はたたかし さん プロフィール

  •  
はたたかしさん: 弘文館進学ゼミACTメインブログ
ハンドル名はたたかし さん
ブログタイトル弘文館進学ゼミACTメインブログ
ブログURLhttp://sssya.ti-da.net
サイト紹介文沖縄県那覇市首里儀保町=塾激戦区にある大きな夢を持つ塾です。
自由文沖縄のあしたのために「塾」を通じて貢献する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供417回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2009/12/07 13:26

はたたかし さんのブログ記事

  • 変えて行く事
  • 20年以上前、社会福祉学科のときに就職活動をしていました。まわりの学生も就職活動をみていると福祉職に就くことが当たり前のような感じがありました。できれば公務員になれば給与も身分もそれなりに保障されます。市区町村や県の外郭みたいな社会福祉協議会や社会福祉事業団も場所よっては公務員並みの待遇がありました。私が新卒で就職活動をしていたときも「私が地方の福祉を変える」みたいな意識でがんばっていました。バイト [続きを読む]
  • 9月
  • 9月から毎日毎日の過ぎ方が早い。今月も25日になっている。このことは生徒さんには何度も話している内容である。9月以降は2ヶ月が1ヶ月のスピードで過ぎ去っていく。1日1日を大事にするように話しつつ合格への超特急に乗っているのだ。 [続きを読む]
  • 試験対策
  • 南風原町、浦添地区、宜野湾地区、中頭地区、そして、勝連半島から当塾に通ってくれている生徒さんが数名おられる。試験の時期は3学期制であるため今からが試験対策となる。レギュラーではできない内容は土日での対策となる。少人数で対応となる。いろいろな学校の生徒さんがいるので共通項目は授業形式でそれ以外の箇所は個別対応としている。英語、国語の教科書が同じ地域も違う地域もあるのであらかじめ予想問題などのプリント [続きを読む]
  • 論理エンジン
  • 当塾は論理エンジンを実施している。今は新中1小学校5.6年大学受験部で実施している。来年度から逐次全学年に進めていく。これは当塾で定評がある「読解法」や「中沢方式トレーニング法」とあわせて習得して確固たる国語力をえる。すでに高校受験で60点満点中50点以上が多数をしめる当塾で更なる飛躍が期待できる。10月から毎週土曜日に中学生対象の論理エンジン講座を開講する!詳細は911-1867まで [続きを読む]
  • 顧客第一主義
  • 当塾は顧客第一主義を取っている。ご意見や苦情がきても感謝をもっている。ニーズがあれば顧客側に立って対策を講じる。ご意見から講師がきちんとやっていないことがわかったり、設備がよくないということがわかることがある。本当に感謝である。昨夏は「自習ゾーンが暑い」という要望があった。即座に確認をして翌日にエアコン2台を設置した。これ以上室外機の設置ができないためウィンド型を設置して攪拌のため扇風機を全館で4台 [続きを読む]
  • 宿題をどこまで手伝うか?
  • 当塾では内申アップのためにいろいろとする。夏休みの宿題の支援もその1つ。自由研究はネタに悩んでいる生徒さんにヒントを出して調べ方を教える。そしてレポートの書き方を教える。書くのは自分である。これである程度書ける。読書感想文は自分が選んだ本をまず一読してもらう。そしてまとめ方を指導する。そして書き方や文章の組み合わせ方を教える。書くのは自分である。今回、ある中学校で数学の自由研究が出た。何かしらの数 [続きを読む]
  • 個別指導、個人指導、少人数制指導
  • 個別指導、個人指導、少人数制指導の区別がわからない人が塾関係者にも多くいらっしゃる。個別指導は数名の生徒に課題を与えて(持ってこさせて)講師がわからないところの質問を受けて答えたり、巡回して説明をして自分で解かせる指導。個人指導は家庭教師のように1対1で指導をする。少人数制指導は塾によって様々だが、大体5〜10名以下1クラスで集団指導をする。時には個別指導を組み合わせて「少人数制個別指導」という塾も [続きを読む]
  • 秋休み特別講座「小学生が東大生に勝つ算数!」
  • 〜秋休み特別講座〜「小学生が東大生に勝つ算数!」◎受講者受付中!(塾外生、お父さん、お母さん受講可)◆日にち:10月10(水)・11(木)・12日(金)◆時間:14:00〜16:00◆対象:中学受験する小学生    中学受験はしないけど、東大生に負けない算数に興味がある小学生    東大生に負けない算数に興味があるお父さん、お母さん (※塾外生も歓迎!)◆受講料:1日500円 (保護者様同伴の場合お子様は無料)◆場所: [続きを読む]
  • 那覇国際高校対策
  • 毎年人気の那覇国際高校推薦入試では十分な内申点と、一般入試では内申に加えてさらなる実力が必要です。当塾では、苦手な生徒さんが多い分野(国語の作文、数学の証明、英語の自由英作文、理科の考察問題、社会のローカル問題…など)も十分に対策して備えます!その1点をけずりだせをスローガンに頑張っています。また、内申対策から定期試験についても対策、応援しています。詳細は098-911-1867まで [続きを読む]
  • 琉大付属中入試対策
  • 琉大付属中入試対策は毎回毎回でテーマが決まっている授業なため途中参加ができます。12月になったらさらに本格的な対策になります。毎週土曜で以下の時間です。9月9月29日15-1710月10月6日14-1610月13日14-1610月20日15-1710月27日休11月11月3日14-1611月10日15-1711月17日15-1711月24日15-1712月12月1日15-1712月8日15-1712月15日15-1712月22日15-171月1月5日15-171月12日15-17です。12月と1月は授業数が増える場合があります。 [続きを読む]
  • 論理エンジンとは
  • 当塾では中1準備クラス小6受験クラス大学受験部の現代文で「論理エンジン」を導入している。http://www.ronri.jp/contents/about/10tips/index.html国語力アップに飛躍的な効果が期待できるカリキュラムと指導法である。国語ができると、他の科目も伸びる!国語単科講座としても「論理エンジン」講座を開講致します!対象は中学全学年。お問い合わせは098-911-1867まで [続きを読む]
  • 生徒さんの先々を見据えた指導
  • 試験が返ってきて、あとは成績表の今の時期点数に絶望した方点数をもっと上げたい方試験勉強のやり方がわからない方何をすれば上がるか知りたい方ライバルがほしい方・・・・・・・。こんな方は当塾をご検討ください。当塾は試験対策だけにとどまらず、入試を常に意識した指導を実施しています。席次だけではなく内申アップの秘策や提出物のチェックなど過干渉です。生徒さんの先々を見据えた指導。こんな塾があってもいい。詳細は [続きを読む]
  • 開邦離れ?
  • 開邦離れ?開邦中からの進学者がいるので開邦高校の募集人数がさらに減るといううわさが流れていますが、校長が「来年度も変わらず学術探求科160名」と公言したそうです。しかし、開邦離れ、那覇国人気は歯止めがきかず。先日のオープンキャンパスも参加者はそう多くなく、特に午後の部は10名ちょっとだったそうです。新しい道ができてさらによくなったのに。 こうなったら構内に購買や食堂を設置するしかないでしょう。親の負担が [続きを読む]
  • 待機列
  • 11月8日、9日は開邦中の出願である。毎年、順番待ちで大行列になる。そこで当塾では生徒さんに郵送での出願を勧める。郵送だからといって不利になることはない。また、待機列にいるときにいらない情報や噂などの雑音に左右されないということもある。家族も待機列で何時間も待たされるとストレスになる。だから郵送である。 [続きを読む]
  • 入試情報 (開邦編)
  • 開邦高校9月26(水) 学校説明会(高校)14:00 - 16:00 体育館※参加などに関しては通っている学校の先生に相談をしてください。開邦高校のここがスゴイ!60分授業豊富な講座(早朝・放課後・土曜・夏期・冬期)新大学入試への対応(eポートフォリオの導入、記述・論述模試の実施)主体的・対話的で深い学びを通年で実施(文科探究・理数探究・芸術探究)学内演奏会の開催(音楽コース各学年)学校全体がギャラリー長距離ウォ [続きを読む]
  • 君ならできる!自信をもっていこう!
  • 中3で付加問題があるので開邦を諦めようとしている。今通っている塾で付加問題の対策をしてくれない。付加問題さえ持っているか微妙。今通っている塾で開邦受験をやめるようにいわれて不可解だ。付加問題の正体が見えない。付加問題があるのはわかるけど何をしていいのかわからない。今まで親と勉強をしてきたが、そろそろ行き詰ってきた。塾に行かずにどうにかやってきたけど、そろそろ限界かもしれない。などなどこんな状況にあ [続きを読む]
  • 試験どうでしたか?
  • 試験はどうでしたか?微妙・・・。上がらない・・・。下がった・・・。もっとできそうだ・・・。こんな状況の生徒さん万全の試験対策と万全の入試対策でどんな試験でも対応できる真の実力を備えたくないですか?そんなあなたの力に当塾はなりたいです。もちろん中3生も今から入塾できます。後期中間試験で大逆転をしましょう。そして入試で躍進しましょう!当塾の4段階ロケット試験対策中1〜から入試対策教材を使用で定期試験も入 [続きを読む]
  • 叱り方
  • 「小学生は殴らない」という話を聞いた事がある。当塾では、生徒さんが授業の邪魔をしたり、やる気がない態度をした場合は、即座に個人面接をする。そこで何でそうなのかを話を聞き、徹底的に原因を追究する。個人指導や家庭教師ではない限り、1人が邪魔をすると多くの生徒さんに感染する。やる気がない態度は「やる気のないオーラ」が他の生徒さんに影響する。生徒さんがやる気を持っていても1人は「疲れた」「何時の終わるの」と [続きを読む]
  • 高校の選び方
  • 大学への進路状況は高校選択において重要なことである。そこで注意をしないといけないことがある。単に合格者数だけで選ばないことである。卒業生数と照らし合わせてどれだけの大学に進学をしているかを見るのが重要である。例えば開邦と那覇国際とを比べてみても、卒業生数が違う。そのため一見開邦の方が合格者数が少ないような印象がある。これは数のマジックであり、全体との比率をみないといけない。つぎに合格をしている大学 [続きを読む]
  • 体験授業
  • 当塾では2週間の「無料体験」を実施している。小学生は2週間を体験して入塾をしてくださることがほとんどだが、時々、中学生でたった1、2回授業に出て「他塾の無料体験も色々回ってから決める」という方がいらっしゃる。これはまわっている間に「営業力」が異常に強い塾に当たると、「どこの塾に行きましたか?」という話がでてくる。特に「営業専門」の担当者がいる場合は、体験に行った塾の悪口をうわさ程度で聞いた内容を大 [続きを読む]
  • 第二志望校
  • 私の高校受験の時代の話。当時はいくつかの高校がグループをつくり(基本複数の行政区)で選抜を行い、高校で不合格や辞退者がいる場合に他の高校の志願者で正規合格できなかった生徒が「グループ合格」、それでも定員が充当できない場合は「繰上げ候補」となっていた。そのためかなり低いレベルまで合格になることがあった。これは都立の低迷のきっかけとなった制度ともいえる。私は私立志望だった。相対評価の時代だったせいもあ [続きを読む]
  • 青春
  •  写真は信州大学医学部。私の青春をかけた大学。 「だめなら琉球」「大分もねらい目だ」「宮崎もいいな」 これは私の受験時代にセンター試験の後で医学部志願者のー部が話していた内容である。11歳上の姉の世代では新設されたばかりもあって、「医学部も琉大なら入れる」と言われていた。 この反動で琉大医学部の倍率やセンター基準点が上昇してしまった。本土から受験生が琉大医学科を受験するようになったからである。 当塾 [続きを読む]