日向 さん プロフィール

  •  
日向さん: 日向の将棋駒づくり
ハンドル名日向 さん
ブログタイトル日向の将棋駒づくり
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aka_u_man/
サイト紹介文将棋駒を通じた「快適な将棋ライフの提供」を目指す駒師(駒作家)日向の情報サイトです。
自由文駒づくり中心のブログですが、指し将棋に関する情報も発信して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/12/06 22:51

日向 さんのブログ記事

  • 中彫グレードアップ 〜その4〜
  • 中彫のグレードアップが完了しました。アップグレード?グレードアップ?ん?どちらが正しいのかな?それはさておき、こんな事を考えるのは私ぐらいかと思っていたら、意外とあるんですね。画像は山形県天童市にあります佐藤敬商店さんの画像です。佐藤敬商店さんには、NHK杯でおなじみの書体、初代書制作の際お世話になりましたが、その時はこの作品の存在に気づきませんでした。賛否はお客様がご判断される事ですが、新味を出そ [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その6〜
  • 修復作業が終りました木村作錦旗書彫埋駒です。使用および劣化による木地表面の凹凸が多い関係で、「埋め」ることは出来ませんでした。汚れを落として初めて分かりましたが、凄い虎斑木地ですね。驚きました。この画像からはさすがに想像も出来ません。足りなかった桂馬2枚と歩兵1枚が加わり、将棋駒としての機能を回復致しました。漆のトビ(剥離)はありますが、これはこれで古駒の味かと思います。************* [続きを読む]
  • 祝! 中村新王座
  • 中村さんがついに初タイトルを獲得されましたね。心よりお祝い申し上げます。画像は王座戦のHPより拝借致しました。⇒王座戦中継ブログ破れた羽生さんは残念ですが、これで竜王戦にかける意気込みが倍増する気が致します。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村******************* [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その5〜
  • 他の彫埋駒の作品と一緒に、木村作の足し駒を作っています。何の変哲もない画像ですが、アップにすると少し変化が見えます。私の場合サビ漆は水を使って研ぐのですが、この様に必ず途中で一旦停止し、確実に埋まっているかの確認をします。よく乾燥させてから目で見て、指で触ります。もし、ピンホールや割れが出来ていた場合、ここで修正すればその手間は最小限で済みます。こういう小さな工程は、失敗によって気づいたものばかり [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その4〜
  • 木村作の足し駒を作っています、、、、とだけ言いたいところですが、他の作品と一緒に「埋めて」います。ただ、正直申し上げますと、サビ漆の作業はあまり得意ではありません。出来上がりは大丈夫なのですが、不器用でかなり手が汚れます。使っている道具は同じでも、師匠は全く手が汚れません。こういうところに差が出ます。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致し [続きを読む]
  • 中原書 〜その12〜
  • 一旦完成としました中原書ですが、やはり気になることは放っておけず、作り直しています。画像は玉将です。主役となる駒ですので、細かいことでも気になり、対局に集中出来なくなっては、道具として不合格でしょう。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村*******************<お知 [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その3〜
  • 洗浄後は完全に乾くまで様子見です。その間に不足している桂馬2枚、歩兵1枚を制作しています。木村師の駒木地、個人的には面長の分厚いタイプが好きですが、本作は小振りで薄いタイプですね。木村師は、何をもってそれらを使い分けていたのか、気になります。。。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ [続きを読む]
  • 中彫グレードアップ 〜その3〜
  • 天上作中彫を勝手にアレンジしています。自分用ですから仕上げは簡単にする予定でしたが、天上師の木地はシャム黄楊でもその形成精度が高く、また木取りも良いものが多いので、なんとなく中途半端な仕上げは良くない様な気がして、結局磨いています。出来上がったら友人との対局に持参し、使った感想を言ってもらうつもりです。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致 [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その2〜
  • 木村作錦旗書です。手垢、ホコリ、タバコ臭を可能な限り洗い落としてみました。ご覧のとおりサビ漆が激しく剥離していますので、慎重に作業を進めました。画像は乾燥が終ったところです。確認したいのは木地表面の凹凸です。彫埋の作業は木地表面が平滑であることが条件となります。大きな凹みがあると作業は出来ません。一枚一枚拡大鏡で確認です。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。  [続きを読む]
  • 中彫グレードアップ 〜その2〜
  • 天上作の中彫の飛車です。中彫と上彫の差は、画数で言えば4画(飛の字で3画、車で1画)ですかね?「ハネ」や筆致の省略もありますから、作る立場からしますと、制作工程は見た目以上に軽くなると思います。竜と馬はもともと略されていますので、少し手を加える程度として、、歩兵は5画足しました。香車は無理矢理感が否めませんね。。金は2画ですが、銀は6画足しました。桂馬は、、、微妙な感じです。。駒遊びもここまでやる [続きを読む]
  • 木村作錦旗書彫埋駒 〜その1〜
  • お客様からお預かりしました木村作錦旗書彫埋駒です。可能な限りの修復を試みます。駒の状態はかなり傷んでいますが、これはこの駒がよく使われた証拠です。画像では分かりませんが、タバコ臭もしますので、もしかしたら将棋道場などで使われていたものかも知れません。しかし、残念ながら手入れがされていなかった様です。飛車の駒尻をご覧下さい。手垢や埃が溜まってますね。駒はご面倒でも使用後は「全面」を乾拭きして頂くだけ [続きを読む]
  • 根付 本格派 〜その139〜
  • 玲瓏の根付です。完成致しました。出来はまずまずですね。対局に使っている100均の扇子に着けてみました。それなりかと。。この扇子袋も100均です。最近の100均は凄いですね。なんでもあります。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村*******************<お知らせ>メッセージを [続きを読む]
  • 求む草流書 〜その14〜
  • 草流書、とりあえず完成致しました。指していて気にならない程度には仕上がったと思います。本作をベースに字母紙を自作します。豊島字母帳の様に、大阪駒も書体の伝承を考えていれば、もっと作られたと思います。どうしてそうしなかったのか、残念でなりません。。。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブロ [続きを読む]
  • 竹内淇洲 Round 3 〜その2〜
  • 字母紙がよく乾いた事を確認し、彫刻の作業に入ります。そろりそろりと、歩兵を彫ってみました。画像では分かりませんが、粘りのあるいい木地です。木目の詰まり具合もいいですね。こういう木地の駒音はしっとりしていて、指していて楽しくなります。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村****** [続きを読む]
  • 中原書 〜その11〜
  • 中原書です。いろいろ思うところはありますが、とりあえず一旦完成と致しました。やはり書家(或はそれに準じる)ではない方の書を字母にするのは無理があると、個人的にはそう思いました。なんとかなる!と思ったのですが、甘かったですね。頭が良い人は、そんなことする前に分かるのでしょうが、アホな私はやってみないと気づけない。。。寄り道はしましたが、大きな気づきを得られましたし、やってことは無駄にはならないと信じ [続きを読む]
  • 竹内淇洲 Round 3 〜その1〜
  • 新作の準備に入ります。竹内淇洲です。前作は某奨励会員の親御さんからのご依頼で制作致しましたが、早いものであれも5、6年前ですね。淇洲や金龍は玄人好みの書体で、オーソドックスな仕上げが大半ですが、今回は趣向で仕上がる予定です。木地は孔雀目です。残念ながらこの写真の木地は片減りしていて、減ったところまで研ぎますと、木地が薄くなり過ぎて使えません。最近はオークション等でも入手可能な駒木地ですが、一般の方 [続きを読む]
  • 求む草流書 〜その13〜
  • 草流です。修正をしています。どういう修正かと言いますと、例えば飛車でしたら、2枚を比べてより出来の良い方に、もう片方を修正して近づけます。彫っている時はこっちの方がいいかな?なんて思っていても、実際出来上がったらもう一枚の方が良かったなんてことはよくあります。完成まであと一歩です。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押 [続きを読む]
  • 根付 本格派 〜その138〜
  • 自分用に根付を作ろうと思います。刻む言葉は「玲瓏」です。以前お客様のご依頼で制作した事がありますので、これで2回目ですね。ただ、今度は書体を変えます。羽生善治さんが好んで揮毫される将棋界では有名な二文字ですね。goo辞典で意味を調べてみました。1 玉などが透き通るように美しいさま。また、玉のように輝くさま。「玲瓏たる山月」「八面玲瓏」2 玉などの触れ合って美しく鳴るさま。また、音声の澄んで響くさま。「 [続きを読む]
  • 中彫グレードアップ 〜その1〜
  • 衝動買いしてしまいました天上作の中彫です。長期在庫とのことで安く譲って頂きましたが、相変わらず駒に関しては財布の紐が緩くていけません。(^^ゞ包装の封を切ってしまいましたので、これで未使用とは言えなくなってしまいました。ただ、以前からどうしてもやってみたい事がありまして。。。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さ [続きを読む]
  • 宮松影水作 淇洲書 源平仕上げ
  • 読者の方から頂きました情報です。なかなか珍しい作品ですね。影水作では、私は初めて見ました。源平仕上げは好みが分かれるところですが、私は好きで、巨匠影水師がこの様な、しかも彫埋めを作っていたなんて、なんだかとても親近感を覚えました。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村******* [続きを読む]
  • 求む草流書 〜その12〜
  • 草流です。2回目の研磨が終ったところです。個別にみると「ん?」と思うものが混ざっていますが、一旦そのまま仕上げてみましょう。故八代目駒権師の作品を見ますと、個別には不揃いな感じがするのですが、41枚組にすると不思議と纏まった感があり、私の作品がそうなるとは思えませんが、まっ、一回やってみましょうね(^^ゞ*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致 [続きを読む]
  • 褚遂良 〜その11〜
  • こちらも試作と言えばそうですが、字母紙をキチンと作ってから制作しましたので、やはり完成度が異なります。飛車1枚の出来が悪く作り直しましたが、それ以外は概ね良い様です。研磨の2回目が終ったところですが、あと2回磨きます。。。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村*********** [続きを読む]
  • 中原書 〜その10〜
  • 中原書の最終工程です。どうひいき目に見ても、違和感のあった玉将と角行だけは作り直します。そもそも有名書家の駒字ではありませんので、言い訳ではなく、目指すところが違いますが、これも駒の楽しみ方の一つだと思います。出来が良いものを画像コピーして、字母紙の元と致します。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆  [続きを読む]
  • 安清 〜その1〜
  • 新作の準備に入ります。安清書です。安清、清安、源兵衛清安、宗歩好は、ところどころ似たところがある書体で、便宜上同じカテゴリーに致しました。さて、その中では源兵衛清安が一番メジャーで、その次が宗歩好、安清と清安はやや地味ながら、玄人受けする書体だと思います。試作が続いていましたので、自分らしさを出しつつも、字母紙に忠実に彫りたいと思います。*******************いつもご覧頂きありがと [続きを読む]
  • 求む草流書 〜その11〜
  • こちらは草流です。漆入れました。こちらの書体は中原書と異なり、細い線が多々ありますので、漆を入れすぎると、細い線は埋まってしまいます。塗った後によく掻き出す感じです。話は前後しますが、目止めの時も同じ要領です。*******************いつもご覧頂きありがとうございます。 ☆応援宜しくお願い致します!!!ポチっと押して下さい!!☆   ↓にほんブログ村***************** [続きを読む]