ろいやー さん プロフィール

  •  
ろいやーさん: 弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ハンドル名ろいやー さん
ブログタイトル弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/law-yuhara/
サイト紹介文弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)
自由文2001年に大阪で弁護士登録し、以来、大阪弁護士会所属の弁護士として活動しています。
法律に関する情報や日々の出来事、その他私個人の経験談等を記載していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/12/11 10:23

ろいやー さんのブログ記事

  • 副業推進に関する素朴な疑問
  • 副業解禁が世の流れであり、厚労省が公表しているモデル就業規則例でもその点が反映されるようです。副業解禁によって、かえって長時間労働、労働者の健康に悪影響を与えるのでは?という疑問は当然生じるのですが、労働問題を取り扱っている私にとっては、素朴ではあるけれでも、副業先にとっては看過できない疑問があります。それは、労働基準法38条1項の存在です。同条を素直に読むと、「事業場を異にする場合」であっても「通 [続きを読む]
  • ネット特定班はすごいな…
  • 先週ニュースで流れた、札幌の弁護士の件(タクシー内での問題言動)ですが、主要メディアでは匿名報道ではあったものの、あっという間にネット上では実名が特定され、ネット上を駆け巡っています。それにしても、短時間で実名が特定されてしまう今の世の中って、改めておっかないですね…。ところで、主要メディアは今回の件について匿名報道で配信したのですが、今更ながら実名と匿名報道の基準ってどうなっているんでしょうか? [続きを読む]
  • 焦ってしまう…
  • 本日、事務員さんに通帳記帳に行ってもらったところ、「ATMで使用不可」であり、「窓口に問い合わせ」るよう表示が出たとの報告を受けました。職業柄、口座利用不可=差押えがあったという頭が働いてしまうため、「まさか、俺なにかやってしまったのか!!」と動揺し、報告直後にキャッシュカードだけ持ってAMTに走りました。結果としては、普通に引き下ろし可能、振込送金可能だったので、おそらくは通帳の磁気異常が生じているの [続きを読む]
  • ロカベン
  • 「ベン」と付くので、また新しい弁護士の呼称かと思われた方もいるかもしれませんが、全く関係ありません(笑)。経産省が公表している中小企業向けの財務分析シート(企業の健康診断ツール)のことです。 ◆ローカルベンチマーク(通称:ロカベン)私のような弁護士業の場合、どうしても区分が「その他」になってしまうことから、比較対象が雑多となってしまいなかなか検証が難しいのですが、財務分析結果をグラフや評価で示され [続きを読む]
  • 業界関係者って誰だろう?
  • アディーレさんが業務停止命令を受け、各地で混乱が生じているようで、様々なメディアでも取り上げられています。その中で「へぇ〜」と思ったのが週刊ダイヤモンドの記事です。◆アディーレ業務停止で東京弁護士会が依頼人置き去りのずさん対応業界内に身を置く私個人としては、「東京弁護士会がなぜ受け皿を準備しなければならないのか?」という疑問があるのですが、それはさておき、配信記事に出てくる業界関係者が語ったとされ [続きを読む]
  • 出来レース?
  • 企業法務の案件を取り扱っていると、意見書の作成を求められる場合があります。ただ、意見書作成と言っても、本当に中立公平な立場から書く場合もあれば、ある程度依頼者の意向に沿って書く場合もあり、好き勝手に作成できるわけではありません。とはいえ、ある程度結論決め打ちで意見書を作成してほしいというご依頼の方が多いのが実情です。こういった場合、私自身が依頼企業が求めている結論について、間違いない!と確信してい [続きを読む]
  • これって監修効果があるのかな?
  • 普段、薬機法(旧薬事法)に関係する広告やキャッチコピーの法務チェックを行ったりしているため、他社のリリース内容を見たりすることが多いのですが、この観点からのリリースは私個人は初めて見ました。評価等については、各人にお任せします。 ◆プレスリリースのページはこちら◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページはこちら◆◆企業のた [続きを読む]
  • もうそんな時期か…
  • 今週は雨ばかりで、気温も上がらず、なんだか秋を通り越して一気に冬が到来しそうな…という1週間でした。さて、10月も後半に足を踏む入れたばかりですが ・オリジナルカレンダーの制作案内 ・おせちの予約注文の案内といった営業がちらほら出てきました。また、裁判でも次回期日を決めるとなると、12月が指定されることもボチボチではじめました。振り返ればあっという間に1年が終わりそうです…今年は忙しい時期の負荷度が極端 [続きを読む]
  • 当事務所には影響がありません…
  • 弁護士が業界は、アディーレショックとでも呼べばよいのでしょうか、アディーレ法律事務所に対する業務停止処分による影響が、いろいろと出てきているようです。(これを商機として捉えて活動をされている? 弁護士も一方でいるような話もチラホラと…。個人的にはそういった考え方も成り立つということで、私自身は少なくとも否定するつもりはありません。)ちなみに、当事務所では、取扱実績として、「過払い」や「債務整理」案 [続きを読む]
  • まさしく事後規制社会の典型例では?
  • アディーレさんが懲戒処分を受け、業務停止となったことは当業界には激震が走ったのは当然のこととして、当業界外でも色々と話題になっているようです。今回の処分は重すぎるのではないか、アディーレのこれまでのやり方は気に食わないから当然だ等々いろいろ議論があるところですが、私個人が感じたのは、◆つい十数年前であれば事前規制で縛られていた(そもそも広告禁止だった)ので、こういった問題は生じえなかったこと。◆司 [続きを読む]
  • 民法改正と内田先生(元東大教授)
  • おそらく民法を勉強した人しか分からないタイトルだと思いますし、以下まとまりのない駄文です(笑)。最近、内田先生が書いた民法の教科書を司法試験の受験教科書として利用しやすいのか、という議論がネット上で起こっていました。私が受験生だった時、内田先生の民法の教科書はバイブル的なものとして取扱われていたため、私も内田先生の教科書(3冊、私が受験生だった当時は親族相続編は未完)を購入して読んだのですが、正直 [続きを読む]
  • 弁護士会の懲戒手続き
  • 世間一般の見方とは異なるとは思うのですが、個人的には私も「処分必要なし」という結論に賛成です。。。 ◆違約金請求のAV会社代理人弁護士“処分必要なし”はっきり言ってしまうと、ちょっといかがわしい請求・主張について、弁護士会が当・不当を判断するとなってしまうと、個々の弁護士の活動が非常に制約されてしまいますし、極論すれば、刑事弁護なんてできなくなってしまうように思うからです。(刑事意見の報道を通じて [続きを読む]
  • リセット
  • 選挙結果にもよるのでしょうけど、今年の”流行語”になりそうな予感がしますね…ところで、この”リセット”という言葉について、皆さんはどのように感じるのでしょうか?ファミコン世代の私は、対戦型ゲームをやっているときにリセットボタンを押して勝負を無効にするという荒業をなぜかイメージしてしまうので、実はマイナスの印象しか持っていません(苦笑)。でも、世間は肯定的な意味で捉えているんでしょうね。さて、今回の [続きを読む]
  • 来年1月から…
  • 大阪の裁判所(おそらく本庁のみ?)でも、裁判所内に入る際に所持品検査が実施されることがほぼ決まったようです。(※東京では既に実施済です)ちなみに、東京の場合は弁護士バッジを付けるなどしていれば、所持品検査をパスして入場することができるのですが、大阪でも同じ運用になるのでしょうか。冬はともかく、スーツの上着を着用しない夏の期間中は弁護士バッジをつけることがまずありえないので、ちょっと面倒になりそうで [続きを読む]
  • 攻めの法務
  • 企業の法務案件を取り扱っていると、よく「攻めの法務」というキーワードが出てきます。なんとなく言わんとすることは理解できるのですが、結局のところ、グレーゾーンに突入した場合どこまで法務リスクを甘受するのかの一言に尽きるのではないかと個人的には思っています。なので、このキーワードが出てきた場合、私は「攻めの法務」は「責めの法務」に通じる(※)ということを説明しているのですが、意外と受けが良かったりしま [続きを読む]
  • よそ者の私が言うのも何ですが…
  • 広島弁護士会に所属する弁護士は、みなさん広島ファン(野球)なのでしょうか。。。 ◆カープ連覇記念「広島弁護士会」が無料法律相談券を配布、期限は「次に優勝するまで」いや、私は利害がないので別に口をはさむつもりもないのですが、大阪弁護士会が、仮に阪神が優勝したときに同様のサービスを提案した場合、相当異論が出てきそうな気がしたので…。◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆I [続きを読む]
  • さて、どのタイミングで切り出すか
  • 知人からのご紹介で、相当焦っているよう方だったので、簡単な無料メール相談に応じたところ、今すぐにでも電話で相談に乗ってほしい、早急に来所して話をさせてほしい等々、だんだん要求が大きくなってきました。本音としては、「私は時間の切り売り商売をやっているのであって、いつまでも無料相談に時間を割くつもりはない」と言いたいのですが、どのタイミングで言いましょうかね…。おそらくこちらから有料であることを指摘し [続きを読む]
  • ひさびさの不意打ち?
  • 最近、訴訟案件は和解で終わることが多かったのですが、この前久しぶりに判決をもらいました。当方が損害賠償請求を行っている側であり、手応え的には全面敗訴は無いだろうと思いつつ何かしらの減額があるかもなぁ…と予想していたところ、判決主文だけを電話で聞き取った限りでは残念ながら満額勝訴とはいきませんでした。(※遠方の裁判所であるため、判決主文のみ電話で書記官より聞き取りました)ただ、認容金額について、私が [続きを読む]
  • 魅力…ありますか?
  • 司法試験の受験者数が減少傾向にあるという話は聞いていますが、こういった取り組みが功を奏するのでしょうか… ◆AI専門の法律家育成=宇宙分野も、東京弁護士会―「法曹離れ」歯止めにちなみに、上記リンク先の記事を読むと、法曹離れの原因は「弁護士は食えないというイメージが広がってしまった」という点にあると指摘されています。この指摘を前提にするのであれば、それこそ「弁護士になればこんだけ儲かるんだぜ!! ヒ [続きを読む]
  • 違約金の請求
  • 某女優さんが妊娠・結婚したことで、莫大な違約金が発生するのではというニュースが配信されています。一方でそもそも違約金を契約に定めること自体違法ではないかという主張もあるようです。いろいろな考え方があるかと思うのですが、私個人の狭い実務経験を通じた印象としては・事業者間取引の場合は原則違約金条項は有効と考える裁判官が多い印象。 違約金請求を受ける側で不当性を一生懸命主張立証しない限り、違約金請求が認 [続きを読む]
  • スモ休
  • 勤務中に喫煙で離席することについては、労務問題を取り扱っていると結構いろいろな場面で問題になってきているように感じます。特に、残業代請求を受けた場合、よく会社側から「毎日1時間程度はたばこで離席しているのに、その分も労働時間カウントして残業代を支払う必要があるのかおかしい」と言われたりします。(個人的には休憩時間になるのではという気がしているのですが、仮に休憩時間に当たるとしても、実際問題として裁 [続きを読む]
  • そういえば最近は弁護士連名の通知書をみなくなったな…
  • 複数名(5名以上)の弁護士名が連記してある通知書を受け取り、「こんなにたくさんの弁護士がついて、大丈夫なんですか!?」と焦っているご相談者をよく見かけるのですが(※)、最近、弁護士名が複数連記されているパターンを見なくなりつつあります。※この種のご質問を受けた場合、通常は1〜2名しか事案を把握しておらず、担当と明記されていない弁護士は”お飾り”にすぎない可能性が高いので、大丈夫ですよとアドバイスした [続きを読む]
  • 会議が中止に…
  • 全国ニュースで配信されているかどうかは分からないのですが、関西では大きなニュースになっている、吹田(すいた)市を中心とした停電事故ですが、思わぬ影響を受けました。というのも、本日午後は吹田市に事業所を構えるクライアント様を訪問する予定だったのですが、朝早々に担当者より電話があり、「停電で仕事にならないので、今日の会議は中止してほしい」という連絡が入ったからです。思わぬ形で予定がぽっかり空いてしまい [続きを読む]
  • 新たな業務分野の開拓?
  • 昨年から、某大学の研究者の方と法務コンサルティング契約を締結し、法務的な視点からのアドバイスを行う業務を行っています。営利とは関係のない視点からのご相談になることも多く、なんだか色々な”気づき”があって非常に刺激的である反面、一般的な企業法務案件とも個人案件とも異なる分野のように感じています。かなり手探りで業務を進めているのですが、新しい業務はゴールに着くまで非常に苦労しますが、ゴールした時の達成 [続きを読む]
  • お盆休みが終わってしまった…
  • お盆休み6日間(11日〜16日)のうち、3日間は出勤し事務所内に籠っていました。書面作成はある程度のところまで進んだので、少し気が楽になりました。一方、お盆休み中にプライベートでやっておきたかったドラゴンクエスト11についてはほぼ手付かずでした…ダメだ、仕事人間になっている(笑)◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページはこちら◆ [続きを読む]