団塊太 さん プロフィール

  •  
団塊太さん: ばら色の日々
ハンドル名団塊太 さん
ブログタイトルばら色の日々
ブログURLhttp://tsuiokunosilkroad.livedoor.biz
サイト紹介文1967年今から45年前、500ドルを握り締めて横浜を出た。ユーラシア大陸にかけた青春放浪のドキュドラマ
自由文あれからすでに半世紀近くがすぎた。学園紛争、大手広告会社での仕事、ながいパリ駐在、そして映画製作、趣味が嵩じて陶芸家に。富士の裾野で築窯して富士焼(富士山の溶岩活用)創始。現在に至ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 24日(平均1.2回/週) - 参加 2009/12/18 09:44

団塊太 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オフエリアの川の流れのように
  • オフエリアが川の中に浮かんで流れてゆく。人生がながれてゆく。だれも止められない人生の時間が。人との出会いは一瞬で川の流れの柵で出会って目と目を合わせて手と手を握り唇を合わせては過ぎて行くまぼろしのようだ。時間を共にすることができたのは幸福だった。もう誰とも会えない後ろから私を呼ぶ声がする。私の名前覚えてる?バラ色の日々はもう帰ってこない。 [続きを読む]
  • ばら色の日々 50年後 あとがき(3)
  • 思い出は次から次と止めどもなく湧いてくるものだ。1982年道路も凍るパリ12月だった。近代オリンピックをつくったクーベルタン男爵の名をいただくスタジアムで第2回世界女子柔道が開催された。この大会では52kg級で山口香が銀メダル、竪石が無差別級でメダルを取ったが巴投げの英国ブリッグズ、ベルギーの長身ベルグマン等の欧州柔道の躍進がめざましく映った大会となった。日本では大会模様はNHKが放映された。当時NHKのパリは欧 [続きを読む]
  • バラ色の日々後書き(2)
  • 実名を出してももういいだろうと思う。世界放浪の旅後の仕事の半生を綴りながら。横浜を出て横浜に着いた1968年12月以降の事だ。休学していた大学にもどって大学紛争で荒れた余波を縫って今盛んに話題の大手広告代理店に入社した。大阪万博の年だった。1979年には初代のパリ駐在として再度フランスに戻った。戻ったが放浪の旅路に場末のビストロで口にした安ワインと紫ムール貝ほどの美味を其の後味わったことはない。パリ滞在中で [続きを読む]
  • バラ色の日々の50年後の後書き(1)
  • 人生とは如何に短いものか。私ももう71歳。あと半年で72歳となる。子供の頃の記憶は新鮮でまるで昨日の事のように想い出される。ましてや1968年、横浜を発ってシベリア経由の世界旅の事はほんの半日前のようだ。今から50年前なのだが、人間の脳は旅先の食べたものの味、世界各地の匂い、風が皮膚を掴む感触、聞こえてくる様々な言語のやりとり、唇の柔らかさやルージュの色から、あたたかさ、まですぐに想い出すことができる神が与 [続きを読む]
  • 過去の記事 …