uruka爺さん さん プロフィール

  •  
uruka爺さんさん: うるか爺さんの鮎釣りライフ
ハンドル名uruka爺さん さん
ブログタイトルうるか爺さんの鮎釣りライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/uruka-1212/
サイト紹介文鮎釣りを中心としたブログで、鮎釣りに関する薀蓄や釣り日記を主に記載。時には病気、医療関係も。
自由文鮎釣りでセカンドライフを楽しんでいます。
今では常識とされているような「名人」の理論に敢て逆説的に挑戦するような文章も記載しています。
決して否定しているのではなく、「別の視点から考えてみる」ということに挑戦したものです。
また、様々なアイデアも記載していく予定です。読者様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/12 11:06

uruka爺さん さんのブログ記事

  • 「高かった車の修理費」
  • 先月下旬の事故で修理に出していた車が、ようやく直ってきました。 3週間以上かかりました。 修理費用を聞いてびっくりです。 全部で70万円以上だったとのこと。 事故の後普通に走れていたので、そんな大きな損傷を受けていたとは思いませんでした。 自己負担はゼロなので、当方の負担はないのだが、損保会社に申し訳ない気持ちです。 次回からの掛け金が増えても文句は言えません・・・感謝感謝です。 ただ、少しトラウマが残り [続きを読む]
  • 「色の見易さ考」
  • 色の見易さについて考えてみた。 黒色は全ての光を吸収するので黒く(暗く)見え、白色はすべての光を反射するので 白く見えるというのは誰しもご存じの理論である。 だからといって、必ずしも黒色が見難く、白色が見易いということにはならない。 周りの色との比較によって見易くなったり、見づらくなったりする。 一般的に見易いというイエローやオレンジ色でも、我が家のように白っぽい色で 統一された室内では、非常に見づら [続きを読む]
  • 「今シーズンの鮎仕掛けづくり?」
  • 冬季は本当に暇である(笑い)。 昨シーズンはこの時期には針を巻いたりし始めていたような気がするが、今年は まだ何もしていない。 「何もしていない」のではなくて、「することが無い」のがつらいところである。 イカリ針は昨年の残りがある上に、滑りの良い針は既成イカリ仕掛けを幾つか購入 しているので、在庫は十分ある。 せっかく「針結び器」を購入したのに、お遊びで巻く練習をする程度になりそう。 天井糸からハナカン [続きを読む]
  • 「やった〜!! 日本 金・銀 万歳!」
  • やってくれました!フィギャースケート羽生選手、宇野選手が金・銀です。 ハラハラ・ドキドキしながら観ていましたが・・・ 素晴らしい! 感動で、涙が滲みましたぞ。 感動をありがとう!!! この金メダル獲得で、後に続く競技にも弾みがつきましたな。 頑張れ 日本! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ テレビ [続きを読む]
  • 「綺麗な色でラッピングされた曳舟」
  • 鮎用品のオークションで曳舟を検索すると、非常に鮮やかなラッピングを施された 曳舟が沢山出品されています。 当方は1シーズン終了すると、傷ついた曳舟を再塗装していましたが、そこは素人の 悲しさで、凸凹が出来たり、塗り斑が出来たりしていた。 なるべくキズが付かないようにするにはどうしたらよいだろうかと思案したことがあり、 その時に思いついた方法が「ラップシールで覆う」方法と「エポキシ樹脂系の塗装を 施す」 [続きを読む]
  • 「私が藪医者を許せない理由」
  • 子供のころなりたかった職業の欄に「医者」と記載しています。 貧乏農家の長男に生まれ、まだ「進学」などと言う言葉を聞いたことが無かった時代です。 子供のころから、お前は長男だから百姓の跡継ぎだと言い聞かされて、自然とそうなる ものだと思い込んでいた。 だから、近所の子供たちがソフトボールやチャンバラごっこをして遊んでいるときでも 私は、鍬を持って田畑を耕す手伝いをさせられていた。 後になって、虚弱体質の [続きを読む]
  • 「ダイワの新製品ジェットエアー」
  • カー電源と乾電池の両方が使えるエアーポンプを購入したが、その後、ダイワの カタログで同じ仕様のエアーポンプを発見。(本年4月発売予定) エアー量1.5L/分と相当パワーアップしているようですな。 当方が購入した1.0L/分のモノより1.5倍もの空気供給量となっています。 一方、乾電池の連続使用時間は50時間から15時間へと急減しています。 モーターがハイパワーになるのは良いが、その分電池の寿命が短くなるという [続きを読む]
  • 「アーマードのグリーン色」
  • 発注していたアーマード0.08号150mグリーンが届いた。 早速、色比べを実施。 グリーンはこんな色です↓ 両方のラインを引き出して、見易さを比較してみましたが、室内の蛍光灯の下での 比較なので、明確な判断は下せません。 バックが白やベージュ、ブラックで比較してみたが、両者に見易さの差はあまりなかった。 敢えて言えば、今回の室内の比較ではグリーン色の方が見易かったという結論には なった。 戸外、そして川では [続きを読む]
  • 「ソールの張替をすべきか、新しいのを買うべきか」
  • おび♂ さんのブログを読ませていただき、自分もソールを張り替えるべきか、新しい ものを購入すべきか迷ったことを思い出した。 鮎タビは割合酷使するから、ソールとともに本体の方も傷みやすいので、そこが 思案のしどころである。 渓流用のウエーダーなら、使用頻度が少ないので、本体の水漏れなどが無ければ ソールを張り替えようと思っている。(まだ張り替えたことは無い・・ソールが減っていない) 鮎タビのソールを張り替 [続きを読む]
  • 「回転不足?」
  • 女子フィギャーで日本選手がしばしば指摘されて減点されるのが、「回転不足」と いうやつですが・・・。 以前は浅田選手のトリプルアクセルで何度も減点対象となり、最近では宮原選手が 度々減点されています。 テレビで見ている限りでは綺麗に回転しているように見えます。 スローモーションで見ると「体はきれいに回転しているが、スケートが若干回転不足」と いう点で、両選手に共通しているものがあります。 何度も指摘、減点 [続きを読む]
  • 「曳舟の購入に迷う」
  • オークションの毎日くじで多くポイントがもらえる時に迷った製品のひとつが曳舟。 現在はD社の普及品(速攻投入口仕様)のAX700とBX800Sを持っている。 D社の曳舟は仕上げや機能的に優れているので気に入っているが、水流抵抗が 大きいように思える。 一度S社の曳舟を購入して使ってみると、水流抵抗がずいぶん少なかった印象がある。 ただ、S社の曳舟は材質や仕上げがあまり良くなく、魚投入口の設計が、私には [続きを読む]
  • 「鮎釣り用エアーポンプ」
  • 随分迷った挙句に、車電源と乾電池の2WAY仕様を追加購入。 既に車電源専用の強力なエアーポンプを持っているが、これは遠方から、ある程度多くの 鮎を弱らせずに運ぶためのもので、非常に重宝しているが、車への積み下ろし時には 電源を抜かねばならず、その際にポンプのついた蓋と、通常の蓋を取り換えねば ならないというのが、不便であった・・電気コードの差込口に水が掛かって、故障した 経験があるので、面倒でも、いちい [続きを読む]
  • 「安いときにアーマードを追加」
  • オークションで安く購入できるチャンスがあったので、この機会にと普段はめったに 買えない牛肉を入札。 釣り道具はもうほとんど買いたいものが無いが、何とか絞り出して、カー電源も使える エアーポンプを購入。 迷ったのが、アーマードで、前回0.06号150mを購入しているので、今回は0.08号か 0.1号かで随分悩む。 ネットでアーマード関連の記事を検索してみると、0.06号をマイクロスコープで計測した 写真が見つかり、それ [続きを読む]
  • 「釣竿とゴルフクラブ」
  • フィッシングショーの開催が相次いでいる。 新しい釣り竿が発売になると、ついつい欲しくなるのが釣り人のサガであるが・・。 毎年あるいは1年おきごとに新しい竿、それも高級竿を次々と購入しているお金持ちが いらっしゃるように伺っています。 いや、昔、金が無いのに無理して車を購入した時代がありましたが、それと同様、 ある程度無理をして購入している方も多いことが推測されます。 メーカーの宣伝の誘惑に負けてしまうの [続きを読む]
  • 「迷惑メールは急減したが・・」
  • メルアドを十数年ぶりかに変更すると、それまで送付されてきていた迷惑メールが ぴたりと止まりました。 最近は迷惑メールに分けられている方は確認もせずに削除していましたが、これだと 気にしなくていいですな。 以前は「もしかして重要なものが入っているかも」と考えて、一応確認していましたが、 最近では、迷惑メールホルダーを開けもせずに削除していたので、特に不自由は しなかったのですが、気分的にスッキリしないし [続きを読む]
  • 「途中経過で損得を語るのは如何なものか」
  • 以前、国会でも「株価が下がって年金基金投資が大損をしている」今後、年金制度が 破たんするのではないかなどと野党の議員が質問していたが、最近は一向にそういった 質問は出ませんな。 株価が上がって大儲けをしているときは、ひたすら知らん顔を決め込んで、「計算上」 損をしているときにだけ、鬼の首を取ったように追及している。 ちょっと冷静に考えたらすぐにわかりそうなものだが、そういった扇動に踊らされる 国民が多 [続きを読む]
  • 「チラシ針の巻き方で目からうろこ」
  • チラシ針の巻き方(マルト公認チラシ針の結び方)という動画を見て目からうろこでした。 鮎遊人さんの解説が非常に分かり易くて、参考になります。 https://youtu.be/IDb1QZx-Dus まず針に巻き糸を先に巻いておいてからハリスに結ぶという方法が画期的でした。 今後、ぜひこの方法で結んでみたいと思います。 すると鮎ブログランキング表に戻ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「突発性難聴」
  • 最近「突発性難聴」が時々話題になっております。 自分の発症経験から述べさせていただきます。 特徴は、 1、突然発症(原因不明) 2、大抵は片方の耳に発症 3、耳に水が入ったような感じ(耳が詰まったような感じとも) 4、音が聞こえにくい、音がこもったような感じから次第に聞こえなくなっていく。 治療は 1、とにかく早く(1週間以内)にステロイド治療を開始すること 大切なことは 1、上記特徴があれば、まず突発性 [続きを読む]
  • 「老年期障害?」
  • 相変わらず悪心が続いていますが、一日一回服用で効果が持続するという乗り物酔いの 薬であるアネロン ニスキャップというのを毎日服用している。 この薬は以前からイカダ釣りの際に服用していたが、効果が強いのに眠気の副作用が (私には)ほとんど発現しないので、気に入っている。 いろんな診療科でいろんな検査をしてもらったが、結局原因不明だし、病院でもらった 薬は効果が無い。 同じような症状の方がインターネットの [続きを読む]
  • 「チラシ用の針を購入」
  • 昨シーズン、チラシ仕掛けはほとんど使った記憶が無い。 随分前に東北の川で、何度も当たりがあるがどうしてもかからないという場面に遭遇し、 試にと3本チラシを付けると一発で掛かった経験がある。 同じ日に3回ほどそういった経験をしたため、それ以降チラシ針は予備として持参する ケースが増えた。 長良川でも縄張り鮎が何度もオトリを追っているのに掛からないのを見ていて(見釣り)、 たまりかねて、3本チラシを出すと、す [続きを読む]
  • 「うるか爺さん流、鮎用ハリスづくり」
  • かっぱさんや根掛かり親父さんがハリスづくりを紹介していたので、ついでに 私も紹介しておきます(笑い)。 随分前にこのブログでも何回か紹介しましたが、どこにあるかわからないので、もう一度 記載しておきます。 もともとは、確か「オレ鮎さん」のブログを参考にさせてもらったものと記憶していますが・・。 作業順に記載すると下記のとおりです。 1、ポットでお湯を沸かす。 2、20センチ(場合によっては30センチ)の物差 [続きを読む]
  • 「勝った負けたは見苦しい」
  • 釣り番組などでもしばしば見かけるシーンです。 自分の方が1匹多かったとか2匹多く釣ったとかと言い合うシーンです。 一匹を争う大会なら分かりますが、そうではない時に釣果を争って何になるのでしょう? ただし、仲間内で「競争を楽しむ」という場合は別ですよ(笑い)。 そうでもない時に自分の方が何匹多く釣ったと自慢している言動はあまり気持ちの 良いものではございませんな。 それゆえに、私はブログでも「何匹釣った」 [続きを読む]
  • 「釣り百景 四万十川を観て」
  • 釣り百景というテレビ番組で、先週「四万十川」の大鮎釣りが放映された。 ブログ記事で紹介されていたため、注意して番組表を検索し、録画予約していたものです。 四万十川のどのあたりかが重要だとは思いますが、なんせ、川が長いので、ポイントは どこにあるかわかりませんが、逆に、どこでも釣れる可能性があるということでもありますな。 釣っている川相や流れ、鮎の型などを見ていると、秋田県の米代川を思い出しました。 高 [続きを読む]
  • 「測り方で随分変わる血圧値」
  • 家で血圧を測定していますが、測り方で値が全然違います。 どの値が正しいの? 椅子に座って机の上に腕を置いて測定。 この時の腕の高さによって値が上下とも10以上変わります。 腕の高さを5〜10センチ高くするだけで(ほぼ心臓と同じ高さ)、10程度下がります。 ベッドの上で寝たまま測定してみました。 その場合でも、布団の上に腕を載せて、少し位置を高くすると。5〜10程度 下がります。 収縮期血圧も拡張期血圧も同じよう [続きを読む]
  • 「何十年ぶりかに車事故」
  • 無事故無違反を随分長い間続けてきていたが、本日数十年ぶりに事故を起こしてしまった。 見通しの悪い変則三差路で、いつも細心の注意を払っている場所である。 今回もいつも通り、いったん停止をし、右見て左見て、再度右見て左見て、最後に 左を見ながら右折しようとして、そろそろと進行したが、右からの車に気が付き、 ブレーキを踏んで停車。 こちらは完全に停車しているが、相手の車のブレーキの利きがえらい悪いようで、 [続きを読む]