私はタワシ さん プロフィール

  •  
私はタワシさん: ようこそ!タワシワールドへ♪
ハンドル名私はタワシ さん
ブログタイトルようこそ!タワシワールドへ♪
ブログURLhttp://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/
サイト紹介文{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
自由文子供のころに通っていた音楽教室で、ハノンにめげて早々とドロップアウト。以来テクニックはほとんどそのときのまま(ソナチネレベル)ですが、童謡・唱歌から、シャンソン・タンゴ、カンツォーネまで、旺盛な好奇心でいろんな曲にチャレンジしてます。適当ミミコピと、自己流アレンジで遊ぶのが趣味です。そんな「私はタワシ」の音楽世界=タワシワールドへ、ようこそ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/12/21 21:57

私はタワシ さんのブログ記事

  • 憧れ曲に近づく♪K304合わせに向けて始動!
  • モツソナK304、特に第2楽章は大好きな曲で、いつかヴァイオリンを合わせられたらどんなにか素敵だろう、とずっと思ってきた「憧れ曲」でもあります。この会のおかげでその夢が叶うかも?と思うと本当に胸が高鳴ります。が、日程が迫っていることと時間が押していることを考えると、この曲に取り掛かるのは次回にした方が良さそうです。少なくとも私は今回弾くのは無理です。Kさんせっかく提案してくださったのにごめんなさい。次 [続きを読む]
  • <今週の録音>輪になって(ヴィルム)
  • 前々回に続いて、ヴィルム(Nikolai von Wilm 1834-1911)の、こども(初級者)向けの曲集「24のピアノ小品(作品81)」から、今回はその第4曲を弾いてみました♪タイトルは、原語(ドイツ語)では Ringelreihen 、英語では Round となっています。サークル(円)状になって踊るダンスを意味しているようです。(昔、小中学校なんかでよく踊った「マイムマイム」というフォークダンスを、突然思い出したタワシであった・笑)子ど [続きを読む]
  • 第5回たのしい練習会(仮)
  • この前の火曜日、都内某所で催された「第5回たのしい練習会(仮)」に参加してきました〜スタインウェイのフルコンがある、広〜い練習室で、のびのびと、ヴァイオリンとのアンサンブルや、ピアノ連弾や、ソロを楽しむ この練習会も、回を重ねて第5回に。しかしいまだに名称は(仮)のままです。多分これからも・・・笑お天気はあいにくの雨模様でしたが、「命に関わる猛暑」と台風の直撃からは逃れられたので、まあ良しとしまし [続きを読む]
  • <今週の録音>アーサー王の宴の踊り(後藤 丹)(G. Piano録音)
  • 先日のグランドピアノ練習の際、シューイチのためにも録音してみました。今回はその録音をお届けします。いつものごとく、短くて易しい、子供向けの曲なのですが・・・グランド効果で、いつものデジピ録音にはないプラスアルファの何かを感じていただけたら嬉しいです。後藤 丹(ごとう・まこと)という作曲家の「アーサー王の宴の踊り」です。この曲についての、出版社(カワイ出版)のコメントは以下の通り。出版社コメント:199 [続きを読む]
  • <DustBox>「ホルベルク組曲」よりサラバンド(G. Piano録音)
  • スタジオ練習でスタジオに置き忘れてきたICレコーダー(前記事参照)、本日無事に回収してきました。で、お約束なので、録れていた”練習風景”をアップします。録音した時点で練習開始から5日目か6日目です、よって「やっと音が並ぶようになった」という段階なのですが・・・それにしてはテンポが速いです、というか、楽譜の指示に比べて速すぎます〜|わかっちゃいるけど、速くなってしまいました。(アンダンテより遅いテンポ [続きを読む]
  • スタジオ朝練♪からの〜、忘れ物
  • アンサンブル練習会まであと一週間を切り、その前に一度はグランドピアノに触れておいたほうがいいかなあと思って、出勤前に近所の音楽室(スタジオ)に行ってきました。グリーグのサラバンド(「ホルベルク組曲」より)、ショパンのマズルカ、そして今度の練習会で初めて合わせる予定のパガニーニ「カンタービレ」の伴奏、さらに今週末のシューイチのネタ仕込み、さらにさらに、アンデスくんもたまにはかまってあげないとかわいそ [続きを読む]
  • <今週の録音>大はしゃぎ(ヴィルム)
  • 2015〜16年ごろにかけて、このコーナーにしばしば登場したヴィルム(Nikolai von Wilm 1834-1911)の子供向け小品を、久々に弾いてみました。「24のピアノ小品(作品81)」より第2曲「Hilarity」(大はしゃぎ)です。このレベルの曲でも、ノーミスで、しかも楽譜に書かれたアーティキュレーションを忠実に守り、さらに、表情ゆたかに生き生きと弾くのは、タワシにとってはかなり難しいです。今回も、何度も録音を重ねましたが、 [続きを読む]
  • 古いアップライトで賛美歌伴奏♪〜帰省日記2018〜
  • かねてからお知らせの通り、この記録的猛暑の中、富山の実家に3泊4日で帰省してきました。今回は、実家に着く前に富山市をしばらく観光することに。初体験の富岩水上ライン(運河クルーズ)を楽しんだり、去年リニューアルオープンしたばかりの富山県美術館でアートに触れたり、数十年ぶりに路面電車に乗ったりしました。「不要不急の外出はできるだけ避けて!」と言われるほどの酷暑で汗だくになりましたが楽しかったです。二日 [続きを読む]
  • <今週の録音>さらば さらば!(スコットランド民謡)
  • お知らせの通り今回のシューイチは、タワシ帰省中につき「予約投稿」でアップします。うまくいくかな〜?(ドキドキ)今回の曲は、前々回のシューイチでアップした「さらば ロッホアーバー」に続き、同じく別れをテーマにしたスコットランド民謡です。「ドイツ民謡には別れの曲が多い」と聞いたことがありますが、スコットランドにもかなり多い印象を受けます。ワンコーラスしか弾いていないので文字どおり「ワン・ミニッツ」です [続きを読む]
  • 帰省と予約投稿のお知らせ
  • こんな酷暑の中ですけど・・・日曜日(22日)まで、富山の実家に帰省してきます。ネット環境のないところですので、ブログの更新はできないかもしれません。(スマホから、短くても、更新できたらしたいですけど)コメントやメッセージのお返事が滞ることがあると思いますが、ご理解ください。みなさんのブログは、スマホからでも拝見させていただけると思います。さて、帰省中に土曜日がやってきますので、シューイチ録音を予約 [続きを読む]
  • <今週の録音> 「小組曲」よりⅡ. Intermezzo (ボロディン) 
  • 先日の、「バースデー記念(?)グランド練習」、一番の目的は もっかの「本命曲」であるショパンのマズルカ Op63-3 を録音することでしたが、ICレコーダーは家に忘れてくるわ、Op63-3 はちっともも思うように弾けないわ、で、気分はすっかり??。 そんな中、気分転換に弾いてみたのがボロディンの「小組曲」から、マズルカと、それに先立つインテルメッツォ(間奏曲)でした。最近全く弾いてないので、指が忘れきっているかと [続きを読む]
  • 久々のグランド練♪でも、バースデー録音には失敗・・・
  • 今日は定休日で、夕方の歯医者以外に用事もなかったので、久しぶりにグランドピアノを弾きに行ってきました。自転車で20分位のところにあるスタジオ(音楽室)です。ピアノはYAMAHA G-3 これといった変な癖もなく、特筆すべき長所もなく、まあ、平均的な、よくあるヤマハです〜笑午後の3時から1時間借りたのですが、はっきり言ってこの時間にしたのは失敗でした〜ガンガン照りつける直射日光を浴びまくって、目的地までママチャ [続きを読む]
  • 誕生日に憧れ曲を弾けたらなあ・・・
  • 今日は、体調を崩した同僚の突発欠務の穴埋めのため、夜8時までみっちり働いて(しかもいつもと仕事の流れが違う)疲れ果てました。しかし、往々にして、こんな日の方がかえってピアノのモチベーションは上がってたりします。今夜は、明日アップする予定のシューイチの曲を数回さらった後、ショパンのマズルカを3曲、立て続けに練習。うち一曲は、「身の丈プラスα憧れ曲」である、マズルカ嬰ハ短調Op.63-3 ですが、あと2曲は、 [続きを読む]
  • <今週の録音>うるわし わが君(アイルランド民謡)
  • 先週に続き、再びアイルランド民謡を取り上げました。「うるわし わが君 (An Páistín Fionn)」です。地元では有名な民謡らしいのですが、「歌詞も旋律も、いろいろに伝えられている」と解説にあった通り、YouTubeでこのタイトルの曲を検索するといくつもヒットするものの、いずれも楽譜とは別物で・・・歌詞は現代の英語とは明らかに違う言語で書かれており(おそらくケルト語)、単語の意味すらも全くと言っていいほどわからな [続きを読む]
  • <今週の録音>小川のほとり(アイルランド民謡)
  • 今週のシューイチは、またまたまた(笑)世界民謡シリーズです。「小川のほとり」という、アイルランド民謡を紹介します♪歌詞の内容は、以下の通りです。主人公(男)が川辺を散歩していた時、緑の着物を着た、美しいアイルランドの女性に出会い、声をかけたが、すでに夫がいる身だから、と断られてしまいます。(「緑」はアイルランド人の愛する色)そこで男は、彼女をバラの蕾に、自分を庭師になぞらえ、「真心を込めて君を育て [続きを読む]
  • Intermezzo(坂本龍一)〜幻のエントリー曲@ばんちゃん会4〜
  • 当ブログ・5月23日の記事 大切な、あの場所へ!〜「ばんちゃん会」に久々のエントリー〜 のその後についてですが・・・とても残念なことですが、ばんちゃん会4は、中止になりました。主催者・ばんちゃん父さんの、こちら??の記事  残念です…に書かれている通りです。さらに磨きのかかった、ばんちゃん(坂東翔一郎さん)の奏でる音に浸りたい!ばんちゃん父さんの暖かい笑顔に癒されたい!そんな願いが叶うのは、ちょっとだ [続きを読む]
  • <今週の録音>In Jesus' Name ~ Work Through Me (Audrey Mieir)
  • 仕事が先週からずっと多忙で、疲労が蓄積されてきております・・・そんな中、今回もシューイチのための練習時間はほとんど取れませんでした(涙)(と言ってもシューイチにとりかかるのが遅れただけで、ピアノは疲れた体に鞭打って(?)結構時間を割いて弾いてます)さらに悪いことにどこかで(職場からの確率がかなり高いが)風邪をもらってきたようです。薬を飲んだらぼーっとして注意力散漫に・・・。こんな状態ですが、それで [続きを読む]
  • 王道曲&「身の丈プラスαの憧れ曲」チャレンジその後!
  • 約1ヶ月前、たまにはブラームス!Intermezzo(Op118-2)弾いてみた♪ という記事を書いたところ、当ブログとしては まれに見る反響がありました。(コメント数やランキングポイントがいっぱいほしいなら、やはり有名曲強し!でしょうか。笑)ですので、一応その後のことを報告しておこうと思います。実は・・・この記事を書いてから、Op118-2は、1回たりとも弾いていません!うまく言えませんが「もうお腹いっぱい」という感覚に [続きを読む]
  • <今週の録音>ヴィラネル(シャミナード)
  • 今週はせっかくやる気が復活したのに、連日仕事が忙しくて、ヘトヘトに疲れ果て、あまり練習時間を取れませんでした。シューイチも今日になってようやく曲を決め(最初に予定していた曲が間に合わなかったため)残業終えて帰宅してからご飯もそっちのけで練習し、完成度かなり低いながらも、何とか録音までこぎつけました。ホント、ギリギリだわ〜繁忙期というわけじゃないのにこの忙しさは想定外だったなあ〜。体調不良や用事で欠 [続きを読む]
  • 小さな古いゴスペルの楽譜
  • 昨日は、おそらく梅雨入り前最後の休日になるだろう、ということもあり、久々に押入れの中を整理しました。押入れの中で完全に眠っていた楽譜たち(小ぶりのダンボールひと箱分)、表に出しました。その中に表紙も取れてボロボロになった、1冊のちっぽけな楽譜が・・・今を去ることウン10年前、若かりし日のタワシが、キリスト教(プロテスタント)の洗礼を受けた富山の教会で、アメリカ人の宣教師夫妻からいただいたものです。 [続きを読む]
  • <今週の録音>エレジー(シャミナード)
  • 一つ前の記事に書きましたが、タワシにとって「身の丈プラスα」の曲である(?)、ショパンのマズルカ 嬰ハ短調Op63-3に本気で取り組んで今日で五日目くらいでしょうか。相変わらず、曲のラスト、美しすぎるカノンに苦戦してはいますが、一筋の光明も差しつつあるような・・・そのうちまた記事にしようと思ってます。しかしこの曲に夢中になりすぎて、昨夜になってようやく、シューイチが手つかずだったことを思い出しました。こ [続きを読む]