私はタワシ さん プロフィール

  •  
私はタワシさん: ようこそ!タワシワールドへ♪
ハンドル名私はタワシ さん
ブログタイトルようこそ!タワシワールドへ♪
ブログURLhttp://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/
サイト紹介文{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
自由文子供のころに通っていた音楽教室で、ハノンにめげて早々とドロップアウト。以来テクニックはほとんどそのときのまま(ソナチネレベル)ですが、童謡・唱歌から、シャンソン・タンゴ、カンツォーネまで、旺盛な好奇心でいろんな曲にチャレンジしてます。適当ミミコピと、自己流アレンジで遊ぶのが趣味です。そんな「私はタワシ」の音楽世界=タワシワールドへ、ようこそ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/12/21 21:57

私はタワシ さんのブログ記事

  • <今週の録音>バルカロール(シャミナード)
  • 明日の礼拝で、代表祈祷の当番になっております。なので、ただいま、そのための準備(つまり祈祷文作成)に追われております。まだ夜の6時過ぎですが、そろそろブログをアップしておかないと、あとが苦しくなりそう・・・そんな次第で、今日は一段と完成度低い録音をアップします。ご理解くださいませ〜。ただ、グランドピアノ録音なのだけがプラス材料かも?今回の曲は、セシル・シャミナード (1857 - 1944)の「子供のためのア [続きを読む]
  • 記事のカテゴリ、再編したいけど・・・
  • 今日もほとんど前回(一昨日)の日記と変わらず、伴奏の練習に明け暮れてますが、その合間を縫ってシューイチアップの準備もしてます。 (土曜日は翌日の礼拝で代表祈祷当番が廻ってくるのでその原稿を書かなくてはならないため、できれば今日のうちにできるだけ済ませておきたいところ)FC2動画の編集をしている途中で譜読みの誤りに気づく・・・「レ」と「シ」を間違えてました(汗) しかもフォルテの、長い音なんで、目立 [続きを読む]
  • 今日は伴奏練習のみ。
  • アンサンブル練習会1週間前になり、のん気なタワシも、さすがに、遊び弾きなどしている余裕はなくなってきました。今日はまじめに(笑)、練習会で合わせる予定の曲の練習に専念。弾いた曲は以下のとおりです。♪ドヴォルザーク「4つのロマンチックな小品(第1&第2曲) 第1曲は前回から引き続き。しかしほとんど進歩していないような気がする・・・。第2曲はヴァイオリンもピアノもかなり難しい。指定のテンポより遅くしか [続きを読む]
  • <今週の録音>Wiegenlied(子守唄)(ヘラー)
  • 今回のシューイチは、珍しくグランドピアノでの録音です♪弾き慣れたデジピのほうが、断然気軽にUPできるのですが、ぜひ生ピアノの演奏で聴きたい、という一部(?)の方のご要望に、お応えいたしました〜1ヶ月前にグランド練習に行ったときに録音したものです。曲は、ハンガリー生まれで、ロマン派の作曲家、ピアニスト、そして教師であったステファン・ヘラー(Stephen Heller 1813-1888)のWiegenlied(子守唄) [続きを読む]
  • リコーダーで、豆を吹いて遊んではいけません。
  • 職場の事情で、今日は午後からの出勤になりますので、こんな時間ですがブログ書いてます。さて、昨日は年休でした。ひさびさにピアノ弾き篭り、という計画もあったのですが、せっかく気持ちのいいお天気だったので、外に出てリフレッシュすることに。地元の大学の学食でランチして、大学図書館に立ち寄り、公園のようなキャンパス内をしばし散策。その後、自転車で教会に行き、無人の教会堂で、笛(ソプラノリコーダー)を一時間ほど [続きを読む]
  • P.D.パラディエス「ロンド」(練習3日目録音あり)
  • ひさびさ登場!練習3日目シリーズ(そんなの誰も期待してないと思いますが・・・爆)です。Pietro Domenico Paradisi (またはParadies)(1707 - 1791)の「Rondo」にチャレンジしてみました。PTNAのサイトによれば、「イタリアの作曲家。数多くのオペラの他、ハープシコードやオルガンのための協奏曲や声楽作品を作曲した。ハープシコードの指導にもあたるなど、教育家としても活動した。」とのことですが、不勉強にして知り [続きを読む]
  • <今週の録音>おもちゃの兵隊の行進曲(カルガノフ)
  • 今週は、ロシアの作曲家カルガノフ(1858-1890)の「子供のためのアルバム(作品50)」の第1曲、「おもちゃの兵隊の行進曲」を弾いてみました。タワシが初めて弾く作曲家です。このひとの名前、表記がいろいろあって(Gennari Ossipowitsch Karganow、Génari Karganoff、Gennary Korganovなど)、どれが一般的なのかもわかりません。生涯についても詳しいことは知られていないようですが、ロシアに帰化したアルメニア人で、カー [続きを読む]
  • アンサンブル練習会・3週間前
  • 第2回アンサンブル練習会 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-date-20170811.html まであと3週間を切りました。練習会でご一緒するブロともさんに伴奏を依頼されていた「タイスの瞑想曲」と「愛の挨拶」の楽譜、3日ほど前にネットからDLしていたのですが、今朝プリントアウトしました。いつもお尻に火がつかないと始動しないスロースターターのタワシにしては、出足が早い?でも今夜はこれから水曜祈祷会のため教 [続きを読む]
  • 「易しい」曲も、満足に弾けない・・・
  • 前記事に書いた、「バッハの息子」つながりで、J.C.F.バッハ(Johann Christoph Friedrich Bach)〜大バッハの下から二人目の息子〜のソナタも練習してます。実はこのソナタ 6つの易しいソナタ(6 Leichte Sonaten)の中の1曲で、曲想といい規模といい難易度といい、まさに「ソナチネアルバム」に入っていそうな曲です。が、これが満足に弾けません!どうしても弾けない難所があるわけではないのですが、何箇所かつまづきやすい [続きを読む]
  • 7年ぶりに・・・〜J.C.Bach ソナタOp17-2〜
  • ちょっとだけ手がけて放置した曲は数知れずありますが、そのうちの1曲を、たまたま楽譜が目についたので、弾いてみました。大バッハの末息子、ヨハン・クリスティアン・バッハのソナタ ハ短調 Op17-2です。ハイドンよりも3歳年下というだけあって、時代的には完全に古典派。このソナタも、大バッハのような対位法を駆使した音楽ではないですね。過去記事を調べてみると、約7年前に練習したことがあったようです。3,4日ほど練習 [続きを読む]
  • <今週の録音>舟人の歌(Gambardella)
  • 前回の記事(音源がないとき)でUPをほのめかしていた曲は、次回以降にこのコーナーで紹介することにします。というわけで(?)今回は、YouTubeにも動画がたくさんある、有名曲を弾きました。といっても、またまた、ピアノ曲ではなくて歌モノです。古今の名テノールたちも愛唱した、ナポリターナ「舟人の歌」( ’O marenariello  作曲: S.Gambardella 作詞: G.Ottaviano)です。「(おお)舟人よ」という邦題もあるようで [続きを読む]
  • 音源がないとき
  • 次回(明日)のシューイチでUPしようとしている曲、ちょっと探してみたところ音源がないようです。ちょっと、というのはグーグルやYouTubeの検索窓に曲のタイトルを(原語でも)入れてもヒットしなかったという意味で、もっと念入りにあの手この手で探せば見つかるのかもしれません。ピアノの王道からはずれっぱなしのタワシにしてみては、これはそんなに珍しいことでもないんです。音源がないとき、ちょっとがっかりします [続きを読む]
  • <今週の録音>いのちのみことば(讃美歌501番)
  • 今週のシューイチは、ひさびさ(約4ヶ月ぶり)に、讃美歌をお届けします。讃美歌501番「いのちのみことば(生命の御言葉)」です。(聖歌では196番「たえなるいのちの」です)1874年に Philip P. Bliss という人の作詞・作曲により、発表されました。この曲は讃美歌としては、かなり有名な部類に入ると思いますが、今回弾いたアレンジは、中間部にまったく別のメロディーを配しています。別の讃美歌を持ってきたのか、編曲者が [続きを読む]
  • アンサンブル練習会、参加者募集!
  • ヴァイオリンのブロともさんたちとの アンサンブル練習会 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1446.html から、早くももうひと月が経とうとしています。10月開催の第2回に向けて、参加予定の皆様は、各自鋭意練習中のことと思います。タワシは例によってお尻に火がつかないとやらない人なので、もうちょっと経ってから本格稼動する予定です(汗)前回、笛(リコーダーとオカリナ)の伴奏をしてもらおうとおもっ [続きを読む]
  • 聖歌隊近況
  • 最近の、ウチの教会の聖歌隊のことについてちょっと書いてみます。先週から聖歌隊長が不在です!郷里の韓国に帰省のためです。予定期間は約1ヶ月。その間、礼拝は4回、隊長抜きで乗り切らなくてはなりません。他に指導的な立場に立てるメンバーもいないので、YOUTUBE先生(!)を頼りに、ひたすら繰り返して歌っているという実情ですが、若者たち、なかなか健闘しています。隊長が留守でも、今までと同様、通常の讃美歌( [続きを読む]
  • 不純物いっぱいの和音
  • 先日も触れましたが、今年3月の人前演奏(イロモノおふ)での撃沈のショックもだいぶ癒えたのか、その時の曲目そのものではないものの、同じ作曲家(グラナドス)の楽譜を、再び抵抗なく開けるようになり、昨日もグラナドスをメインに練習していました。1年半ほど前に譜読みしていた、スペイン舞曲集の第1曲「ガランテ」。(当時の記事→http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1253.html)ミスタッチや音抜け、そ [続きを読む]
  • <今週の録音>乙女との別れ(スイス民謡)
  • お騒がせした(前記事参照)指の怪我は順調によくなっております。(怪我を案じるコメント、多数いただき、感謝感謝です。ご心配おかけしてすみません。、お返事、もう少しお待ちくださいね)というわけで、今週も、無事、シューイチ更新です!練習時間がほとんど取れなかったので、サクッと弾ける易しい曲にさせてもらいました。(しょっちゅう そんなこといっているような気がしますが・・・汗)スイス民謡「乙女との別れ」です [続きを読む]
  • プチ負傷でもテンション下がる〜
  • 昨日仕事中に、小さなケガをしました。よくあることですが、紙で指を切ったのです。指といっても指先ではなく、右手の第二関節の皮です。ちょうど下の画像でマルで囲まれている箇所ですね。(タワシの手じゃないですよ〜、ネットで拾ってきた画像なの)そんなに深いキズではなく バンドエイドをキツめに巻いたらすぐ血は止まったのですが何せ皮の柔らかい部分だからか、痛いです!特に関節を曲げると。この指の痛みに加え、急に夏 [続きを読む]
  • カヴァティーナ(ヨアヒム・ラフ)
  • スイスで生まれ、ドイツで活躍した、ロマン派の作曲家・ピアニスト、ヨアヒム・ラフ(Joseph Joachim Raff, 1822-1882)。近年再評価が進んでいますが、一時はほとんど小品「カヴァティーナ Cavatina(ヴァイオリンとピアノのための6つの小品 作品85の2)」ただ1曲でかろうじてその名をとどめていたと言われています。その「カヴァティーナ」、先日の「アンサンブル練習会」にて、ヴァイオリンの伴奏をさせていただいた曲です! [続きを読む]
  • <今週の録音>歌人の最後の歌(ウェールズ民謡)
  • 今週のシューイチは、前々回の「日の出」に続き、またウェールズ民謡です。今回は「歌人の最後の歌(Dafydd y Garreg Wen)」という曲を紹介します。この曲は、ウェールズの有名なハーピスト(兼作曲家)David Owen(1712-1741)が、死の間際に、愛用のハープをベッドに持ってこさせ、それを奏でながら歌った辞世の曲、として伝わっています。なので、漢字の表記は本当は「最後」より「最期」がふさわしいと思いますが、一応楽譜の [続きを読む]
  • ヴァイオリンとともに♪〜アンサンブル練習会〜
  • 今週の火曜日(8月8日)、都内の某スタジオで開催された、vn(ヴァイオリン)&pf(ピアノ)の、アンサンブル練習に行って参りました!台風の影響が心配されましたが、幸い直撃は免れ、電車も無事通常運行してました。参加者は、モーツァルトのコンチェルトレッスン中(修了間近!)というvn上級者のC・Oさん(当日唯一の男性)、vnとpfの二刀流のCさんとKさん、伴奏経験豊富なpfのYさん、そしてタワシという顔ぶれ。部屋はスタジ [続きを読む]