はるちゃん さん プロフィール

  •  
はるちゃんさん: 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ハンドル名はるちゃん さん
ブログタイトル中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sagiyama_nagoya/
サイト紹介文中小企業診断士育成19年!設問分解、要約練習を創った鷺山はるこが2次のノウハウ真実を毎日更新中!
自由文中小企業診断士試験の合格を目指す方は必見です。

診断士2次受験専門校AAS名古屋の代表 鷺山はるこ(中小企業診断士)が、合格の秘訣や学習のヒントを語り、受験生を応援しています。

ブログタイトルの「Si. Eccolo!」とは「はい、ここにあります。」という意味です。
学習に行き詰まった時や、モチベーションの維持にお悩みの方が、ここに来ればヒントが見つかります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/09 16:32

はるちゃん さんのブログ記事

  • 騙し騙し勉強せよ
  • 「若い頃は力任せで仕事ができた。 勉強だって同じ。 無理やり自分をいじめて勉強ができた。 だが、60歳過ぎたらそれは無理。 自分を騙し騙しやるしかない。  自分はまだできる。若い人と同じように できる、そう気持ちを騙し騙し。 疲れたら休み休み。身体も騙し騙し。」以上は、昔うちの部長から聞いた話だ。最近では、ご年配の方々の受験生も増えてきた。皆さん、よく頑張っておられると思う。本当に敬服する。私もそろ [続きを読む]
  • 答えを見つけられるのは自分
  • 羽生選手の名言だ。いつ聞いてもいい言葉だ。この試験勉強にも通じる。失敗する人の過ちは、答えを外に求めようとするところだ。例えば、問題をたくさん解けば、いつかできるようになる。合格者答案をたくさん見れば、自分もできるようになる。答えがいつも外に有ると思うからあらゆるものに手を出して、探してしまうのだ。だが、答えはいつも自分の中にある。我が恩師、Nまっち先生がいつも言っている。合格者と自分との「違いを [続きを読む]
  • コンサルのための財務分析講座
  • 大阪・・・6/23(土),24(日)名古屋・・・11/10(土),11(日)コンサルのための財務分析講座を開催する。講師はコンサルタント育成塾でお馴染みの佐原講師だ。診断士として一層稼ぎたい!活躍したい!という皆さんは是非!主な内容は、以下。・企業への初回訪問前に決算書から実情を見抜く力・決算情報から様々な企業情報を読み取る力・粉飾決算の見抜き方・企業の実態把握・クライアント企業への基本的財務管理の導入方法 [続きを読む]
  • 犬も覚える毎夜21時のお儀式
  • 最近、うちのころ七(コーギー9歳)は、夜21時前になると私を呼びに来る。「うっ、うっ。ふん!うっ。わん!」目が必死に訴える。もうすぐ21時だぞ。行くぞ!PCのある部屋へ、と私を誘う。私が立ち上がると、先頭を切って走り出す。そしてPCの傍で、もう一度「わん!!わん!!」平日夜の21時は、スカイプレッスンを行う時間帯だ。見守り通信講座や事例解法レッスンの指導を行うのだ。夜は21時から〜と決めているのは、み [続きを読む]
  • 組織で70点以上獲得するための講座
  • 昨年大人気だった講座が今年もやってくる!流暢な?京都弁?の奥田講師の「お金で従業員さんの頬をはたかない!」という名言も語り継がれている、あのオモロくて役に立つ講座だ。昨年は、この講座を受講したおかげで、財務でCだったけど、組織でカバーして通った!という喜びの声もいただいたりしたあの講座だ。  ↓↓http://www.aas-clover.com/nagoya/jirei1de70.htmlところで最近は組織事例で苦労している方が増えてきた。私 [続きを読む]
  • 【ご報告】残席5名と1名に
  • まずはご報告!4月28日と29日の名古屋の合格指南合宿が残席5名。https://www.aas-clover.com/nagoya/gashuku.html私の個人レッスン「事例解法レッスン」の5月募集生が残席1名となった。https://www.aas-clover.com/nagoya/kaihou.htmlこの事例解法レッスンは、次回は8月の募集になる。ところで、まだよくご存じない方のために事例解法レッスンについてお話しておきたい。事例解法レッスンのゴールは本試験で使う「MY解答手順 [続きを読む]
  • 意味段落でまとめよう
  • 要約練習を実施中の皆さん、そろそろ「意味段落」のまとめもやってみよう。段落ごとの文章が短い場合は特に、「俯瞰」することが重要になる。1段落で充分に説明できないから筆者は段落を跨いで、ひとつの論点を語ろうとするからだ。こちらもそのつもりで「形式段落(区切ってある見た目のとおりの段落」でなく、「意味段落(筆者が意図している文章の塊)」で読むほうが、全体のストリーの流れを読みやすくなるのだ。それはまるで [続きを読む]
  • 連休に自宅へ籠りたい方に最適!
  • 過去問題とどのくらい向き合えているだろうか?合格するためには、1事例に対し、初めは2〜3日かけてじっくりと分析していったほうがいい。・なぜこの言葉があるのか?与件文の中の言葉ひとつでさえ無駄がない事例問題をこのくらい執念深く分析できる人は、やはり合格しやすい。ちなみに私の受験時代も同様だった。こういう執念深い分析のおかげで「設問分解」という解法ができたのだ。この解法を練習するのが、「設問分解練習講 [続きを読む]
  • 合否の分かれ道は「客観視」
  • 長年受験生を見てくると合格する人とそうでない人との違いがわかってくる。その違いの最たるものが、「客観視」だ。自分をどれほど客観的に診ることができるか?例えば、要約練習をしていて主張文を読み違えたとする。この時に、「自分は思い込みをして読む癖があるんだ。」と思う人と、「なぜこんな主張文になるのか?おかしいじゃないか。」と思う人に分かれる。通りやすいのは前者だ。自分を「客観視」できているからだ。目の前 [続きを読む]
  • 名古屋校の模擬試験開催!
  • いよいよ模擬試験の時期となった。↓https://www.aas-clover.com/nagoya/moshi.html皆さんは模擬試験をどういう目的で受験されるだろうか?「とりあえず受ける」ではいけない。かの大谷翔平くんも、今の活躍の裏には具体的な目標を掲げた目標管理シートなるものを高校時代に作っていたという。いつ、何を、どのくらいできるようになるのか絵に描けるほどに具体的に決めなければゴールには近づけないと。理由は、具体性がないと、何 [続きを読む]
  • コンサルのための財務分析実践講座
  • 独立開業で成功したい方のための講座をご紹介したい。東海地区でコンサルとしてすっかり有名人となった佐原啓泰講師の「コンサルのための財務分析講座」だ。毎年、名古屋で開催していたが、関西地区の卒業生からのご希望が多く、今年はじめて大阪で開催する。(東海地区の皆さんは11月の開催となるので 少々お待ちを。)以前も少し書いたのだが、この講座はその名の通り、「実践演習」を行う講座だ。いくつもの実例の決算書を読み [続きを読む]
  • いよいよ5月2日スタート!!
  • 毎年、私の周りに一人はいる。受験申込を忘れる方が。で、お知らせしておく。いよいよ1次の申し込みが始まる。5月2日〜31日の期間だ。大した話題じゃないと思ってはいけない。勉強に必死、仕事にも必死、おかげで日常を忘れてしまうのだ。申し込みを忘れた時の悲劇。『先生・・・・、ぼ、ぼく・・・、 じ、じつは・・・・。』あまりにお気の毒で、私もなんと慰めてよいやら言葉を失うのだ。そんな悲劇は繰り返したくない。ちな [続きを読む]
  • 笑門
  • 朝の散歩コースに、未だ正月のしめ縄飾りがある家がある。しめ縄には「笑門」と。一節によると伊勢のほうでよく見るしめ縄らしいがその家の前を通る度に、口角が上がる。『そうだ、笑わねば。笑う門には福来るだ。』と思い出すからだ。昔から受験生によく言う言葉がある。・眉間にしわを寄せない!いつも笑顔で。・前にかがみこまない!胸を張って姿勢よく。笑顔でいなきゃ幸運の女神も側に寄りづらい。ラッキーも寄ってこない。運 [続きを読む]
  • 残席9名となりました!
  • 4月28日(土)、29日(日)の名古屋校合格指南合宿の残席が9名となった。(ご希望の方はお早めに)↓↓http://www.aas-clover.com/nagoya/gashuku.htmlさて、今年の添削講師陣は大量だ。講座の講師も私も入れると大勢さんになってしまった。昨年、大勢の合格者が出たせいだ。名古屋ではいくつかのキャリアパスがある。講師をご希望の方へ、様々な体験学習をしていただく。診断士となった後も育てる仕組みがある。受講生のうちは、 [続きを読む]
  • ノウハウをA3にまるっと集約して学ぶ
  • 「一目でわかりやすい」このことは、合格答案でも実務の報告書でも重要な要素だ。この要素を入れた学習法が「設問分解講座」だ。名前が「設問分解」の講座となっているので少々わかりにくいかもしれないが、実は、合格するために必要なスキルがA3用紙1枚で、一目でわかる構造になっている。設問を読むところから、解答を作るところまでこの流れが一目瞭然だ。詳しくはこちら↓http://www.aas-clover.com/nagoya/sbunkai.htmlとこ [続きを読む]
  • 小規模企業白書からも出題
  • 昨年の事例Ⅱ(マーケティング・流通事例)は小規模企業白書からの出題だった。そう言っても過言ではない事例が2016年の成功事例に載っている。「事例3-3-5:ゆみちゃんストアー」の話だ。みなさん、小規模企業白書は読んでおられるだろうか?最近の事例問題、特に事例Ⅱで提案型の問題では、中小企業白書や小規模企業白書の理解が欠かせない。白書の傾向に沿って出題されるからその問題の答えも白書の傾向に沿って設定されている [続きを読む]
  • 騒々しい4月を終えたら夏だ、1次だ!
  • 目の前の小学校が、春の騒々しい時期を迎えた。先日は、いつもの万歳三唱。退任、異動する先生方を送る会が校門で執り行われた。「先生方のぉ!ご多幸を祈ってぇ!万歳〜!!」小学生にあまりに不似合いな挨拶が今年も叫ばれたのだ。毎年、『小学生らしい挨拶に変えんかあ!』と聞いていてイラっとするのだが、最近では、私も丸くなった。『いつか革新してくれる先生がいてほしい。』と腹も立たなくなった。昨日は写真撮影。新年度 [続きを読む]
  • 名古屋【合格指南合宿】でトライしてほしいこと
  • 受講生の皆さんへは、すでにお伝えしているけれど本年の2次合格を目指すなら、このGW合宿で、ご自身の「解答手順第一弾」を作ってきて、実際に使ってみてほしい。第2次試験に合格する最大のコツは、いつなんどきでも60〜70点が取れる「MY解答手順」を、9月末までに作り上げ、これを本番までにやり込んで、身体に沁み込ませて受験することだ。これをやるためには、8月の1次の頃までに2回くらいはチャレンジして、「解答手 [続きを読む]
  • わざわざ表現を読むコツー2
  • 今日は、わざわざ表現を読むコツの2だ。その名の通り、「わざわざ」書いてあるものをわざわざ表現という。「わざわざ」表現かどうか見分けるコツはその言葉や文節を抜いてみて、文章が成り立つかどうかだ。例えば、「要望に沿って、サプリメントを 少量からでも提供できる」という文章があるとする。この中の基本の言葉は、「サプリメントを提供できる」だ。これに「少量からでも」や「要望に沿って」がわざわざ表現だが、この中 [続きを読む]
  • わざわざ表現を読むコツー1
  • 事例ストーリーやテーマ、設問文や与件文を正しく読むために「わざわざ表現」を読むことが重要だ。この「わざわざ表現」とは、出題者が受験生にある一定方向の解答に気づいてもらうためのヒントだ。もっといえば、「助け舟」だ。いつも言うように、不合格になる皆さんの殆どがこの「わざわざ表現」を無視した結果、出題者の気持ちが読めずに、解答に失敗するのだ。さて、この「わざわざ表現」の種類にはいくつかあるが、多くは、国 [続きを読む]
  • なぜ1文に1内容なのか?
  • さて昨日の続きでもう少し説明したい。要約練習をしている皆さんは、コラム全体をとにかくまとめ切ろうと思われているだろう。もちろん、まとめきっていただいていいのだが、それでは昨日も書いたようにわけのわからない文章になる。誰にとってわけのわからない文章か?それは与件文を一度も読んだことが無い人にとってだ。わかりやすい文章の基本は、「与件文を読んだことがない、誰にとってもわかりやすく。」だ。みんなが要約す [続きを読む]
  • 国語を学び直したい人へお勧めの本
  • 大人なのに、国語力に悩む人は多い。子供の頃はできたはずの方でも、大人になると読み違えたり、文章を書くのが苦手になったりする。それは、仕方のないことだ。読み書きをする機会が減れば、必然的に衰えるし、長い社会生活で、独特のコミュニケーションを続けていれば妙な癖も身に着けてしまう。ただ、中小企業診断士は、誰とでもスムーズにコミュニケーションを取らねばならない職業だから一般的な国語能力は鍛えておきたい。さ [続きを読む]
  • 1文に1内容が原則
  • わかりやすい文章の書き方についてお話したい。特に要約練習を行っておられる皆さんはご確認を。40字でまとめておられる方が多いと思うが、40字だと1文だ。前半の20字で因(根拠)を、後半の20字で結論を書くと、ロジカルでありながら、意味がわかりやすい文章になる。この40字に書く内容は、1つだ。2つ書いては言葉足らずになり、何がなにやらわからなくなる。私の要約練習をしている方で「桜の開花時期」と「生き方 [続きを読む]
  • 独立開業成功のための秘密情報がいっぱい!
  • 来る5月19日(土)、26日(土)、27日(日)の3日間、恒例のコンサル育成塾を開催する。http://www.aas-clover.com/nagoya/proconikusei.html中日の26日(土)の夕刻は、佐原講師を囲んでの親睦会も開催予定だ。毎年、ご紹介しているけれどこの講座の一番の特徴は、・これを機に独立開業する方が多い・開業する方の殆どが成功していることだ。それはなぜか?開業前の心構えから、人的ネットワークの築き方や開業後の営業 [続きを読む]
  • 設問分解の切り口はどこから出す?
  • 設問分解練習を行いだして最初に悩むのは「切り口が出ない、浮かばない。」だ。でも悩んではいけない。当然なのだから。殆どの1次受験生は、知識を体系的に学んでいない。経営戦略論の中の知識として学んでいない。そもそも使うために覚える知識とすら思っていない。自分で何かを得ようと思ったら、まず目的を考えるのは当たり前だ。たとえ100円ショップで、籠ひとつ買ってもそれは何かに使うためだ。だが、中小企業診断士試験と [続きを読む]