ikeru さん プロフィール

  •  
ikeruさん: 丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ
ハンドル名ikeru さん
ブログタイトル丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jonetu/
サイト紹介文情熱をもって仕事をし、小さな努力を続けることの大切さを伝えていきます。
自由文私は情熱コンサルタントです。小さなこと、人にとってはどうでもいいことの中にこそ、人生や仕事にとってとても大切なことがたくさん隠れています。そんなことから私が気づいたことを発信してまいります。よろしくお願いします。講演やテレビ、本などもこっそり書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/09 17:13

ikeru さんのブログ記事

  • 無人の本屋の空間デザイン
  • いけるいける!! こんな無人業態は広がるかもしれません。無人の本屋。奈良にできたこの本屋。なんと無人。スタッフがいない本屋さんなのです。7坪ほどの店内に12の陳列棚があり、そこにブックオーナーと呼ばれる本の選者が選んだ本が並んでいます。お客さんはゆっくりとあせることなく本を選ぶことが可能です。本好きの人にとってはたまらない空間が奈良にできたのです。 立地は、リノベーションされたさまざまな業種の店舗がなら [続きを読む]
  • 餅つきは日本文化の象徴
  • いけるいける!! 先日、年末恒例の餅つきをしてきました。明治神宮の杜の一部で行われた餅つき。朝から午後3時まで。全部で30臼以上やったでしょうか。例年のこととは言え、今回も無事につき終わりました。多数の外国人の方々もご参加されて、みなさん戸惑っていましたがとても楽しそうでした。 餅つき文化は日本の文化そのものでもあります。稲作信仰文化の象徴と言ってもいい餅つき。餅つき自体はそれほど珍しいものではないかも [続きを読む]
  • 人生会議
  • いけるいける!! ある友人と話をしていたら、仕事がらみの仲間の葬儀に参加してきたのだと話をしてきました。なんでもその日は葬儀がとても多かったらしく、葬儀の時間も非常に短くスピーディーで、「手際がいいのはいいんだけど、なんだか??」と話をしていたのが印象的でした。 これからの人生は100年時代と言われています。亡くなっていく人がこれからは急増していきます。この世の人生を終えるということがある意味、特別なもの [続きを読む]
  • 経営至言でもっとも多いテーマとは?
  • いけるいける!! 経済小説を得意とされている江波戸哲夫さんが、先日日経新聞の夕刊(12月6日)で興味深いコラムを書かれていました。「あすへの話題」に書かれていたその内容は、名経営者の「経営至言」について。名経営者はどんな経営の極意を語ってきたかをある経済雑誌でまとめていて、それを10年分、江波戸さんが整理して気づいたことがあった、という話でした。 一番多いテーマは何だったと思いますか? それは、「人材育成」。 [続きを読む]
  • デパ地下スイーツが売れるための三種の神器
  • いけるいける!! たまたまのぞいた東武百貨店池袋店。西武と東武の両店はいつもお客さんでにぎわっていますが、特にお客さんがはいっているのが地下のコンコースから続くフロアにあるスイーツのフロア。両店ともにいつもお客さんが朝からよくはいっています。東武のフロアも何の気なしに覗いてみたのですが、1店舗だけ、とんでもなく行列ができている店がありました。 その店は私も知らなかった店。 「Tartine」タルティンと読みま [続きを読む]
  • ジャムの法則 (定食屋編)
  • いけるいける!! 昨日のブログで書いたジャムの法則。早速私自身が、何を注文したらいいのか迷う場面に出くわして苦笑いしてしまいました。 出張先でお客様のところにうかがうのにすこし時間があったので、その駅の近くで昼飯をさっととつて移動しようと思いました。時間にして30分くらいは時間がありましたが、タクシーで移動することなど考えると、できれば早めに、さっと選べるような店がいいと思いました。 駅の改札を出る前に [続きを読む]
  • ジャムの法則
  • いけるいける!! コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授の「選択の化学」(文芸春秋)という本があります。NHK教育の「コロンビア白熱教室」でも人気のあった授業。 (写真 シーナ・アイエンガー「選択の科学」文芸春秋社) この本に登場するのが「ジャムの法則」です。 人が何らかのものを選ぶ際に、ものは多いほうがいいのか、少ないほうがいいのかというテーマ。人にとって適切な選択肢の数はどのくらいなのかという疑問に答え [続きを読む]
  • 人として正しいモノ作りをし、正しい販売方法をしているのか。
  • いけるいける!! モノづくりの世界でいまもっとも配慮しなければならないことが、「ESG投資」です。 環境・社会・統治という3つの分野に対して、企業が責任をもって投資活動をしているのかどうかを企業評価に適用するようになってきたということです。またESG投資を積極的にしている企業は地球にもやさしい起業であるということで、そのような会社は投資もされやすいということで、グローバル企業ほどESG投資が盛んになってい [続きを読む]
  • 今こそ必要な三方よしの経営
  • いけるいける!! 今日 12月3日の日経朝刊に、伊藤忠商事の創業160年広告がでています。2面全段を使った広告で、定期的に掲載しているのでいつもはあまり目に止めないのですが、今日はその単語にひかれて読みました。 「みんなの未来、三方よしっ。」 という広告です。伊藤忠は近江商人の中でももっとも成功した商人とも言われ、創業当初より近江商人の哲学ともいえる「三方よし」をその精神的支柱としていた企業の一社です。 (写真 [続きを読む]
  • 2019年GWは10連休
  • いけるいける!! 2019年4月末から5月あたまは日本では国事となる、皇太子さまの即位式が行われます。4月30日の天皇陛下の退位。5月1日の即位。同時に改元。この2日間で日本は新たな時代にはいっていきます。大きなお祝いの日であり、平成とは異なる次元の異なる年代にはいっていく機会となります。 実はこの国事にあわせて5月1日がお休みとなるかどうか。同時に前後の4月30日と5月2日が祝日となるかどうか。これまで「なりそう」で [続きを読む]
  • 1日100食限定の店は働く人や自然にやさしい店
  • いけるいける!! 日経ウーマン(日経BP社)が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」の大賞に「佰食屋(ひゃくしょくや)」を展開する中村朱美さんが選ばれた聞きました。 ひゃくしょくやとは、ステーキ丼専門店や、すき焼き専門店、肉寿司専門店などを展開している企業です。 営業時間は昼だけ。朝整理券を配って100食販売したら終了というとても特徴のある飲食店を展開しています。一日100食しか売らないということは、一食1万円くら [続きを読む]
  • まるかつ無料食堂はおいしいとんかつを食べれる繁盛店だった
  • いけるいける!! 以前こちらで紹介した奈良のとんかつ屋「まるかつ食堂」。 先日、お伺いしてきました。 一度は食べてみないとと思ってお昼ごはんを14時まで我慢して、まるかつさんに行ってきました。この時間ならさっと入れるだろうと思って行ったのでした。 奈良駅からバスで10分ほどの場所にあるまるかつさん。店は外から見ると普通のロードサイド型の飲食店 という雰囲気。特別な店という感じではではありませんでした。 しか [続きを読む]
  • 渋谷は裏から変わっていく
  • いけるいける!! 9月に開業したばかりのビル、「渋谷ストリーム」に立ち寄る機会がありました。場所は東横線の跡地。渋谷警察署のはす向かいにあります。おそらくほとんどの人は「こんな場所、渋谷にあったっけ?」というような隠れた場所に渋谷ストリームはあります。(詳細は渋谷ストリームHPを参照)https://shibuyastream.jp/about/ 私も同ビルがオープンすることは知っていたのですが、特に目立った店がなかったため、近くに仕事 [続きを読む]
  • 前例踏襲を脱却する
  • いけるいける!! 何事も前例を踏襲するほうが楽だし、不満も起きにくい。今までのままやるほうがなんとなくうまくいく気がします。しかし実際には、前例踏襲のまま生き続けることは、いい結果をもたらさないことが多い。 それを体現しているのが青山学院陸上部です。青学の原監督が青学を史上最強の駅伝チームに育て上げ、次の箱根駅伝では5連覇がかかる。今年行われた大学駅伝でも優勝をし、箱根の優勝候補筆頭にあげられています [続きを読む]
  • 食べログ累計5000万人利用突破で思うこと
  • いけるいける!! カカクコムが発表したデータによると、「食べログ」を通じて飲食店をネット予約した人数が累計で5000万人を突破したということです。2017年まで3000万人程度だったのが、2017年にはいって一気に2000万人を上積み。食べログでネット予約するとTポイントがたまるという新特典が利用者増に貢献したようです。昨年までは月間160万人平均だったのが、2018年は月間228万人(同社データ)と言いますから、月間で60万人以上増 [続きを読む]
  • ミレニアル世代のクリスマスの過ごし方
  • いけるいける!! 今年のクリスマス。みなさんはどんな予定を立てているのでしょうか? 先日、ブームプランニング代表の中村泰子さんが書かれていた「ミレニアルスタイル」という日経MJの記事に、ミレニアル世代のクリスマスの過ごし方の文章を拝読し、今の若者たちの興味の対象が「日常」にあることを実感しました。(日経MJ 2018年11月23日「ライフスタイル」) ここで言うミレニアル世代とは、1980年代から2000年代はじめに生まれた [続きを読む]
  • 万博が大阪に決定し2025年までの日本の成長ストーリーが出来上がった
  • いけるいける!! ついに東京五輪 大阪万博という流れができました。大阪のみなさまおめでとうございます。日本国にとってもこれは大きな出来事です。 2020年以降の消費の落ち込みを心配していましたが、2025年の大阪万博開催決定で、2025年までの日本の経済はある程度維持されそうです。よかった。(大阪のN社長、Y社長、ちょっと遠いですがM社長、M町長、D社のみなさまなど大阪周辺のみなさまおめでとうございます!!うちの会社も大 [続きを読む]
  • 日本のブラックフライデーには大義名分がない(?)
  • いけるいける!! 日本でブラックフライデーSALEが11月23日の今日から全国のあちこちで開催されます。米国のブラックフライデーにあやかった(まねした)もの。 ブラックフライデーは米国の小売店で大規模な安売りが始まる11月の第4金曜日を指します。米国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日。正式な祝日ではありませんが休暇になることも多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの残品セール日でもあるのです。特にアメリカ [続きを読む]
  • ほめる
  • いけるいける!! 以前もここで「ほめる」ことについて書きました。昨日、ある会社でも ほめる がテーマになりました。部下をほめることが大切 という言葉はでてくるのですが、実際にはなかなかほめることができていないからです。 なぜか。 大きくは、 1.ほめるのが苦手だから2.とりあえずほめるでは相手に伝わりづらいのでは?と思うから という理由です。 特に、「とりあえずなんでもいいからほめても相手はモチベーションを下 [続きを読む]
  • 串カツ田中の喫煙者向けサービス
  • いけるいける!! 串カツ田中が新しいサービスを始めました。それは禁煙店でたばこをスタッフに見せると、注文したドリンクのサイズを一杯大きくする というもの。メガサイズのドリンクをだしてくれるそうです。 禁煙者向けサービスではなく、喫煙者に向けたサービスという点が新しい。これからますます肩身が狭くなる喫煙者に向けて何らかのサービスをする店が増えるきっかけとなるかもしれません。 (図表 同社社員作画) 東京都 [続きを読む]
  • 食品は新たな使われ方が発見されると年間定番化されていく
  • いけるいける!! 日経新聞定期的に紙面に載せるデータのなかで、小売店POSデータがおもしろい。2018年上期の小売店POSデータ売上伸び率ランキングを見ると、今の消費者トレンドがよくわかるからです。 今年の上期データを見ると、大きく2つの傾向が見て取れます。 一つは、消費者主導でヒットが生まれているという点。もう一つは、万が一への備えでヒットが生まれているという点です。 消費者主導という点ではキッコーマンの豆乳飲 [続きを読む]
  • 定番が定番でい続けられるわけではない
  • いけるいける!! いまやロングセラーだから、定番だから、昔から売られているから という理由だけで、商品が売場にあり続けることはない時代です。 昨年、私が子供のころから愛したお菓子の、明治製菓「カール」が東日本での販売終了となりました。結果的にカールを食べる機会はまったくなくなりました。ないならないでどうにかなるものですが、すこし寂しい気持ちは今もあります。土曜日の夜のゴールデンにCMを打ち、日本の定番菓 [続きを読む]
  • ラグジュアリーブランドがバーチャルモデルを活用する理由
  • いけるいける!! ラグジュアリーブランドで活躍するモデルも、そのうちリアルな人のモデルと、バーチャルなモデルの両方が活躍するようになるかもしれません。 フランスのファッションブランド、「バルマン」がバーチャルモデルを起用した最新キャンペーンを始めました。バルマンでは、ランウェイを歩くモデルたちは「バルマン・アーミー」と呼ばれているそうです。様々な人種のセクシーな女性で構成されるその軍団は、ヴィクトリア [続きを読む]
  • 米年末商戦は過去最高の売上見通し
  • いけるいける!! 米国の年末商戦は一年の商売を左右するほど、アメリカ小売業の人々にとって非常に重要な商売期間となります。企業によっては年末商戦の売上比率が50%%!!ほどの会社もあるほど。年間の半分を年末商戦で稼ぐ企業もあるほどインパクトがあるのです。 (写真 ブラックフライデー oimparcial.com.brより) 毎年、米国年末商戦がいいのか悪いのか チェックするようにしています。 基本的には年末商戦は米国の景気に大き [続きを読む]