ねこざかな さん プロフィール

  •  
ねこざかなさん: 生きながらミニカーに葬られ
ハンドル名ねこざかな さん
ブログタイトル生きながらミニカーに葬られ
ブログURLhttp://nekozakana.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文マッチボックスを中心に、熱輪やトミカ、東西のユル玩車など、気ままにUPしてます (=^・^=)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/12/14 01:47

ねこざかな さんのブログ記事

  • ユルの極北
  • 春は出会いの季節・・・・・・そう、引っ越しやらなんやらでリサイクル店に持ち込まれた有象無象の中から、まだ見ぬお宝玩車を掘り出せる(かも知れない)心浮き立つシーズンの筈なんですが。阿波の干潟で採れたのは、ハマグリ(日本製トミカ)やアサリ(香港ユル)ではなく、身の痩せたシジミ(SAL=中華ユルの極北)ばかり。二台100円での購入は、負けではないが、勝った気もしない。フェラーリBB (品番929F)365BBと迷うところ [続きを読む]
  • ラピュタの島へ
  • 春休みなのでどっか連れてけ!と子供たちが騒ぐので、趣味全開の家族旅行へ。紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島。明治から大戦中に掛けて要塞化され、当時の砲台の跡がいくつも残っています。近年、「ラピュタの島」として注目を集めており、軽度の軍オタ&遺構萌えの猫は、いつか行きたいと思っていたのです。第二砲台跡終戦時に爆破処分された建造物の裂け目から海を望めます。第一砲台跡桜のシーズンなので、「ラピュタの島に花の散るらむ [続きを読む]
  • 乗った!食った!買った! 後編
  • 今回の大阪の陣で、一番嬉しかった獲物を御紹介。ダイソーの二台セット。また中華ユルかよ!って呆れ声が聞こえてきそうですが・・・キニシナイ。ランチャ・ストラトス (ソービ D-E16 中国製)ロータス・ヨーロッパ (ソービ D-E28 中国製)版権がうるさくなった現在では、恐らく販売されることはない実車ユル。意味不明なほどにアルファベットを散りばめたタンポ印刷もまた鯵。二台ともソービ(SOHBI)だけどホイールが違う。銘 [続きを読む]
  • 乗った!食った!買った! 中編
  • 福山とエヴァ新幹線のついでに、大阪のアイアイアドに進攻(ついでだよ?)毎度の如く、ショーケースには目もくれず(嘘、手が出ないだけ)100均の中華ユルを漁ったところ、ライフワーク(冗)としているBMWミニ(初代)の未入手バリをいくつか見つけました。モーターマックスの黄色。手持ちバリの赤と並べてみる。リアルトイの赤。手持ちの緑と。ウェリーの赤(プルバック付き)裏板とタイヤ以外は、プルバックなし(左)と共通。 [続きを読む]
  • 乗った!食った!買った! 前編
  • 福山に用事があったついでに、かねてより温めていた計画を遂行。500系新幹線にエヴァンゲリオン初号機をモチーフにしたカラーリングを施した「500 TYPE EVA」で、新神戸にGO!(どこが「ついで」なんだか、深く考えてはいけない)5月13日に運行終了するので、ちょっと焦ってたんです。内装も格好いいですね。車内チャイムのメロディは「残酷な天使のテーゼ」実物大コックピット。この車両は今夏、ハローキティ新幹線に生まれ変わる [続きを読む]
  • 乗った!食った!買った! 前編
  • 福山に用事があったついでに、かねてより温めていた計画を遂行。エヴァンゲリオン新幹線で、新神戸にGO!(どのあたりが「ついで」なんだか、深く考えてはいけない)5月13日に運行終了するので、ちょっと焦ってたんです(汗)内装もこだわってますね。車内チャイムのメロディは「残酷な天使のテーゼ」実物大コックピット。この車両は今夏、ハローキティ新幹線に生まれ変わるんだそうな。海外からの観光客も呼び込もうという狙いは [続きを読む]
  • クワトロ増殖
  • 今日も今日とて、メルカリ案件。数時間後に「遠征」に出発なんで、さらっと行くよ、さらっと。ヤトミンのアウディ・クワトロ(タイ製)中華系ユルとはいえ送料込み444円はめっけもん・・・と思うのは、クワトロ萌え猫だけ?以前入手した白と、タンポ印刷のパターンは同じだけど、配色次第で印象がだいぶ変わるのな。あと、細かい所では、白の裏板にあった「AUDI QUATTRO RALLY GR.4」の文字が、今回入手のメタ赤では消されています [続きを読む]
  • 忘れられた警官
  • いささか失敗した前回のブツと同時に捕獲したメルカリ案件。みんなが知ってる超メジャーなマクドナルドのキャラクター玩車。・・・え、こんなキャラ知らん、て。見たことない、て(涙)まあ・・・それも仕方ない鴨。このキャラクター「ビッグマックポリス」は、1970−80年代に使用されましたが、ここ20年程は殆ど表舞台に出てきていません。2014年にLINEのスタンプが配布されたので、完全に存在が抹消されている訳ではないようです [続きを読む]
  • メルカリ敗戦記
  • 前回のメルカリ×トミカの記事、意外なほどに閲覧数が多くて吃驚。UP1週間で今年のナンバーワンになってんの。猫にしては一般的なネタと、ストレートなタイトルが良かったのかな?そーゆーわけで(謎)今回の御題も、メルカリで捕獲した箱なしトミカ。いすゞ117クーペ1800XE(No.10-2、日本製)ボディカラーからしてインクス特注「復刻20世紀名車トミカ」。綺麗な若草色に惹かれ、センチュリーの捕獲にも味を占めてポチったのだが [続きを読む]
  • メルカリ戦記
  • 今回もメルカリで捕獲したブツを御紹介。トミカのトヨタ センチュリー(No.43-1、1972年発売、日本製)トミカ者でもトヨタ者でもない猫だけど、このセンチュリーは好きなのよね。実車が発売された67年頃の日本車は、欧米車のリスペクトと言われても仕方のないものもあったけど、さすがに最高級車のセンチュリーは、重厚かつオリジナリティーあふれるデザイン(だと思う)初期のトミカって、グリルの造形とか半端ないなー。ライトも [続きを読む]
  • 悪魔の浮浪者
  • 玩朋のブログで、猫がつい昨年まで探索していたMBをメルカリで捕獲との記事に出会う。・・・・・・これは猫も負けてはいられない!と、取り急ぎ参戦。初の獲物は、MBじゃなくて熱輪。PROWLER (1976年、香港製)このキャストの元々の名前は「THE DEMON」70年に発売されたものの、あまりにストレートなネーミングは、信仰心厚い保護者の反感を買い、73年に「THE PROWLER」と改名。74年以降は「THE」がなくなり、「PROWLER」となりま [続きを読む]
  • 愉快なスペイン
  • 玩朋のワイキキ様に触発されて、スペインものを出してみる。往年のスペインらしさの詰まった、パチ臭漂うシロモノ。MIRAのアウディ・クワトロ。伝説のラリーマシンを、豪快にオープンカーに魔改造。ハウス・トレーラーに加え、レゴっぽい人形まで付いて、お・と・く♪おかっぱ頭に70年代っぽい服装の人形は、外すこともできます・・・が。外したところにシートはなく、ぽかりと空間が開くのは内緒だ。もしかしてマッチボックスのコ [続きを読む]
  • 親子疑惑
  • 熱輪のGREMLIN GRINDERを愛でていて、ふと既視感を覚える。このシルエットって・・・もしかして、トンカじゃね?ブリキ成形の限界もあってか、いろいろ異なる所もあるものの、全体のフォルムは親子・・・いや、叔父と甥くらいには似ていると思う。トンカの製造年代は不明だけど、トンカが熱輪をリスペクトしたと考えるのが、その逆よりも順当やろね。「こんなん作ってやー」と熱輪を手渡され、ラリー・ウッド御大の作風をなんとか [続きを読む]
  • 熱輪の隅をつつく
  • 今日も今日とてグレムリン。玩朋同志の御尽力で捕獲できた、GREASED GREMLINのRetooled Version。オリジナルは1979年(香港)、82年(マレーシア)、87年(メキシコ)で生産。Retooled版は2008年以降、中国、タイ、マレーシアで作られました。オリジナルを捕獲できた時からやってみたかった、Retooled版との比較検証。赤が香港製のオリジナル、黄緑がRetooled版。今回UPした黄緑の個体は、Retooled版としては第一弾で、車体の色が [続きを読む]
  • 鍍金の妖精
  • 六つ足の妖精に続いて、今宵も熱輪グレムリン。GREMLIN GRINDER (1976年、香港製)デザイナーはLarry Wood。75年から77年まで生産されました。75年の初版はグリーン。今回捕獲したのは、76年に発売されたクローム&レッドライン・ホイールの個体です。2008年にはRe-Tooledバージョンが発売されましたOPEN FIRE、 GREASED GREMLINと、グレムリン三部作が揃い、至福の一枚。すべてワイキキ様のおかげです(多謝!)GREMLIN GRINDER [続きを読む]
  • 六つ足の妖精
  • 今年の賀状に起用したホット・ウィールのOPEN FIRE。熱輪については素人同然ですが、念願かなった嬉しさに、少しだけ語らせていただきます。OPEN FIRE(1972年、香港製)モデルとなった実車は、猫の偏愛するグレムリン(機械に悪戯をする妖精、小鬼の意)。AMCの大衆車が、元GMのデザイナーでもあるPaul Tamの手によって、魅力的な熱輪に生まれ変わりました。OPEN FIREは1972年、艶めかしく輝くスペクトラフレーム塗装を纏って誕生 [続きを読む]
  • 妖精と踊る元旦
  • 玩朋の皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。つい先日、同志ワイキキ様の御協力で捕獲した、六つ足の妖精(OPEN FIRE)。あまりの嬉しさに急遽、賀状のモデルに起用しました!熱輪のGREASED GREMLIN捕獲の折、いつか残る二体も召喚したい・・・と書きましたが、思わぬ短期間で実現!本当にありがとうございました!実を言えば、三体揃い踏みの賀状もつくったのだけど、いまひとつ満足できなかった [続きを読む]
  • どっちの玩車ショー バットモービル(ジャスティス・リーグ)
  • ようやく「ジャスティス・リーグ」を観に行ったら、シネコンのあるモール内の麒麟で、熱輪のバットモービルと出会う。これは運命に違いない(安いな、俺の運命)ベーシックカーではなく、ゴム(っぽい)タイヤを履いたリアル・ライダー仕様。先日購入したドリーム・トミカと並べてみる。トミカではモールドで再現している部分を、グレーの地に黒いラインの塗装で再現。前後輪の側面を覆うガードは省略され、前部の機銃もボディ一体 [続きを読む]
  • 蜘蛛男の愛車
  • スパイダーマンの玩車を連投してきましたが、今宵は猫いちおしの真打を御覧に入れます。マーベルチュ〇ンなんか足元にも及ばないぜっ!(暴論)・・・・・・どや!(爆)ZATに配備されそうな武装と、サーカスの宣伝車みたいな「看板」。まさにヒーローが駆るにふさわしい。念のため言っときますが、猫がでっちあげた訳じゃないからね。ほら、ケースにもちゃんと「SPIDER-MAN」って書いてるし。こんな素敵な玩車をつくったのはスペ [続きを読む]
  • CATCH THE DREAM
  • 前回、USJ限定のスパイダーマンのトミカを撮影していて、ふと思い出す。「そーいや、スパイダーマンのドリームトミカってあったよな」「赤×青の配色で、なんか似てた筈。ドリームはお高いのでなるべく見ないようにしてたけど、ちょっと買ってみるか・・・」と、近所の数少ない玩具店を探してみたら吃驚。どこも品切れじゃないの。頼みの綱のアマゾンでポチろうとしたら、これまた吃驚、プレ価でやんの。絶版のアナウンスはなくカ [続きを読む]
  • DCの次はマーベル
  • うちのカイシャの組合旅行先がUSJなんで、ほぼ毎年のように子供連れでGO。そうなると当然(笑)USJ限定トミカのコレクションが増えるわけで。USJ限定トミカ スパイダーマン人気アトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」に隣接するショップで売ってるんだけど・・・アトラクションでこんなクルマが出てくるのかな?ぜひ確認したかったけど、7歳児がユニバーサル・ワンダーランド( [続きを読む]
  • 夢の重さは
  • 猫にしては珍しいトミカの連投。今月の「トミカの日」に買ってしまったのはミニJCWだけではありませんでした。ドリームトミカ バットモービル本日(11月23日)公開の映画「ジャスティス・リーグ」に登場。ドリームトミカでは、1989年版初代、2005年版の4代目(タンブラー)と、その迷彩版に続く、4台目のバットモービルです。劇中の活躍、観に行きますとも。あ、その前に、前作の「バットマンvsスーパーマン」観とかなきゃ。初 [続きを読む]
  • 乱心か深謀か
  • 今を去ること10年と少し前、ブログを始めた頃によくネタにしていたのが、初代のBMW MINIでした。各社から3インチが続々出ていたので、それぞれの造りの違いを比べるという、玩車ならではの愉しみが味わえるというのが理由。ぶっちゃけ、偉大過ぎるMiniの姿形を借りた実車については、好きと言い切れない微妙な感じを抱いていましたが・・・誕生から16年、三世代目となると、ようやく抵抗感も薄れてきたかな。と、ゆーわけで(何が [続きを読む]
  • マセラティ詐称
  • 相次ぐ訃報に打ちひしがれる全国一千万人の(定冠詞)ミニカーファンに、少しだけ明るいニュース。故ノスタルPC様のサイト「Nostalgic Patrol Cars」の旧コンテンツが、御遺族の御好意で復活、閲覧できることになりました!http://2nd.geocities.jp/nostalgicpc/本当にありがたいことです。ノスタルPC様も天国で喜んでいらっしゃるのではないかと。前回ネタにしたムーキーについての記事はこちら。ノスタルPC様は、マテルの金型盗 [続きを読む]
  • 先達の思い出、あるいはアルゼンチンの熱輪
  • 先日、キャラクターミニカー秘密基地の司令=玩朋のFZIRO様の訃報に触れ、滅入っているところに一枚の喪中はがきが届く。玩車道の大先達であるノスタルPC様が、この夏に亡くなられていたとの由。一時、頭の中が真っ白になりました。鄙の地に住まう猫故、直接お顔を合わせたことはないものの、FZIRO様と同じく、もう十年以上前からのおつきあい。確か某オクでMBのコカ・コーラ トラックを落札して頂いたのが御縁の始まり。当時は互 [続きを読む]