黒潮丸 さん プロフィール

  •  
黒潮丸さん: 黒潮丸のガーデニング通信
ハンドル名黒潮丸 さん
ブログタイトル黒潮丸のガーデニング通信
ブログURLhttp://pcc-gardendesign.cocolog-nifty.com/weblog/
サイト紹介文リタイア後伊豆高原に住み、オープンガーデンをしています。近所の美術館などの花植栽を引き受けています。
自由文ハンギングバスケット、コンテナガーデニング、花壇作り、どれも寄せ植えであることに気付きました。<a href="http://www.pcc-gardendesign.net/";>PCCガーデンデザイン事務所</a>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/12/12 19:51

黒潮丸 さんのブログ記事

  • 引越物語-刺繍のもの
  • 断捨離の精神は捨てたものの、引越しの荷物整理は悲しい。 2階の押入れの天袋の奥からこんなものが出てきた。 妻が私の還暦祝いに作ってくれた赤い座布団である。自分の刺繍を松坂屋で仕立てさせてくれた。 一度も使ったことがない。 さすがに捨てるに忍びず移転の荷物に含めたが、果たして置く場所があるか? 戸塚きく先生について戸塚刺繍をやっていた。刺繍の糸... [続きを読む]
  • 冬桜
  • 大室山麓のさくらの里に行った。冬桜が咲いていた。 病院以外への外出は4か月ぶりであった。 冬桜の容貌である。このところ体重が6キロ落ちた。 かってこの石舞台に花を飾った。 森本先生ももう居ない。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ところでこの写真は誰が撮ったとお思いか? 私が撮ったのである。右手の自撮り棒で撮っている。 先日千円で購入したが優れ物だ。... [続きを読む]
  • 断捨離
  • 断捨離真っ最中である。 先日はらくだ屋という焼津の古道具屋が来て茶道具、軸など一式を引取って行った。3万5千円であった。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 今日は庭の倉庫と屋根裏ロフトの片付けを「伊豆の便利屋<手伝い日和>」という業者に依頼した。 倉庫には工作道具、カーテン、お雛様、人形など、他に頂きもの、引き出物、妻が持たされた源右衛門の食器揃いなどが使われないままくすぶっている。 ロフト... [続きを読む]
  • 引越物語-マンションの部屋
  • 中銀ライフケアマンション水口の分譲マンションを購入した。 中銀マンションは熱海に10ヵ所あり、2000人以上入居している。 なにが<ライフケア>なのかというと、看護師の常駐、食事サービスあり、要介護になった場合にケア棟に入居出来る、のサービスがあるからである。 水口は来宮駅からタクシー700円、熱海駅から1400円である。適宜バスもある。 部屋は78?でまあまあの家具が持ち込める。 ... [続きを読む]
  • 引越物語-熱海の新聞
  • 妻と熱海の医院に行ったら待合に熱海の新聞が置いてあった。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 起雲閣で華道展が開かれているという。市華道連盟所属の6社中の出展という。 千家古流、京古流、MOA山月光輪花、小原流、池坊、池坊祥流の6派である。 草月が無いのが珍しい。 小原流はどんな先生だろう?一度教室をのぞいてみたい。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 昨年「蜜... [続きを読む]
  • 引越物語-写真アルバム
  • <アルバムの写真をスマホに移したりホームに入るその日のために>  秩父市高橋 いつだったか新聞歌壇で見付けてメモしておいた句である。 今私はまさにそのことを実行している。 私は比較的真面目に写真はプリントしてアルバムに貼って保存していた。 2000年頃以降はPCに保存するだけになったが。 引越しを前にして撮りためたアルバムの一部をスマホで撮ってPCに入れようと発心してい... [続きを読む]
  • 貰ってくれるかい
  • 小生、いよいよ熱海への転居を決めました。 詳しくは追々書きます。 先立つのは荷物の整理である。整理というより処分である。 何よりもまず本である。一番頭が痛い。 わが書庫の奥に「大言海」(大槻文彦 富山房 初刊1904)4冊がある。妻の祖父からうけ継いだ。 祖父は陸軍獣医総監を務め、没後従三位をうけた。 亡くなった後、祖母に「これ... [続きを読む]
  • 南瓜
  •  外つ国の南瓜は笑う十月尽    西川* 一昨年10月にFacebookで見かけた句である。名句だと思う。 西川*氏は俳人ではない。IT技術者で書を嗜む。   馬鹿面を南瓜で隠す十月尽    黒潮丸 わが英国の孫娘 [続きを読む]
  • ジュリアナTOKYO
  • ダンスついでに一題。 私がマリーナ建設に打込んでいた1991年11月、丸の内の出光本社に日商岩井レジャー産業部の面々が訪ねて来た。 なんと著名なセーラーでヨットデザイナーでマリーナのデザインも手掛けているロン・ホランドを帯同していた。 ヨット乗りの私はその盛名のご本人を前にして、ただただ恐れ入るばかりだった。 用件は当時計画中だった出光三河み... [続きを読む]
  • ミスインターナショナル
  • 今年のミスインターナショナル日本代表・岡田朋峰(ともみ)嬢20才である。 この顔貌と名前から某俳優を思い浮かべるのは相当な年寄りであろう。 そう、これは二枚目俳優岡田真澄の娘である。 岡田63才の時の子供という! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 私は若かりし岡田真澄と話をしたことがある。 私は一橋文芸部の大和田政也に頼まれて「一橋文芸... [続きを読む]
  • ネット3題
  • 最近面白いと思ったネット3題 1.細断 英国の絵画オークションで1億5千万円で落札された絵が、作者の意図により自動的に細断された事件は記憶に新しい。 うどん県香川県で或る作家がうどんをぶら下げた作品を作った。 高額な買い手も現れたそうだが、猫が食べてしまったそうである。 2.街灯 中国四川省成都市は2020年までに照明用の衛星を打ち上げ、街灯... [続きを読む]
  • 豊洲市場
  • 今日豊洲市場の開場だという。 まずは芽出度い。 この写真は1992年11月の撮影である。 私が立っているのは出光江東油槽所の岸壁である。ヨットは我が愛艇「ウインデイ・ホリデイⅡ」号。 対岸は東京ガス豊洲工場、既に上物は撤去されている。 ここが汚染土を除染して?豊洲市場となった。 出光用地は有明の森につながっていく。 ... [続きを読む]
  • 「惜櫟荘だより」
  • 作家佐伯泰英に随筆「惜櫟荘だより」がある。 佐伯泰英は「居眠り磐音江戸草紙」シリーズなどで知られる時代小説作家である。 出版不況の折から時代小説の出版もままならない中で、毎月<書下ろし時代小説>を文庫本で発行するジャンルを開発し、ベストセラーを連発している。 もともと文庫は単行本として世評が確立したものをアーカイブとして収めるものであった。書下ろし時代小説は文庫本に最もそぐわない。 ... [続きを読む]
  • 老々介護―クレカの暗証番号
  • 〜〜〜9月30日〜〜〜〜〜〜〜〜〜 仔細あって小樽港から伊豆高原に帰ることになった。 千歳空港に着いたのが12時前、既に関空あたり向けは欠航になっている。鉄道も計画運休とやら。 ANAの自動発券機に並んで入力してみたら羽田行き13時30分に空席があった! これはラッキーと入力を進めていったが最後にクレジットカードの暗証番号を聞かれた。 え? クレジットカードに暗証番号があるとは知らな... [続きを読む]
  • 旗日
  • 9月は3連休が2回もある。 妻はカレンダーの旗日を見て不安だという。 お盆休みや旗日で対処が遅れ体調を崩してしまったことがよほどショックなのだろう。 時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめたまえ    源実朝 時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王旗下げたまえ    黒潮丸 [続きを読む]
  • 老々介護―助言2
  • ほかにもいろいろな助言がありました。 〜〜〜入居後の費用〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ・施設に払う以外にも必要ですよ。 ・介護状態になれば別に費用が発生しますよ。 判っています。 「ゆうゆうの里」でも「ゆとりあの郷」でも月例は2人3食込みで25万円前後ですが他に15万円程度は見込んでいます。 2人で20年は大丈夫です。 それから先はトリカブトです。 〜〜〜施設の選び... [続きを読む]
  • 老々介護―いろんな助言
  • 老々介護一連のブログに対していろいろな助言を頂いている。 〜〜〜訪問介護の活用〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ・いまはいろんな介護サービスが受けられる。それを受ければそんなに草臥れることはない。 ・なんと言っても自宅が一番。訪問介護を受けながら出来るだけ長く自宅生活を送るべき。 ・公的サービスを受けなければ損。 ・こう考える人は自宅がいつまでも続くと考えているのではないだろうか。私... [続きを読む]
  • 老々介護―居宅の売却
  • 〜〜〜〜転宅〜〜〜〜〜〜〜〜 初め「ゆうゆうの里・伊豆高原」に入ろうかと思った時には現居宅をそのまま維持するのが非常に快適に思われた。 好きな時に行ったり来たり出来るし、すぐに荷物を移動させる必要もない。 面倒なことは何も無い。 しかし千葉でのホーム探しを始めた途端にこのアイデアは消えた。 よその土地に移るのであれば居宅を残す意味は無い。 直ちに処分しなければならない。 ... [続きを読む]
  • 老々介護−熱海のホーム
  • 千葉での老人施設探しは嫌になった。 それで思い付いたのが熱海周辺である。 熱海なら伊豆高原より娘の負担は1時間軽減される。それに我ら夫婦にとっても馴染んだ伊豆暮らしを継続出来る。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 そもそも我々の望みは何か。 ・これからの人生が15〜20年として、そのうち半分は自立しての生活となるだろう。当然ながら2人で住める居室で60?以上は欲しい。 ・2人入... [続きを読む]
  • 老々介護−エスコート
  • 朝9時に家を出て、帰着は16時だった。 7時間! 妻を病院に送った。 市民病院、高野医院(内科)、藤井クリニック(耳鼻科) 通院を今日1日に纏めたのではない。それぞれ関連して高野医院の指示による。 7時間の大半は待ち時間である。 勿論主役は妻であり、妻が一番大変だったのだが、エスコートの私も疲れ果てた。 帰宅してベッドに倒れ込み1時間半寝た。 夕飯の食欲が無い。 #1... [続きを読む]
  • 老々介護
  • 妻が熱中症をこじらせたことは先に書いた。 8月初めに体調不調になり数日ベッドに横になっていたが堪らず医者に行った。 すると熱中症の診断で、寝ていたのが悪かったという。 水を摂り、身体を動かさなければいけなかったのだ。 「そのままだと死んでいましたよ」と脅かされた。 水を摂り身体を動かすようにしたがそれからお盆の時期になり、病院はどこも休みになってしまった。 遂に8月20... [続きを読む]
  • メタボ
  • 前回のTV番組「ためして合点」でメタボについてやっていた。 メタボとは腹囲85cm以上で、<高血圧><高血糖><脂質異常>のうち2つ以上が当てはまる人のことを言うのだそうだ。 私は身長176cm、体重82kg、腹囲100cmだから完全にメタボだと思っていたが、<高血圧><高血糖><脂質異常>の どれも該当しない。 つまりメタボでない。 恰幅が良い、と言えばいいのだそうだ。 おい、おい... [続きを読む]
  • 退院−入院?
  • 昨日やっと妻が退院しました。 20日の入院から8日間、月曜から金曜までは経口での摂食は全く無く、点滴ばかりでした。 要するに熱中症への対応の初動遅れと、各病院のお盆休みで治療を受けられず、体力を消耗し尽くしたためと思われます。 初動遅れには私のボランテイア活動が関わっていて、年寄りは自分だけでなく連れ合いの体調を含めて活動を考えなければなりません。 帰宅後もまだすっきり... [続きを読む]
  • 今秋のファッション
  • 新聞に今秋のファッション紹介の記事が出ていて、その中でヴァレンティノのジャケットが目に留まった。 はて幾らするものだろうか調べようとした。しかし初めての世界で調べ方が判らない。 。 BUYMAなどというブランド物のサイトに入ってみたがこんな新作は出ていない。 それにTシャツとかパーカーとかばかりで、ジャケットなどは殆ど出ていない。 ブランド物... [続きを読む]
  • 熱中症
  • 妻が8月4日の土曜日以来体調不良で遂に入院してしまった。きっかけは熱中症だった。 実は4日私は碁打ちに出掛け、勝って気を良くして帰りにすきやの鰻丼を食べたりして帰宅したら臥せっていた。 翌日は日曜、月曜はライブラリーのボランテイアがあって医者に連れて行ったのは夕刻になった。 熱中症と診断され2時間の点滴を受けた。医師に抛っておいたら死ぬところでしたよと言われた。 その週... [続きを読む]