三鷹の隠居 さん プロフィール

  •  
三鷹の隠居さん: Kodomoのこと
ハンドル名三鷹の隠居 さん
ブログタイトルKodomoのこと
ブログURLhttp://ibg-kodomo.blogspot.com/
サイト紹介文現在の日本の子供教育に関してビジネスコンサルタントの視点から様々な意見を提示し議論したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/12/15 10:30

三鷹の隠居 さんのブログ記事

  • 台湾は日本と似ている 〜 孤独に耐える力 〜
  • 台湾統一地方選:野党国民党が大勝、与党率いる蔡英文総統に暗雲Bloomberg NewsPro-China Party's Big Win in Taiwan Puts Tsai Future in Doubt2018年11月26日 7:21 JST独立なんて大変そうだ。習近平に取り込まれるのも嫌だ。国家と認められなくても今のままがいい、、、、。どこかの国と似てますね。中国共産党は「日本はアメリカの統治領から中国の統治領になるべきだ」と思っていることを、日本の政治家や官僚には肝に銘じてほ [続きを読む]
  • 独立か依存か?
  • 来月で満6歳。チャーリーの依存心は強くなるばかり「主体」を回復することの大切さは時代や地域が変わったからといって変わるものじゃない。国の独立ってそういうものです。福沢諭吉は「一身独立して一国独立す」と言いました。「主体」を失うと、何も考えなくなったり依存心が強くなります。ひきこもりや鬱病になるかも知れません。「主体」をいかに自分に取り戻すかという問題は、人にとって「生きるか死ぬか」に関わるほど根源 [続きを読む]
  • 月見ラーメン
  • 2018年10月の満月は25日(木)。満月の瞬間が深夜1時45分のため「今夜」24日夜から25日明け方にかけて見える月が満月だそうです。台湾と上海から来ている仕事仲間たちと一緒に月見ラーメン@武蔵野。*** [続きを読む]
  • 秋の味覚で幸せ
  • 徳島の友人が零余子と栗と鳴門金時を送ってくれました。サイクリングの途中に見つけたそうです。秋の香り満載です。毎年この季節に食べられるって、そこはかとない幸せを感じます。幸せってそういうものなのでしょうね。 ほろほろとむかご落ちけり秋の雨 一茶ほろほろと零余子が落ちるのは正岡子規も句にしていました。ほろほろとぬかごこぼるる垣根かな  正岡子規*** [続きを読む]
  • 復興みかん
  • 7月の西日本豪雨を乗り越えて奇跡的に残った宇和島吉田町のミカンこれは、吉田町出身の友人が災害復旧ボランティアの合間に獲ってくれたミカンです。今週になって「復興みかん」として全国に出荷されました。飯くはで蜜柑を好む病哉(明治32)正岡子規果物好きの子規ですが、子規も温州ミカンを中国が原産だと誤解していたそうです。中国の温州にちなんでウンシュウミカンと命名されたが、温州原産ではなく日本の不知火海沿岸が原 [続きを読む]
  • 渋谷の街の変化
  • 夕べは30年前のNY時代の仕事仲間と渋谷で reunion でした。渋谷は1年半ぶりだったので、約束の時間の少し前から道玄坂あたりをブラブラしてみました。想像以上の状況で驚きました。外国人が多い。中国やその他の東南アジアからの観光客や、量販店における中国人の店員さんたちの多さに驚いたのは勿論ですが、飲食店街にビール等の酒類を配達する人たちが少し膚の色の浅黒い外国人だったり、東欧の大きな白人だったことです。都道府 [続きを読む]
  • 人生を振り返る季節
  • 奈良 秋篠川働き方改革、英語教育の推進 等々、明治維新から150年、今の日本はこれまで以上に世界に過剰適応しようというのでしょうか? アメリカをみても中国をみてもEUをみても世界中のどこをみても大混乱じゃないですか?私は純正の日本人で日本の義務教育を全うしました。聡明でもなく勉強も大して好きではなかった。今の偏差値教育のシステムの中ではドロップ・アウトと言えるかも知れません。また、反体制と言うにも根性がな [続きを読む]
  • 人生は不可逆的変化
  • 雲ではっきりとは見えませんが生駒山に月が沈みます。若草山には日が昇ろうとしています。東の若草山に炎(かぎろひ)が立って、柿本人麻呂のように振り返ったら、西の生駒山の空には月が沈もうとしています。東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月傾(かたぶ)きぬKnow Yourself (汝を知れ)と言ったのはソクラテスですが、沈みゆく月を見て自分を知るか?*** [続きを読む]
  • 秋のお彼岸
  • これだけ猛暑だったのに彼岸花は彼岸を忘れてなかった!お彼岸の中日でした。 彼岸とは彼の岸(かのきし)、つまり我々には理解できない未知の世界のことで、 宗教(仏様)の教えに導かれて安らかな生活を送ることができる世界といわれています。身近にいる自分以外の人のことまで100%理解できないのに、死後の世界との対話は難度が高すぎる。それに対して此岸(しがん)は我々が今を生きる世界で、それは迷いや苦しみに満ちたも [続きを読む]
  • 栗飯
  • 今年の栗は小粒です。味はどうでしょうか? 今夜の栗ご飯で明らかになります。夏に異常な高温が続いたため栗の成熟時期が1週間ほど早まり、多くの栗が木から落ちてしまったそうです。晩年病床にあった子規の句です(『仰臥漫録』明治34年)。栗飯ヤ病人ナガラ大食ヒ    正岡子規美味しく炊き上がりました。*** [続きを読む]
  • ヴァイキングは商人だった
  • ヴァイキングの航海(ウィキより)トランプさんって10世紀前後の北欧のヴァイキングみたいだと思います。日本でヴァイキングと言えば海賊のイメージですが、実は取引によって利益を得る貿易商なのです。商売人なのですが、時には略奪者にもなってしまう。相手が言うことを聞かないと力でねじ伏せようとする。もともと原始的な商売人は多くがそうであったと思うのです。現代のビジネスにおいても、パワーポリティクスの国家間の外交 [続きを読む]
  • あこや貝の貝柱
  • あこや貝の貝柱愛媛県宇和島市吉田町出身の友人があこや貝の貝柱を送ってくれました。塩コショウで軽く炒めてレモンを絞って食しました。少し歯ごたえのある食感、濃厚で芳醇な香りです。吉田町は先日の集中豪雨で大打撃を受けたところです。愛媛県でのみかんの栽培は、江戸時代の終わりごろ、宇和島市吉田町で伊勢参りや四国巡礼で手に入れたみかんの苗木を植えたのがはじまりだそうです。宇和島は、みかん以外にも真鯛をはじめと [続きを読む]
  • 田舎のゴミ収集
  • 奈良市のゴミ収集場田舎でのゴミ出しは難しい。ゴミの収集は地方自治体の責任で行うのですが、ゴミ収集場の管理はその地区の住人に委ねられています(武蔵野市の場合はゴミ収集車が一軒一軒の家の前で収集してくれるのでゴミ収集場はありません)。ゴミ収集場の管理は当番制になっているのですが、そこに高齢化社会特有の人間関係の葛藤がある。葛藤の根幹にあるのは本人の寂しさ辛さでしょう。とにかく田舎には後期高齢の独居老人 [続きを読む]
  • 炎(かぎろひ)
  • 今朝、若草山の朝日東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月傾(かたぶ)きぬ   柿本人麿栄枯盛衰。盛者必衰。。。。 人生は不可逆的。一生は一度。時間やエネルギー(エントロピー)には限りがあります。東の空が真っ赤になって(かぎろひが立つ)日が昇っても西の空で月が沈もうとしているのです(太陽や月は循環的変化ですが、、、)。*** [続きを読む]
  • 暑さのせい
  • 奈良町しぐれの手ぬぐいに保冷剤をまいて散歩散歩昔のことはみな忘れ自慢ばなしは しなはんなわしらの時代はもう過ぎたなんぼ頑張り りきんでも体がいうことききまへんあんたはえらい わしゃあかんそんな気持ちでおりなはれ 〜 奈良町しぐれ 〜Manage政治・経済、外交、学力低下、働き方、LGBT、、、、 イライラや怒りっぽいのもすべて暑さのせいになるか?生駒の山に日が沈んでも気温は36度*** [続きを読む]
  • 平城京 秋篠川
  • 秋篠川 〜 薬師寺のあたりから唐招提寺を望む猛烈な暑さなので散歩は早朝と夕方にしかできません先日の豪雨で、奈良の唐招提寺や薬師寺の東を南北に流れる秋篠川は、洪水が起きる危険性が高い「氾濫危険水位」に達したと全国のニュースで報道されました。東京で心配していたのですが、ギリギリのところで大丈夫だったようです。秋篠川は平城京造営時に条坊に合わせて直線化された人工河川です。唐招提寺や薬師寺の造営にも物資運搬 [続きを読む]
  • 「歩き方」改革
  • 玄関のスニーカーと草履「歩き方」は文化によって大きく異なるそうです。洋式は後方へのけり出し動作が推進の基本で、和式は前方踏み出しが推進力のようです。踏み出した足で全身を引っ張り前に出るか、踏み出した足が接地する前に後ろ足で蹴り推進力とするかの違いです。西洋式はパリコレのモデルさんの歩き方です。一方、和式は能や狂言の歩き方をイメージしてもらえればいいかと思います。歩き方は服装や生活様式の変化にも影響 [続きを読む]
  • イネの成長
  • イネの成長と百日紅@奈良- 視野を拡げ、- 多くの視点を持ち、- 高い視座を持つ   ↓ ↑ 自己を客観視これらの習慣化を通じて、問題意識が芽生え、それが危機意識に発展し、当事者意識を持って事に対処する。個人の視点がないと、全てのことが学校や会社(顧客)からのやらされ仕事になってしまう。真”のリーダー  - 信念を貫く溢れる情熱 - 困難を乗り越える精神的強さ(mentally tough) - 周りが慕い集まる人間力 - [続きを読む]
  • NYスタイルのベーグル
  • 日本ではなかなかNYスタイル(ジューイッシュスタイル?)のベーグルにお目にかかりません。アメリカでもニューヨーク以外の土地に行っても手に入り難いのです。NYはジューイッシュの街だとも言えます。 外側はパリッと香ばしく、中はアルデンテというかモッチリした食感(moisture and bounce)がないといけないのがNYスタイルのベーグルです。10年以上前から日本でも広がって、今では日本にもベーグル専門店ができるほどな [続きを読む]
  • 会話に必要な引き出し
  • たとえ賛成しなくても相手を理解しないと会話は成り立ちません。相手を理解するには少しでいいから教養が必要です。自分の引き出しに経験や知識が詰まってないといけません。若い時は引き出しの中は空っぽかガラクタばかりかも知れませんが、年齢を重ねるにつれて自分のストーリーでいっぱいになってくるものです。昨今コミュニケーションがうまく行かないことが問題になっています。相手を理解する姿勢や習慣がないと会話にはなら [続きを読む]
  • テネシー州ナッシュビル紀行 9 (おわり)
  • ナッシュビル ダウンタウンのバプティスト教会経済が最も急成長する米国の大都市圏トップ10(労働統計局 2015-2016) 1位 グランドラピッズ(ミシガン州) 2位 オーランド(フロリダ州) 3位 ナッシュビル(テネシー州) 4位 シャーロット(ノースカロライナ州) 5位 ソルトレークシティー(ユタ州) 6位 リバーサイド(カリフォルニア州) 7位 ローリー(ノースカロライナ州) 8位 ジャクソンビル(フロリダ州) 9位 サ [続きを読む]