十兵衛 さん プロフィール

  •  
十兵衛さん: FXの毎日配信
ハンドル名十兵衛 さん
ブログタイトルFXの毎日配信
ブログURLhttp://jube3.blog.fc2.com/
サイト紹介文今日使える売り買いの価格を毎日更新中!
自由文仕事、生活、その合間にできるトレードでどれだけのことができるのかを暴露!
稼ぎも上場??
ん〜ぼちぼちっす^^;
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2009/12/15 23:33

十兵衛 さんのブログ記事

  • 10月16日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年10月16日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週はユーロ相場で一時的な上昇の動きを見るも、チャート分析に影響するものではなく、マーケット全体は値を停滞させたため、時間足での売り買いの優位性はそのままとなります。重要指標も比較的少なく、今週は落ち着いた値動きが予想されますが、要人発言の影響には引き続き [続きを読む]
  • リスク回避で利益を残し、週間トータルはプラス。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+1050.37ドル(約11万5000円の利益)今週は週前半のトレンド相場での運用で利益を上げ、週後半のレンジ相場での損失を回避、稼いだ利益を守り抜いた一週間で、週間トータルはプラスとなりました。トレンド相場での運用の対応や、レンジ相場で発生したエントリーサインでの運用の有無が、週間トータルをプラスにしたかマイナスとなったか、大きく分けるものとな [続きを読む]
  • 2017年10月13日(金)  朝採れDay’s Report
  • ポンド、日足の方向感から買い弱気。ポンドドルとポンド円は頻回なサインの転換を見せ、現在はレンジ上昇局面での買い前兆サインが確認されています。いずれも日足レンジ相場を意識した買い弱気の見通しとなります。その他、サインの有効性が維持されている通貨は想定リスク量の拡大が懸念されており、目先運用は見送られています。本日はアメリカの指標が重なる21時半に注目です。 また、週を跨ぐポジション保有とならぬよう注 [続きを読む]
  • 2017年10月12日(木)  朝採れDay’s Report
  • ユーロ円、上昇トレンド継続を期待。ユーロ円はようやくトレンド相場を決めました。日足の方向感との合致から傾きの継続を期待、買いは強気の見通しとなります。同じ上昇トレンドにあるユーロドルとポンドドルは、日足レンジ相場継続の動きを警戒。カナダ円はユーロ円同様に日足の方向感から買い強気の見方がされています。しかし、直近、応用3が適用され、買い前兆サインでの運用は見送られています。本日はドラギ総裁の発言、他 [続きを読む]
  • 2017年10月11日(水)  朝採れDay’s Report
  • 日足レンジ相場を意識した運用判断。ユーロドルとポンドドルは買いサインの発生にてポジション保有中。未だレンジ相場にあるポンドドルは日足レンジ相場を意識したリスク回避優先のポジション管理を取り入れたい。ユーロ円は日足の方向感と合致する上昇トレンド移行を期待、ドル円は直近の反発幅の広がりから、想定リスク量の拡大が懸念されます。本日は明日早朝発表のFOMCを警戒、寝る前のポジション管理は高い意識をもってあたり [続きを読む]
  • 2017年10月10日(火)  朝採れDay’s Report
  • レンジの展開に新規サイン待ち。ドル円の除く通貨は方向感の弱いレンジ相場、新規サイン待ちとなります。ドル円はレンジ下落局面での売り前兆サインが確認されているが、サイン発生後の反発は強く、想定リスク量の拡大が懸念されています。方向感の弱いマーケット展開にトレンド相場移行への期待感は弱く、目先運用は見送られています。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポート [続きを読む]
  • 10月9日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年10月9日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週の動きを受け、ユーロドルとポンドドルでは日足の方向転換を確認、直近サインは有効性を失っております。これに伴い、時間足での売り買いの優位性も変化しており、目先は日足ミドル付近での不安定な地合いが警戒されます。今週は注意すべき重要指標の数は差ほどありませんが [続きを読む]
  • 下降トレンドを捉えるも、最大利益は得ず。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+1581.59ドル(約17万8000円の利益)今週はポンドドルとポンド円での強い下降トレンドにて利益獲得があり、週間トータルはプラスとなりました。しかし、異常値や日足抵抗線から利確判断がトレードを寸断、最大利益を手放す形となりました。その他対象通貨はいずれもレンジの展開となりましたが、発生サインの内レンジ相場に巻き込まれたのは僅か2割、8割のサ [続きを読む]
  • 2017年10月6日(金)  朝採れDay’s Report
  • ポンド再下落、目先は異常値を警戒。ポンド相場は下降トレンドの再開・継続を確認、更なる進行が期待されていますが、直近、異常値をつけているため応用3を適用、目先のボラティリティの低下に警戒されています。異常値はカナダ円でも確認、レンジ下落局面にて発生した売り前兆サインは見送り判断が取られています。本日はアメリカとカナダの失業率に注目です。また、週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しましょう。詳しくは [続きを読む]
  • 2017年10月5日(木)  朝採れDay’s Report
  • ポンドドル、底値は堅く。ポンドドルは底値の堅い展開に安値は伸ばせず、下落進行に対し不安視されています。ミドルラインの接近も確認されており、手動決済も視野に対応したい。カナダ円はレンジ上昇局面での買い前兆サインが確認されています。日足サインとの合致から上昇トレンドへの移行が期待されます。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロー [続きを読む]
  • 2017年10月4日(水)  朝採れDay’s Report
  • レンジ相場に運用は様子見。サインの有効性が維持されているユーロドルとドル円はレンジ相場に運用は様子見、ポンド円は異常値後の鈍い地合いが確認され、こちらも目先運用は見送りが取られています。ポンドドルは下降トレンド追随を図るポジション保有がされているが、日足の方向感に対し逆向きの運用に、早い戻しや抵抗線での反発には対策したい。本日はアメリカのADP雇用とISM非製造業指数に注目です。詳しくは下記のダウンロー [続きを読む]
  • 2017年10月3日(火)  朝採れDay’s Report
  • 日足方向感に対し逆行のサイン。現在、複数通貨にて有効売りサインの確認ができます。しかし、いずれも日足の方向感に対し逆向きサイン、優位性が不安視されるため運用には慎重な見方がされています。既にポジション保有に至っているポンドドルとユーロ円は、リスク回避優先のポジション管理で利益を狙いたい。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロ [続きを読む]
  • 10月2日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年10月2日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週の値動きを受け、日足にてトレンド相場が確認されていた通貨は、上昇の動きを落ち着かせる反発局面に入っております。それに伴いラインの位置設定が変更、ポンド円は売り買いの優位性も先週とは異なっております。今週は月初めともありアメリカの指標を中心に重要発表が多数 [続きを読む]
  • 方向感、継続は弱く収支は微益。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+210.75ドル(約2万3000円の利益)今週も先週に引き続き週間トータルは微益となりました。週初の予想では、日足の方向感を根拠にした上昇の動きを期待しておりましたが、思惑通りの方向感はつけず、運用は慎重な判断のもと行われました。その結果、出遅れエントリーによる利益額の減少は避けようのない代償となったものの、同じ判断がレンジ相場内でのエントリー [続きを読む]
  • 2017年9月29日(金)  朝採れDay’s Report
  • サインの有効性はリセット。 現在、すべての通貨ペアにて発生していたサインは有効性を失っています。目先は新規サイン待ちです。本日は日本とドイツの失業率、イギリスとカナダの GDP に注目、また、要人発言によるマーケットへの影響にも気を付けましょう。 そして、週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しましょう。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 [続きを読む]
  • 2017年9月28日(木)  朝採れDay’s Report
  • 目先、トレンド継続には慎重な見方。 現在複数通貨にてトレンド相場への移行が確認されておりますが、ポンドドルを除く通貨ではトレンドに対する反発の動きが目立っております。トレンド相場の最中にあるポンドドルを含み、いずれの通貨も日足の方向感からトレンド継続へは慎重な見方がされています。本日はアメリカのGDPに注目です。また、各国の要人発言によるマーケットへのリアクションも警戒されます。詳しくは下記のダウンロ [続きを読む]
  • 2017年9月27日(水)  朝採れDay’s Report
  • 方向感の弱い展開、運用は慎重。 サインに対する逆行の動きが加速、方向感の弱い展開に運用は慎重な見方がされています。ドル円とカナダ円はレンジ突入が確認されており、目先は新規サイン発生待ち。ポンドドルとポンド円、ユーロ円はサインに対する反発の動きが強く、目先運用へは見送り判断が取られています。ユーロドルは下降トレンド及びサポートのブレイクが確認されポジション保有中。日足の方向感との不一致から早い戻しが [続きを読む]
  • 2017年9月26日(火)  朝採れDay’s Report
  • 目先運用、抵抗線との位置関係に注目。 昨晩の一時的な下落に、対象通貨は売りサインまたは売り前兆サインの発生がありました。ドル円を除く通貨では、日足抵抗線との距離を詰める売値や異常値をつけるなど、トレード環境の悪化が確認されており、目先運用は見送りの判断が取られています。ドル円は底値に控える日足ミドル付近での値動きのリアクションに注目されています。本日は Fed イエレン議長の発言に注目です。詳しくは下記 [続きを読む]
  • 9月25日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年9月25日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  現在、ドル円を除く対象5通貨にて日足買いサインの確認がされております。日足の方向感に則り、時間足でのトレンド相場への移行も期待されておりますが、ボラティリティを低下させた先週の動きの継続にも警戒感が持たれています。レンジブレイクを期待した買い中心の運用設計で [続きを読む]
  • 見送りサイン、レンジの往復を回避。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+161.87ドル(約1万8000円の利益)今週は先週の方向感を落ち着かせるマーケット展開に利益チャンスには恵まれず。しかし、見送り判断及びサインによりレンジの往復の主を見送り、発生リスクを大きく軽減することができています。方向感に対する収益としては大きな損失も出さず、良い結果になったと考えています。詳しい結果はこちらをご覧くださいね。▽トレード [続きを読む]
  • 2017年9月22日(金)  朝採れDay’s Report
  • 新規サインにてトレンド相場発生・継続に期待。 買いサインまたは買い前兆サインが確認されているポンドドル・ポンド円・ユーロ円・カナダ円は、日足の方向感との合致から目先上昇トレンド発生または継続が期待されています。買い運用には強気の見通しだが、先週の強いトレンドを経て早い上げ止まりに警戒、ファーストポジションの利益上昇を見ながら追加ポジションを視野に対応したい。ユーロドルとドル円は日足サインとの不一致 [続きを読む]
  • 2017年9月21日(木)  朝採れDay’s Report
  • FOMCのインパクト、目先運用は慎重な見方。 早朝発表されたFOMCの影響を受け複数通貨にて新規サインが発生、異常値や想定リスク量の拡大、日足抵抗線付近からの反発が警戒され、いずれの通貨も目先運用は慎重な見方がされています。尚、この強く振れた値動きにより、ポンドドル日足では上昇トレンドを決めています。これに伴い抵抗線の更新がされています。本日は日本の金融政策発表とドラギ総裁の発言に注目です。詳しくは下記の [続きを読む]
  • 2017年9月20日(水)  朝採れDay’s Report
  • ポンド円、日足にて新規買いサイン発生。 ポンド円日足は買いサインを確定させ、ラインの位置が解除・更新されています。また、時間足での売り買いの優位性も買い強気へ切り替えられています。時間足は上昇トレンドに対する反発局面、目先運用は想定リスク量の拡大が懸念され見送られておりますが、再上昇の動きに期待したい。本日はアメリカFOMCに警戒、寝る前のポジション管理は高い意識をもって取り組みましょう。詳しくは下記 [続きを読む]
  • 2017年9月19日(火)  朝採れDay’s Report
  • 方向感を落ち着かせ運用は様子見。 ポンドドルとポンド円は上昇の足を止め方向感を落ち着かせています。直近相場、ポンドドルは反発幅の広がり、ポンド円は異常値後のボラティリティの低下が確認されており、目先買い追随の運用は見送り判断が取られています。一方、ユーロ円とドル円では上昇トレンドが発生、内、ユーロ円は日足の方向感と合致しており、トレンド継続の動きに期待、運用は強気の見方がされています。詳しくは下記 [続きを読む]
  • 9月18日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年9月18日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週、ポンド相場の上昇トレンドをはじめ、その他通貨でも上昇傾向にありました。その動きを受け、日足では大きな変化のポイントを迎えています。特に、ポンド円の日足は、レジスタンスのブレイクと買い前兆サインの発生が確認されています。先の動向に応じた抵抗線の位置設定な [続きを読む]