイ)と言 [続きを読む]
  • ハリオハチクイ (Blue-tailed Bee-eater)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px &a
    pos;MS PGothic'; color: #382a2d} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'; min-height: 14.0
    px} span.s1 {color: #000000} ハリオハチクイ(Blue-tailed Bee-eater)はブッポウソウ目ハチクイ科の鳥で、体
    長は約24cm〜28cm 位です。生息地は、ベトナム、マレーシア、インドネ [続きを読む]
  • オレンジジツグミ (Orange-headed Thrush)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px &a
    pos;MS PGothic'; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 12.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} オレ
    ンジジツグミ (Orange-headed Thrush)はジツグミ属の鳥で、体長は約20?〜23?位です。 生息地は
    、インドから東南アジアにかけて分布しています。我が国ではトカラ島での飛来が確認さ [続きを読む]
  • ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} span.s1 {color: #232323} ナンヨウショウビン (南洋翡翠 Collared Kingfisher)はブッポウソウ目カワセミ科の鳥で 体長は約24cm位の野鳥です。 生息地は アラビア半島、インド、東南アジア、ミクロネシア、ニューギニア、オーストラリア 北西部等に広く分布しています。 日本では沖縄本島.八重山(石垣島.西表島.竹冨島)等で迷鳥としての観察記録が [続きを読む]
  • コウハシショウビン(Stork-billed Kingfisher)
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px &a
    pos;MS PGothic'; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px Meiryo} p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.
    0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'; color: #232323; min-height: 14.0px} span.s1 {color: #232323} span.s2 {font: 14.0px
    'MS PGothic'} span.s3 {font: 14.0px Mei [続きを読む]