ネコ助 さん プロフィール

  •  
ネコ助さん: カナミっつあんのブログでGoo!
ハンドル名ネコ助 さん
ブログタイトルカナミっつあんのブログでGoo!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/saisyohagoo_1959/
サイト紹介文単身赴任になって、家庭菜園から、日曜大工・DIY・工作関係の紹介が増えました〜
自由文家庭菜園の様子(実家・自宅・赴任先の人吉)を載せていましたが、最近は日曜大工・DIYです。50過ぎのオヤジが単身赴任時間の余生を楽しんでいる様子です。ホームページも作っています。良かったらお立ち寄り下さい。
ホームページのURL
http://heartland.geocities.jp/nyankororin_mike_tama/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/12/23 13:33

ネコ助 さんのブログ記事

  • 冷蔵庫のプラスチック棚修理!
  • 2018年9月23日冷蔵庫の中には、何枚もの仕切り板やプラスチックのトレー棚があります。今朝、冷凍庫を閉めるときに『ガリガリッ』と音を立て閉まらない事態に。もしやと引き出してみると、やはり右奥の角がすでに重症的に割れていました。放っておく訳いかないから、朝から修理にかかりました。冷凍食品をクーラーボックスに一時避難させます。歴代の冷蔵庫の棚も数年使う内に割れて、その度に修理していたので、特段難しい [続きを読む]
  • ベランダ床下収納庫
  • 2018年7〜8月我が家の花部門は妻の趣味ですが、培養土や堆肥等の袋があちこちに散在し、どうにかしようと思っていました。しかし田舎の家のように余裕ある格納場所もありません。そこで、目をつけたのが、サンルーフベランダの床下しかし、40cmの床下高があるものの、15cmの枕木を敷いているので、出入り口は25cmの余裕しかない。でも培養土や堆肥等の袋は15cmの厚さがあれば十分なハズ。幅は床下の土台柱の [続きを読む]
  • 大葉・青じそジュースで夏を乗り切る!
  • 2018年夏まさか今年がこんなにあつい夏になるとは思いませんでした!実は、青じそジュースをたくさん飲もうと去年から種を取り、春に種を蒔いていました。順調に大きくなり、ツマとしても生食に事欠きません。本命のジュース作りは、6月から実家に帰るたびに作っています。青じそには、緑のバッタやカメムシがついたりしますが、あまりの暑さで今年はほとんど被害がありません。もちろん、被害が出ても農薬散布はしないし、ジ [続きを読む]
  • 人吉海軍航空基地資料館 完成しました!
  • 2018年8月4日ここは、熊本県球磨郡錦町の高原台地(タカンバルダイチ)で、広大な台地が広がっています。その昔、1205年頃、長頼と義高の決戦がこの辺りで行われ、台地が血の海になった事から、血敷原(ちしきばる)の戦いと呼ばれています。武士の幽霊伝説もある所ですが、今日は心霊スポットが目的ではありません。それはつい先日、8月1日にオープンしたばかりの、人吉海軍航空基地資料館に行きたかったからです!ラジオで [続きを読む]
  • バッテリー式溶接機完成!
  • 2010年7月〜僕の工作技術に足りないのは、溶接技術ですそれを克服しようと、今年3月には売り出し広告の家庭用の溶接機を、ホームセンターで買ったものの、家の契約アンペアが40アンペアで使えるハズだったが、たびたびブレーカーが落ちて結局、使い物にならなかったのです。この投稿を見たfacebook友達の自宅は、60アンペアだそうで、幸いにもその溶接機を買い取ってくれました。しかし、それからも頭の隅っこでは、中断 [続きを読む]
  • 恐竜の卵・ランプシェード完成!
  • 2018年6月9日そもそも、この恐竜の卵と出会ったのは、2017年10月22日の震災復興祭・イベント会場(嘉島町イオンモール)でのこと。各町の物販テントで、この緑色の奇妙なモノを見つけ、『恐竜の卵』として売られていた瓢箪(ヒョウタン)を、500円で買いました。店主にこれの使い道を聞くと『乾燥させて、飾り(話のネタ)』でした。半年もすると、緑色はヒョウタンらしい黄土色になりました。果たしてこれをどう [続きを読む]
  • 梅ちぎり
  • 2018年6月3日毎年、梅雨時期になると悩みだす、実家の梅ちぎり母が生きている時には、家族恒例の行事でちぎり、梅干しや梅酒等の加工品にも活かされていました。母が居なくなると途端、今では無用となり、熟して落ちて汚すだけの迷惑樹になってしまいました。昨年は、いかにももったいないと、農業大学校の研修生に声掛けし、手伝ってもらい収穫しました。さて、今年は5月、facebookで『梅の悩み』を書いたら、10名ほど『 [続きを読む]
  • 割れ鏡から2枚の鏡にリニューアル!
  • 2018年5月26日昨年の暮れの大掃除の時に、ガチャガチャ動かしていたら、倒れてしまい割ってしまった姿見の鏡こんな時、さんざん叱られた末に、普通は捨ててしまうでしょうね3分割してしまった割れ鏡を、しばらく見ていたら、『これ、もしかして、うまく割れたのかも大小の長方形の鏡が作れる』と考えて、年内の埋め立てゴミ出しも終わっていたこともあり、部屋にとっていました。『コレ、とっとっと』それから、『どこかに [続きを読む]
  • 宮園のお宿のロッキングチェア復活!
  • 2018年5月13日〜この日、5月13日、日曜日は、五木村の新緑祭りに出かけました。午後3時頃に雨が降りだしたので、その足で、宮園集落の岩本氏宅に伺い、久しぶりに雑談をしました。岩本氏は、『宮園のお宿』の管理人でもあります。『昨夜は、祭りの前泊客で、家族の泊りがありました。4〜5歳くらいの子どもが居て、賑やかに走り回っていましたが、あのロッキングチェアを壊してしまって、困ったもんです!もう、あの椅 [続きを読む]
  • 害獣の食べるものは2つに分類される!
  • 2018年5月21日益城町にて、鳥獣被害防止対策事業基礎研修を受講してきました。午前中は、震災後に建てられたプレハブ工法の益城町役場仮庁舎の会議室で、講義が行われました。講師は、この分野で有名な、井上雅央(いのうえ まさてる)先生です。元(独)農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター専門員先生のプロフィール  http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/366.htmlなぜ、益城町が会場になっ [続きを読む]
  • JAかみましき、トマト選果場の従業員求める!
  • 2018年5月22日昨年の11月下旬から取り掛かり、構想をしていたことが、半年かかっていよいよ表に出ました。山都町は、7月から11月まで生産する、夏秋(カシュウ)トマトの産地ですが、一方で山都町の高齢化率は、45.93%(H30.3末)で県内2位と深刻です。まさに人口統計学者が言うところの”棺桶型構造”の典型的問題が表面化しています〜労働者不足は田舎ほど加速化していると感じます。トマト選果場で働く人たちも [続きを読む]
  • 上益城管内の熊本地震及び7月豪雨災害の復旧状況の現地視察
  • 2018年4月17日すっかり遅くなりましたが、今年4月の人事異動後、上益城地域振興局の幹部メンバーで、震災及び豪雨等懸案箇所の復旧状況の現地視察を行った事を報告します。あれから、ちょうど2年経過するのに、管内の農林業の地震被災は未曾有宇の被害、さらに”泣きっ面に蜂”で、7月には豪雨被害も受け、管内はまだまだ復旧復興の途上であります。この日は、あいにくの雨でしたが、限られた時間で転入者には一日の行程 [続きを読む]
  • ナイフのグリップをつけてあげました!
  • 2018年3月上旬2月下旬、職員のMさんが、突然新聞紙に巻いたナイフを広げて見せた。彼女とは球磨の職場時代が一緒で、人吉市の鍛冶屋『岡秀』の『包丁会』の同じメンバーだった。彼女が先に異動して8年間、当時の2010年3月の新聞紙に巻いたまま仕舞い込んでいたという。道具も無いことから、どうしようもないところで、再び同じ職場になった僕に、ヘルプを求めてきた訳です。これは、8年前一緒に作っていた僕のナイフ [続きを読む]
  • 熊本県立農業大学校に、宿泊研修施設建設始まる!
  • 2018年1〜3月 熊本県立農業大学校には研修部があり、県内農業者を対象とした社会人の農業新規参入希望者を受け入れる長期の研修や、農業機械安全講座(トラクター・牽引免許取得)を開催しています。 研修施設としては『自啓館(ジケイカン)・農業機械農舎』を中心に、各種の社会人研修の学びの場としています。 しかし、県内といえども、県南部の球磨芦北地方、天草地方、小国郷等の遠隔地の人にとって、日帰りで各種の研修 [続きを読む]
  • ペット自在ドア、第3代目完成!
  • 2018年2月10日ペットを飼う家庭では、おそらく外部と自由に行き来させるかは、飼い方の分かれ道。我が家では、犬と猫なので、自由に行き来させる方法として『自在ドア』は不可欠品それも、2代目になっていたが、それも寿命となっていた。 元々のプラスチックドアが割れたので、別のプラスチックボードを四角に切って、少ない面積にネジ止めして修理して使っていた。妻は、インターネットサイトで新しい自在ドアを買ったも [続きを読む]
  • 手作りコンニャク再挑戦!
  • 2018年1月6〜7日今年の冬は寒い!薪ストーブは毎晩大活躍です。灰は大量に出来るので、次のコンニャクづくりにと、灰汁づくりをして備えていました。ステンレス製のボウルに灰を入れ、熱湯を注ぎます。(アルミ製はアルカリで溶けます)灰の中には炭片も混じっていますが、不織布の風呂敷で1番濾し。この時点で浮かぶ炭を取り去りました。2番濾しは、バスタオルの2枚重ねで濾しました。なかなか時間がかかります。一晩で [続きを読む]
  • 手作りコンニャク作ったぞ〜!
  • 2017年12月28日去年、母親が亡くなっていろいろな欠けている事が次々と出てきます。親父は、こんにゃく芋も1a位栽培しているのですが・・・『こんにゃく芋、どぎゃんしたもんかね?ばあさんはコンニャク作りよらしたばってんねえ〜ぬしゃ、作りきらんか?』と言っていました。『作ったことにゃ〜し、忙そがしか!イモで売るたい!』と、冷たく言っていた。内心は、御用納めが来たら作ってみるか?とは、思っていました。 [続きを読む]
  • 故:石川政雄さんに捧げる!
  •  2017年12月20日、「石川政雄さんが、亡くなられたよ!」その悲報はJAかもとのH審査役(同級生)から携帯電話に入って来ました。 つい先月の農業大学校の黒石原祭でも、研修生OBのテントで元気よく「いらっしゃませ〜!今年の米はとってもおいしく出来ましたよ!」と、客寄せの呼び込みをされていたのに?早すぎる死、(享年65歳)信じられませんでした。 22日の葬儀には参列しました。告別式の読経の中で、人 [続きを読む]
  • 山芋堀り器のデビュー戦!
  • 2017年12月16日先日作った「山芋堀り器」の初出番の日です全長155cmが長大無駄な長さだったのか証明されます今日は寒い朝の庭です。季節的に、山芋掘りは、霜が降りてイモの葉が落ちた秋から今頃まです。遅くなると、ツルが枯れて地面から離れてしまうので、探しにくいのです。さて、戦闘の場は、我が家の庭です。いつから増えたのか、庭のあちこちにジネンジョがはびこって、妻から文句言われるやっかいものです。そ [続きを読む]
  • 日曜大工:調味料棚作ったぞ!
  • 2017年12月11日午後ここは、僕の遊び場ホームセンター《ハンズマン》店内です。震災復興で、台所も作り直したのですが、新しい台所に対して妻は、『対面キッチンの空間に調味料棚を作って』と、かねてより言っていました。それを聞いて、事前に材料は購入済みでしたが、土日には次々と法事が入り、作る機会が伸びていました。せっかく広く開いた対面空間ですが、観察すべき小さな子どもが居るわけでもないので、これぐらい [続きを読む]
  • 日曜鍛冶!山芋掘り器作ったぞ!
  • 2017年12月10日午前山芋(自然薯)掘りは、子どものころからやっていたのですが、もちろん掘る道具は実家のを使っていました。今は別居なので、庭先の自然薯掘りはスコップしかありませんでした。だから深さにも限界で、諦めて途中で折ることもしばしば!そこで、細く深く掘れる、山芋掘り器を作りたいなあ〜と思っていました。そんな気持ちで、ハンズマン(ホームセンター)をウロウロしていると、なんと、あるものですね [続きを読む]
  • 掃除機のタービンブラシ修理しました!
  • 2017年11月25日土曜日の事、妻は仕事に行く前に『洗濯物干しといて掃除機かけてて』と頼み事を言ってバタバタと出て行った。従順な僕は、洗濯物干しが終わって、掃除機をかけ始めた。が、絨毯の上をタービンブラシでペットの毛を取ろうとするが、毛羽だった筋が着かず、どうもタービンが回っていないノズルをひっくり返してみると、 加重がかかるとスイッチが入る『コロスイッチ』が出っ放しで、戻らない。(写真の、指先 [続きを読む]
  • 洗面所の引き出し箱作成
  • 2017年11月3・4日この日、こんなことしていなければ、風邪を拗らすこともなかったろうにまあ、それを言っても、後の祭りだあ〜ワッショイで、何をしていたかと言うと、新しくなった洗面台の棚の一つに、ドライヤーとか俺に関係のない電熱機器が、適当な大きさのプラスチック容器に押し込められて、台形容器の、実に非効率的形状で扉も閉められない状態だった。『ドライヤーなんか、すでに何台もあるのに、次々に買って、場 [続きを読む]
  • 秋子を食べたぞ〜!原木シイタケ収穫しました!
  • 2017年10月29〜30日我が家の北側フェンスに(緑の壁:グリーンウォール)、ワイヤープランツの壁がありますこの裏の犬走りに何があるか ジャジャ〜ンシイタケがスクスクと育っています次々と、シイタケの頭が出てきています若干の、クロコブダケの発生がありました。ここに移す前が南側でしたので、高温中湿の環境がいけなかったと反省しています。例年にない、秋の長雨でしたがシイタケにとっては、環境が良かった様で [続きを読む]
  • 高病原性鳥インフルエンザ発生に備えて!
  • 2017年9月28日冬といえば、【北方からの渡り鳥の季節】でもありますが、風情のあるカモ・鶴・鳥の群れを見上げながら。あるいは水田の落ち穂を啄む鳥を見ながら、我々は恐々としています。ずいぶんと紹介が遅くなりましたが、この日は熊本県中央家畜保健所にて、高病原性鳥(コウビョウゲンセイトリ)インフルエンザ発生に備えた実務担当者研修会&地域支援対策本部総務班研修が開かれました。こんなに遅い報告となったのは、投稿への [続きを読む]