黒潮丸 さん プロフィール

  •  
黒潮丸さん: 黒潮丸のガーデニング通信
ハンドル名黒潮丸 さん
ブログタイトル黒潮丸のガーデニング通信
ブログURLhttp://pcc-gardendesign.cocolog-nifty.com/weblog/
サイト紹介文リタイア後伊豆高原に住み、オープンガーデンをしています。近所の美術館などの花植栽を引き受けています。
自由文ハンギングバスケット、コンテナガーデニング、花壇作り、どれも寄せ植えであることに気付きました。<a href="http://www.pcc-gardendesign.net/";>PCCガーデンデザイン事務所</a>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/12/12 19:51

黒潮丸 さんのブログ記事

  • 子規と漱石の漢詩
  • 先信で「子規は漢詩のルールを覚えられなかったから俳句に逃げたのだろう。」なんて書いて大恥を晒した。 所詮私は文墨の士ではない。 子規と漱石は慶応3年(明治元年)の同年生まれである。 2人は同じ下宿に暮らすほど親友であった。 〜〜〜子規〜〜〜 夏目漱石の伊予に之くを送る 去(ゆ)けよ三千里 君を送れば暮寒(ぼかん)生ず 空中に大岳(たいがく)懸... [続きを読む]
  • 漢詩-3題
  • 〜〜〜王維・渭城の朝雨〜〜〜 先日、学友O兄より「西安から敦煌まで」の旅行記をもらって感動した。 80才を超えて1800kmのバスツアーへの単独参加である。 彼は30年前に同じコースを旅した経験があるというが、それにしても何たる気力、体力であろうか。 途中の祁連山脈は平均高度4000m、長さ2000kmという。 学識経験に裏打ちされたその所見は並みの旅行記とは隔絶し... [続きを読む]
  • 希望の党の公約―ベーシックインカム
  • 希望の党(小池百合子代表)の選挙公約が発表された。その中に「ベーシックインカム」の言葉がある。 正確には「ベーシックインカムの検討を開始する」であるが。 懐かしい。 私がこのブログで「ベーシックインカム」に触れたのは2008/10であった。 〜〜〜2008/10/24〜〜〜 「ベーシック・インカム」とは、一定額の所得を、すべての人々に、個人ベースで、無条件に交付しようという構想である。 現在の財産... [続きを読む]
  • さくらの里の石舞台
  • 9/29〜10/1と伊東さくらの里で「クラフトの森フェスティバル」があった。 並みの露店市やフリーマーケットと違ってこの「クラフトの森」は出展に審査があって格式が高いのだそうだ。 好天に恵まれていい人出であった。 毎年森本先生社中で石舞台に花を活けていたのだが、先生が亡くなってこの2年は花が無く、淋しかった。 今年、花が復活したという。 楽しみにして出掛けた。 #16... [続きを読む]
  • カード取扱い-事始め
  • 〜〜〜20年前〜〜〜 もう20年も昔、私がアメリカでマリンサーベイの講習を受けた時、講師であるサーベヤーの爺さんが(75才、今の私より7才も若い!)いとも簡単に現場(ボートの上)でクレジットカードでの入金を受け付けていたのに衝撃を受けたものだ。 日本でその当時のカード取扱いはしかるべき店舗を持った営業体でどこぞ?の協会の審査に合格し、5万円もするカードリーダーを購入し... [続きを読む]
  • 神縄断層―伊豆半島の付け根
  • 、妻が「神縄断層見学」のバスツアーに参加した。 「神縄(かんなわ)断層」とは静岡県小山町で見られる伊豆半島が本州にくっ付いている現場である。 私は数年前に行ったことがあり、その感激をあまり語るものだから今回東海バスのこのツアーを見付けて妻だけ参加したのであった。 これが現場である。 無造作にコンクリの擁壁が迫っているが、この工事をした時には断層と知らなかったらしい。 右... [続きを読む]
  • 灯台3-若山牧水と神子元島
  • 前に若山牧水が神子元島に友人を訪ね滞在したと書いた。 どんな所だったのか。 たまたま牧水の「灯台守」という短編小説を見付けて読んだ。大正2年(1913)に書かれたものという。 当時牧水は28才、結婚し1子が生まれたものの生活は安定せず、自身の短歌結社の機関誌「創作」の発行に苦労している時期であった。 牧水は神子元島の灯台に勤務していた早稲田時代の学友Kに誘われるままに島... [続きを読む]
  • 灯台-2
  • 前に私が灯台フリークである所以を書いた。 それぞれの灯台の光り方(灯質)を光る灯台模型を作ってみたいと書いた。 あわよくば売り物にしたかったのである。 灯台フリークは日本より海外に多いので世界に売ってみたかった。 〜〜〜電子回路の外注〜〜〜 思い通りに灯台を光らせるにはLEDライトと電子回路が必要である。 私にはその基礎知識すら無いので外注す... [続きを読む]
  • 灯台モード
  • このところ俄かに灯台モードである。 きっかけは「灯台はそそる」(不動まゆう)の書籍広告であった。 小さな広告だったが気をそそられて発注した。8/11。 著者は海事には関係の無い普通のOLだが、どこでどう狂ったか灯台愛が嵩じて個人で灯台のブログを運営し雑誌を発行している。 現在も夏休みで遠出してイギリスあたりの灯台を経巡っている。 内容は私としては特に共感も感動もなかった... [続きを読む]
  • 一帯一路対応と北方領土交渉
  • 〜〜〜海の日〜〜〜 今日は海の日である。 中国の一帯一路構想と、ロシヤとの北方領土交渉について考えた。 一帯は陸路であり、一路は海路である。 日本は一路にどう対応するか。 〜〜〜北極海航路〜〜〜 地球温暖化とともに、北極海航路が現実の動きとなりつつある。 一路より北極海航路の方が遥かに経済的である。 〜〜〜日露... [続きを読む]
  • かかりつけ医
  • 〜〜〜私の常用薬〜〜〜 ・尿酸(痛風)  40年前に発症し飲み続けている。30年前から止めてもいいのだが惰性で飲んでいる。 ・アスピリン  30年前にアスピリンの血液さらさら効能を知り勝手に飲み始めた。当時国内発売は無く、米出張先で買ってきていた。  今はバッファリンAとかになって病院でもらっている。これも気休めの薬。 ・逆流性食道炎  7,8年前に発症し、はじめは原因が分からず悩んだがこの薬を飲... [続きを読む]
  • やまももの悩み
  • ∞∞∞2017/7/6∞∞∞∞∞∞∞ 毎日やまももの落果に悩まされている。 日毎に熟し、形も大きくなってきた。 しかしジャムはもう十分に作った。 ご近所には差し上げた。 写真の状態から人様に差し上げるには、1つ1つヘタを除って水で洗わなければならない。 年寄り夫婦にはもうそのエネルギーが無い。 捨てるしかない。 今... [続きを読む]
  • 馬が歌った
  • ∞∞∞2017/7/4∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜馬が歌うのを待つ〜〜〜 トーマス・フリードマンが NY Timesに書いたコラムの抄訳がA紙に出ていた。 ある死刑囚が王様に「死刑を1年延ばしてくれたら王様の愛馬に歌を教え込む」と約束して延ばしてもらった。 仲間が「馬が歌うわけがない」と笑うと、死刑囚は「1年あればいろいろなことが起きる。王様が死ぬかもしれないし、馬が死ぬかもしれない。」と... [続きを読む]
  • 曾孫への遺言
  • ∞∞∞2017/6/24∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜曾孫〜〜〜 私には孫が2人いる。男子である。 1人は今年就職し、1人は大学に入った。 いずれ子を成すであろう。わが曾孫である。 もしそれが女子なら申し遺すことがある。 <絶対に桜蔭に入れるな> 〜〜〜暴言〜〜〜 何故なら、 あの豊田真由子の暴言は、中高を過ごした<桜蔭>で覚えたとしか考えられないからである。  ... [続きを読む]
  • 恐怖の季節
  • ∞∞∞2017/6/23∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜やまもも〜〜〜 これから2週間、恐怖の季節である。 熟したやまももが降り止まぬのだ。 毎日5、6キロ落ちる。 〜〜〜ネット〜〜〜 落果を放置できない。 藪に落ちれば拾えないし、そのままにすると発酵して虫が寄る。 それでネットを張ってタモで浚う。 ... [続きを読む]
  • 次官、大臣、大統領
  • ∞∞∞2017/6/23∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜次官〜〜〜 自民党国会議員豊田真由子が話題である。 東大、ハーバードを出て厚労省課長補佐であったという。 次官になる確率は相当に高かったであろう。 あの喚きようを聞けば、その確率は更に高かっただろうと思う。 〜〜〜大臣〜〜〜 その次官を捨てて国会議員に立候補したのは、次官で飽きたらず大臣を目指したからに違いない... [続きを読む]
  • 品切れ三隣亡
  • ∞∞∞2017/6/19∞∞∞∞∞∞∞ 今日は売切れ、品切れが3件も続いて三隣亡であった。 〜〜〜中古艇〜〜〜 今朝、ある中古艇について購入可否の問合せがあった。 良さそうな艇で、エンジン交換まで含めて幾らかかるか、幾らなら買ってもいいか、私なりに調査を始めたところ相談者から追っかけて「よそに売れました」と報告があった。 残念であった。 中古艇は骨董品と同じで巡り合わせ... [続きを読む]
  • 爺ころり
  • ∞∞∞2017/6/2∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜転倒〜〜〜 2日朝、犬の散歩から戻って玄関前で転倒、右こめかみ上を花鉢にぶつけて裂傷した。 抗がん剤で視力聴力を失った犬のために玄関前に仮のスロープを作っている ここで足をとられて転倒し、右上の花鉢にぶつけて裂傷した。猛烈に出血した。 病院で手当て後も出血が続いた ∞∞∞2017/6/10∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜... [続きを読む]
  • 初島、三島、ルーシー・バートン
  • 〜〜〜初島〜〜〜 21日、伊東のクルーザー「ペーパームーン」(ババリア34)で初島に行った。久し振りのクルージングだった。 1980年代からのヨット仲間Gさんの艇である。Gさんとは伊東港に艇を並べた間柄である。 彼との共通の話題はニール号探索に入れあげたYさんだ。Yさんのことで話は尽きなかった。 タクシー運転手のYさんはどこの営業所に移ってもそこでトップ3の稼ぎを上げた。勘のいい人だったがフィリピ... [続きを読む]
  • 四十雀の巣立ち
  • ∞∞∞2017/5/21∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜四十雀の巣立ち〜〜〜 我が食卓の先の窓越しに見える場所に、小鳥の餌台が設置してある。 四十雀、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、ガビチョウなどに加え、台湾リスがやってくる。 今年、小鳥の育雛も見られるように餌台の先に鳥小屋を設置した。 そうしたらシジュウカラが営巣し、4月中頃から抱卵に入った様子であった。 #160... [続きを読む]
  • 中国からのお客様
  • ∞∞∞2017/05/19∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜〜〜〜 伊豆ガーデニングクラブ のホームページを見て中国からメールが届いた。 オープンガーデンを見せて欲しいという。 立派な日本文字、日本文である。 初めての海外からの問合せでおたついたが、クラブの広報担当の香月さんに窓口をお願いした。 いろいろあって、やっと5月19日に来訪が実現した。 女性ばかり6人のグループである。 ... [続きを読む]
  • バラとガーデニングショー
  • ∞∞∞2107/5/17∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜所沢のガーデニングショウ〜〜〜 「英国王立園芸協会日本支部(RHSJ)」という団体があった。 英国王立園芸協会(RHS)という園芸界における絶対の権威の笠を借りた日本の組織であり、実行部隊はセゾンであった。 理事長は園芸関係のお偉方ではなくセゾンの事務方であった。 そのRHSJが昨年突如解散となった。 会員の我々にも詳しい説明はなかったが、セゾンがRH... [続きを読む]
  • 20年咲かせているカトレア
  • ∞∞∞2017/5/15∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜カトレア〜〜〜 写真は20年前にアルジャン会(大学同級会)の諸兄から引越し祝いに頂いたカトレアである。 稀に花芽を傷つけたりして失敗することはあるが、20年間ずっと咲かせてきた。 今年も2芽、大きな花を開いてくれた。 余程良い株だったのだろう。 〜〜〜オープンガーデン巡回バス〜〜〜 今日は東海バスの庭巡りバスが寄ってくれ... [続きを読む]
  • 水没事故からの回復
  • ∞∞∞2017/5/11∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜万歩計の水没〜〜〜 妻が自分の万歩計を洗濯機に入れてしまった。 「Omron活動量計」という。 早速取り上げて電池ケースを開き乾かしたが動かない。 電池を新品に換えたが駄目である。 知恵を絞ってヘアドライヤーで7,8分ほど熱した。手で触れないほど熱くなった。 見ると液晶の文字盤の内側がすっかり湯気で曇っている。... [続きを読む]
  • ヒルベリー・エレジー
  • ∞∞∞2017/5/9∞∞∞∞∞∞∞ 〜〜〜ヒルビリー・エレジー〜〜〜 「ヒルビリー・エレジー」(J.D.ヴァンス 光文社)を読んだ。 トランプ大統領がラストベルトの票を固めて当選して以来そこに住む白人労働者層=ヒルビリーに注目が集まり、この書もマスメデイアに多く取り上げられたので書評などお目に留められた方も多いであろう。 「ヒルビリー」とは田舎者の蔑称で、ここでは特に... [続きを読む]