テレジア さん プロフィール

  •  
テレジアさん: 秋田日記
ハンドル名テレジア さん
ブログタイトル秋田日記
ブログURLhttp://akitadiary.seesaa.net/
サイト紹介文カトリック教会公認の秋田の聖母出現に関すること、典礼のこと、自分の信仰のことなど書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/12/21 22:45

テレジア さんのブログ記事

  • 罪に砕かれたるイエズスの聖心への祈り<br />
  • 聖心の月も半ばを過ぎました。2012年に掲載した「罪に砕かれたるイエズスの聖心への祈り」ですが、一行抜けているとの御指摘をいただきました。ちょうど聖心の月ですし、訂正して「再掲」します。さくらさん、ありがとうございました。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ポワチエ(Poiters)のアンブレク司教様(MGR Humbrecht)に認可された我らの罪の故にうち砕かれしイエズスの聖心我らをあわれみ給え。罪に砕かれたるイエ [続きを読む]
  • お祈りをお願いします。
  •   イエズス様の聖心の月ですね。昨日6月10日の夜、8時ごろ、父が逝きました。父の洗礼名はヨゼフです。みなさん、どうぞ、お祈りくださいませ。主よ、永遠の安息を彼に与え給え。聖母マリア、我らのために祈り給え。聖ヨゼフ、我らのために祈り給え。. [続きを読む]
  • 秋田の聖母マリア、巡礼2018
  • 五月、聖母マリア様の月になりましたね。今年も5月3日から、毎年恒例のSSPXの秋田巡礼が行われています。過去10年以上、毎年参加してきましたが、残念ながら本年は参加を見合わせました。でも、巡礼に参加なさっている皆さんと心を合わせて、お祈りしております。「秋田日記」というブログ名ながら、最近は秋田の聖母マリアに関する記事が少なくなっていますね。この巡礼期間中に、秋田の聖母マリア御出現に関して黙想を深めるよ [続きを読む]
  • 聖リタに感謝!
  • 長い間ブログを休んでいたら、私事に忙しかったことが終わってもボーッとして書けなくなっていました。少し困ったこともあって心の中で祈っていたら、偶然かのように、知人からWhats up (日本のLINEのようなもの)で聖リタの信心が送られてきました。それですぐに祈ったら助けていただいたと思います。聖リタの絵も可愛いし、感謝のためにUPします。。。。。。。訳文聖リタに あなたが必要なことをお願いしてください。諦めないで [続きを読む]
  • 御復活後の水曜の福音
  • 遅ればせながら、御復活祭おめでとうございます。もう、御復活後の水曜ですね。めちゃくちゃ忙しい中、今日も御ミサに行けて感謝です。今日の福音は、とても心に響くものがありました。聖ペトロ様の心中を思うと、なんとも言えない気持ちになります。。。。。。。。。。。今日の聖福音(ヨハネによる聖福音の続誦 21ノ1−14)そのころ、イエズスはティベリアデの海辺で、弟子たちに再びあらわれ給うた。そのあらわれは、次の [続きを読む]
  • 「手による聖体拝領は汚聖」という聖母のメッセージは?
  • サンダミアーノの聖母のメッセージ(イタリア、ピアチェンザ) わが愛する子供たちよ、私はあなたがたを恵みと愛と信仰で、そして大きな慈悲で豊かにするためにこの場所にやって来ました。なぜなら、私はすべての者の母だからです。私は昼夜あなたがたをこの場所へと招いています。それなのに、ごくわずかの者しか私に耳を傾けようとはしません。多くの者は私をあざけり、私について冗談を言い、私を侮辱しているのです。 けれど [続きを読む]
  • ヨゼフ・マリー・ジャック神父様の最後の手紙
  • [ 舌の上に受ける御聖体拝領の弁護 ] (*注1として一番下にリンクと概要と説明掲載)という 論文をお書きになったヨゼフ・マリー・ジャック神父様が亡くなる前に、皆さんに宛てた最後の手紙が美しいので、「湯沢台の聖母」誌から転載します。(ヨゼフ神父様の文章については、「なんでも、どのようにでも使って良い」という許可を生前にいただいています。)この手紙から、ヨゼフ・マリー・ジャック神父様の天主様への愛、皆 [続きを読む]
  • ご聖体の内にまことに在すイエズス様を表す奇跡
  • 聖体降福式が、今月は東京と大阪でも行われたようですね.http://blog.goo.ne.jp/thomasonoda/e/3c724dc17a64869d3e6a1c003a9beb75?fm=rss多くの方々が、心を込めて祈り、礼拝に参加なさったそうで素晴らしいことです。こういった祈りは、必ず聖主をお慰めすると思います。ところで、シンガポールのSSPXの聖堂でも、時々、聖体礼拝が行われています。今月の初金曜日の前晩から、聖体の徹夜礼拝が行われている時に、美しい奇跡があり [続きを読む]
  • 四旬節になりました
  • 昨日は「灰の水曜日」。ミサに与り、額に灰を受けてきました。四旬節が始まりましたね。主の受難を黙想し、節制し、自分なりに克己の精神で生活できますように、と願います。教会が勧める、四旬節の務めは、祈り、犠牲、施しです。知人が分かりやすい表を送ってくれました。訳文:四旬節が始まります。知っておくべきこと灰の水曜日は、2月14日(バレンタインデー)四旬節は、40日間(日曜日を除く)四旬節の3つの柱は、祈り [続きを読む]
  • 脳につけるマイクロチップの絶大な効果と驚愕の結末
  • ヨハネの黙示録 彼のたくらみで、偉大な者、小さな者、貧しい者、富む者、自由民、奴隷のすべては、右の手と額にしるしをつけさせられた。獣の名、あるいはその名の数をしるされている者の他は、誰も売買することが出来ぬようにするためである。知恵はここに必要である。知恵のある者は、獣の数字を数えよ。それは人間の数字であって666である。(ヨハネの黙示録13章16〜18) 前記事で説明した「獣のしるし」だろうと言 [続きを読む]
  • ビットコインの正体は? 獣の印666の助走?
  •  ビットコインがものすごい高騰の後の暴落、そしてハッキングによる約580億円相当の通貨流出など、かなりの騒ぎにになっていますね。 かなり詳しい知り合いが、普通の通貨なら国家、株なら企業、といった実体の支えがあるが、仮想通貨は底支えするものが何も無いので、どこまで暴落しても不思議じゃない、とか、ハッキングで銀行強盗されたら絶対に戻ってこない、とか話していたので、心配だなぁ、と思っていました。 その [続きを読む]
  • スイスの保護聖人、聖ニコラウスの伝記
  • 前記事でごく簡単にご紹介した聖ニコラウスですが、参照元の記事全文をPDFファイルにしましたので、興味のある方はどうぞご覧ください。(「湯沢代の聖母」誌、1994年のバックナンバーからの転載です。)SaintNiklausVonFlue.pdf 文中にもあるように、聖人の正式の名は、「ニコラウス・デル・フリューエ」 ですが、フランス語圏での呼び名 「ニコラ・ド・フリュー」の方が一般的なようです。(聖ニコラウスと検索すると、聖ニコ [続きを読む]
  • 「永世中立国」スイスに学ぶべきこと
  • スイスは第一次大戦、第二次大戦で、周辺国が戦火で覆われた時にも平和を保っていました。「絶対中立」を宣言していたからだとか、地形の有利とか、いろいろ言われていますが、ベルギーもルクセンブルグも「永世中立国を宣言」していたにも関わらず、世界大戦の度に侵略されたので、中立国をやめてしまいました。地形も位置的にも防衛に大きな利はないとされているにもかかわらず、なぜ、スイスだけは永世中立国であり続け、二度の [続きを読む]
  • 「日本と世界の平和を求める聖母行列」のご案内
  • 先日は、「聖体礼拝」のFBと祈りの集いの時間などのご案内をしましたが、この度は日本ではとても珍しい「聖母行列」のお知らせです。今週の土曜日、1月6日(今年の初土)に、SSPX主催で、トリエントミサの後、正午から、聖母行列が行われます。ファチマの少女、聖ジャシンタの言葉を思い、聖母に御助けを願います。「私たちはマリアの汚れなき御心を通して平和を求めなければなりません。何故なら天主は平和を聖母に委ねたからで [続きを読む]
  • 2018年 年頭に想う
  • 新年2018 あけましておめでとうございます。昨年2017年は、ファチマの聖母出現から100周年記念の年でした。世界各地からの大規模なファチマ巡礼がありました。多くの各国巡回用のファチマ聖母像が作られました。聖母像を迎えて各地でのロザリオの祈りの集いなどがありました。また、ファチマのメッセージから100周年ということで、大きな天罰を心配する声も聞かれました。 なぜなら、シスタールシアが受けたとする [続きを読む]
  • 日本各地での聖体礼拝のお知らせ
  • 日本各地で、聖体顕示、礼拝が行われています。それをまとめて情報をUPしてくださるFaceBookのペ
    ージがあるのに気がつきました。どうも最近始まったFBグループのようです。聖体礼拝の会FBhttps:
    //www.facebook.com/EucharisticAdorationJapan/?hc_ref=ARQFRnP9c3M5JV4RdHOis6clXaL7m31cqa6kmp7WZFgLDdtONDqQvkfVMfxs_-STiuU&pnref=sto
    ry許可を願いつつ、こちらでシェアさせていただきます。定期的に行っている場所は、愛知、広
    島、 [続きを読む]
  • クリスマス 2017
  • +Merry Christmas!+主の御降誕祭のお喜びを申し上げます。クリスマスイブですね。この日の真夜中に 救い主が 私たちのために 世に来られました。小さな赤ちゃんとして お生まれになりました。聖母マリアの腕に抱かれた幼子イエズスを想い、感謝します。今夜は家族でキャロルを歌って、明朝ミサに行く予定です。ブログを読んでくださる兄弟姉妹の皆さんとご家族の上に、幼子イエズスからの祝福がたくさんありますように。カト [続きを読む]
  • クリスマスの本当の意味を忘れさせようという優しい圧力
  • クリスマスは Christmas とスペルしますが、しばらく前から、Xmas と短縮系で表されるのが多くなりました。私はずっと気がつかなかったのですが、ある友人から、「クリスマスからキリストを取り除く一貫作業の一つ」と聞いて、「なるほど。そうかもしれない」、と思いました。そういえば、毎年、主の御降誕の御絵のカードがだんだん減っているな、とは思っていました。どこもかしこも、サンタやトナカイ、ツリーや飾り、プレゼ [続きを読む]
  • 12月16日、東京新教区長の着座式が行われました。
  • タルチシオ菊地功司教様の着座式のミサが、12月16日(土)の11時から行われました。非常に多くの方々が集まられたようで、参加した知り合いの方は座れなかったそうです。菊地司教様、本当におめでとうございます。日本の教会のために、たいへん大事な立場になられたことで、重責を感じておられることと思います。聖霊の御導きによって聖主の御旨がいつも成されますよう、聖母のご加護がありますよう、お祈り申しております。菊地司 [続きを読む]
  • クリスマスリースと待降節の祈り
  • コメント欄で、クリスマスリースについてのご質問がありましたので、少しご紹介したいと思います。リースの由来は厳密には不明なのですが、もともとヨーロッパでは、暗い冬に、枝を丸くしたものを燭台にしたり、車輪の所にろうそくを立てる習慣があり、そこから、暗い冬に明るい春を待つ、救いの光を待つ、という意味として、リースの上にろうそくを立てて祈るカトリックの習慣になったようです。近年、一般に飾られるクリスマスリ [続きを読む]
  • 自分の信仰を表すこと
  • 待降節になりました。みなさまお元気でお過ごしでしょうか?私は体調不良と帰省旅行といろいろ重なりました。なかなか外出もできず、ブログも書けずにおりました。記事を更新できない間も、多くの方がブログを読みに訪問してくださり、また応援ポチもしてくださり、本当に感謝しています。アクセス解析を見たら過去記事に検索からポンと入ってくる方もいらっしゃいます。その中でダントツで多いのが「ウサイン・ボルトも身につけて [続きを読む]
  • トリエント・ミサの定番ミサ曲のご紹介
  • トリエント・ミサに初めていらっしゃる方は、少々、戸惑うことがあるかもしれません。最初は、あまり根を詰めて、全部フォローしようとしなくてもいいんです。なんとなく雰囲気を感じていただければ、それで良いと思います。メインのミサ曲、キリエ(あわれみの賛歌)、グロリア(栄光の賛歌)、クレド(信仰宣言)、サンクトゥス(感謝の賛歌)、パーテル・ノステル(主の祈り)、アニュスデイ(平和の賛歌)などの聖歌を知ってい [続きを読む]
  • タルチシオ菊地功司教様、東京教区の大司教に任命される
  • 新潟教区の菊地司教様が、フランシスコ教皇様によって、東京教区の司教に任命されました。心よりお祝い申し上げます。立派な司教様なので、素晴らしい人選だと思います。おそらく大司教様になられるのでしょうね。現在も教区長の役割りのほか、カリタスなど、多くの仕事をこなされて、国内、国外を飛び回っていらっしゃる司教様ですが、東京教区は新潟よりずっと大きいので、ますます、お忙しくなりそうです。お祈りしております。 [続きを読む]
  • まっぷたつに壊れた聖母像 ー 適材適所ということを考える
  •  先日ご紹介した、ちょっと謂れのある、うちの教会の聖母像です。このルルドの聖母マリア様、実は一度、この高い棚の上から落ちて壊れたことがあるのです。 前任のM司祭が主任だった頃、ある年の復活徹夜祭の時に事故は起こりました。 ミサの途中で、すべての御像から紫の覆い布をはずすじゃないですか。引っ張れば、するっと取れるように結んであるはずなんですけど、この御像のだけ何故かするっと行かなくて御像がグラグラし [続きを読む]