ねこざかな さん プロフィール

  •  
ねこざかなさん: 生きながらミニカーに葬られ
ハンドル名ねこざかな さん
ブログタイトル生きながらミニカーに葬られ
ブログURLhttp://nekozakana.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文マッチボックスを中心に、熱輪やトミカ、東西のユル玩車など、気ままにUPしてます (=^・^=)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/12/14 01:47

ねこざかな さんのブログ記事

  • 百均ヴェネーノ
  • 今宵も、版権を巡るセリアと成近屋の冒険を御紹介。「スーパーガルウイングカー」シリーズの、ランボルギーニ ヴェネーノ(とは何処にも書いてない)ライセンスなど取らなくともここまで似せられるんだ!という、中国の企業努力・・・違った、度胸?無謀?をひしひしと感じます(苦笑)色はチープだが。このモデルのポテンシャルがいかに高いかは、こちらの匠の美麗な「作例」を御覧になれば、お分かりいただけると思います(dMR [続きを読む]
  • 百均ラ跳ね馬
  • ライセンスの自由を求める革命闘士=セリアと成近屋の挑戦は、「乗用車シリーズ」だけに留まるものではありませんでした。その名も「スーパーガルウイングカー」シリーズ!ガルウイングっすよ、ガ・ル・ウ・イ・ン・グ。かつてのスーパーカー少年の情熱を再燃させる甘美な響き。車種選定がまた何とも・・・世界を縛るライセンスという枷に、真っ向から喧嘩を売っています。ラ フェラーリFXX K(とは何処にも書いてない)フェラーリ [続きを読む]
  • フェラーリ祭ふたたび
  • 先週末の土曜日はふたたび巡ってきた「フェラーリの日」だったのに、公私ともにバタバタしていて、すっかり忘れていたという体たらく。流行りに背を向けてばかりでは老ける一方なので、三日遅れとなりましたが、セリアを一回お休みして祭に参加することにしました。・・・・・・はい、お約束。ヒネ猫が素直にトミカを出すわけはありませんwwマッチボックスのF40(MB24、1989年発売、マカオ製)テスタロッサほどではなくとも大きす [続きを読む]
  • 百均跳ね馬
  • セリアのスーパーでフリーダムすぎる「乗用車シリーズ」の御紹介。大トリはやはり、みんな大好きイタリアの種・・・違った、跳ね馬(アリストスト様、御協力多謝!)フェラーリ458イタリアなぜだかこのフェラーリ、ベル玩果の「エクストリームドライブ」シリーズとの相違点が一番多い(プロポーションもセリアの方が寸詰まり)。ホイールは共通だから無関係ってことはないのだろうけど。ちなみに、これまで紹介した「乗用車シリー [続きを読む]
  • 百均アストンマーチン
  • セリアの百均玩車が見つかんねー!と嘆いていたら、玩朋のアリストスト様の御厚意で念願のコンプがかないました。まっこと嬉しかこつでごわす。アストンマーチン One-771億5000万円のクルマの似姿を、たった100円で購えるんだから、いい時代になったもんだ(そう・・・なのか?)。版権?なにそれ、美味しいの?(爆)例によって、ベル玩果の「エクストリームドライブ」シリーズとホイールは共通なれど、ボディのディテールは微妙 [続きを読む]
  • 百均AMG
  • セリア&成近屋の、乗用車というにはスーパーすぎる「乗用車シリーズ」。全6種なんだけど、猫の住まう辺境県にあるセリア全3店を巡っても、4種しか見つかんなかったよ(悔)中途半端だけど、ようやく捕獲した4台めがこれだ。メルセデス・ベンツSLS AMG無版権モノだけに、スリーポインテッド・スターは再現されていませんが、ガルウイングが名刺代わりみたいなもんで、車種特定に苦労はありません。トミカでも出てるしね。他と [続きを読む]
  • 百均ヴェイロン
  • 今日も今日とて、セリアの成近屋玩車を御紹介。絶対、月内には終わらなくなったことは内緒だ。本体にも箱にも一切、版権表記は見当たりませんが、この馬蹄形グリルはブガッティ・ヴェイロン以外の何物でもありませんね。この頃では珍しく度胸のある無版権モノです(苦笑)・・・・・・・て、この目の粗いグリル、どっかで見たことあるぞ。これまたベル玩果の「エクストリームドライブ」シリーズじゃないか!前回のアヴェンタドール [続きを読む]
  • 百均アヴェンタドール
  • セリアで売られてる成近屋の中華無版権玩車。本日はランボルギーニを御紹介。少々手抜きながらアヴェンタドール以外の何物にも見えません。ヘッドライトが小さめなのはミスか、わざとか。・・・・・・て、このアヴェンタ、どっかで見たことがあるぞ。昨年御紹介したベル玩果の「エクストリームドライブ」シリーズじゃないか!並べてみるとサイズや造形、ホイールは同じなので、製造元は同じの可能性大。ただし、ボディとシャーシの [続きを読む]
  • 百均カマロ
  • セリアで売られている成近屋扱いの100均ミニカー。今回からは「乗用車シリーズ」を御紹介。トランスフォーマーでお馴染みの5代目カマロ(前期型)まあ、箱にも本体にも、ライセンスについては一切記されていないのですが(苦笑)このシリーズは全6種。ちょっと気付いたことがあったので、1台ずつ紹介しますね。ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪にほんブログ村Camaro: Fifty Years of Chevy Performance作 [続きを読む]
  • 百均じぷた
  • 猫の暮らす雛の地で100円ショップと言えば圧倒的にダイソーなのだけど、わずかに出店しているSeria(セリア)を覗いてみたら、パチ萌え心をくすぐるユル玩車と遭遇。百均商品は売り切れ御免の一期一会がお約束。マッチボックスのジープの系譜は一時中断して、今月はセリア特集と参ります。まずは、今ハマっているジープ(のユル)。「緊急車シリーズ」としてリリースされている二種を御紹介。ラジエーターグリルのスリットが9本、 [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB 昔取った杵柄
  • 最初に。勉強不足の猫は、映画の「M★A★S★H」と、テレビドラマの「M*A*S*H」を混同していたので、全面改稿させていただきます。コメを寄せてくださった皆さん、失礼しました(滝汗)老いて尚、ますます盛んなMB翁。「MORK & MINDY」に続き、もう一本、テレビドラマに出演することになりました。マッチボックスの劇中車シリーズ「STAR CAR COLLECTION」の一台(1997年発売、中国製)マッシュは朝鮮戦争を舞台にしたコメディ。冒頭 [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB まさかの芸能界編
  • ヒッピーも、軍隊も、郵便配達の日々も今は昔。田舎でのんびり余生を過ごしていたジョニー(仮)のもとに、テレビ局から一通の手紙が届きました。「あんさんの相方のジープ、なかなか多芸多才やなぁ。よかったら、うっとこのドラマに出ぇしまへんか?」ロッキー山脈の麓でモミの木を数えるのに飽いていたジョニー(仮)とMB翁に勿論、否はなく。マッチボックスの劇中車シリーズ「STAR CAR COLLECTION」の一台(1997年発売、中国製 [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB 郵便配達夫編
  • 帰ってきました、マッチボックスのジープの系譜。まずは、復活に当たって大変お世話になりました玩朋のワイキキ様と御友人、並びにジープを書くきっかけを下さったPonys41様に厚く御礼申し上げます。第一陣は、復員したジョニー(仮)と愛車のMBが、郵便公社で働いていた頃のお話。U.S. MAIL TRUCK(MB5-C、1978年発売、英国製)ARMOURED JEEP(MB38-C、76年発売)と、4×4 JEEP(MB5-D、82年発売)との間のミッシング・リンク(た [続きを読む]
  • 楔を打ち込め!
  • 今宵も猫まっしぐらなマッチボックスの参照系を御紹介。前回同様、車種だけで身バレ必至(笑)ソービのサーブ・ソネットⅢ(D-E2、中国製)マッチボックスのソネットⅢ(MB65-A、1973年発売、英国製)と並べると8割方そっくりですが、定規で線を引いたようなボディラインのシャープさが足りない。また、リアハッチの開閉ギミックは省略。サイド・ウインドーのピラーは取り払われ、後端の形状も異なっています。ルーフには謎の「VX [続きを読む]
  • 珍車種が語るルーツ
  • 名は体を表す・・・違うな。あまりにもモデル化の少ない車種のパチモンは、元ネタを暴露するというのが、今回のお話。ソービのDATSUN 126X(D-E4、中国製)DATSUN 126Xは、1971年の東京モーターショーに出品された日産の4座4WD。このコンセプトカーの小スケール玩車は、マッチボックスとハンガリー製コピー、そしてこのソービだけ(ではなく、ほかにも存在するとワイキキ様がコメントで御教授くださいました。多謝!) マッチボッ [続きを読む]
  • フェラーリ祭
  • 今月第三土曜日は「フェラーリの日」(爆)黒いラ フェラーリや白いテスタロッサを求めて、全国一千万人(推計)のトミカファンの皆さんが血で血を洗う戦いを繰り広げていることと思います。お祭り好きの猫も乗り遅れてはいけないと考え、今回のネタはテスタロッサ。え?なんか違うって?コレジャナイって!?歴としたマッチボックスのテスタロッサ(MB172、1986年発売、マカオ製)ですが、なにか?(ひねくれてます)分かりやすく [続きを読む]
  • セルフカバーをもう一度
  • マテル=マッチボックスは今から10年前の2008年から数年間、レズニー期のモデルを「セルフカバー」したかのようなモデルを精力的にリリースしていました。当時「マッチボックス今昔」と題して記事にしましたが、現行のスケールモデルとして通用するプロポーションでありながら、車種選択やオーラにオリジナルへのリスペクトを感じる製品群。今回ご紹介する、転生ジープもそんな一台。Jeep Willys(2010年発売、MB784、1/52)ラジエ [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 グラディエーター
  • 偏愛するマッチボックスのジープを、発売順(CJ-5、変態MB、CJ-6)に御紹介してきた・・・つもりでしたが、「ジープ」ブランドという意味では、最古参のモデルを紹介し忘れていました(汗)Jeep Gladiator Pick-Up Truck(No71-B、1964年発売)ジープ・グラディエーターは、当時ジープを生産していたウィリス社が62年に発売したフルサイズ・ピックアップ・トラック。CJ-2Aをベースとしたウィリス・ジープ・トラックの後継車種(Pon [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 CJ-6
  • まだまだ続くよ、Ponys41様との連動企画「マッチボックスのジープの系譜」今回ご紹介するモデルは、1977年発売の英レズニー製。JEEP CJ-6(MB53-C)赤ボディ&無塗装シャーシは比較的初期のバリ。黄色のボディにストライプの入った後期バリ。ライトとテールランプに、前オーナーのよる色差し。玩車愛が感じられて、これも又、好し。実車は、CJ-5のホイールベースを20インチ(約50cm)延長したモデル。CJ-6の軍用バージョンのM170は [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB 後編
  • 悪夢のジャングルを、古強者=MBの助けで駆け抜け、いつの間にか「雷電」の二つ名まで得たジョニー(仮)。除隊後は「人間、平穏無事が一番」とばかりに、郵便公社に入社(連動御免)。その後、職場結婚した妻の実家のあるロッキー山脈の麓に引っ越し、休日は森の中の湖で釣り糸を垂れる日々。もちろん相棒のMBも、軍服からカジュアルな装いに着替えてお供しています。4×4 JEEP(MB5-D、1982年発売、マカオ製)レズニー晩年の英国 [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB 中編
  • V8を載せた魔改造ジープと、ご機嫌な日々を過ごしていたジョニー(仮)。そんな彼のもとにある日、国防総省からベトナムツアーの招待状が届きました。元軍人の厳格なパパの庇護下にある彼に、NO!という選択肢などなく、あれよあれよという間に戦地に送られた彼が見たものは・・・ヘタレな御主人を案じるあまり、昔着ていた軍服に身を包んで駆け付けた愛車のMBでした。Dデイにも参加した古強者曰く「まだまだフォードの若造(M151 [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 MB 前編
  • 正統派のCJ-5(No.72-B、MB72-A)に続く、マッチボックス二作目のジープは、あまりにもヒャッハー!!!JEEP HOT ROD(MB2-B、1971年発売、英国製)70年代前半に湧いて出た、奇天烈デザインのマッチボックスのひとつ。ピンクの塗装に剥き出しV8は、魔改造されたものではなく、正真正銘のオリジナル。ラジエーターグリルのスリットが9本であることから、モデルとなった実車は第二次大戦時に活躍したMBであると推測。CJ-7ならばとも [続きを読む]
  • マッチボックスのジープの系譜 CJ-5
  • 玩朋の Ponys41さんちで絶賛公開中の1/43ジープ特集。実車の変遷が分かりやすいネ申企画に刺激を受け、マッチボックス萌えの猫も勝手連始めました。マッチボックスから初めて登場したジープは、民生用のCJ-5(No.72-B、1966年発売)MBは50年代末から60年代前半にかけて数多くの英軍車両をリリースしましたが、大半が英国製の車両で、ジープは出しませんでした(大戦中は米国から供与されて活躍したのにね)実車のCJ-5は64年発売。C [続きを読む]
  • 建機補完計画
  • ついつい蒐集が後回しになっていたマッチボックスの建機モデル。決して嫌いな訳じゃないんだけど、いかんせん地味・・・(建機者の方々、御免)おまけに初期MBの建機って、マトリョーシカみたく同じようなモデルが多いので、どれを持っているのか分からなくなってしまうのよ(雑)まあ、そんな言い訳はともかく、頑張って英夷兵衛で捕獲してみましたので御覧あれ。Caterpillar Earth Scraper(M1-A、1957年発売)1-75シリーズには [続きを読む]
  • マッチボックスのえくすかべーたー
  • 建機の世界は広く、そして深く。門外漢の猫には分からないことだらけです。・・・つか、「EXCAVATOR」ってなんだ!?翻訳すると「ショベル」「掘削機」。すると、前回ネタにしたトラクターショベルも、EXCAVATORの仲間なんだろうな?同じような用途で名前が違うの、紛らわしい・・・などと混乱しつつ、今回の御題は「EXCAVATOR」Weatherhill Hydraulic Excavator(No.24-A、1956年発売)Hydraulic Excavatorとは、油圧ショベルの意 [続きを読む]