ろいやー さん プロフィール

  •  
ろいやーさん: 弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ハンドル名ろいやー さん
ブログタイトル弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/law-yuhara/
サイト紹介文弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)
自由文2001年に大阪で弁護士登録し、以来、大阪弁護士会所属の弁護士として活動しています。
法律に関する情報や日々の出来事、その他私個人の経験談等を記載していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/12/11 10:23

ろいやー さんのブログ記事

  • 問いに対する回答になっていない?
  • 日経新聞に次のようなタイトルが付いた記事が掲載されていました。 ◆Q 「弁護士は余っている」は本当? データを読み解く日経のいつもの論調からすると「弁護士は余っていない。むしろ不足している」という結論を出すのだろうとある意味期待していたのですが、今回は違う角度(?)から攻めてきました。次のようなものです。 ◆A 弁護士需要は今後も増える。法務人材は日本のビジネス環境に必須のインフラ。法曹養成課程の [続きを読む]
  • 誤字?それとも…
  • 詳細については全く存じ上げず、本当に配信記事の内容しか分からないのですが、240円(※「万」がありません!)の返還命令っていったいどんな判決内容だったんだろう… ◆山口地裁、県に返還請求命令=上関原発計画めぐる経費金銭的には支払うことが可能なんだと思うものの、おそらく様々な事情が絡んで簡単に支払うわけにはいかないんでしょうね。そうすると、訴訟対策費用だけがかさんでいき…(以下省略)◆弁護士湯原伸一( [続きを読む]
  • 地震に大雨…弁護士にできることは?
  • 私自身も、先月の地震、今月の大雨とダブルパンチとなっており、なかなか落ち着かないのですが、周囲と比較すれば”マシ”な方なので、何かお手伝いできることはしようかと考えています。ただ、弁護士という職務上、生命・身体に対して何らかの専門的措置を講じることはできません。(やはりこういったことは医師・看護師という専門家にお任せするのが一番です)そして法律問題については、ある程度生活が落ち着いてきてから、「そ [続きを読む]
  • クラウドファンディング
  • ここ数日、とある大学生が行っているクラウドファンディングについて、(プチ?)炎上化しているようです。話題になっているので、私もクラウドファンディングを行っているサイトを閲覧はしてみたのですが、私個人としては、これで人様の金を集めようなんて…というのが正直な感想です。別に高尚なものに限定する必要はないかと思うのですが、クラウドファンディングが単なる個人の集金マシーンに成り下がっているような気がするの [続きを読む]
  • 早くも半年経過…
  • 日々過ごしているうちは何とも思いませんが、振り返るとあっという間に時は過ぎてきますね…私個人の勝手な思い込みなのですが、昨年くらいより、なんとなく自分自身の成長のスピードが鈍化しているように感じていることから、今年は今まで積極的に取り組んでこなかった業務を行っています。具体的には、セミナー講師業務なのですが、おそらく「何を今さら?」という反応があると思います。この点はごもっともと言うほかないのです [続きを読む]
  • 心が乱されると業務に支障を来す
  • 北摂を震源とする地震発生から今日で1週間経過します。先週の今頃は、家族や親類縁者は無事か、家がどうなっているのか、帰宅できるのか等々そわそわしながらも、必要最低限の仕事だけはこなしていたのですが、1週間経過してだいぶ落ち着いてきました。(なお、先週末でライフラインがすべて復旧したことが気持ち的に大きいです。地震の影響で家財道具等壊れてしまったものもありますが、これについては買い直せばよいと割り切って [続きを読む]
  • 被災された中小企業への対策について(中小企業庁)
  • 中小企業庁からの発表内容につき、取り急ぎ、リンクを貼っておきます。 ◆平成30年大阪府北部を震源とする地震に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページはこちら◆◆企業のための労働問題・労務問題の法律相談のページはこちら◆=================================================== [続きを読む]
  • 当事務所からのお知らせ(6/18)
  • 本日発生した地震の影響により、本日予定されていました打ち合わせ等は延期とさせていただきました。ところで、交通機関も甚大な被害を受けているものと予想されることから、明日以降も混乱が続くことが予想されます。今週は当事務所で取扱っているビジネスに関する新規でのご相談をお受けせず、すでに当事務所とお取引のあるお客様対応のみとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。なお、 [続きを読む]
  • セミナーの集客好調?
  • 今月から来月まで合計6回にわたり、債権管理・回収に関するセミナーを行うことになっています。(自主セミナーではありません。大阪商工会議所主催のセミナーです)今更感のあるテーマですし、目新しさもないので、集客どうなのかな…と思っていたのですが、昨日の第1回目は50人強ということで、予想以上に集まっていただき非常にやりがいがありました。あと5回のこっていますが、うち1回は既に80名を超え、もしかたしたら100名超 [続きを読む]
  • 日本で行ったらどんな反応が出るんだろう?
  • アメリカでは、救急車を追っかけてまで事件を獲得しようとする弁護士を揶揄してアンビュランスチェイサーという言葉がありますが、インターネット時代ではもっと上をいく(?)広告があるみたいです。 ◆それってどうなの? ケガで救急救命室にきた人のスマホに、傷害に関する弁護士事務所の広告が表示される私の狭い知識内では、こういった広告を日本の弁護士が行っても当然には違法にならないと思います。(直接取り締まる法律 [続きを読む]
  • こういったサービスは根付くのかな?
  • 弁護士のあっせん禁止を定める弁護士法の問題はクリアーされているとは思うのですが、次のような記事を見つけました。 ◆集団訴訟プラットフォームがスタート、法務の世界もネット活用の動き?一依頼者あたりの請求額は低額でも、大量の依頼者が集まれば請求額は大きくなるので、弁護士もペイできるでしょ…という発想がどこかにあるかと思うのですが、う〜ん…というところがあります。全ての依頼者が全く同じ原因事実に基づいて [続きを読む]
  • 早く続報がほしい
  • たまたま見つけたニュースです。 ◆京都銘菓八つ橋の老舗、創業年巡り提訴上記リンク先の配信内容があまりにも簡単であるため、これだけでは何とも言えないのですが、個人的にはどういった法律構成に基づいて訴訟を提起したのか、非常に関心があります。(不競法? 独禁法? 民法上の差止め? いろいろ思いつくものの私の頭では確たるものが思い浮かばない…)今後の流れについて、できれば追っていきたいなぁ…【追記】不正競 [続きを読む]
  • こういう見解を聞いてみたかった
  • 私のような業界の片隅で細々とやっている弁護士であっても、ときどき危機管理広報に関する相談というのは舞い込んできます。そして、記者会見等をやるべきかという話が出てくることがあるのですが、私個人としてはよほどのことがない限り(例えば、世間で知られていない情報を積極的に発信したほうがむしろ都合が良いといった場合など)、記者会見を行っても仕方がないのでは、という持論でした。ただ、正直なところ、裏付けとなる [続きを読む]
  • 何かに取り憑かれてしまったのかな…
  • 顧問先以外からの相談を受けたところ、3回続けてすっぽかされました…(相談者はいずれも別人。キャンセルの事前連絡なし)こんなことは今までの弁護士人生で初めてです。(真剣な)依頼者を見分ける力が衰えているのかなぁ。いちいち凹んでいられないとはいえ、対策を講じなければならないですね。。。◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページは [続きを読む]
  • ある意味、浸透してきているのでは…
  • 導入当初より、「意味がない」、「普及するわけない」と言われ続けていた プレミアムフライデーですが、毎月該当日のヤフーのリアルタイム検索上位で出てくるキーワードとなっています。この”単語”自体は、一定程度普及しつつあると言ってよいのではないでしょうか。目論見通りになるかどうかはともかく…(苦笑)◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律 [続きを読む]
  • 急激にアクセスが伸びた投稿記事
  • 世間で話題になっていることに絡んでですかね…。ちなみに、この記事は10年以上前に投降したものなんですけどね。(ブログを10年以上続けていることにびっくりしましたが(笑)) ◆理由のない弁護士懲戒請求は違法−最高裁が慰謝料請求を認める!◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページはこちら◆◆企業のための労働問題・労務問題の法律相談 [続きを読む]
  • 普及するのかな。
  • 単なるPR記事なのですが、たまたま発見したので読んでみました。 ◆弁護士向けECクレジットカード決済サービス「弁護士トーク(プレミアムプラン)」開発(ソニーペイメントサービス)ちなみに、わが弁護士業界では、弁護士費用の決済方法としてクレジットカードを用いることはタブー視されているように思います。これはいわゆる消費者系と呼ばれる弁護士が、クレジットカード決済についてかなり強く反対しているからです。そのた [続きを読む]
  • 【業界ネタ】大手法律事務所の関西進出が出揃いつつあります
  • 日経新聞に、五大事務所(という言い方でいいのかな?)の一角を占めるTMI法律事務所が、大阪の既存法律事務所を吸収する形で大阪に支店を作ることが報じられていました。弁護士法人制度創設の議論の際、当時のいわゆる四大事務所の大先生方は、大阪に支店を作るメリットがないと言われていたところ(たしか自由と正義に記事が掲載されていたような記憶が)、いざ弁護士法人制度が創設されると、たしかに当時の四大事務所が大阪に [続きを読む]
  • こういった場合に気を付けるマナーは?
  • 当事務所と顧問契約を締結していただいている企業の代表者様が、春の瑞宝単光章を受章されたことに伴い、受章祝賀会を開催するとの一報を受けました。当然受賞祝賀会への参加表明を行いましたが(お誘い頂けるだけでもありがたい話です)、こういった受章関係での祝賀会への参加は初めてであり、正直勝手がわかっていません。下世話な話ですが、お祝い金の相場や渡し方(拒絶されたとしてもプッシュした方がよいのか等)、当日の服 [続きを読む]
  • 受任する弁護士は現れるかな?
  • よく「商売するなら逆張り」を考えるべきなんて言われたりしますが、わが弁護士業界内で一部話題になっている、特定の弁護士に対して大量の懲戒申立てが行われたことにつき、対象となった当該弁護士が懲戒申立者に対し損害賠償請求等の法的手続きを行うとしている案件について、懲戒申立者側の弁護を行うことをアピールする弁護士がそろそろ出てくるのでは…と予想しているのですがどうなんでしょうか?(かなり割り切って対処する [続きを読む]
  • 久しぶりに被害にあった…
  • 本日数年ぶりに”無断キャンセル”の被害にあいました。2日前に電話問い合わせがあり、今日10時に法律相談となったのですが、10時を過ぎても来所はもちろん一切の連絡なし。10時30分には気持ちを切り替えて別の仕事をし始めましたが、連休前の忙しいときに無駄な時間を生んでしまったなぁ…まぁ、無断キャンセルした方から2度と問い合わせはは無いでしょうけど、当事務所のブラックリストに登録しておきます(笑)。◆弁護士湯原伸 [続きを読む]
  • 純粋な労働問題として捉えた場合、どう対処すればよいのだろう…
  • 財務省の元役人のセクハラ問題については、やや政治問題とも絡めた論評が多いので、その点はその道の方々にお任せするとして、本件について、一弁護士として仮に・クライアントの取引先従業員がセクハラを受けたと告発する記事等が公表された (別に公表に限らず、内部告発や通報窓口経由でもありうる話です)・加害者と名指しされたクライアント従業員は否定しているといった事案に遭遇した場合、クライアント側に関与する弁護士 [続きを読む]
  • 債権管理・回収に関するセミナー開催のお知らせ(大阪商工会議所)
  • 今年の1月から2月にかけて、大阪商工会議所主催の労務セミナーの講師を5回担当させていただく機会があったのですが、悪い評判は立たなかったようで(?)、今度は6月から7月にかけて、債権管理・回収に関するセミナーを6回担当させていただくことになりました。日程は次の通りです。・6月14日・6月22日・6月28日・7月4日・7月12日・7月26日(※いずれの日程も時間帯は14時から16時ですが、セミナー実施場所が異なります)詳細は大 [続きを読む]
  • 【注意喚起】おそらく不正メールだと思いますので晒しておきます
  • 本日、「三菱UFJニコス銀行」と名乗るところからメールがやってきました。私の知る限り、三菱UFJニコス銀行は存在しないかと思います。※三菱UFJ銀行は実在します。 また、三菱UFJニコス”カード”も実在します。メール本文中に記載のあるアドレス先のWEBページに誘導し、ID・パスワードを打ち込ませることで不正に入手しようというパターンのものだと思います。メールでID・パスワードを要求してくるものは、ほぼ不 [続きを読む]
  • 対峙した相手方より、後日別件依頼はある?
  • ツイッターでふと見かけたので、少し思い出を。結論から言うと、私は、ある事件が完全に終了し利害がなくなった後、当時の相手方だった方より、全くの別件で案件依頼を受けたことが何度かあります。また、相手方が事業者だったため、顧問契約を申込まれたこともあります。なので、相手方より案件依頼があるわけない、ましてや顧問契約の依頼なんてあるわけがない!という点については、そこまで言い切れないのでは…というのが私の [続きを読む]