はるちゃん さん プロフィール

  •  
はるちゃんさん: 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ハンドル名はるちゃん さん
ブログタイトル中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sagiyama_nagoya/
サイト紹介文中小企業診断士育成19年!設問分解、要約練習を創った鷺山はるこが2次のノウハウ真実を毎日更新中!
自由文中小企業診断士試験の合格を目指す方は必見です。

診断士2次受験専門校AAS名古屋の代表 鷺山はるこ(中小企業診断士)が、合格の秘訣や学習のヒントを語り、受験生を応援しています。

ブログタイトルの「Si. Eccolo!」とは「はい、ここにあります。」という意味です。
学習に行き詰まった時や、モチベーションの維持にお悩みの方が、ここに来ればヒントが見つかります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/09 16:32

はるちゃん さんのブログ記事

  • 当選しました!!
  • 夕食の準備をしようとしていた19時ごろだった。家の電話が鳴った。「Nフーズのものです。いつも当社をご利用いただき、ありがとうございます。今、少々お時間いいですか?」と。何の用かと思えば、「おめでとうございます! 応募されていた冷凍庫が当選いたしました!」ええっ???そうだそういえば、年末に正月用の冷凍食材を購入したのだ。その際、「抽選キャンペーン付き」とあって余興で応募したのだった。それもどうせ当た [続きを読む]
  • どんな文章でも読めるようになれ!
  • 今年も、「事例の肝を掴むための要約練習講座」のお申込みが始まっている。約18年前、受験に要約練習を取り入れだしたのはこの私だ。当時からしばらくの間、某経済新聞で要約練習を行っていた。だが昨年より、地方紙のコラムで行うようになった。その途端、継続して練習をしてきた方々が、急にできなくなったのだ。私から「Good!」という評価をもらっていた方々が急に「△」(私の添削では、ダメ、という意味)になりだしたのだ。 [続きを読む]
  • 合格者ってこんな人
  • 「自立と自律」私の師匠、中町先生のお言葉だ。「違いもたらす違いを知る」これも中町先生のお言葉だ。私は、自分の受験時代からずっとこれらの言葉は、合格する人の真理だと思っている。今回の分析会での合格者たちを見ているとまさにこの2つの言葉が浮かぶ。診断士試験には限らないと思うが、「依存」していては合格はおぼつかない。自らがつかみ取るもの、学校は利用するものだ。そして、だらけそうな時でも自分を叱咤して、勉 [続きを読む]
  • 経営理念を作るのは難しい
  • 私が支援している、合格エスコートノートでこんなブログがあった。「年賀式で社歌を歌って、事例Ⅰを考えた」http://escortnote.livedoor.blog/archives/15183768.html先日も、これから事業を始めようとするある女性に、「経営理念を作る重要性」をアドバイスしたところだ。「経営理念」は社長の想いだ。内容は抽象的でいい。例えば、私の経営理念はこうだ。活躍したい!と思う人々へ、活躍の「場」の提供  ↓↓https://www.aas- [続きを読む]
  • 合格者答案分析会終了!
  • 合格者と自分との「違いをもたらした違い」これを見つけるための会、そして、合格へスタートを切るためのイベントが終了した。合格者答案分析会だ。大勢お越し頂いて、盛況だった。合格おめでとう!自分の課題を見つけに来たみなさん、ご遠方からの方もありがとう!さて、分析会後の合格者へのインタビューでうちの統括講師である杉本先生がこんな質問をした。「合格して、良かったと思えたことを 一人ずつ教えてください。」もち [続きを読む]
  • 【重要】残席あとわずか!
  • 見守り通信講座をご検討中の皆様へ残席あとわずかで締め切りとさせていただきます。ご検討中の方はお早めに!↓↓https://www.aas-clover.com/nagoya/mimamori.html最近、この東海地区では有名になってしまった。AAS名古屋はすぐに満席になる、と。何も自慢しているわけではない。それも仕方ないのだ。なにせ、その昔診断士2次業界の「虎の穴」と言われたうちのスクールだ。お一人お一人をコンサルティングして中小企業診断士を育 [続きを読む]
  • 隙間時間で2次学習ならこれ!
  • 2次試験で難しいのは、しっかりとした解法ノウハウを身につけてもそれをしばらくやらなければ、すぐに力が落ちるという点だ。そもそも、分析力や仮説思考力を使うのが2次だ。これらの力は、日頃の鍛錬が必要だ。1次のように、インプットで積み重ねてもダメだし、記憶すればそれで良いものではない。学習期間が空いてしまって、感覚が鈍れば力も落ちる。そのため、常日頃からやってほしいのだ。分析したり、仮説思考したりする練 [続きを読む]
  • オープン講座【事例の読み方講座】開催!
  • ラーフルって知ってる?鹿児島では黒板消しのことをラーフルと呼んでいた。オランダ語だ。黒板消しをラーフルと呼ぶ人は鹿児島、宮崎、愛媛の出身者が多いそうだ。なぜこんな話をしたかというと ↓↓ こちらをご覧いただきたい。https://www.aas-clover.com/nagoya/jireiyomikata.html事例の読み方講座のご案内ページだ。講師を担当する私のイメージに合わせてか、レトロな感じの黒板みたい!(イイ感じ! )で、ラーフルを思い [続きを読む]
  • 合格には「行間」を読むほどの力がいる
  • 最近の試験問題は読みづらい、そんな声を聞く。確かに、平成25年度以降、助成金が増え、中小企業診断士の主な業務が経営計画の作成支援となってから「分析能力」を問う問題が増えた。「分析能力」とは、事例問題を読んで感づく力だ。1次知識で読み替える力だ。それも直接的でない文章を出して、感づかせる方法で、出題者意図を読み取らせる。ちょっと複雑な言い方になったが、早い話、行間も読めるくらいの能力だ。それも試験時間 [続きを読む]
  • なぜこの資格が必要なのか?
  • この話をよくする。「中小企業診断士は単なる看板。 持っていたところで仕事が来るわけではない。」だがそれでもみな、懸命に努力する。苦しみながら資格を取る。それはなぜか?中小企業診断士というきっかけが欲しいからか?自分に自信を付けたいからか?納得したいからか?私は、その答えの一つを知っている。昨日も書いたように、この試験に通るための答えは自分の中にある。この試験に合格するためにとんでもなく苦労する。そ [続きを読む]
  • 自分の中にある答えを探そう
  • なぜ合格できないのか?答えはいつも自分の中にある。年末年始の相談会で次のようなご相談があった。「事例問題を考えるのに必要な、 戦略体系図は、もう学んで知っている。 それでも合格できないので その先のことを学びたい。」その先は、何もない。事例問題で高得点を取るために必要なものは知識ではない。何かのテクニックを求めてもそこに合格はない。どこまで行っても、無い。合格するための答えは、自分自身の中にある。 [続きを読む]
  • 設問分解講座(R)がまだ先なワケ
  • よくお問合せいただく「設問分解講座はまだですか?」についてお話ししたい。設問分解講座(R)は、私が創った設問分解(解法スキル)を自己学習で鍛えるのための通信講座だ。https://www.aas-clover.com/nagoya/sbunkai.html自分ひとりで、解法スキルを学べるようフォーマットがあり、商標登録している。だが、受講開始が4月からなのだ。(お申込みは2月開始)そのわけは、解法スキルを学ぶ「合格指南塾」で基礎を学んでから受講 [続きを読む]
  • 合格者答案分析会開催
  • 恒例の合格者答案分析会を1月13日(日)に開催する。https://www.aas-clover.com/nagoya/bunsekikai.htmlこの分析会を開くようになってもう16年になる。合格者を招いて、試験本番の解き方やそれまでの勉強法などを聴く。名古屋の場合、ヒアリング形式で行うからかねて知りたかったことなど自由に質問できる。また、これをサポートする人たちは前年の合格者たちだ。つまり、この合格者答案分析会が診断士として後に続く皆さんをサポ [続きを読む]
  • ストレッチで筋肉痛
  • 身体は気が付かないうちに衰える。秋口から年末にかけて、とても慌ただしくすごしたせいか、スポーツクラブでの筋トレですら1回も行けず・・・。気が付けば、腰だの肩だのあちらこちらゴリゴリ音がするようになった。年が明け、反省した私は、元旦の計で決めたストレッチに精を出している。そのせいで最近知ったことがある。あまりに筋力が低下するとストレッチでさえしんどいのだと。寝転がって足を上げるだけ、たった足首を回す [続きを読む]
  • 年始の気持ちよ、1年続け!
  • 豊川稲荷へお参りに今年も娘と出かけた。毎年感じる。年始の人々はにこやかでやさしい。電車の中でも車でも。笑顔で譲り合って会釈までする。「ありがとうございます。お気遣いすみません。」と。日頃は、なだれ込むように車内へ乗り込み、バッグを投げるようにして、場所取りするおばさま方も、自らカバンを荷台に挙げて『さあ、こちらへどうぞ。』と声をかけてくださる。夢のようだ。こんな善意がいつ消えるのか?年末まで続けば [続きを読む]
  • 微力ながら熊本経済発展のために!
  • うちの卒業生には独立開業している者が多く、皆、それぞれの地域で頑張っている。昨日の合格エスコートノートのブログは、熊本で活躍している女性診断士が書いている。ちょっと変わった経歴の彼女だ。文学部出なのに、東京の流通業で販売の仕事をやり、その後、自らSEさんの資格を取って働き、中小企業診断士取得後は、東京から熊本に戻り、今では、事業承継コーディネーターとして活躍している。私が最初に出会ったのは、私が事例 [続きを読む]
  • 元旦をワープした!
  • 来る1月5日に、解き方の無料体験会を開催するせいかhttps://www.aas-clover.com/nagoya/taikenkai.htmlそれとも学習計画の話をしたせいか。元旦の朝、起きたらいきなり2日にワープしていた!ていうか、した気がしたのだ。夢の中で受講生の皆さんの相談を受けていたせいだ。目覚める瞬間に、『さあ、これで元旦の計画も終わった!』そうつぶやいて目覚めたせいだ。元旦の朝、ぼーっとベッドの上で、いつものごきぶり体操をやりな [続きを読む]
  • 今年こそ!2019
  • 新年明けましておめでとうございます!今年も皆様にとって幸多き年になりますように!元旦の計は立てられたであろうか?心静かな時に、この年の目標を定めるのが恒例の方もあろう。私もそうだ。だが、元旦に立てた計画はどこがゴールなのか?少なくとも試験のゴールは10月の3週目あたりだろう。これから1次、2次と並行して進める皆さん。次のような時間配分のご計画はいかがか?年始から春先→2次6割、1次4割春先から1次本 [続きを読む]
  • 今年もお読みいただきありがとうございました。
  • この書きたい放題のブログをいつもお読みいただいているみなさま本年も誠にありがとうございました。皆様の励ましが、いつも心の支えです。直接お顔を拝見したことがなくとも『きっとこんなお悩みをお持ちかもしれない。』そう思って書くときもありました。また、この情報は必ず伝えなきゃ、そう思って書くときもありました。また来年も、少しでもお役に立てますよう、毎日コツコツ書いて参ります。何か心に溜まることがあった時、 [続きを読む]
  • できるか?でなくどうやるか?
  • 診断士の勉強を始めてからか、それとも診断士になってからか、学んだことがある。それは「悩んでもは何の足しにもならない」ということだ。困難な壁を登ろうとする時、登れるか?でなく登るために何をすべきか?を考えるべきだ。困っている中小企業さんの支援者となる私たちが悩んではいけない。率先して道を探すべきなのだ。自分の目で耳で、足で。率先して探して、問題解決を図るべきなのだ。昔、この場で書いたことがある。私が [続きを読む]
  • ひとりぼっちで不安なあなたへ
  • 通信たって、ひとりじゃ淋しいし、モチベーション続かないし・・・。そうお悩みのあなたへ。私がずっとお傍にいる「見守り通信講座」はいかが?本講座の受講生は、通称「見守りさん」と呼ばれる。自分の問題点の分析から、学習計画立て。模試の振り返りや改善策の検討。MY解答手順作成や本番へ行く前の留意点見つけなど。あなたのお傍で、ずっと私が「見守る」安心していただきたい。毎日「見守る」のではない。(毎日じゃストーカ [続きを読む]
  • 笑って思い出せる苦労にしたい
  • 成功者は過去のもがきを笑顔で語るものだ。私はそう思う。広く世間を見渡しても一般に成功者と言われる人たちは漏れなく、過去の苦労を語る。大きく成功すればするほど、人には言えないような苦労を抱え、でもそれを後々、実に軽いことのように、笑顔で語る気がする。人生はまくいくことだけではない。万事塞翁が馬だ。あんなに成功していたのに・・・、そんな人が暗い記事になって紙面を飾ることもしばしばだ。だから人生は、気が [続きを読む]
  • 解き方の本質を知りたいなら来てください。
  • このところ、ご相談者のメールが数多く届く。その多くが、「事例問題の本質」についてのお尋ねだ。この2次試験は、もうテクニックで解ける時代では無くなった。その理由は、中小企業診断士の業務内容が企業の問題解決者から経営計画作成を支援する者に変化してきたからだ。これまでより一層、分析力や仮説思考力が必要になったからだ。ではどうやってそれを身につけるのか?わからない方は、1月5日(土)の無料体験会へいらして [続きを読む]
  • 人生いろいろ、路もいろいろ
  • 先日、中学時代の同窓会をやった。鹿児島出身の私だが、この東海地区にもいるのだ、7名の同期が。中小製造業の経営者有り、IT企業の管理職有り、主婦有り、教師あり・・・。やっていることもバラバラだ。中学時代の卒業アルバムを見ながら、学友たちの思い出話に花が咲いた。うちの学区は、「西郷どん」の終焉の地にある。西南戦争の弾の痕がある城跡もあれば、銅像もある。昔は外国の船員さん相手の酒場が連なる下町もあった。実 [続きを読む]
  • 見たか!最後の10秒!
  • 女子レスリングの試合を見たか?あの金メダル対決を。伊調選手が最後の10秒、川井選手に大逆転したあの試合を。もうどこをどうやったのか、目にもとまらぬ速さで決めたのだ、勝利を。試合後、伊調選手は言っていた。「どうやって入ったか覚えてない。意識してないのは、まだまだ」と。身体が反応したということだ。無意識でも勝利できる力、これを思った時に、やっぱり2次試験を思い出した。MY解答手順を作り、それが身体に染み [続きを読む]