uruka爺さん さん プロフィール

  •  
uruka爺さんさん: うるか爺さんの鮎釣りライフ
ハンドル名uruka爺さん さん
ブログタイトルうるか爺さんの鮎釣りライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/uruka-1212/
サイト紹介文鮎釣りを中心としたブログで、鮎釣りに関する薀蓄や釣り日記を主に記載。時には病気、医療関係も。
自由文鮎釣りでセカンドライフを楽しんでいます。
今では常識とされているような「名人」の理論に敢て逆説的に挑戦するような文章も記載しています。
決して否定しているのではなく、「別の視点から考えてみる」ということに挑戦したものです。
また、様々なアイデアも記載していく予定です。読者様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2009/12/12 11:06

uruka爺さん さんのブログ記事

  • 「T○○○Xさん返事くれません」
  • T○○○Xの偏光レンズでクリップオン式の眼鏡を作って愛用しています。 メガネの度が結構変わるので、度付よりはクリップオン式の方が応用が利きます。 最初に購入したのが、カッチューレンズで枠無しのクリップオンでした。 枠無しの方がずいぶん軽く出来ます。 最近購入したのが夜用の明るいPPL75製のモアアイレンズで、枠付きのモノでした。 次回作るときには枠無しのカッチューレンズにしようと思って、「クリップオン [続きを読む]
  • 「筏・カセ釣りは止めとこうと決心」
  • 昨年から挑戦していたチヌのイカダ釣りであるが、乗り物酔いに弱い当方が挑戦するのは やはり無理があった。 強力な酔い止めを服用していくと、何とか嘔吐は防ぐことが出来たが、一般に服用 されているトラベルミンでは効果が無くて、イカダの上で何度も嘔吐した。 それでも、まだ挑戦する気は十分有ったのだが、最近の悪心・頭重を患っていると イカダ釣りなどとんでもないし、一層症状が悪化しそうである。 ということで、せっ [続きを読む]
  • 「いろんな検査を受けてきた」
  • 悪心・嘔吐の症状が良くならないので、考えられる診療科を片っ端から受診。 大手の病院では頭のMRI検査の予約を取り、耳鼻科では聴力検査や鼓膜の 柔軟性の検査をし、本日は内科で胃カメラと大腸カメラ検査の予約を済ませた。 最後に眼科も受診し、久しぶりに眼底検査もしてもらった。 それらの結果は、耳にも目にも症状と関連が疑われる所見はないとのこと。 結局は外からの検査では分からない、三半規管か脳に原因がある疑い [続きを読む]
  • 「夜間運転用のTALEX偏光レンズ購入」
  • 夕方から夜間の車運転時には対向車のライトが眩しく、視界も不良のことが多くて、いつも 気を使って疲れます。・・・(夕方のアユの入れ掛かりタイムにも竿を出したい) そこで、夜間運転適合のTALEX偏光レンズを購入してきました。 モアイレンズのモアイブラウンというレンズを選択。 可視光線透過率75%で、掛けていることが分からないほどの明るさです。 偏光カット率20%と低いので、昼間はあまり有用ではないかもし [続きを読む]
  • 「夕方・夜間用 偏光グラスの必要性」
  • 夕方遅い時間まで釣りたいが、帰りが遅くなると対向車のライトが眩しい! 年齢とともに視力が落ちてきて、眩しさも一層強く感じるようになってきました。 そこで、眩しさ対策として、クリップ式偏光グラスを眼鏡の上からかけて、対向車が ない場合には上にあげておき、対向車が来たら下すという方法や、オレンジ色の サングラスを試してみたが、いずれもあまりうまくいきません。 TALEXに夜間用の偏光グラスがあるかもしれな [続きを読む]
  • 「偽鮎シャツで良心的対応」
  • 昨日記載した偽鮎シャツの件で、購入したショップと連絡が取れ、快く返品・返金を 受け入れてくれた。 このショップは元々購入商品に納得いかない点があれば返金に応じる旨を記載 している、今どき珍しい良心的なショップでした。 仕入れを依頼している仕入れ店から卸された商品で、偽物とは気が付かなかったとのこと。 確かに「税関」をパスしてはいますが、さすがに税関もこんなニッチなシャツまでは 気が回らなかったのでしょ [続きを読む]
  • 「偽物の可能性大の鮎シャツ」
  • 数か月前に購入したダイワの「スペシャルアイスドライジップアップ長袖メッシュシャツ」 同じLサイズばかり、ほぼ毎日のように出品されていますが、どなたかが「自分の 持っているシャツと少しデザインが異なっていますが、偽物ではないか」と問い合わせた ところ、たちどころに入札削除されていました。 私はそのショップとは違うところで購入したのですが、気になって調査してみました。 ファスナーがYKKではないので、これ [続きを読む]
  • 「イカリ巻器(針結び器)を使う気になった理由」
  • 鮎掛け針をイカリ状に巻く場合に、従来は手巻きであった。 これは鮎釣りを始めた時からで、もう30年以上手巻き一本である。 それなのに、なぜ、いまさら針結び器を使う気になったのか・・? それは、「滑りやすい針(ナノスムースコートやサクサス針)が発売になったから」である。 これらの針を従来通りの手巻きで結ぼうとすると、途中で針が滑ってすぐに型崩れを したり、せっかく巻きあげたイカリ針に、接着剤を付けても、すっ [続きを読む]
  • 「イカリ巻 手巻きと器械巻の合体成功」
  • 相変わらず気分がすぐれない状態が続いていますが・・・。 購入したアルファビッグの針結び器が届いたので、早速実験開始。 「途中まで手巻きしておいて、イカリ状に形を整えてから器械にはめ込んで、強く巻きあげる」 という方法を思いついて以降、一度試してみたいと思っていた。 オーナー社にそういった方法で巻けるのかと問い合わせたところ、それは不可能という 返事だったので、それなら、アルファビッグの針結びならでき [続きを読む]
  • 「毎日書いてきたけれど・・」
  • シーズンイン以来、未来記事を含めて、ほぼ毎日ブログ投稿してきたが、そろそろ お休みしようかな!? 体調もすぐれないし、あまり書くこともなくなったしね・・・。 気が向いたら「偶に(たまに)」書くことにします。 私の書いてきたことが、どなたかに、少しでもお役にたてれば幸いです。 すると鮎ブログランキング表に戻ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「ポイント20%プラスされても買うもの無し」
  • オークションのポイント追加キャンペーンが始まりました。 大抵は5%プラスがほとんどですが、たまに10%や20%が当選します。 今回、3日目で20%が当選したので、さあ、落札するぞと意気込んで探してみますが・・・・。 鮎釣り用品はもう買うものがございません!! せっかくのチャンスなのにと、必死で探したのですが・・・。 いくら安いといっても不要なものを購入すると「無駄遣い」となるしね。 やむを得ず、まだ購入 [続きを読む]
  • 「イカリケースと収納方法」
  • イカリケースには多種ありますが、私はD社とG社の2種を使用しています。 イカリ針の収納方法はいろいろと試行錯誤した結果、針がなるべく重ならずに 多く収納できる方法として、ジグザグに差し込む方法を採用しています。 色々な収納ケースで試してみましたが、上の写真のタイプではそれが可能で、 同じD社製品でもジグザグ収納できないものもあります。 G社の収納ケース(あゆっこ)は蓋の内側に板磁石とポストイット用ノリ [続きを読む]
  • 「今シーズンの振り返り・・5月(宮川上流)」
  • 今シーズンは5月の宮川上流から開始。 5月中に宮川上流へ10回釣行しているので、その分通常より釣行日数が増えている。 釣果は前半が一日平均25匹〜30匹釣れているが、後半は釣果が急減している。 5月後半は渇水と垢腐れで、瀬に鮎はついていなくて、ほとんど瀞の群れ鮎狙いだった。 5月釣行の概要を釣行メモから抜粋する。  *仕掛け:竿 SP−SF ・・軽くて使いやすいが、若干浮かすのが遅い感じ。  次回から穂持ちを硬 [続きを読む]
  • 「治ったようで治っていない・・何なんだろうこれ?」
  • 1週間ほど前に発症した嘔吐に続く吐き気が、一時ある程度回復していたのだが、 まだ、スッキリしない。 頭を振ると気分の悪さが増大する。 それ以外何の症状もない。 食事をして満腹後には、気分は改善されている(笑い)。 何なんだこれ??? やっぱり、視神経のどっかがやられているのかな〜?? それとも医師の言うように聴覚神経に異常が来ているのかな? よく分かりませんが、とにかく気分が悪い! そのうち治るだろうと楽 [続きを読む]
  • 「仕掛けへのこだわり」
  • 今までどうも仕掛けにこだわりすぎた嫌いがある。 地元の名人は太い仕掛けでバンバン釣る方がおいでるし、逆にいつまでも昔の太い 仕掛けで、オトリが浮いて、いつまでたっても一日2〜3匹しか釣れない爺ちゃんもいます。 仕掛けを変えることで、急に釣果が伸びることは確かにあります。 そういった経験があるから仕掛けにこだわってきたのですが・・・。 どうも「それほどこだわらなくても」という領域にまで来てしまったような感 [続きを読む]
  • 「誂え(あつらえ)が、しっくりくるとは限らない」
  • 鮎タイツを2種あつらえで作ってもらったが、思っていたようなしっくり感が無い。 そういえば昔から背広などをあつらえで作ってもしっくりこなくて、むしろ既製品を少し手直し した方がしっくりきた記憶がある。(体形はごく平均的な中肉中背である) 鮎タイツも同様で、ドライタイツとウエットタイツの2種作製してもらったが、いずれも いまひとつである。 最初自分で採寸してそれをFAXで送って作製してもらったところ、膝上な [続きを読む]
  • 「安価な鮎シャツは本物か?」
  • 以前ブログで紹介した安価に購入できる型落ちの鮎シャツですが、いつまでも出品が続いて おり、質問者から「本物ですか? 自分の持っているものと少しデザインが違うようです」 という問い合わせがあり、この方は即座に入札削除されていました。 2011年の古いカタログを出してきて比較してみましたが、よく分かりません。 写真の角度の違いといえばそのようにも見えますし、カタログはプロトタイプですと 言われれば、そうかもし [続きを読む]
  • 「突然発症し、突然治ったかも」
  • 先日突然発症した嘔吐。 数時間で5〜6回嘔吐したが、その後嘔吐自体は治まっていた。 しかし、頭の芯というか目の奥あたりに重いどんより感が残って、吐き気もします。 熱もなければ、血圧も正常・・・。 あまり気分が悪いので、行きつけの開業医で診察を受ける。 発症原因と思われる要因を述べたが、医師は意に介しません。 患者の言うことにあまり耳を傾けてくれないばかりか、なるべく患者の思っている病名には 賛同しない方向 [続きを読む]
  • 「することが無くなった」
  • 来シーズン用の仕掛けは、既に十分在庫があることが整理して分かっている。 針巻は来シーズン直前の方が良いということと、在庫も沢山あることで、急いで巻く 必要はない。 鮎用具は既に全部洗って倉庫にしまっている。 これから長いシーズンオフに向けて、「やることが無い!」 どうして過ごそうか?・・・・喪失感・・・。 昨年はチヌのイカダ釣りに挑戦していたが、先日の「乗り物酔い症状」がトラウマに なって、しばらくは遠 [続きを読む]
  • 「X-TRAIL初の車検」
  • 3年前に購入したX-TRAILを初車検に出してきました。 日産のリコールの対応が不明だったので、最終近くまで引き延ばしての検査です。 5年間のメンテパックというのに加入していたので、今回の車検での検査費用は 不要で、追加部品とブレーキ関連の費用とエアコンフィルターなど部品交換を少し実施し、 追加費用は2万2千円ほどで済んだ。 ただ、バッテリーが弱ってきているので、交換を勧められたが、結構高価なのでぎりぎりまで 引 [続きを読む]
  • 「滑りの良い加工は針先だけにしてくれ!」
  • 鮎シーズンが終了になってくると最初のうちはまだ余韻が残っているせいか鮎道具の 出品に対し、競争入札も盛んであるが、それも次第に落ち着いてくる。 ここ数週間にそういう傾向がみられつつある。 掛け針の出品は相変わらず多いが、いつまでも落札されずに継続出品されているケースが 多いようである。 反面、仕掛け巻やらイカリ巻機の人気が高いようで、多く出品されているにもかかわらず、 競争して値段が上がっている。 イカ [続きを読む]
  • 「激しい嘔吐」
  • 昨日激しい嘔吐を体験。 乗り物酔いに弱い私ですが、昨日の嘔吐は初めての体験でした。 車検に出す車の説明書などを再読していたところ、突然気分が悪くなり、汗がどっと出て めまいふらつきに続いて嘔吐です。 乗り物酔いや船酔いは何度も体験していて、数回の嘔吐で治りますが、今回は 数時間、何度も繰り返して嘔吐したのです。 下痢はしていないし、発熱も無しなので食あたりではない。 思い当たる原因は、玄関先で資料を読ん [続きを読む]
  • 「髭出しのメリットとデメリット」
  • 下ツケイトの接続部位を髭出しにするか水中糸に直結するか・・・。 髭出しは作るのが面倒で、チチワ結びもしにくいというデメリットがある反面、柔らかい 髭部分に結べるので、ツケイトの結び目が傷まないというメリットがある。 一方、水中糸に編みつけして、そこに直結する方法は、編みつけ部に接着剤を付けるため、 その部分が硬くなり、結んだツケイトが擦れて傷みやすい。 更に、編みつけ部に接着剤を付けて、結びこぶを作っ [続きを読む]
  • 「釣果と関係ない繊細仕掛けを作ってみた」
  • 繊細な仕掛けを作ったからといって釣果には結びつかないことが多い。 ただ、繊細に綺麗にできると気分が良いという自己満足を求めているにすぎないかも。 最後の結び目を細く仕上げてみた↑ 今まで作製していた仕掛け↑ (最後の結びこぶが気にかかる) 違いは最後の団子結び(固結び)の後、2回くぐしをして瞬間接着剤を付けたこと。 ダイワのホームページの鹿子嶋氏の仕掛けづくりビデオを参考にしたものである。 PEは瞬間接 [続きを読む]
  • 「イカリ針ケースとシッテロープ」
  • イカリ針ケースはベストのポケットから何度も出したり入れたりするので、ポケットから 川に落ちる頻度も高くなる。 そこで、必ず小型のシッテロープを付けている。 写真右端のシッテロープは既製の市販されている小型シッテロープで、非常に使い勝手が 良い。 左の2つはタモ用のシッテロープを改良する際に切り取った切れ端を再利用したもの。 このシッテロープは重いイカリ針ケース用に作製したもので、丈夫にできている。 ロー [続きを読む]