セブロングステイ さん プロフィール

  •  
セブロングステイさん: セブ島ロングステイと案内
ハンドル名セブロングステイ さん
ブログタイトルセブ島ロングステイと案内
ブログURLhttp://jiscebu.blog91.fc2.com/
サイト紹介文セブ島情報と移住体験の紹介。格安アイランドホッピング、マリーンスポーツの見積もりと予約
自由文セブ島を満喫していただくための情報提供。セブ島移住のご相談や体験案内、住まいや学校探しのサポート。
格安アイランドホッピング、マリーンスポーツの見積もりと予約も承っています。セブ島観光やKTVもご案内いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/12/20 09:07

セブロングステイ さんのブログ記事

  • フィリピ―ナは最高
  • フィリピ―ナの良さ何といっても明るさでしょう!問題を抱えていても明るい性格には驚きます。私もこの明るさに引かれた一人で第二の人生をセブ島で過ごしています。日焼けを嫌うフィリピ―ナ海に行くと外国人客は多くいますが若い女性のフィリピ―ナは少ないです。肌が白いのを好み、日焼けは好まない女性が多いです。彼女たちの問題はお金が殆ど持ち家の家族は親が働いて普通の暮らしをしていますが、借家の家庭は子供も多 [続きを読む]
  • セブの住宅情報
  • 賃貸住宅・アパート住宅を借りる場合、最低契約期間が決められていて3ヶ月、6ヶ月、1年間や敷金が2・3ヶ月、前家賃1・2ヶ月など様々な形態があります。フィリピンでは敷金はデポジット(預かり金)と呼ばれ、その名の通りほぼ全額が返還されます。普通に修繕すれば低価ですむのが大家任せに見積もりを取らせると不当に高額な修繕費を請求されることも多々あります。このようなトラブルを避けるために、皆さんにお勧めした [続きを読む]
  • セブの生活費はいくらですか
  • 海外移住先セブは多くの国から海外移住をしている人々が増えています。移住を考える時、色々な思いの中で考慮すると思います。海外移住を決める時、貴方はどのケースですか!1、定年に向けてご夫婦でもっと豊かな生活をしたい2、第二の人生をスタートしたい3、日本では生活が大変だから途上国での生活安定をはかりたい4、日本の介護では満足できない。将来の不安がある5、日本では出来なかった趣味やボランティアを経験した [続きを読む]
  • セブ島の魅力
  • 海外移住昔、日本でゴルフ会員になるには何千万円かかりましたが今はセブのゴルフ会員権の方が高いかもしれません。海外移住を考慮に入れながらフィリピンの情報を収集して自分の仕事や趣味、気候、物価、治安などを考慮することをお勧めします。住民税日本の富裕層の方が海外移住をしている方が増えていますがそれは税金が安くなるからです。住民税だけで大きな金額になり、支払っている税金だけで海外で生活ができる方もいま [続きを読む]
  • 災害が多い日本に不安はないですか
  • セブ島移住のお勧め西日本に20年に一度の豪雨がきて200人以上が亡くなり多くな災害を被った日本。毎日35度以上が1週間以上続く異常気象の日本列島、いつ大地震が起きるか心配をする日本。30年以内70パーセントの確率で直下型大型地震が来ると発表され、住まいを購入するにも考えてしまう方も多いと思われます。リタイア後の人生の選択肢として、セブ島に移住を考えてみませんか。フィリピン政府では、フィリピンでの長期滞在者を [続きを読む]
  • セブ島の住まい選び
  • 海の近くは大人気海外からの移住者が急増しているセブ島、投資を目的に韓国、中国、ヨーロッパの人達が物件の売り買いをしています。ここはセブマクタン島1ヶ月前には囲いしかなかった土地に十数件の家が建っています。マクタンは急速に開発が進んでいます。住まいを選ぶ時は目的をハッキリしてから探しましょう。生活に便利な所か、海が近くリゾートを選ぶのか、定住住宅なのか、利回りを考えての投資なのか、など目的に合わ [続きを読む]
  • 年金生活は難しくなっていくセブ島
  • 最近のセブ観光客の変化として10年前までは日本人が圧倒的に多かったのが、今は韓国人が1番になり次に中国人、日本人で次がロシア人です。アヤラモールでは客の半数以上が外国人で英語圏の富裕層の移住が増えています。移住者体験も増えていますセブに移住のための体験も以前は日本人夫婦と単身男性が多かったのですが最近では、日本人とロシア人のカップル移住者も見受けるようになって来ました。日本より早く年金がもらえる [続きを読む]
  • セブ島を満喫するにはこれです!
  • 日本の夏休み日本の観光より安上がりで、子供や大人たちも楽しめれる所と言えば日本から4時間半で来るセブ島です。日本との時差はわずか1時間で、ネット検索で格安航空を上手に利用しますと国内旅行より安く楽しむことが出来ます。子供の夏休みとお盆休みを利用してセブへ来てみてはいかがですか!セブの海遊び子供からお年寄りまで楽しめるのがアイランドホッピングです。ライフジャケットを身に着けると3歳児から80歳まで海の中 [続きを読む]
  • セブ島進出は今がラストチャンス
  • 現在と今後のセブセブも貧困の格差はありますが富裕層10%がセブ全体の富90%を握り、90%の人々が10%の富を分け合っているような感じです。10%の富裕層の殆どが華僑の人たちで結婚も華僑同士以外は認めないのが多いようです。世界第2位になろうとしている中国のパワーは此処セブでも凄い勢いです。でもこれからのセブは富裕層の移住により今までと違ってきます。増えてきた富裕層外国人の移住者が多いセブでは賃 [続きを読む]
  • どこの国も行って分かります
  • セブを移住先に選んだ海外で生活をしようとした場合なにを基準としてどこに定住するかであります。日本と日露戦争をしたロシアなどは観光で行く程度で本当の姿は見えていないと思います。姿、見た目は違いますが、物事の考え方は日本に近いと感じました。宗教と食宗教はどこの国に行ってもキリスト、仏教、モスラム、とありますので割合の違いだけでさほど気になりません。一番の違いは、言葉と食生活だと思います。ロシアの場 [続きを読む]
  • セブ市は日本より安全です。
  • 花粉症、暑さ、寒さから脱出日本には四季折々のすばらしさがありますが、春の花粉症の苦しさ、夏のジメジメした蒸し暑さ、循環器や脳にとっては冬の寒さはもっとも危険な要因です。特にお仕事をリタイアされ、さあ、これからはのんびりという方々には心身ともになかなか辛いことではないでしょうか。そのような季節だけ3ヶ月(6ヶ月)位ちょっと日本を脱出してみませんか。フィリピンの世界的リゾート セブ島たった4時間の [続きを読む]
  • フィリピン生活は幾らかかります!
  • 余裕を持った海外移住をお勧めします最近フィリピンだけではなくタイ、オーストラリアなどの海外移住を勧めるブログ等を目に致します。ブログなどで8万円から海外移住が出来ると書いてありますが、生活をどのようなレベルで設定するかで違ってきます。ぎりぎりの設定住まいを考えますとピン、キリで上は月30万円の賃貸も有りますし、下は6千円の賃貸もあります。家を購入する場合でも200万円〜1億円と違ってきます。私 [続きを読む]
  • 10歳のわが子に訴えられた母親
  • 一般的なフィリピン人一般的に言われるのは「フィリピン人はプライドが高くて、人前で感情的になって叱責をしてはいけない」というのがあります。この言葉については在セブの邦人と話をするたびに耳にします。意味もなく人前で現地人を怒鳴りつけるのはよくない態度となります。しかし、反対にそれが故に伝えたいことが伝えられないという状況にもなることがあり、やがて、いいたいことが言えずにストレスがたまっていくことがよ [続きを読む]
  • フィリピ―ナに好かれるオジサン
  • フィリピーナを口説くこれはフィリピン人女性の気質、フィリピン人の国民性といって良い点なのかもしれませんが、男女関係において熱しやすく冷めやすいという傾向があります。以上の事から「相手の女性に脈がある」と分かった場合は、積極的に自分の気持ちをアピールしていきましょう。自分の気持ちをアピールする際には、態度で表すのではなく「具体的な言葉で愛情表現をする」という行動が必要です。日本人女性には決して言 [続きを読む]
  • 今のセブの物価
  • セブ島の物価はどの程度なのか!ここではフィリピンセブ島の物価をnumbeoのデータを元にご紹介したいと思います。numbeo.comとは各国、各都市の生活情報をデータ化し、無料で公開しているサイトです。(wikipediaのようなものです)国内ビール(0.5リットルドラフト)数字はペソとなります。(1ペソは2.1円)50.00ペソ(平均)  45.00-75.00ペソ(価格の上下の幅)輸入ビール(0.33リットルボトル)100.00    80.00-150. [続きを読む]
  • フィリピンNo1のパラワン島
  • 世界の秘境『パラワン島』ここパラワンには一度は行っておきたいおすすめの観光スポットや、極上の時間を過ごすことができるおすすめのホテルがたくさんあります。パラワン島への一人旅を考えてる人、彼女を連れて行って驚かせてあげたいと考えている人、 新婚旅行を計画している人、男友達、もしくは女友達だけで最高の旅を送りたい人など多くの方にお勧めできます。リラックスできる海岸 目の前のビーチに出ればこんな素敵な海岸 [続きを読む]
  • スペインの影響、フィリピンの歴史
  • スペイン統治前 パラワン島で発見されたネグリト族、アエタ族の人骨により、それがフィリピン最古の人類の軌跡であり、フィリピンの歴史は約2万2千年前彼らによって始まったとされています。当時は大陸と地続きで、現在のようにフィリピンが大陸から分離し島々となったのは、約7千年前のことです。mso-font-kerning:0pt">mso-font-kerning:0pt"> フィリピンの歴史その後、紀元前1500年から500年ごろには、マレー方 [続きを読む]
  • 今のセブ島と移住への心構え
  • 海外移住情報海外移住は、移住者の情報の与えられ方によって、かなり印象の違うものになってしまうのではないでしょうか。移住希望者の方には、移住先を調査されるのが大事です。インターネットは、様々なことを知る上では「今、現場で起きていること」を即座に調べるには最高のツールとなることだと思います。しかし、実際のネットで表現されていることと、実際の印象が異なってしまうと、移住地への印象、それから移住への意欲 [続きを読む]
  • フィリピ―ナの本音
  • フィリピンの家族関係 フィリピン人は、仕事や約束よりも、ときには自分のことをさておいても、家族を優先に考えるようです。この根深い心情には驚かされることがあります。近隣の島々から働きに出てきた人たちも、何かと言っては故郷の家族のもとへ、誰かの誕生日だとか、お盆だとかで、なけなしのお金をお土産や船賃に使いきって出かけます。晦日から新年にかけては家族揃って過すようにしていて殆ど皆さんが帰郷します。mso- [続きを読む]
  • 移住生活の間違った情報
  • 生活水準日本で生活をしていると、地方と都市部のライフスタイルの差があまりないようにみえると思いますが、こういった開発途上国においては顕著です。都市部は、経済的に豊かであれば、快適に暮らすことができます。プールつきの一軒家を借りて、ドライバーとメイドを雇い、ショッピングモールで友達とショッピング、男性はゴルフやスキューバダイビングなどのレジャー、ときには、高級リゾートに赴いて熱帯の自然を満喫なんて [続きを読む]
  • 知っておきたいメイドさん雇用に関して
  • メイドさん雇用 文化がことなる人々とうまく生活をともに築いていく。セブで定住を決意されるといことは、現地フィリピン人となるべくうまくやっていこうという意思をもたれた方々だというように理解しています。フィリピン人像 一般的に言われるのは「フィリピン人はプライドが高くて、人前で感情的になって叱責をしてはいけない」というのがあります。この言葉については在セブの邦人と話をするたびに耳にします。意味もな [続きを読む]
  • セブのカラオケとクラブ
  • 日本人に合うフィリピン女性夜の遊び場は大きく別けると日本人ホステスが相手をするお店と外国人がお相手のお店に別れると思います。外国人のお店の中でも人気のあったフィリピンパブは懐かしいです。昔、フィリピン人はパブの出稼ぎのイメージでしたが今は仕事の内容も変わり介護やヘルパー、そして観光客として日本へ行く方が増えています。昔のフィリピンパブ日本に合ったフィリピンパブがマニラやセブに日本のシステムで経 [続きを読む]
  • セブの住宅
  • 賃貸住宅・アパート住宅を借りる場合、最低契約期間が決められていて3ヶ月、6ヶ月、1年間や敷金が2・3ヶ月、前家賃1・2ヶ月など様々な形態があります。フィリピンでは敷金はデポジット(預かり金)と呼ばれ、壊したところを直しておけば、ほぼ全額が返還されます。普通に修繕すれば低価ですむのが大家任せに見積もりを取らせると不当に高額な修繕費を請求されることも多々あります。このようなトラブルを避けるために、皆 [続きを読む]
  • 本格敵ジンギスカンが食べれるお店
  • 本格的ジンギスカンSMシーサイドの3階には「Sky Park」という屋上公園があります。その周りには様々なレストランが並んでいます。その中にあります。羊の肉を使ったジンギスカンはセブでは初めてです。店内お店はカウンター14席と4人かけのテーブルが6つの小規模です。テーブル席はもちろん、カウンター席にも天井から換気扇がぶら下がっており、肉を焼くことができます。料理肉類は、串焼きのBBQセット、そして豚肉、牛肉、ラム肉 [続きを読む]
  • 独身者と英語を取得に最適!
  • セブへ海外移住!此処セブは本日30度一年中同じ気候です。マニラは台風の報道がされますがセブは台風が殆どありません。治安がよく、物価が安いセブ島、医療も安心できる大きな病院が(日本の大学病院クラス)2つあります。日本との時差は1時間、直行便で4時間半です。特に英語を取得されるための移住が急増しています。それに伴って深夜営業をしている地域もあります。(ITパーク)若者の遊び場クラブもあります。国内移住も [続きを読む]