西区地域労組 さん プロフィール

  •  
西区地域労組さん: 西区地域労働組合 −解雇や職場いじめ等諦める前に−
ハンドル名西区地域労組 さん
ブログタイトル西区地域労働組合 −解雇や職場いじめ等諦める前に−
ブログURLhttp://nishiku-chiiki-rouso.seesaa.net/
サイト紹介文解雇、職場いじめ、賃金未払いなどの労働問題に泣き寝入りしないで、皆で一緒に解決して行きませんか?
自由文パート・アルバイト・派遣社員・正社員などにかかわらず、一人でも誰でも入れる大阪市西区の労働組合です。
解雇、雇い止め、派遣切り、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、サービス残業、賃金未払いや引き下げ、長時間労働、雇用保険や社会保険の未加入、うつ病、過労死など・・・、社内に労働組合がないからと言ってそれらの労働トラブルに泣き寝入りせず、一人で抱え込まないでみんなで一緒に解決して行きませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/12/04 22:41

西区地域労組 さんのブログ記事

  • 最低賃金の引き上げ実施時期や金額について(平成30年度)
  • 「最低賃金は、いつから上がるの???」「大阪府の最低賃金は、いくら上がるの???」などの検索がここのところ増えて参りましたので、● 最低賃金目安、26円引き上げ全国平均874円に(平成30年度)● 最低賃金答申:大阪府の最低賃金は936円に(平成30年度)の続報について、ご紹介します。尚、「最低賃金って、何なのかイマイチよく知らないんだけど」「最低賃金って、アルバイトとかパートの人だけに関係することでしょ?正社 [続きを読む]
  • 残業代不払い446億円と過去最大、企業数も過去最多を更新
  • ● 74%の企業で違法残業、残業上限規制除外の運送業では84%が法令違反● うつ病等の労災認定が初の500人超え、労災申請5年連続過去最多● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 働き方改革関連法が可決・成立、2019年4月から原則導入などの記事をご紹介しております。このような状況の中、厚生労働省がまたしても・・・続きを読む [続きを読む]
  • 最低賃金目安、26円引き上げ全国平均874円に(平成30年度)
  • 最低賃金制度とは、「「最低賃金法」という法律に基づき、国が賃金の最低限度を定めていて、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度」のことで「正社員・パート・アルバイト・臨時・嘱託など雇用形態に関係なく、全ての労働者に適用」されますよね。※但し、例外もあり最低賃金の種類は以下の2種類です。【地域別最低賃金】産業や職種にかかわりなく、各都道府県内で働くすべての労働者と [続きを読む]
  • 働き方改革関連法が可決・成立、2019年4月から原則導入
  • ● 高プロでヤラセ調査発覚、通勤手当や住宅手当等込みの年収要件● 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改 [続きを読む]
  • 外国人技能実習制度:労基法等違反7割超と4年連続過去最多
  • 不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死、過労自殺など・・・労働に関するこのようなトラブルが増加の一途を辿っています。● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと● 66%で労働基準法等違反、半数で1ヶ月100時間超残業、200時間以上も● 過労自殺40代男性最多、長時間労働の業種 [続きを読む]
  • 高プロでヤラセ調査発覚、通勤手当や住宅手当等込みの年収要件
  • ● 働き方改革関連法案:衆議院で可決・通過、参議院審議へ● 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連 [続きを読む]
  • 働き方改革関連法案:衆議院で可決・通過、参議院審議へ
  • ● 働き方改革関連法案:強行採決、29日に衆議院通過方針● 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知 [続きを読む]
  • 働き方改革関連法案:強行採決、29日に衆議院通過方針
  • ● 今週中にも強行採決の恐れ:高プロ制度等の働き方改革一括法案● 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上 [続きを読む]
  • 今週中にも強行採決の恐れ:高プロ制度等の働き方改革一括法案
  • ● 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について [続きを読む]
  • 過労自殺等隠蔽疑惑浮上の中、働き方改革関連法案閣議決定
  • ● 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等● 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連法案(働かせ方改悪法案・定額働かせ放題法案・残 [続きを読む]
  • 裁量労働制データ撤回、裁量労働制違法適用、労働者保護削除等
  • ● 契約社員への裁量労働制の適用及び裁量労働制の根拠データ● 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き [続きを読む]
  • 高度プロフェッショナル(高プロ)制度は削除せず2019年4月施行方針
  • ● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 高度プロフェッショナル制度と名称変更し残業代ゼロ法案国会再提出● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連法案(働かせ方改悪法案・定額働かせ放題法案・残業 [続きを読む]
  • 契約社員への裁量労働制の適用及び裁量労働制の根拠データ
  • ● 働き方改革関連法案(残業代ゼロ法案)が通常国会で最大の焦点に● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連法案(働かせ方改悪法案・定額働かせ放題法案・残業代 [続きを読む]
  • 派遣切り(派遣の2018年問題)に注意して下さい
  • ● 改正労働者派遣法可決成立、平成27年9月30日施行へ● 派遣労働者の労働契約申込みみなし制度(雇用契約みなし制度)についてなどの記事をご紹介しております。● 契約・派遣社員、パート、バイトの雇い止めに注意!:無期転換ルールで、1つ目の「2018年問題(無期転換の5年ルール)」について触れておりました。今回は、もう1つの「2018年問題(派遣の3年ルール)」について明記致します。実は今、大量の派遣切りが発生する恐れ [続きを読む]
  • 働き方改革関連法案(残業代ゼロ法案)が通常国会で最大の焦点に
  • ● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 「残業代ゼロ法案」に要注意の動きあり● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連法案(残業代ゼロ法案)は、その後どうなったんだろうか?」「最近、働き方改革 [続きを読む]