uruka爺さん さん プロフィール

  •  
uruka爺さんさん: うるか爺さんの鮎釣りライフ
ハンドル名uruka爺さん さん
ブログタイトルうるか爺さんの鮎釣りライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/uruka-1212/
サイト紹介文鮎釣りを中心としたブログで、鮎釣りに関する薀蓄や釣り日記を主に記載。時には病気、医療関係も。
自由文鮎釣りでセカンドライフを楽しんでいます。
今では常識とされているような「名人」の理論に敢て逆説的に挑戦するような文章も記載しています。
決して否定しているのではなく、「別の視点から考えてみる」ということに挑戦したものです。
また、様々なアイデアも記載していく予定です。読者様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/12/12 11:06

uruka爺さん さんのブログ記事

  • 「ブログのコメント」
  • ブログのコメントを受け付けなくなってから久しい。 文章を良く解釈できない方々からの心無いコメントがあると、非常に気分を害するからです。 有名ブロガーだった方が何人かブログを止めていますが、そういった方々も、そんな 心無いコメントに傷つけられたからでしょう。 某チャンネルなどで無責任にブログ内容についてぼろくそに述べているのを、随分前に 読んだことが有りますが、気分が悪くなって、それ以降見ないことにして [続きを読む]
  • 「川釣りと海釣りの違い」
  • 最近モロコ釣りに通っているが、つくづく川釣りは「後始末が楽」と感じます。 前回釣行した竿や、リールはそのまま車に積んだままで放置しておいて何の問題も無し。 次回釣行は、降ろした荷物を積むだけである。 海釣りではこうはいかない。 帰宅したらまずは釣り道具を全て水洗いしなくてはなりません。 竿や、リールに塩分が付着すると、すぐに錆びるし、ラインも塩気を抜いてやる必要が あります。 撒き餌を使う釣りなら、餌が [続きを読む]
  • 「釣り具の整理終了」
  • 終活の一環として実施してきた釣り具の在庫整理がようやく終了しました。 最後まで残った2〜3種類は、「置いておけ」ということだろうと勝手に納得。 最後まで残ったのはチヌの掛かり釣り用の竿(ほとんど新品状態)と石鯛釣り用の リールや仕掛けである。 自分がその釣りをするのなら、喜んで購入する製品と価格なのですが・・・。 他の方に必要とされないのなら、自分で何かに使ってあげましょうかね。 しかし、使わなくなっ [続きを読む]
  • 「渓流用ベストについている輪っかの意味」
  • 季節の変わり目に出かける際に、ポシェットは面倒だが、携帯や車のキーや財布を 入れておけるものが欲しいということで、数年前に購入した中古の渓流用ベスト。 これは何かと便利でしたが、ポケット下部に何やら輪っか状のものが付属しています。 何のためについているのか訳が分からんし、見掛けが悪い。 ところが、最近になって、どなたかのブログ記事で、あれは「移動時などに竿をさしておく 竿ホルダー」であると紹介してあっ [続きを読む]
  • 「釣り具の安売り店へ行ける人がうらやましい」
  • ブログに「いとう釣具店」の大バーゲンセール開催の記事が幾つか出ています。 新製品までめっちゃ安いじゃないですか!! あんなに安く購入できるなら、もう他の店で買う気になれませんな・・・他のお店かわいそう。 当方は大混雑が嫌いなので、出かけませんが、ネットで買えませんかね・・・。 ネットといえば、かつきネットからセールの案内メールが来ていました。 もしかして、いとう釣具店に対抗する意味で、地域限定対象者へ [続きを読む]
  • 「釣行とお通じ」
  • 普段から便秘をしない体質であるが、暇でのんびりしていると、便秘をすることがある。 逆に、何か行事などが有って朝から気を張っているとお通じは良くなりすぎる。 時間的ストレスが大腸を過敏にするのであろう。 慣れているはずのアユ釣行などで、家で一度は済ましているにもかかわらず、必ず車での 移動途中で催す。 これもやはり、車の運転というストレスのせいなのか、あるいは、車の揺れが腸に対して 適度な刺激を与えての [続きを読む]
  • 「下ツケイト部の髭出しを止めるケースも」
  • 以前は、下ツケイトとの接続部にPEの編込みをして、そこからチチワ接続用の髭出しを していた。 髭出しを作る理由は、下ツケイトのチチワを結ぶ際に、PEだと柔らかくて、下ツケイトが 傷みにくいということからであった。 そして、これは単線メタルなどメタルラインがなめらかなものを使う際に、ツケイト接続部 上部10数センチほどがカールやキンクした場合に、編込みを上部にスライドさせて、 傷んだライン部分をカットす [続きを読む]
  • 「モロコ釣り、段々要領が分かってきたぞ」
  • モロコ釣りの釣果が、昨年とは雲泥の差です。 昨年は10回釣行のうち半分の5回が一桁釣果でしたが、今年は今まで6回行って 一回平均釣果が35匹と好調です。 時間的にも、午後一時過ぎには納竿していることが多いので、時間当たりの釣果は 十分満足できています。 これ以上釣ってきても、家に持ち帰って困る(笑い)。 神経質な私は、家に持ち帰ると、必ず2日間くらいは生かして、泥を吐かしています。 色々な料理もしてみまし [続きを読む]
  • 「買取店価格より6倍近くで」
  • 先日、不用品の整理をして、釣り具の売ります買います店に持ち込んだという話を した。 この時の買い取り査定価格が1900円程度で、これはいくらなんでも安すぎるというので、 知人にオークションに出品してもらったところ、その6倍程度で落札されたとのこと。 確かに買取店は売れるまでは不良在庫になるし、利益も必要なので、買いたたかれるのは 覚悟というか、計算のうちだったが・・・。 まだまだ人気のある新品だったので [続きを読む]
  • 「喜びのコメントを頂いた」
  • 30年ほど前の石鯛竿を処分したのですが、それを購入して下さった方からお喜びの 評価コメントが寄せられたとのこと。 普通に考えれば、30年以上も前の竿なんて、ましてや磯で使う竿なんて傷だらけと 思われるでしょう。 ところがこの竿、購入してすぐに転勤になり、僅か一度しか使用していない竿で、 おまけに、手持ちで釣る「南方宙釣り」という釣り方だったので、竿に傷は無くて ピカピカの新品状態だったのです。 勿論、竿には [続きを読む]
  • 「宮川上流漁協からの案内が届く」
  • 三重県の宮川上流の鮎解禁案内が届いた。 今年も昨年同様5月11日の解禁とのこと。 年券代は11000円、日釣券は解禁日から8月4日まで3100円、8月5日より2100円。 前日からの竿出しやシート等による場所取りは禁止。 疑似オトリ鮎の使用禁止。 等の注意事項が記載されていました。 年券申込書と代金振込用紙も同封されていましたが、当方は前日に行くので必要なし。 昨年は、前年までの好調(好釣)が嘘のように数が出ませんでした。 [続きを読む]
  • 「古い釣り道具を整理していて気付いたこと」
  • 手にしたものは大抵何でも大切に取り扱うし、仕舞うときも綺麗にして、錆び止めを施す ようにして、いつ取り出しても、新品に近い状態であるよう心掛けている。 それでもどうしようもないのが「経年劣化する素材」である。 ナイロンラインはフロロラインよりも随分経年劣化しやすいというのは実感としてあるが、 それでも、思ったほどではなくて、投げ釣り用のナイロンラインなどは10年以上リールに 巻いてあったものでも、普通に [続きを読む]
  • 「アイデア大賞」
  • 今まで、多くの方々のブログや釣り雑誌などから「これは便利!」と思えるものを発見 したら、すぐに「アイデアを頂き」、自分なりに若干の改良を加えて、活用させていただいて おります。 私が活用させていただいたアイデアのうち特に役立っているものをご紹介しておきます。 1、「オトリ缶の蓋に空気抜きの穴を開ける」 これは、根掛かり親父さんのブログから頂いたアイデアです。このブログでも何回か紹介。 同時に紹介されて [続きを読む]
  • 「タモ用のシッテロープ(本文)」
  • 私はタモを流失した経験が無い。 一度だけ流して、下流の釣友に拾ってもらったことがあった(ラッキーだった)が、 それ以降必ずシッテロープを付けている。 タモは川の中だけで紛失するのではなくて、意外と気づかないが、河原や藪の中で 紛失するケースも多いのです。 シッテロープのついたタモを落として、ガラガラと引きずっているのに気付いたことが 何度かあります。 さて、そのシッテロープであるが、これを取り付けてい [続きを読む]
  • 「釣り具の断舎離がずいぶん進んだ」
  • 鮎釣り用品の断舎離はその都度実施しているので、現在ほとんど処分するものは なくなっている。 むしろ、処分しすぎて、再度買い直したものもあるほどである(笑い)。 現在は、「もしかして、いつかその釣りをするかも」と思い残していたものである。 いつか使うかも、いつか使うかも、と考えて10年以上も経ったら、これは「もう使わない でしょう」と考えを切り替えるべきですな。 次ぎ、始めるようなことが有ったら、その時購 [続きを読む]
  • 「釣り具の「売ります買います店」で茫然」
  • 一通り、今後使わないであろう釣り具の竿やらリールやらをオークションで処分して ホッとしたのもつかの間、納戸の奥から投げ釣り用のオモリがわんさかと出てきました。 さらに、さらに、未使用の「名人監修のどんぐりウキ」もわんさかと出てきましたぞ。 これを、またまた知人に頼んでオークションに出品してもらうのも面倒だし・・・。 ということで、行ってきました「釣り具 なんでも 売ります買います」のお店へ。 初めての [続きを読む]
  • 「知人に銀影競技MT85・Vを推奨」
  • 知人から、鮎竿を買い替えたいが、どんな竿が良いかとの問い合わせ有り。 それならばと、鮎用品を多く揃えていて、信頼できる「かつき釣具店」を紹介し、 ダイワの新製品である「銀影競技MT早瀬抜き85・V」を推奨しておいた。 9mを使い慣れていることと「急瀬」を購入してみたいとの考えもあるようなので、 それも候補に。 さて、彼はどの竿に、そして、どの長さに決めるのかな? それに合わせて、完全仕掛けを作ってプレ [続きを読む]
  • 「人生の終活に向けて、不要品の整理に取り掛かる」
  • 長い釣り人生でしたが、ほとんどが週一回土曜日だけの釣行だったので、トータル 釣行回数はさほど多くない。 それでも、釣り具には凝る方なので、「高級品を購入して大事に使う」をモットーに、 色々な釣りに手を出してきたところ、釣り道具の在庫が沢山になった。 高齢になって、以前のような磯釣りなどのような無理は出来なくなってきました。 そろそろ終活期に差し掛かり、ここらあたりでボチボチ「今後使わないであろう」と思 [続きを読む]
  • 「日産からリコールが終了した車の所有者にクーポン」
  • 日産からリコール作業を早期に終了された方にと「次回新車購入時キャッシュバック クーポン」を80000円分送付してきました。 考えようによっては「上手いやり方」ですな。 これって、値引き交渉終了後に「実はこれも有るんだけど」って80000円追加キャッシュバック してくれるのかしら? あるいは、この分も含めた値引きってことに・・・たぶんそうなるでしょう 。 ということなら、あまり有難い話ではなくなるがね・・。 まあ、 [続きを読む]
  • 「鮎仕掛けが旧式に逆戻り?」
  • 近年仕掛けの太さを1〜2ランク太くするというコンセプトでやってきているが、時々 繊細な仕掛けも作って遊んでいる。 ケースバイケースで、それを使ってみたい場面にも遭遇するからである。 もう一つ、以前使用をやめていたものへの先祖がえりというか、再使用を開始したものも ある。 今回作成したハナカン周り仕掛け↓ 一番上がダイワの6mmハナカン、次が5.5mmハナカンと逆針2号、その次が4.9mmハナカンと皮打ち [続きを読む]
  • 「今年のモロコ釣りの釣果は良好」
  • モロコ釣りの記録を読み返してみると、昨シーズンは10回釣行して122匹。 それが、今年は3回で119匹! 良く釣れています。(昨年は初めてで、要領がよく分からなかったのもある) 鮎シーズン前に家に引きこもってばかりでは、体重が増加してメタボ寸前です。 やる気を振り絞って、とにかく家から出発です。 屋内にいれば、PCとテレビに首ったけで、不健康この上ない。 とにかく外へ出るだけで、運動になります。 不調が続いてい [続きを読む]
  • 「メタコンポⅢ0.04号ブラックを購入した理由」
  • メタコンポⅢの大きな特徴はそのイエロー色が見易いことにある。 ところが最初に購入した0.04号で仕掛けを作ってみると、思ったほど見易くないのです。 このブログで何度か取り上げましたが、メタコンポヘビーもイエロー色とは名ばかりで、 川ではブラックと大差ございません。 イエロー色は0.05号以上になると急に見易くなります・・色の黄色が鮮やかに見える ようになります。 ということで、0.04号を購入するなら [続きを読む]
  • 「エアーポンプ用チューブをつぶれにくいものに交換」
  • 鮎一筋さんのブログを読ませていただき、アイデアを頂きました(感謝!)。 観賞魚コーナーなどで販売しているとの回答を頂き、買い物ついでに探しました。 ワイヤー入りのエアーチューブです。 価格が1.5mで200円程度とあまりにも安かったので驚きました(笑い)。 ワイヤーが入っているということで、カット用に出してきたのがこれ↓ 何と、数十年前に石鯛釣りをしていたころに使っていたワイヤー切断用ペンチです。 今で [続きを読む]
  • 「G社新発売 皮打ちサカサの大きさ比較」
  • 新製品は手に取ってみないと分からないが、今回購入したG社の皮打ちサカサを 他の逆針と比較してみたので、参考になれば幸いです。 写真左から、ダイワ 2号、がまかつGハード2号、がまかつ競技サカサ3号、次から新製品の がまかつ皮打ちサカサ2号×2個、同1号×2個、最後の2個がマルトのエンゼルグースの 一番小さいもの×2個。 新製品は、以前の競技サカサよりは針先が若干短くなり、ハリス止め部が長くなっている。 針先は [続きを読む]
  • 「提灯釣り用竿ホルダーに一工夫」
  • 提灯釣りで、毎回困ったことがある。 竿を畳んでオトリ交換する際に竿が短すぎて肩に担げないので、足に取り付ける 竿ホルダーを利用しているが、これがくるくる回ったり、ベルトが外れることが頻発する。 提灯釣りと言えども、石のごろごろした足場の悪い川を歩き回ることが多いせいか、 あるいは、急流の抵抗によって回るのかは定かでない。 とにかく、度々ベルトを締め直したり、ホルダーの向きを変えたりしなければならなくな [続きを読む]