なかむら さん プロフィール

  •  
なかむらさん: なかむらの忘備帳
ハンドル名なかむら さん
ブログタイトルなかむらの忘備帳
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yuichi_chun
サイト紹介文16番鉄道模型に関する車輌工作やモジュール作製、その他諸々の出来事を書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/12/08 21:35

なかむら さんのブログ記事

  • 秋の花月園運転会参加者募集中
  • 毎年、できるだけ春秋参加している、りゅーでんさん主催の花月園運転会、いつもは常連さんで満員になるのですが、この秋は人数に余裕があるため、初めての方にも参加していただけます。詳細は、下記の通り。先着順に定員に達しました時点で締め切りとなります。日時:11月17・18日 (土/日)参加希望される方は、まずは私までお名前・連絡先などお知らせください。参加される方に料金(宿泊・食事等)や交通手段等につきましては [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その21)
  • ユーロライナーの屋根を仕上げていきます。途中写真を撮っていませんでしたが、だいたい形が整ったところで、#400のペーパーで研磨し、屋根板全体に田宮パテとサフェを混ぜたものを塗りました。そうしたらまだ屋根と妻の隙間が目立つところがあったので、再度、エポキシを充填しておきます。(TT)[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願いします [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その19)
  • 少し間が空きましたが、ユーロライナーの製作を続けています。屋根の整形を行いました。展望室側はこんな感じで緩やかに。反対側はこのように丸い感じにカッターでざくざくと削りました。中間車と合わせ、継ぎ目にエポキシ接着剤を流して隙間を埋めます。接着剤が固まったら、ペーパーもかけながら仕上げていきます。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その18)
  • ユーロの展望車などに屋根を付けました。展望室の屋根のところには段差がありますので、屋根板も彫刻刀で段が付くように削りました。中間サロン車と共に、車体に屋根板を接着しました。このあと、端部の仕上げなど進めます。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願いします。 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その17)
  • ユーロライナーの展望室を仕上げます。まずは中間ラウンジ車と合わせ、箱にしてから幅を決めるための補強をいれました。中央下部は,キットに付属の角材を入れ、上には0.5tの紙を所定の幅に切ったものを入れて、上下共に幅を決めます。展望室部には、キットに付いている写真のような型を入れて、幅などを決めます。上下の型をはめたところです。上部、下部とも、端部と上辺が面一になるようにはめ込み、瞬間を流して固定しました。 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その16)
  • 引き続き展望車を組み立てます。展望室側です。まず上辺に内張となる帯を付けて、瞬間で固めます。そちらが固まったら、下辺も付けます。下辺はテールライト部の曲げが上手く合わないため、適当に切り込みを入れ、外販の曲げを基準にして内張を貼り付けました。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願いします。 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その14)
  • ユーロの中間車を箱にしていきます。低屋根部の妻部です。もともとこれを屋根の裏に付け、カーブを決めるような構造なのですが、昨日書いたように屋根裏は紙と檜棒で固めてしまいました。低屋根部の妻部には、これを2枚重ねたものを付けます。途中写真省略ですが、妻板に車体を巻き付けるように付けたところです。裏から見ると、このような感じです。妻板の接着には、まずゼリー状瞬間で固定した後、裏から更に瞬間を流してしっか [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その13)
  • ユーロライナーを箱にしていきます。中間個室車はキットに付属の治具にはめ込み、下のように、まず屋根の裏に丸め癖をつけたt0.5の車体用紙を貼り付けます。更に中央には、中央部が垂れ下がらないよう、2x5の檜棒を付けて長手方向の強度を持たせました。両端のクーラーを乗せるところは、唐竹割りにされていて突き合わせるようになっていますが、少し長くて重なるので、かぶる部分をカットして、裏から0.5tの車体用紙を当てて接着 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その12)
  • 多少でも時間の取れるうちに工作を進めます。箱にする前に、側板に檜棒で補強をつけます。屋根板を使う両端車と中間ラウンジ車は下に3x3、窓上に3x2の檜棒をつけました。両端車の展望室部は、別にペーパーの板が入るようになっているので、その手前までの長さです。中間個室車は裾側にのみ3x3の檜棒で補強をつけました。補強がしっかり付いたら、箱にしていきます。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その11)
  • ユーロライナーの工作を続けていきます。簡単ですが、妻板の加工です。中間個室車の妻板ですが、前後同じものが付いていましたが、扉側は厚みがあるので、その分をカットする必要があります。こちらで示した、中間サロン車の妻板は説明書通りのもので、扉の部分の欠き取りが大きいので、それをガイドに上の左2個のように少し幅を詰めるようにカットしました。また扉のない方は、下の出っ張りが無いので、こちらも下右のように下部 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その10)
  • ユーロライナーの製作を続けます。少し記事としての順番は前後しますが、中間個室車の扉部の工作です。昨日の展望車・中間ラウンジ車同様、扉の縁のパーツを貼り付け、断面に瞬間接着剤をしっかりしみこませて、やすりで断面を整えます。断面整えたら、裏側にではバリを落として、扉を貼り付けます。扉パーツを貼り付けたところです。ここまでできたら補強を入れ、箱にしていきます。[https://railroad.blogmura.com/railroad_moke [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その9)
  • ユーロの製作を続けます。両端展望車のドアで、中間車とは形状が異なりますが造りは同じです。縁の部分と扉の部分をそれぞれ貼り合わせました。縁の部分を車体側板に貼り付けます。扉の縁は紙の積層なので、それが目立たなくなるよう、瞬間をしっかりしみこませ、必要に応じて盛るようにして断面を仕上げます。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ クリッ [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その8)
  • スタジオHOのユーロライナーの中間サロン車と展望車関係を進めています。まず中間サロン車の妻板から。妻板はこの3枚がセットです。3枚重ねて位置を決め、クリップで固定した後、隙間からさらさらプラ接着剤を流して固定します。乾燥後にクリップを外すと、こんな感じで、右が表、左が裏です。展望車の連結面側の妻板も、同じように2枚貼り合わせで内張をつけました。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブロ [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その7)
  • ユーロライナーの製作を続けています。それぞれ、内張2枚を貼り合わせた後、外板を張り付けて側板を完成させます。3枚貼り合わせた側板です。接着には扉の位置を合わせて上辺と下辺にさらさらプラ接着剤を流して位置を決めた後、内張の窓の開口部から、さらさらタイプの瞬間接着剤を流して、接着すると同時に窓部の強度を確保しました。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] も [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その6)
  • 台風が来ましたが、皆さまのところは大丈夫だったでしょうか。さて、ユーロライナー中間個室車に続き、展望スロフと中間ロビー車も始めます。展望車の側板の両面に軽くプラサフを吹きました。こちらは中間ロビー車で、同様にプラサフを吹きます。更に、それらの妻板&扉にも同様にプラサフを吹きました。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その4)
  • 最初の勢いで、工作を続けます。次は扉の部分です。扉の部分は、大きく分けて左の折り戸部と右のスペーサーのパーツに分かれます。それぞれいままでと同様に、プラ用接着剤を流して貼り付けました。とくにスペーサーの方は、ズレが無いように注意して接着します。これで一通りのパーツができましたので、それらを外板に張り付けて組んでいくことにします。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブロ [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その3)
  • ユーロライナーの製作を続けます。妻板の部分は、まず上の写真のように切り出します。この3枚を窓の部分だけ抜けたパーツが真ん中になるように、さらさらプラ接着剤を流して貼り付けました。作業自体は単純なのですが、編成分となるとちょっと面倒です。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願いします。 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その2)
  • ユーロライナーの工作、まずは内張の貼り合わせから始めます。内張も2枚を貼り合わせることになっていますので、表裏を間違えないように貼ります。この接着には、さらさらタイプのプラ用接着剤を合わせた隙間から流し込むようにしてつけました。また裾の部分は、軽く曲げ癖をつけてから、接着しています。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願 [続きを読む]
  • 新ユーロライナー製作記(その1)
  • 前回の更新から、お盆休暇を挟んで、また少し間が空いてしまいました。その間、JAMに参加したりしてたんですが、写真もあまり撮ってなかったので、スキップします。さて、改めて工作ですが、いろいろな仕掛品やキットがたまってきているので、少しずつ仕上げていきたいと思います。まずはスタジオHOのユーロライナーから始めます。この製作は、以前から実は試作から始めてましたが、前回更新してから約2年半たってます。更新しな [続きを読む]
  • 宝塚レールロードクラブ運転会
  • 昨日は宝塚レールロードクラブの運転会におじゃましてきました。うちからは223系と完成させたばかりの大井川311系。他の方の、素晴らしい作品もいろいろ見せていただき、良い刺激や改良すべき宿題もいただきました。TRCの皆さま、ありがとうございました。m(_ _)m [続きを読む]
  • 大井川鉄道311形(その22)
  • 何とか完成です。ベンチレーターはKSの旧国用を使用し、別途、明るいグレーに振りました。で、とりあえず完成させた感じですが、しっかりお立ち台で撮影しました。[https://railroad.blogmura.com/railroad_mokei/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ] もしよろしければ ↑ お願いします。 [続きを読む]