くすぴー さん プロフィール

  •  
くすぴーさん: くすぴーのぼらぼらBlog2
ハンドル名くすぴー さん
ブログタイトルくすぴーのぼらぼらBlog2
ブログURLhttp://kusup.cocolog-nifty.com/pasores/
サイト紹介文パソコンのことを中心に雑多なことを書き散らかしております。
自由文私が使っているパソコンのことについて書いておりますが,古いワープロ専用機OASYSや親指シフト・Japanist関連のこともちょこちょこと書いております。メインではないのですが一太郎やATOK関連の記事を書くとなぜか多くのアクセスをいただいております。
本体web「ばそこんぼらぼら」http://www.kusup.com/が最近閑散として困っておりますので,こちらにもお越しくださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/12/19 15:25

くすぴー さんのブログ記事

  • Windows 10 October 2018 Updateへのアップデート顛末
  •  RS5版と言われた,次期Windows10であるOctober 2018 Updateのリリースが近づきました。今回は8月31日に正式名称を公開するなど,前回のApril 2018 Updateよりも若干余裕が見られる感じがします。 例によりまして,我が家にあるマシンのアップデート顛末を順次公開していこうと思います。自作5号(BIOSTAR G31-M7 TE V6.4 Core2Quad Q8200 4GB)9月9日 富士通FMV-B8240に代えて,本機がWindows Insider Programを試してみる役割を [続きを読む]
  • Cドライブが圧迫されたらExtreme Tuning Utilityを疑え!
  •  転勤に伴い自由に使える時間が少なくなったため,ASRock Z170 PRO4Sマザーを使った自作6号機(Core i7 6700K/4.00GHz)はウイークエンドにしか使わないようになってしまいました。 それなのに最近,SSDで,全体が250GBほどあるはずのCドライブの空き容量が数十GBまで減っているのに気がつきました。システムとプログラムファイルだけしか入れないようにしているはずなのに,異常な減り方をしています。 まずは定番の「田マーク」 [続きを読む]
  • 32ビットOSはなくなるの?←まだなくならないようです
  •  Windows 10 RS5版のInsider Previewで,Slowリングにようやく17692版が公開されたので,Insider Preview専用マシンと化している富士通FMV-B8240(Core Solo U1400/1.2GHz)に,Windows Update経由でインストールを試みたものの,悉く失敗するのでありました。 具体的には,Windows Updateをかけると,Insider Previewのダウンロード準備,次いで実際のダウンロード,そしてインストールへと進み,再起動を要求された後,インスト [続きを読む]
  • ついに500000アクセス達成!
  •  気がついたら50万アクセスを達成しておりました。 皆様のご愛顧に感謝しております。 実は先日来,拙ブログの更新が,私の表の仕事の異動の関係もあり,かなり難しくなっている状態です。以前なら節目のアクセス数を達成したその日に,ご愛顧感謝の記事をあげていたものでしたが,異動によりそんなことも簡単にはできなくなってしまいました。 そんな中でも,先日リリースされたWindows10 RS4版絡みの記事により,昨年来低迷 [続きを読む]
  • 「OASYSの父」亡くなる…
  •  富士通のワードプロセッサを開発した神田泰典さんが,さる2月7日に亡くなられ,ご葬儀が2月15日に執り行われたとのことでした。79歳でした。 富士通では,当初は汎用機の設計をされていたそうですが,日本で使うコンピュータは日本語が扱えなければならない,というところから,"JEF"と呼ばれる日本語処理拡張機構を開発,さらにそれと並行して,日本語ワードプロセッサ・OASYSを開発し,その中で日本語のかな文字をキーボ [続きを読む]
  • 中島平太郎さん亡くなる
  •  最近知ったのですが,「CDの父」と言われる中島平太郎さんが,昨年12月に亡くなられていたのだそうです。享年96歳。 東京工業大学を卒業した後,九州大学大学院(特別研究生)を経てNHKに入局。中島さんの著書,講談社ブルーバックスの「オーディオ小辞典」で知ったのですが,そこでデジタル録音機を開発します。「(放送用)ビデオレコーダーなら音声をデジタル記録するに足る帯域が確保できているので,音声をデジタル記録する回 [続きを読む]
  • 2017年アクセスランキング確定報告
  •  2018年がやってきました。あけましておめでとうございます。本年も拙web・拙ブログをご贔屓によろしくお願いいたします。 2018年から「18」を引いてみると2000年。2000年は何があったのかと言えば,そうそう,Windows2000がリリースされた年でしたね。 Windows2000のことを思い出すと,それまでのWindows98とは比べ物にならないくらい安定したOSで,しかもWindows98並の使いやすさを目指していた。確かに一般のユーザには使い [続きを読む]
  • 来年もだらだらいくしかないのか2017年アクセスランキングその5
  •  昨年にもまして更新ができにくくなった2017年の拙ブログでした。 昨年の本欄では,「私自身は表の仕事の世界でひとつの『転機』を迎えた1年となりました。」と書いたのですが,今年はその昨年の「転機」の影響はほとんどなく来年(?)に持ち越しとなったために,今年1年はなんだかモチベーションの上がらない,暗い1年に終わってしまったように思います。 私の表の仕事はともかく,実際のところ,今年のパソコン界も,新CPUの登 [続きを読む]
  • やる気に欠けた2017年アクセスランキングその4
  •  全体に低調で盛り上がらないアクセスランキングも早4回目。今日は4位から2位までの紹介です。12月29日までのデータをもとに集計しました。4位 さらばKDL-40NX800。そして代わりにやってきたKJ-40W730C。(2016年7月17日) 2187アクセス(昨年は12位↑,939アクセス↑) http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000095222/#19040578 KDL-40NX800の故障が多くなったのでしょうか,本記事も,低迷する拙ブログの記事の中では珍しく順位もアク [続きを読む]
  • やる気に欠けた2017年アクセスランキングその3
  •  アクセス数ダウンに見舞われた低調な2017年のアクセスランキングも中だるみのまま3回目を迎え,今日は10位から5位までの紹介となります。12月28日までのデータをもとに集計しました。10位 Windows10が降ってくる(F-07C編)(2015年8月2日) 896アクセス(昨年は3位↓,4675アクセス↓) F-07Cは私も使わなくなって2年になり,世間的にももう使っている人はいなくなった携帯電話だと思います。F-07Cにインストール可能だった(メーカ [続きを読む]
  • やる気に欠けた2017年アクセスランキングその2
  •  今日は20位(実際には19位が2つ)から11位までの紹介です。12月27日までのデータをもとに集計しました。19位 この時代のトヨタのデザイン力はものすごかった…。(2012年8月4日) 357アクセス(昨年はランク外↑,385アクセス↓)19位 実は最大の危機が迫ってきているのではないか?(2012年5月12日) 357アクセス(昨年は22位↑,606アクセス↓)18位 Core2級の中古パソコンが旬だ。(2013年1月5日) 386アクセス(昨年は17位↓,703ア [続きを読む]
  • やる気に欠けた2017年アクセスランキングその1
  •  今年こそは大きな変化があるかと思った2017年。ところがその期待は見事に裏切られ,結局何も変わらなかった2017年。 そんな中,新しい記事が大幅に減ったのが最大の原因とは思いながらも,拙ブログは今年,大幅なアクセス減に見舞われてしまいました。ま,これが本当の実力なのだと言われれば仕方がないことだと思いますが,Google検索でhttps化していないサイトは評価が下がるようになったことも無関係ではないでしょう。 私 [続きを読む]
  • 【慶祝その2】Japanist10がやってきた
  •  さる10月27日金曜日は待望のJapanist10出荷日で,仕事から帰ってみると私のところにも注文していたJapanist10が到着していました。 ケースを開けてみると,Japanist10のCD-ROMと見慣れた(!)Japanist2003のCD-ROM(著作権表示がちゃんと2001-2017となっている),ライセンス証書と「はじめにお読みください」「ご注意事項」の紙,それとおなじみ「快速親指シフトキートップシール」が入っていました。 なお私のところでは,嫁をJa [続きを読む]
  • 【慶祝!!】Japanistついにバージョンアップ!当然UWPアプリ対応!
  •  何気なくJapanistのサイトを見ていたら,http://www.fujitsu.com/jp/products/software/applications/applications/japanist/親指シフトが使える富士通のIME,Japanistが"10"にバージョンアップするというではありませんか。そうなったらいいなとはずうっと思っていたのですが,まさかこのタイミングで出してくるとは。 当然,UWPアプリ対応です。 タッチ操作も含め,Windows10に最適化した内容になっていますが,再変換機能の [続きを読む]
  • 三菱自動車の「軽」を振り返る(5)
  •  久しぶりの「三菱自動車の『軽』を振り返る」シリーズですが,今回はこれまで触れてこなかったあのメーカーの話が中心となります。 本田宗一郎さんは,明治39年に今の浜松市に生まれました。高等小学校を卒業した大正11年に,東京の湯島にある自動車修理工場「アート商会(アート金属工業として現存)」に丁稚として入ります。6年間そこに勤めた後,昭和3年にのれん分けを許され,故郷の浜松に「アート商会」の浜松支店を設立し [続きを読む]
  • ポータブックを買っちまった…(3)
  •  ポータブックは画像出力がVGAに加えHDMIもあり豊富なのですが,問題はUSBです。 使えるUSB端子が一口しかないのはなんとかならなかったのでしょうか。それも今となっては低速なUSB2端子しかないというのはなんとなく問題だと感じます。マイクロUSB端子は充電用だけにしか使えません。これをデータのやりとりも可能な仕様にしておくともう少し使い勝手が広がったのではないでしょうか。 また,これらのポートをしまう(SDカード [続きを読む]
  • ポータブックを買っちまった…(2)
  •  ポータブックはディスプレイを開け,キーボードを回転させて使えるようにし(収納状態ではキーボードロックがかかっているとのこと),本体右側面の電源スイッチを入れてようやく使えるようになります。電源スイッチはやや長押ししてやらないと電源が入らないようで,誤動作を防いだとメーカーは言いたいのでしょうが,私には使いにくい印象があります。 ところでポータブックのWindows10は64ビット版を搭載しています。しかしメ [続きを読む]
  • ポータブックを買っちまった…(1)
  •  はい。タイトルの通りキングジムのポータブックを買ってしまったのでした。実は購入後すでに半年が経過してしまいました。ところが,せっかく買ったのに,実は休眠状態が続いている有り様です。そのわけは…,興味のある方は,続きを読んでみてください。 いろいろな文書を整理・保管するファイルで有名なキングジム社。当時ブラザー工業が事務機の販路を持っていなかったためOEM供給して発売された「テプラ」で電子文具に参入( [続きを読む]
  • 【特報】ストアアプリ版の秀丸でJapanistが使える! なぜ?
  •  ストアアプリ版の秀丸エディタが登場したそうです。 http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru_appx.html http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1056630.html おなじみのデスクトップ版とはライセンスの扱いが別となり,改めて税別4000円を支払う必要があるそうですが,試用版は無期限で使用可能なのだそうです。 全く新規のアプリケーション,というわけではなく,32ビットデスクトップアプリ版の秀丸エディタを [続きを読む]
  • これが本当の帰宅難民だ(2)
  •  仕方がないので長男のiPhoneにはトレンドマイクロの「ウィルスバスター」のお試し版を入れた状態のままにして,私は家に帰ることにしました。 家に帰ってから,とりあえず1台のWindowsマシンである,家族共用の自作5号にウィルスバスターをインストール。とここでようやく,ライセンスコードを入力する画面が出てきて,ライセンスコードを入力すると,ウィルスバスターが正規版として認識され,「あと2台分にインストールできる [続きを読む]
  • これが本当の帰宅難民だ(1)
  •  例によりまして年度末・年度始めの多忙旬間につき,ブログの更新ができません。とりあえず1本アップしておきます。−−−− 家庭内のパソコンとスマートフォンのウィルス対策として,トレンドマイクロの「OKAERI」というサービスを2015年夏から使っていました。 それまではパソコン用のウィルス対策としてNTT西日本のフレッツ光ユーザ(コラボ光でも利用できる場合がある。「ドコモ光」は利用可)が使える「セキュリティ対策ツー [続きを読む]
  • 三菱自動車の「軽」を振り返る(4)
  •  この頃までの軽商用車と言えば,エンジンルームが前についたもの(愛知機械コニーのように,ボンネットがありながらエンジンはシート下にあるものもあった)が当たり前だったのですが,どうしても荷台(荷物室)が狭くなってしまうのが難点でした。 広い荷台を得るためにキャブオーバー形の軽トラックを開発する動きがちらほら見られるようになります。最近では農業用のかっこいいトラクタを作るヤンマーも,昭和32年ごろは汎用ディ [続きを読む]