浦田関夫です さん プロフィール

  •  
浦田関夫ですさん: こんにちは浦田関夫です
ハンドル名浦田関夫です さん
ブログタイトルこんにちは浦田関夫です
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kmjcp/
サイト紹介文浦田関夫です
自由文地域の情報を自由に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/12/19 16:25

浦田関夫です さんのブログ記事

  • 佐賀県赤旗まつり開催
  •  今日は、第18回の「佐賀県赤旗まつり」が佐賀市の「どん・どん・どんの森」で開かれます。(アバンセと佐賀市民図書館の中間の広場・佐賀新聞本社前)市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に追い込む風を吹かそうと、全ての県民を対象に開きます。日本共産党を指示する人もしない人も、共産党をまるごと知ってもらう機会になればと思います。どなたでも参加できます。 昨日は、準備された会場を「見まわり隊」として参加しました。 [続きを読む]
  • つわの花
  •  秋が深まるにつれて、黄色いつわの花が目立つようになってきました。散歩道で見つけた光景です。 散歩を再開して、2週間ほどになります。やっと、体もなれてきました。このまま、順調に回復することを願っています。 今日は、胃の調子が悪いので「胃カメラ」で内部を視てもらうことにしています。 明日は、「佐賀県赤旗まつり」が、佐賀市の「どん3の森」で開かれます。藤野やすふみ衆院議員がきてお話しします。藤野さんは48 [続きを読む]
  • 冷たい安倍政権
  • 那覇市長選の最終盤に自民党推薦の候補に不利になる事を承知で安倍政権は、「行政不服審査法」を悪用して名護市辺野古の埋め立て承認撤回への対抗措置を打ち出しました。 沖縄タイムスは、「これまで政府とのパイプ役を担ってきた翁長政俊市長候補(自民党県連会長)をこうも簡単に見捨てるのか」と、自分たちの仲間をも劣勢になれば、手のひらを変えたように対応を変えるのは、安倍政権がいかに追い詰められ、深刻な破綻に陥っ [続きを読む]
  • 安田さんが帰国の途に
  •  フリージャーナリスト安田純平さんは今日中に日本に帰国する見込みだそうです。 安田さんは、2015年に内戦下のシリアに入国した後に行方不明になり、過激派組織の拘束されていました。約3年4カ月ぶりに自由の身になれることになりました。解放にはどんなドラマがあったのかも知りたいところです。何よりも無事の帰国を喜びたいものです。 写真は、先日おこなわれた「福祉まつり」での陶芸作品です。どの作品も凄い!  [続きを読む]
  • 新たな卓球界の発展へ
  •  福原愛さんが昨日引退会見をしました。「泣き虫愛チャン」として3歳の時から卓球台より下からラケットを振っていて、負けるとお母さんの胸元に飛び込み泣いていた姿は国民的アイドルでもありました。愛さんは、「卓球は私にとって恩人。26年ラケットを握り、たくさんのものを得られた。卓球を通して勉強できた」などと心境を語っていました。 引退を決意した理由について、「日本の卓球界の盛り上がりを見て、私がいなくても [続きを読む]
  • 10・21唐松地区集会
  •  昨日は、9月議会報告の準備をしながら、県議選対の会議をこなし、夜は、アルピノ会館で「日米安保条約廃棄・10・21」唐松地区集会へ参加しました。 約100人の参加でしたが、日米安保条約をなくしたいとの重いが脈々と続いていることは誇りです。共産党から井上ゆうすけ県議と社民党の伊藤一之市議が連帯の挨拶をしました。伊藤議員は、「これまで別々に集会を開いてきたが、それは、誰を利するのかを知らなければならない。団結 [続きを読む]
  • お魚まつり
  •  福祉まつりがあっていた近所の魚市場周辺で「お魚まつり」があっていたので、遅れて参加しました。「二年ぶりに天気に恵まれた」と関係者はいっておられました。昨年は、午後から強風のために出店のテントが飛ばされる危険があると中止になったそうであります。 新鮮で、安いと云うことで多くの方がお魚を買い求め手いました。私もアジを10匹ほど求めました。気前の良い店員さんで、少し多めに入れてくれました。 お昼からは、 [続きを読む]
  • 晴天に恵まれた「福祉まつり」
  •  秋、恒例の「福祉まつり」に二タ子の「高齢者福祉会館れふれ」にお邪魔しました。晴天に恵まれ、多くの方の参加で賑わっていました。 福祉施設のブースや趣味の陶芸、ボランティア団体など多くの団体の方も参加され、子どもから高齢者までとても賑わっていました。 私は、障がい者施設の方が出されていた「パン」とからワン君のペンダントを求めました。 [続きを読む]
  • 玄海灘の海変化
  •  唐津市民会館で、セミナー「玄海灘の海と地球温暖化による変化」に参加しました。玄海灘に「サンゴ」が生息しているそうで、その年輪を解析すると、水温の変化や環境の変化を調べることが出来るそうです。知りませんでした。サンゴは、1年で1センチほどしか成長しなそうです。それでも1000年も生きるサンゴもいるそうです。歴史を知る貴重な「歴史の生き証人」になることを話されていました。最後まで聞きたかったのですが、「福 [続きを読む]
  • 散歩で見えてくるもの
  •  さっき、散歩から帰ってきました。約1時間のコースですが、毎日あるく道を違えて、毎日新しい感動をもらっています。天気も良く、風気味も回復に向かっています。 もう少ししたら出かけようと思っています。今日は、どんな出会いが待っているか、楽しみです。今日の出来事は明日の朝、報告します。 [続きを読む]
  • 何度でもは、だまされない
  • 最近安倍政権は、消費税10%引き上げに伴う影響をごまかそうと「ポイント還元」だの「商品券配布」だの打ち上げ花火のように宣伝しています。それをマスコミは論評なしに垂れ流しているのが気になります。 「軽減税率」といっても「所詮8%の据え置き」でしかありません。2%あげれば毎年5兆円の国民負担増が恒久的に続きます。8%への増税の時にも「福祉給付金」をばらまき何の効果もなかったことを忘れたかのように国民の [続きを読む]
  • 風邪気味です
  •  先日、散歩途中の畑にタマネギ苗を育苗している光景を見ました。植え付けの畑も綺麗に整地され、もうすぐタマネギ植えがはじまります。田植えのように機械化されていますが、「植え切れ」(植えない所)があり、そこは人間の手で補います。 2〜3日前から、朝晩の冷え込みなどで体調を崩したのか、風邪気味で昨日は9時には就寝。6時に起きましたが、体が重く「散歩」は休みます。 連日、大事な行事が続いて休めません。 [続きを読む]
  • 音声を「見える化」する試み
  •  昨日は、議場で視聴覚障害者向けに音声を「見える化」するデモンストレーションが障がい者団体の方を交えて実演がおこなわれました。 マイクを通した音声がテレビ画面に次々に文字として現れるのには驚きです。しかも、かなり正確に表示されていました。(約7割とのこと)障がい者団体からは、「議会だけでなく屋外などで使えるように出来ないか」「表示のスピードが速く高齢者はついて行けないのでは」などの意見が出されてい [続きを読む]
  • 「公益通報制度」18%が知らない
  •  唐津市は過去に、市幹部による不祥事が相次いだ事を受け、職員に「公益通報制度」の徹底を求めてきました。 公益通報制度は、そこで働く労働者が会社の違反行為をしかるべき機関に通報することで秩序ある組織運営を図る目的があります。また、通報者を解雇などの不利益な扱いを禁止することにもなっています。平成28年度の調査では、制度を「知らない」と答えた職員は、25%の434人でした。平成29年度は、18%の327人とかな [続きを読む]
  • 散歩をはじめて一週間
  •   散歩を初めて一週間になりました。最初は、30分ぐらいにしていましたが今では60分ほど歩けるようになりました。筋肉痛も治り、続けることが大事だと感じています。 毎回、歩くコースを変えて変化を楽しんでいます。久しぶりに、お茶畑を歩きました。 タマネギ苗も植えられ、畑も整地され植え付けを待っているようでした。(写真) 新聞やテレビでは、免震装置での偽装が報じられています。物づくりの日本がなぜ偽造をやるの [続きを読む]
  • 最後の議場
  •   市庁舎建て替えに伴って議場を仮移転することになり、議場閉鎖式と写真撮影がありました。 1962年(昭和37年)に議事堂ができ、56年間唐津市政の中心的役割を担ってきました。田中議長の議場を閉じるに当たっての挨拶では1965年(昭和40年)には、唐津城の建設を巡って紛糾したことや2005年(平成17年)市町村合併で45人の議員が議場に参集したことを回想しました。 私も1995年(平成7年)に初当選し、23年間議員活動をこの [続きを読む]
  • 約2・5倍の医療費負担の軽減を
  •   唐津市は、重度の心身障がい者に「医療助成制度」を実施しています。手続きとして。「償還払い方式」=医療費を病院窓口で支払い、領収書を市役所の窓口で領収書と申請書を提出し医療費を受けるものです。 障がい者団体からは、「手続きの簡素化」を求める声が以前からあがっています。 「子どもの医療助成」として中学3年生までおこなっています。小学6年生までは「窓口負担ナシ」(現物支給方式)で医療を窓口で払う必要は [続きを読む]
  • 飛龍の保存修復が完成
  •  172年前にできた当時の姿を再現したということです。14日の落成式では、飛龍を所有する唐津市新町の関係者が、黒目が本来の位置とずれていたことなど修復箇所を説明しました。このあと、飛龍は地元新町を目指して巡行し、沿道に駆けつけた多くの人は歓声を上げていました。 [続きを読む]
  • 原発問題を新聞はどう伝えたのか
  • 昨日は、午前中「第5回中央委員会総会」の視聴を1時間40分見ました。来年の参院選、いっせい地方選(県議・伊万里市議)へ「臨戦態勢」が呼びかけられました。ギヤをもう一段上にチェンジしようと思いました。 午後から佐賀市の「ほほえみ館」へ出かけました。佐賀新聞労組が「原発報道のいま〜再稼働時代と地方紙」というテーマで、鹿児島の南日本新聞記者と長崎大学の核兵器廃絶研究センター所長さんの基調報告と佐賀新聞の原 [続きを読む]
  • 優先すべきは再生可能エネルギー
  • 九電は、太陽光や風力などの再生可能エネルギー事業者に発電の一時停止を求める「出力制御」を昨日実施し、今日も予定しています。 今回の措置は、再生可能エネルギー推進に水を差すようなものです。需給バランスを調整するためと云いますが、再生可能エネルギーの大半を占める太陽光発電は、急に増えたようにも思えません。 何が変わったかといえば、玄海原発の3・4号機(二基合わせて238万キロワット)が6年半ぶりに再稼働 [続きを読む]
  • 市民会館の建てかえ計画
  •  今日は、産業経済分科会の審議で私の注目した「唐津市民会館」の立て替えについて書きます。  市民会館は築47年が経過しているにも係わらず耐震対策がされていません。老朽化が進む市民会館の建て替えに向け、担当課で現市民会館の閉館時期や建て替えのスケジュール、財源などを検討しています。 現在、庁内検討。来年度に基本構想・基本計画策定を目指しています。基本構想・基本計画の策定に当たっては、学識経験者らを含 [続きを読む]
  • 指定管理者は見直しの時期
  •   平成29年度の決算委員会がおこなわれています。私が所属する「産業経済分科会」の審議から紹介します。 唐津市は、市の42の施設(スポーツ施設、都市公園、文化施設、社会福祉施設など)を民間に管理を委託しています。そのなかで、ある温泉施設は平成27年254万円、平成28年179万円、平成29年度649万円の赤字を毎年計上し、施設管理の「総合評価」は「C」ランクと最低に位置づけられているにもかかわらず、平成30年度も同じ業者 [続きを読む]
  • 現地視察
  •  昨日は、産業経済分科会で、肥前町満越地区の「ふれあい自然塾」と水産施設。呼子町加部島の、「Qサバ養殖養殖場」と殿ノ浦地区の街灯施設。唐津市海岸通の「歴史民俗資料館」を一日かけて視察しました。 何処でも観光客の減少に頭を痛めているようです。写真は、「いろは島展望所」から眺めた、いろは島が点在するなかで、「いろは島国民宿舎」「ピーターパンの島」「ふれあい自然塾」がみえます。 呼子では、「呼子大橋」や [続きを読む]
  • 道理が通らない
  •   トランプ大統領は、昨年の12月に核爆発を伴わない臨海前核実験を実施していたことが明らかになりました。トランプ大統領は、北朝鮮に対して「非核化」を強く求めています。自分の国は、核兵器を開発しながら、相手国には「非核化」を求めても、相手国に説得力がありません。「自分も持たないようにしますから、あなたも持たないでね」というのが筋ではないでしょうか。 昨日から、散歩を初めて見ました。腰痛のため1年4ヶ月ほ [続きを読む]
  • マンゴウの木を預かって
  •  写真は、「マンゴウ」の木です。タイへ旅行した際、お店で種を買い求めて植えたら二本が50センチほどに育ちました。 問題は、冬をどうやって越すかです。私の住んでいるところは中山間地域で冬はとても寒く、熱帯植物は育ちません。そこで、冬の間預かって頂く方を探しています。 [続きを読む]