セブロングステイ さん プロフィール

  •  
セブロングステイさん: セブ島ロングステイと案内
ハンドル名セブロングステイ さん
ブログタイトルセブ島ロングステイと案内
ブログURLhttp://jiscebu.blog91.fc2.com/
サイト紹介文セブ島情報と移住体験の紹介。格安アイランドホッピング、マリーンスポーツの見積もりと予約
自由文セブ島を満喫していただくための情報提供。セブ島移住のご相談や体験案内、住まいや学校探しのサポート。
格安アイランドホッピング、マリーンスポーツの見積もりと予約も承っています。セブ島観光やKTVもご案内いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/12/20 09:07

セブロングステイ さんのブログ記事

  • 今がチャンス1ペソは2円です。年金生活は円、ドル、ペソ
  • ドル口座セブ島で日本から日本年金機構から2か月に一度年金を受給している方が多くいます。セブの銀行で円口座開いておくと良いのですが円自体が不足しているためドル口座が多くなります。ペソ口座の場合は円ードルーペソの順番で交換されてからの入金になりますので手取りが少なくなってしまいます。1万円が3645ペソ写真は2015年7月初旬くらいのレートです。月に7万円の年金受給者は月25,515ペソになり、同じ7万円でも今日のレ [続きを読む]
  • 寂しい孤独死
  • 独身移住日本人独身男性が物価の安い国に移住して生活を切り詰め最後は孤独死の方が増えています。移住する前は少ない年金でも途上国ならば生活ができるだろうと考えて計画を練ります。いろんな情報を集め自分の生活ができる場所を探します。月8万円でエンジョイしているブログなどを見て信じてしまう傾向があります。一人生活は危険周りに日本人はいなく付き合いもしていない、言葉が話せないので近所の付き合いをしない方は [続きを読む]
  • 男性より女性の方が強いフィリピン
  • フィリピンの出産女性が活躍するフィリピンの産休制度の産休期間は長いこと60日のみで、帝王切開の場合は78日です。日本は合計14週ですから、全部で98日でフィリピンより長いです。2017年3月に国際基準と比べて、短か過ぎるとして産休を120日まで認める法案がフィリピンの上院で可決されています。ただ、実際に法律になるには、まだ何年もかかります。これまでは出産の二週間前から休みをとり、出産後1ヶ月で職場に復帰すること [続きを読む]
  • フィリピンの結婚率が減っています!
  • フィリピン女性社会フィリピンでは管理職や専門職における女性の比率は他国に比べて極めて高いです。男女格差がなく、女性が活躍できる社会は女性が家庭から社会までを支えるというフィリピンの伝統的な文化があるからです。結婚率が減っているフィリピン統計機構によるとここ数年で結婚件数が大幅に減っていることが伝えられています。2015年までの10年間で見ると、結婚件数は実に20.1%も減少しています。結婚の平均年齢は女性で [続きを読む]
  • 美味しい韓国料理店
  • 韓国料理セブ島には韓国からの留学生や旅行客も多いので韓国料理店が多くあります。肉にこだわったセブでも特に美味しいレストランの紹介です。24時間スーパーが目印マボロ地区に新しくできた商業施設の「ボニファシオ・ディストリクト(Bonifacio District)」内の2階にあります。入り口右側1階は24時間営業のスーパーがありタクシーを利用する場合は、お店の向側にあるマボロのシティーパークホテルと伝えてください。韓国焼肉 [続きを読む]
  • 両替レートが良い両替所はここ!
  • セブ市IT park(アイティー パーク)内にある両替所セブ島の中で換金率の良い両替所として知られています。場所はIT Parkと呼ばれるビジネスパーク内にあってセブの中で有数の安全なエリアで、この建物の裏側にあります。パーク内を巡回するガードマンも多いので物乞いやストリートチルドレンは入って来れません。Jセンター両替ASFツナ通りにあるJセンター(東横インホテルのビル)でWatsonの隣にあります。パークモール両替 [続きを読む]
  • 外資系の大型スーパーlanders
  • LandersLandales Superstore Cebuは、Rosales AvenuePope John Paul II Avenueにある23 Minore Park。セブ支店はメトロマニラの外では初めてです。 Doppioカフェ、Dough&Co.ベーカリー、鉄道駅にちなんで名付けられたレストランLanders Specialなど、8,000平方メートルのショッピングセンターです。Landers Superstore Cebuオープン当初は理髪店はLanders Superstore Cebuのメンバーに無料のヘアカットを提供したり、セブ [続きを読む]
  • どこの国がのんびり暮らせますか!
  • 日本の超高齢化社会国内での団塊の世代の大量定年退職者の増加時代を迎え、定年退職者個人としては、その後の人生、残された余暇をどのように使おうかと思慮されている方は多いことと思います。子どもを育て上げ自由になった身で何をしようか、夫婦でどんな共通のライフスタイルを築こうかと考えられている方、健康状態、趣味、自己啓発、家庭事情、個人の目標、移住・定住希望者にはそれぞれのご希望があると思います。各年齢 [続きを読む]
  • フィリピン人に好かれない国の理由
  • フィリピンに好かれている国好かれてる国の一番は日本で理由を聞いてみると親切でスマートだからと日本文化のようです。次に他の先進国ともっとも近いのが日本だからの理由です。では中国が好きである理由の一番は物が安いからだけの理由でした。嫌いな国はどこ中国のことが嫌いと言っている人の方が好きな人より多い理由は領土問題のようです。フィリピンといえば、中国との南シナ海の領有権問題で、中国が人工島の建設などをし [続きを読む]
  • フィリピンの常識と注意事項
  • 日本は何番目フィリピンに滞在している国別順は1位は韓国人で2位はなんと、アメリカです。これはアメリカ国籍を取得したフィリピン人です。(アメリカ国籍は結構簡単に取れます)3位は中国で、日本は4位ですが10年前と比べると順位を下げています。しかし、セブに来る日本人は毎年10%くらい増えてるようです。メトロセブ一般的なのが「メトロセブ」というセブの発展エリア全域で250万人もいます。 名古屋市で220万、大阪市で260万 [続きを読む]
  • セブ島の生活指南
  • セブの生活指南セブでの快適なロングステイをお楽しみいただく上でいくつかのポイントをご指南いたしましょう。日本の常識が当てはまらないことも多くあります。マイペースもう皆さんはお仕事から離れた新しい生活をされるのですから、欲張ってあれもやろうこれもやろうと焦らず、マイペースの時間をお楽しみください。時間はたっぷりありますので、今日できなかったことは明日でいいのではないでしょうか。好奇心ゴルフやダ [続きを読む]
  • エスカレーターに乗れない女性がおすすめ!
  • フィリピンと出会い日本のバブル時期(20年前)に日本では外国人パブが流行していました。韓国、台湾、ブラジル、ロシア、タイ、フィリピンパブなどです。中でも日本人に人気のあったフィリピンパブに通った男性も今は50半ば過ぎの年になっています。日本のフィリピンパブ当時に人権の問題でアメリカから締め付けが強くフィリピン人の出稼ぎが激減しました。今あるパブは結婚ビザや定住者ビザで日本で働ける査証で30才過ぎが多くな [続きを読む]
  • 人気のスルパ島
  • 最高の海今の時期がセブ島の一番おすすめの季節です。暑くもなく心地よいそよ風がふき最高のホッピング日和です。ここはマクタンから一番近いスルパ島です。白い砂浜珊瑚でできた砂なので真っ白です。浅瀬なのでお子さんでも安心して遊ばせることができます。透き通った海親子で楽しめるアイランドで島でBBQができます。島によっては飲み物の持ち込みができない所もあります。ウミガメ食事の後に島を離れ魚が集まるポイン [続きを読む]
  • 奥さんの両親より年上の旦那
  • 両親より年上リタイアをしてセブ島に来た独身男性がパートナーを探すとき殆どの方がご自分の子供より若い女性を選びますし、彼女の両親は自分ょり年下になります。この様なわがまま勝手が通じる国はとても少ないです。妻に嫉妬親子くらい年の差が離れていると現在流行している事など特にフィリピンの若者の現状を知らない日本人のお爺さんは戸惑ってしまうのは当然です。彼女の両親より年上の自分はいろんなことを学ばなければい [続きを読む]
  • 国際結婚の拠点は女性の国が一番です
  • 先進国と途上国国際結婚はお互い文化や習慣が違う男女が結ばれるのですから同じ国の方より大変なのは当たり前です。私は生活の拠点を日本に置いてた場合、上手く行ってなかったのではと考える時があります。問題の一つは、日本人の目から見たフィリピン人に対しての偏見です。国際結婚でもアメリカ人など先進国と、途上国との結婚の見方が違うのです。日本での生活年の差が24歳はなれて日本で生活をした場合、周囲からはどの [続きを読む]
  • フィリピ―ナの性格はナイス!
  • フィリピーナアジアの中でも日本人男性と合っているのがフィリピン女性だと思います。戦争で問題があっても中国や韓国と違って日本に対して敵対心が少ないのもあると思います。明るい性格私たちは問題があると悩み苦しみますがフィリピンは意外と少ないと思います。ある面では諦めスイッチの入るのが早いのかもしれません。問題の大半が、お金がない!でも、しょうがない!で諦めてしまっているようです。一番の楽しみ少なく [続きを読む]
  • これはお得!セブ島住宅情報
  • セブの住宅情報よくセブの家は幾らくらいで買えますかと質問を受けますが逆に日本の家は幾らで買えますか!と全く同じでセブでも安い家から高い家までピン、キリです。今は中国や韓国の勢いで外国人が土地を買えるようにすると全ての観光地は外国人購入の土地になってしまいますので家を購入しても建物は外国人名義にはなりますが土地はなりません。コンドミニアム土地が買えませんので多くの外国人はコンドミニアムを購入する [続きを読む]
  • 知っておきたいセブ島生活での注意事項
  • 文化の違い海外移住をした場合入国3ヶ月くらいは、気を張っていて疲れを感じずに生活ができるのが一般的です。しかし、文化、言語、食、気候などの違いからだんだんと疲れてくる人がいます。そんなときは自分が思い通りになる空間(自宅)でしばらく休むことをお勧めします。しばらく休むと「また外へいって、これをしてみよう!」という気持ちになるものです。常備薬ご自分の体にあった常備薬は日本から持ってくることをお勧 [続きを読む]
  • セブ島の要注意事項!
  • 移住先の注意女性、子供に手を上げない事、妻であろうと暴力を振るう事は即、モンキーハウスです。外国人の場合は強制送還となりブラックリストに載り再入国ができなくなります。道端で子供がタバコを吸っているのを見たら注意したくなりますが注意をされる事がなれていない子供たちが多い事を憶えておきましょう。その国のルール日本では夫婦喧嘩をして留置所とは結び付きませんがフィリピンではよくある事です。妻が警察に電 [続きを読む]
  • 人気のあるレストランと人気のないレストラン!
  • 日本食が大好きな親子セブには多くの日本レストランがありますが刺身が新鮮でおいしいレストランは少ないです。品数もフィリピンで取れるものと冷凍で流通しているものしか使っておらずマグロ、サーモン、イカが中心で満足できません。呑ん気本店はお客が多く回転し、新鮮な素材なのでお刺身はお勧めの一品です。銀たら定食冷凍魚で銀たら風の魚はノルエー産で手に入りますが本物ではありません。ここの銀たらは日本で食べる [続きを読む]
  • 移住先にセブ島はいかが!英語教育に適しています
  • より豊かな生活ロングステイ先を決める場合に大事な事は体験をしてみる事です。体験の内容は治安、物価、国民性、気候、医療そして先に移住をしている方からお話を聞いてみる事が大事です。特に良い部分だけではなく、マイナスの部分を知る事が大事だと思います。日本での生活より豊かな生活ができるかがポイントとなります。日本より高い私が18年セブに移住をして高いなーと思うものを上げてみましょう!ガソリン代現在1L120 [続きを読む]
  • セブ島の美味しい日本レストラン
  • 知暮里弁当ITパークにある日本レストラン知暮里の弁当です。寿司、天ぷら、すき焼き、刺身、そばがはいっていて日本の味が楽しめます、値段は750ペソで税金を入れると約2,000円です。ハナは日本食が大好き0フィリピン料理と日本料理のどちらが好きかと聞くと直ぐに日本料理と即答するハナです。以前は刺身はあまり好きではなかったのですが最近は好きになったようです。チャチャはすき焼き定食チャチャは日本食が大好きで、あん [続きを読む]
  • フィリピ―ナの性格
  • 旦那より家族フィリピン女性は家族や親戚を大変大切にします。 家族の誰かが病気になったり、助けを求めてくるとほっておけないのがフィリピン女性に多い性格で良い面でもあります。フィリピン女性にとって家族兄弟のきづなは旦那さんとの関係よりも強い絆を持ち続けることが多くあります。結婚しても実家結婚しても家族で集まるのが日常茶飯事で、まだ独立できていない兄弟は家に居候させて面倒を見たりします。そして旦那さんが [続きを読む]
  • フィリピン人とコミュニケーション
  • アイムソーリー!の使い方 英語でのコミュニケーションの取り方といわれたとき、みなさんはどのようにお考えでしょうか!「すこしは経験があるので日常会話は大丈夫」「英語の学習には興味があるので今後よくしていきたい」「英語はとても無理」などなど、様々な事と思います。基本的な言葉英語が全くできない人と仮定しても、日本の方なら「ok」「サンキュー」「グッド」「プリーズ」「アイムソーリー」などの基本的な言葉一 [続きを読む]
  • 大統領が代わってセブ島は今がチャンス
  • 今のセブ島フィリピン国内におけるドゥテルテ大統領の支持率は高く、就任以来揺るぎない人気を誇っています。もちろん麻薬撲滅戦争についてはフィリピン国内でも賛否両論が巻き起こっていますが、海外とは大きな温度差があることも事実です。大統領の人気国内においてはこれまで一部のエリート層が独占してきた利権に変化が生じています。良しにつけ悪しきにつけ社会の大きな変化は、ビジネスの世界では大きなチャンスをもたら [続きを読む]