カヒミ さん プロフィール

  •  
カヒミさん: ニジポケ
ハンドル名カヒミ さん
ブログタイトルニジポケ
ブログURLhttps://ameblo.jp/unabow/
サイト紹介文カヒミの妄想だったり、声優話だったり、歴史話だったり、無双話だったり。
自由文カヒミさんのヲタクな日常を綴るとか綴らないとか。一日一善ならぬ、一日一記事を心がけ中。
記事の内容は、歴史関係、無双関係、声優関係、妄想関係。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/12/18 20:59

カヒミ さんのブログ記事

  • 『美女と野獣』を見ました
  • これ↑を載せると誤解を生みそうですが…公開当初からずっと見たかった実写版の方の美女と野獣を、やっと見ました。 ①2017年4月公開 ②アメリカ映画 ③ベル:エマ・ワトソン、野獣:ダン・スティーヴンス ④魔女の呪いによって野獣の姿に変えられた王子の住む城へ、主人公の父親が訪れ、庭のバラを盗んで捕まってしまい、父親を助ける為に主人公のベルが城へ訪れて…。 ⑤☆4つ。とにかく話が好き。ディズニーアニメを実写リ [続きを読む]
  • 名探偵ピカチュウ、クリアしました!
  • 3DSの『名探偵ピカチュウ』をDLしてプレイしました。 約5日間でクリアしてしまったので、もうちょっとあの世界観に浸っていたかったな…というのはありましたが、シナリオが劇場版3Dアニメーションにしてもいいのでは?と思うくらい面白かったので、ポケモンを殆ど知らない私でも十分楽しめました。 とにかく、このCV大川透さんのピカチュウの可愛さよ…_:(´?`」 ∠):_生意気な感じと、オッサンな感じと、でもこの元々のフォ [続きを読む]
  • 夜明けと言えば『後朝の別れ』
  • タイトル:『なほ恨めしき 朝ぼらけかな』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9460219 最早恒例となりつつありますが、今回もまた有志で行われている『1週間小説コンテスト』に作品を投稿しました。今回は第8回です。私自身の参加としてはこれで5回目となります。結構参加してますね。 ちなみに今回の表紙↑、この素敵な表紙素材は草摩さんの作品です↓https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=5 [続きを読む]
  • 1月から見ているアニメの話。
  • もうすぐ4月の改変ですね…。1月から見ているアニメで、面白い作品がいくつかあったのでその話でも。※個人的な意見なので、生温かい眼で以下お読みくださると助かります。 今期私が見ていた作品で凄く面白い作品は… ●ヴァイオレット・エヴァーガーデン●博多豚骨ラーメンズ●刻刻 この3つ。(※二期以上の長い作品は除外) ヴァイオレット・エヴァーガーデンと、博多豚骨ラーメンズは原作が小説(ライトノベル?)作品で、 [続きを読む]
  • 『夜は短し歩けよ乙女』を見ました
  • 同タイトル小説が原作のアニメーション映画作品。著者である森見登美彦さんの他作品、『四畳半神話大系』や『有頂天家族』もアニメ作品で見ていたので、今作品も公開当初から気になっていました。 ①2017年4月公開 ②サイエンスSARU ③先輩役:星野源 (※敬称略)黒髪の乙女役:花澤香菜 ④先輩と後輩である黒髪の乙女の、なんやかんやで両想いを目指す話。 ⑤☆3つ。タイトルは『夜は短し…』って書いてあるけど、割と終盤ま [続きを読む]
  • 『聖☆おにいさん』を見ました
  • 原作を読んだ事があったので見てみました。 ①2013年公開 ②A-1 Pictures ③イエス役:森山未來、(※敬称略)ブッダ役:星野源 ④神であるブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫する為、日本の東京都立川の安アパートの一室で「聖」(せい)という名字で暮らして…。 ⑤☆3。ほぼ設定が出オチなので、日常生活を映画の尺で見続けるのは結構退屈だったりするけど、時々神様特有のギャグがツボると面白い。日常系なので基本的 [続きを読む]
  • 『帝一の國』を見ました
  • 公開当初から気になっていた作品なので見ました。 ①2017年4月公開 ②AOI Pro. ③菅田将暉(敬称略) ④菅田将暉扮する赤羽帝一が、「総理大臣になり自分の国を作る」という野望の為、将来の内閣入りが確約されているという、日本一の超名門海帝高校の生徒会長を目指す話。 ⑤内容はコメディ(本人達は至ってシリアスだけど)で面白かった。☆は4寄りの3。主人公が生徒会長を目指す話だとは薄っすら聞いていたけど、まさか主 [続きを読む]
  • 『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』を見ました
  • 金曜ロードショーでやっていたので録画して見ました。この作品では悪役を演られている、ヒュー・ジャックマンが好きなので♪ ①2015年公開 ②イギリス・アメリカ合作映画 ③ピーター役:リーヴァイ・ミラー(CV:山田瑛瑠さん) ④第二次大戦中のロンドンで、ピーター含む孤児院の子供達が、夜な夜な空飛ぶ海賊船に連れ去られてしっちゃかめっちゃか。 ⑤☆3つ。面白かった。いろいろツッコミ処はあるものの(空飛ぶ船の動力と [続きを読む]
  • 『戦国自衛隊』を見ました
  • 『戦国自衛隊』の映像作品は、リメイク映画の『戦国自衛隊1549』と、『戦国自衛隊・関ケ原の戦い』というドラマ作品の二つは見た事あったのですが、元となった最初の『戦国自衛隊』を見た事が無かったので見てみました。 ちなみに今回からは、以前書いていた様式(番号)を利用して書こうと思います。 ①1979年公開 ②角川映画 ③千葉真一(敬称略) ④日本海で演習をしていた自衛隊の一部隊(21名)が、急に戦国時代へタイムス [続きを読む]
  • ファンアート描きました☆
  • 声優ゲーム実況チーム『こえすぐる』さんの、ファンアートを描かせて頂きました。※こえすぐるさんについての詳しい情報は→こちら 前回の記事にもサラッとspiさんの似顔絵載せましたが…私、昔からこんな事ばかりしてる(^^; 初めて似顔絵描いたのは小学校低学年でしたが、その時はそれを見た友達が憤慨してしまって…似顔絵は時に人を傷つけてしまうものなんだなってショックを受けた覚えがあります。私としては、その友達 [続きを読む]
  • 買っちゃいました!
  • とうとうというかやっとというか…刀剣乱舞の図録と、たぬたヌードルストッパー(フィギュア)買っちゃいました。 図録…遅すぎる図録(^^;さっさと買えば良かったと。特に『うちの本丸絵日記』描く前に!(売ってたっけかな?) 届いてみてビックリしたのはその大きさ。↑の写真で比較出来るかと思って手を入れてみたけど、これ比較出来てる?(^^; この図録、もっと小さいと思ってました。クリアファイルのサイズってい [続きを読む]
  • 脇差とは?
  • 刀ミュの『三百年の子守唄』を見ていて、同じ脇差なのに物吉貞宗とにっかり青江の長さがあまりにも違うので気になって少し調べてみました。 脇差とは…主兵装(本差)が破損などにより使えない時に使用される予備の武器を指す。脇差は刃渡り1尺(30cm)以上2尺(60cm)未満の物とされ…(Wikiより抜粋) ・にっかり青江…南北朝時代の備中青江派作の大脇差である。元は2尺5寸(約75cm)の太刀だったが、2尺(約60cm)の刀、さら [続きを読む]
  • 刀ステ、“ジョ伝 三つら星刀語り”見ました!
  • ↑一番好きなシーンでした。 去年末に行われた刀剣乱舞の舞台、『ジョ伝 三つら星刀語り』の千秋楽がライブ配信されるという事で、生で視聴致しました。涙腺がバカ&類稀なる出不精の審神者としては、ライブ配信本当に有難いです。_:(´?`」 ∠):_アリガタヤアリガタヤ… 私としては、前回の外伝に続き2回目の刀ステ。外伝は野外という事もあり2時間位の舞台でしたが、今回は本編という事で外伝と同じく2部構成の、間に15分の休憩 [続きを読む]
  • 『虐殺器官』を見ました
  • 一昨年の東京国際映画祭で、主人公クラヴィス役の中村悠一さんと、クラヴィスが追うジョン・ポール(つまり悪)役の櫻井孝宏さんが、タキシード姿でレッドカーペットを歩いていたのがまだ記憶に新しいです。 そんな晴れ姿を見てしまうと、映画(『虐殺器官』)自体も気になってしまうもの。 原作は長編SF小説。公開は2017年2月。当初、2015年10月公開予定だったようですが、制作会社が破産宣告して、別の会社に引き継がれ…… [続きを読む]
  • 『屍者の帝国』を見ました
  • 見たのは去年末ですが、WOWOWで放送されていた『屍者の帝国』という映画を見ました。 屍者の帝国 [DVD]5,184円Amazon Wikiによると、原作は長編SF小説のようです。「ノイタミナムービー第2弾“Project Itoh”の一環として『虐殺器官』、『ハーモニー』と共に劇場アニメ化されることが決定した」…だそうです。(へー!) ちなみに私がこの映画を見ようと思ったきっかけも、公開当初から気になっていた『虐殺器官』をWOWO [続きを読む]
  • 明けおめことヨロ2018
  • 謹賀新年。明けましておめでとうございます。今年もこのニジポケをよろしくお願い致します… という事で。戌年なのに犬が描けない私は、どうにかお餅でお正月感を何とかしてもらうの図。↑ 去年は主にこの三振yearだったなぁなんて。※詳しくは昨日の記事参照 さて、今年はどんな年になるんでしょうか? ツイッターでも書きましたが、我が家のプリンターが印刷するのを拒んでしまったので(?)、今年は年賀状の作成が出来なく [続きを読む]
  • 2017年に見た映画まとめ
  • 2017年を振り返ってみて、案外今年は映画を見たなと思ったので結構前にやっていた映画まとめを復活してみる事に。(映画まとめ記事ってほぼ私の為だけにやってますが、一度見た映画を思い出すのに凄く役立つんですよね…) 1.忍びの国・・・☆☆☆☆2.秘密・・・☆☆3.シン・ゴジラ・・・☆☆☆4.SQOOP!・・・☆☆5.ビューティー・インサイド・・・☆☆☆☆6.何者・・・☆☆☆☆7.関ケ原・・・☆☆☆8.フ [続きを読む]
  • 絵本を載せました!
  • 6年前の絵本作品を改めてPixivに載せました。 『【絵本】大きいモサモサと小さいモサモサ』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9047924 このブログでも以前載せてるんですが、ここにある作品(らしい作品)は全部Pixivへ移行させてしまおうと思っていまして。 ふと思い立って昨日作業してたんですが、表紙が無い事に気付いて、急遽表紙だけは今作りました。(^^;こんなに単純なキャラなのに、「あの頃のように描けるだ [続きを読む]
  • 校正し直しました&次回作予告
  • 2年前に書いた二次創作を改めて読み易く校正し直しました。(実は殆ど校正しないで載せてました…本当スミマセンです) 『乱れるつもりはない。』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5851926 CP作品というよりは、殆どコントのような内容です。ただただ、ラブコメの大倶利伽羅が見てみたいという一心で、乱ちゃんに積極的になってもらって、大倶利伽羅にあわあわさせてみたかったというだけの作品。(^^; 彼の口癖に [続きを読む]
  • 刀ミュ、”三百年の子守歌”を見ました(今更!)
  • 刀剣乱舞のミュージカル、『三百年の子守歌』を今更ながら視聴しました。私の推し刀の一人、蜻蛉切が出るという事で公演当時も気になってましたが、やっと観る事に。 見終わった後、暫く放心状態でした。いろいろ凄くて。胸がいっぱいな状態でした。 先日の小田原城で行われた刀ステのレポでも書きましたが、刀ミュについては厳島神社で行われたものしか見て無かったので、イメージが大分変りました。 まさかお芝居の部分があん [続きを読む]
  • 刀剣男士萌えヒエラルキー(私調べ)
  • 私の中の刀剣男士の(萌え)分類を知りたいという方がいたので、萌えのヒエラルキー表を作ってみました。 まず注意しておかなければいけないのが、ヒエラルキーとは言いつつも、私はどの刀剣男士も等しく育てているので皆近侍をやった事あるし、どの刀剣男士も好きであります。※一番下にあるからと言って好きじゃないという事は無い 一応階層にはしてあるけど、そんなに上の階層と下の階層に開きがあるわけではありません。殆ど [続きを読む]
  • 山伏国広、作っちゃいました!
  • ※鍛刀したわけではないです。 真・三國無双7Empiresの、エディット(新武将作成)機能を使って作りました。(もうすぐ8が出るというのに!) 顔は割とシャープめにしてしまいました…(蜻蛉切の時みたいにゴツめでもいけたか?) 『装飾』にちょうど目の隈取があったので、それでそれっぽく見えてくれ!!ってな感じですね…(^^;作りながら、「寧ろ2.5次元の役者さんの顔に似せるのもアリか?」という悪魔のささやきが聴こ [続きを読む]
  • イケメン戦国の二次創作を描きました
  • 『意地悪の向こう側』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8963669 久々に表紙の絵(明智光秀)も描いちゃったりなんかして。※素材はお借りしたものです。 キャプションに書いた、この話を書くに至った経緯は半分本当ですが、本当のところはこのゲームを作っている会社さんのセミナーの参加資格を得る為に、テーマ『添い寝』で2000字程度の作品を書いた次第です。キャラは誰でも良かったんですが、キャプションにも書いた [続きを読む]
  • 『デスノート Light up the NEW world』見ました
  • 地上波で初放送された『デスノート Light up the NEW world』を見ました。 実写映画のデスノートとしては4作目の作品となるんでしょうか。最初の2作は原作漫画を基にした前後編作品、3作目はLを主人公にしたスピンオフオリジナル作品、そして今回は最初の2作の続編として描かれたオリジナル作品…ていう感じでしょうか。(※Wikiを見ながら適当に書いてます)映画版はこれで全作見たと思うんですが、ドラマ版は見ていません [続きを読む]
  • 軍事境界線と言えば…
  • 最近、『北朝鮮兵士が軍事境界線を越えて韓国へ亡命』というニュースが話題になりましたが、それですぐ思い出したのが… JSA [DVD]3,218円Amazon この韓国映画。 『JSA』というのは、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある約800m四方の共同警備地域の事を指す言葉です。(Wikiより) まさにこの映画の舞台であるJSAの場所で起こった出来事だったのでこの映画を事前に見ていた私としては「おお!!( ゚Д゚)」となりました。 ちなみ [続きを読む]