ろいやー さん プロフィール

  •  
ろいやーさん: 弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ハンドル名ろいやー さん
ブログタイトル弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/law-yuhara/
サイト紹介文弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)
自由文2001年に大阪で弁護士登録し、以来、大阪弁護士会所属の弁護士として活動しています。
法律に関する情報や日々の出来事、その他私個人の経験談等を記載していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/12/11 10:23

ろいやー さんのブログ記事

  • 久々に点数をつけられる
  • 1月から開始した、大阪商工会議所主催の労務セミナー全5回を無事終了させました。実質1ヶ月で5回もセミナー講師を務めたのは初めてであり、正直、他の仕事との関係上きついときもあったのですが、達成感は大きいです。さて、大阪商工会議所の担当者の方にお礼メールを出したところ、返信内容に気になる事項がありました。それは…「4回とも90点以上であり、うち3回は95点以上…」という記載です。(※5回目終了直後のやり取りであ [続きを読む]
  • 非弁提携のお誘いかな…?
  • 東京で活動しているコンサルタントと名乗る方から、インターネット上で誹謗中傷を受けているクライアントを紹介したいが引き受けてもらえないか、という問い合わせの電話が入ったようです。(私が直接電話応答していないため、あくまでも伝聞です)当事務所では、新規での誹謗中傷対応(削除要請や発信者の特定など)は断っているので、形式的にお断りして電話は終了したものの、よくよく考えるとこれってヤバイやつですよね…コン [続きを読む]
  • 悪法も法なり
  • 配信ニュースを見て、まず最初に頭に思い浮かんだ言葉がタイトルの通りです。 ◆自営業者ら批判の声=確定申告初日、佐川国税長官に「悪法も法なり」と本件とは異なるのですが、批判したところで納税義務を免れることはできませんし、怒りの感情を持ったところで結果的には無駄なエネルギーを消費しているだけなんですよね。。。粛々と確定申告手続きを進めます…◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこ [続きを読む]
  • これはお医者さんだけの問題ではないよね…
  • ネットで仕入れた中途半端な法律知識をもとに、相談者からからあれこれ言われても対処しようがない…というのは私自身も何度か経験したことがあります。法律の間違った知識に基づいて行動をとった場合、直ちに生命・身体に支障を来すわけではないのが通常ですが、医療になるとそうは言ってられませんね。 ◆<検索>正しい医療情報を見つける方法 医師に聞いた翻って考えると、この問題は医者や弁護士に限らず、専門職として活動 [続きを読む]
  • ワークライフバランスと節税(失敗)
  • 一昨年、目ん玉が飛び出るくらいの税金を持って行かれたので、昨年は少しスポット案件の受任を減らし、時間に余裕を持たせることでワークライフバランスの実現に努めてみました。今日、顧問の税理先生から昨年の決算概要について説明を受けたのですが、予定通り売上は一昨年より5%程度落ちていました。「お、これで一昨年のような納税は生じないな」と思っていたのもつかの間、経費欄を見ると、なんと約12%削減できている…そし [続きを読む]
  • 隣の芝生も青くない…
  • AI化で仕事がなくなる!と言われて久しいですが、私と同じく「士業」と呼ばれる、司法書士、行政書士、社会保険労務士さんにける業務についてもAI化の波が押し寄せているようです。 ◆AIに勝つ!社労士・司法書士・行政書士(週刊エコノミスト)AI化の話が出た時、いつもぼやいているのですが、私としては、「AI化する前提として供給しなければならない、情報の提供者側になりたい」と思っていますが、まぁ、そんな機会は巡って [続きを読む]
  • コトバはコワイ
  • 昨日、毎日新聞の公式ツイッターで、今話題の加計学園の獣医学部に受験者が殺到しているという事実について「これでいいのか」という投稿をしたことが話題になっていました。いくら某首相憎しといえでも、受験生が受験申し込みを行ことに何らの罪はないわけで受験生を非難するようにしかとれない”この投稿”はいくらなんでもないわな…と思っていたところ、案の定、毎日新聞は本日謝罪に追い込まれたようです。◆毎日新聞が謝罪  [続きを読む]
  • 余計なことを考えるのは楽しい
  • 1月、2月は大阪商工会議所で労務問題に関するセミナーを合計5回行うことになっておりなかなかハードなのですが、3月に公益社団法人大阪府工業協会にてPL(製造物責任)法のセミナーを行うことになりました。法律の専門家ではない方々に聞いていただく以上、どういった内容で話をすればよいのかなかなか絞り込みが難しいのですが、色々本を読んでいると、結構な裁判例が出ていることが分かります。これら裁判例をある程度引用しなが [続きを読む]
  • 法務コンサルティング
  • 従前より、資格を持たないコンサルタントの先生方は何でご飯を食べることができるのだろうか?という疑問を持ち、色々と自分なりに研究をしていたのですが、ある方より、「顧客に提供する商品となるコンサルティングブック(=顧客に提供するマニュアル一式)を作成してみてはどうか」というアドバイスを受けたことがありました。(※要はコンサルティング内容の見える化と言ってよいかと思います)このアドナ椅子を受け、隙間時間 [続きを読む]
  • 文字通り受け取ってよいものか…
  • 今年は1〜3月の間に6回の講演を行うことになっています。なかなかハードな講演頻度なのですが(実は、新年の業務開始から約2週間しか経過していない現時点で既に2回実施済み…)、講演で一番悩ましいのは、果たして聴講されている方々に本当に話が伝わっているのか?という点です。私の場合、主催者側にアンケート結果を教えてもらい、今後の改善点などを探るようにしているのですが、今年行われた2回の講演については、今のところ [続きを読む]
  • 他の弁護士は回答するのかな…
  • 私の場合、新規のお問い合わせが比較的ホームページ経由が多いため、ホームページ上に問い合わせフォームを設置しています。ただ、この問い合わせフォームについて、具体的に質問事項を記載して回答を求める、という内容になっていることが、ままあります。今のところ、私は無料相談は受け付けないというスタンスを取っているので、要旨「メールでの無料相談は受け付けていないこと、ご理解願います」という返信を行うようにしてい [続きを読む]
  • 大阪本庁における所持品検査
  • 今週から大阪本庁でも入館時における所持品検査が行われるようになりました。私は、今日が今年初めての大阪本庁での裁判期日があったので、どんな状況なのかとややワクワクしながら(?)行きました。夕方出廷したためか人もまばらだったため、混乱は一切内容でした。なお、弁護士の場合身分証明書を見せれば、警備員さんが”どうぞ〜”という感じで検査なしで通り抜けが可能でした。また、私が勘違いしていたのですが、裁判所敷地 [続きを読む]
  • 弁護士業界に未来はある?
  • なんだかツイッター界隈で、表題に関するやり取りが多く行われているようです。まぁ色々な意見があるとは思うのですが、個人的には、弁護士業界が何らかの理由で再び活性化し(例えば過払いブームのようなもの)、その活性化の波に乗れるのかという他力本願的な意味で考えるのであれば「未来はない」というほかないと思います。一方、自分で道を切り開くという観点から考えるのであれば、未来があるか否かは各人の捉え方ですので、 [続きを読む]
  • 冬期休暇中の電話応答
  • 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。さて、当事務所は本日より新年の営業を開始したわけですが、電話の着信記録を確認したところ、冬期休暇中に約10件ほどの着信があったようです。顧問契約を締結しているクライアント様やご依頼者様については登録してあるので、誰から電話があったのかすぐ分かるのですが、未登録の番号ばかりだったので現時点では当事務所とお付き合いがない方からの電話であった [続きを読む]
  • ようやく芽が出てきた?
  • いろいろ異論等はあるとは思うのですが、法律事務所を経営する者として、どうやった事務所を維持運営するかは日々考える必要があります。幸いにして今のところは何とか維持運営できていますが、今後どうなるかは正直見えてきていません。私の場合、営業ツールがほぼホームページになっているところ、昨今のグーグルのポリシー変更にどこまで対応できるのか、どこまでいっても不安が付きまといます。そこで、今年は”地上戦”とでも [続きを読む]
  • あともうひと踏ん張り
  • いよいよ今年の営業日も来週までとなってきました。人間心理とは不思議なもので、あれだけ和解解決が難しいと思われていた案件につき年内という人為的区切りがあるがために、年内解決の話が急に出てきたりするため、最後の最後まで気が抜けません。別に年末年始に何か楽しみがあるわけではないのですが、とにもかくにもいつも通り、できることをやっていくというスタンスで年の瀬を乗り切っていくつもりです。◆弁護士湯原伸一(リ [続きを読む]
  • 言いたいことは理解できる
  • 上野動物園のパンダ報道につき、少なくとも関西在住の私からすれば、なんでそんなに騒いでいるのかよくわかりません。というのも、和歌山県の白浜アドベンチャーワールドではパンダが飼育されているからです。なので、和歌山県知事が次のようなボヤキ(?)を出すのも、個人的には理解できます。 ◆「パンダは和歌山にも」知事、シャンシャン報道に注文ちなみに、数年前に上野動物園のパンダの繁殖失敗の際、マスコミはあたかも日 [続きを読む]
  • インターン?
  • 当事務所では70期司法修習生の採用を決めており、先日、その修習生より無事2回試験を突破した旨の報告をもらいました。来年1月から弁護士登録を行い、いよいよ弁護士としての活動をスタートしてもらう訳ですが、12月もまだ半ばであり少し時間があります。この期間中について私からは、自由に過ごせばよいとアドバイスしていたのですが、本人より事務所で勤務したいという申し出があったので、年末まで事務員待遇で働いてもらうこと [続きを読む]
  • 弁護士委任契約書の作成は難しい?
  • 弁護士の懲戒処分について報道配信されていましたが、読売さんだけ弁護士の言い分につきすこしニュアンスが異なることが書いてあったので、ちょっと気になりました。 ◆「このミス」大賞の作家弁護士、業務停止1か月読売さんの配信内容によると、懲戒対象となった弁護士の弁明として 「契約内容が複雑で、(弁護士委任※)契約書を作れる状況ではなかったと説明した」と記載されています。(※の部分は私が追加しています)私が [続きを読む]
  • 『メーカー希望価格 < 小売価格』の悩み
  • 一般的にメーカーが小売店の小売価格を指定することは、独占禁止法上の「再販売価格維持の禁止」に該当するためNGです。ただ、もともとこの再販禁止は、小売店による”値下げ”を防止したいメーカー側を規制することに目的が置かれているといわれており、事例で出てくるのは”値下げ”のパターンのみと言ってよい状況です。ところが、近年、私も相談を受けることが増加しているのですが、メーカーが把握していない商流を通じて転売 [続きを読む]
  • 被告が第1回口頭弁論に欠席する「権利」
  • 某裁判で、被告本人及び代理人が書面(答弁書)のみ提出し、出頭しなかったことについて憤っている方もいるようです。が、裁判手続きに携わっている者からすれば、筋違いまたは民事訴訟法の理解不足を露呈しているというほかありません。しかし、ずっと思っているのですが、なぜ法律上欠席することが認められているにもかかわらず、マスコミは「1回目に出頭しなかったことはけしからん」という論調になるんですかね…いい加減に正 [続きを読む]
  • そういえば…
  • 私が知っている限りの情報では、来週からアディーレさんの業務停止処分が解けるはずですが、アディーレさんはすぐに業務再開するのでしょうか。アディーレさんのWEBを見ても、12月11日から直ちに業務再開するとまでは明言していませんし、(まぁ、現時点では書けないと思いますが)何かリリースがあったわけではないように思います。来週からの動向に、同じ業界内で従事する者として注目です。ちなみに、アディーレで検索すると他 [続きを読む]
  • 電話会議による弁論準備は地域差がある?
  • 私が電話会議システムを用いて弁論準備手続きに参加する場合、これまでは ・担当書記官より電話がある。 ・当職の本人確認を行う。 ・確認後、すぐに裁判官と代わって手続き開始という、電話で呼び出しを行う際(手続き開始前)に裁判官が同席しているというスタイルのみ経験してきました。(ちなみに、私が出頭し、相手方弁護士が電話会議システムを用いる場合も裁判官が手続き開始前から同席しているスタイルのみ経験していま [続きを読む]
  • 2回試験終了から合格発表までの期間
  • 当事務所に入所予定の修習生より、2回試験(※)を無事終えたこと、あとは発表末のみという連絡がありました。(※2回試験とは、我々の業界用語で、司法試験合格後に行われる研修期間を修了させるための試験のことを言います)この連絡の際に、修習生の方より「どう過ごせばいいですか?」という問い合わせがあったのですが、私は一瞬「何を言っているんだ!?」と思いました。というのも、自由に過ごせばいいじゃん!という頭しか [続きを読む]
  • 計画停電
  • 事務所が入居しているビルが、メンテナンス等の関係で計画停電を行うとのことです。OA機器はもちろんのこと、冷蔵庫などの電化製品についてどうすればいいのか(単純にコンセントから引っこ抜けばいいのか)調べているのですが、意外にも取説には書いていません。仕方がないので、メーカー等に問い合わせるなどしているのですが、ビジネス電話についてはNTTより「特に対処不要だが、稀に故障する場合がある。」という、え!?…と [続きを読む]