幽村芳春 さん プロフィール

  •  
幽村芳春さん: 正法眼蔵=坐禅
ハンドル名幽村芳春 さん
ブログタイトル正法眼蔵=坐禅
ブログURLhttp://honjoutarou.blog107.fc2.com/
サイト紹介文愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を紹介しています。自宅で密やかに坐禅始めてみませんか。
自由文自分の家で毎日坐禅をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/23 23:52

幽村芳春 さんのブログ記事

  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 6
  • 布施について道元禅師の注釈は続きます。もし仮にほんの僅かなものを人に施す事が出来たならば、それは自分自身の行動に他ならないが心ひそかにその行動を心から喜ぶべきである。なぜならばそれは、真実を得られた方々が持っている(人にものを与えると言う)一つの性質をすでに正しく受け取って、それを自分自身で実際に実行したのであるし、仏道修行をしている人の行うべき一つの徳目を初めて実際に行う事ができたからである。中々 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 5
  • 布施について道元禅師の注釈は続きます。アショカ王の物語として、果物の半分を数百の僧侶に分けようとしたところが、その半分の果物が数百人の僧侶に供養して十分に行き渡らせることができたという話が伝えられているけれども、その様な物語の例から考えても、ほんのわずかな施しであっても、それが大きな供養になるという事の証明であって、このような事情というものを布施を与える人も布施を受ける人も同じように学ぶべきである [続きを読む]
  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 4
  • 布施について道元禅師の注釈は続きます。銘記せよ。なぜ人々が布施をする人を自然に眺めるかと言うと、人に施しをしようという気持ちを持っている人の心中が言葉では表さなくても自然に他の人に伝わるところから、人々はその施しをする人を眺めるのである。このようなところから考えてくると、たとえ一つの言葉、たとえ一つの詩の教えといえどもそれを人に与えるべきであり、それが生涯において善行を積む事に繋がるのである。ほん [続きを読む]
  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 3
  • 布施について道元禅師の注釈は続きます。我々の住んでいる世界には真実と言うものが厳然として存在する。我々が生きている世界の真実に従って素直に生きていくならば、真実というものと自分とが一体になる事が出来る。人が真実を得た状態の時というものは、真実が真実として一人歩きすると言う事が実情として必ず現れて来るのである。つまり自然に真実というものが具体的な姿をとって現れてくるのである。というものそしてまた逆に [続きを読む]
  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 2
  • 菩提薩埵四摂法の巻、本文に入ります。菩提薩埵四摂法とは何かと言うと、一は布施、二は愛語、三は利行、四は同事である。菩提薩埵四摂法の最初に「布施」という言葉があるけれども、その布施と言う言葉の意味は貪らない事である。貪ぼらないと言う事は欲張らないと言う事である。そしてさらに欲張らないという事は、世間一般で言う様に打算的な利益に執着しない事である。仮に全世界を統一し支配するような力量のある人といえども [続きを読む]
  • 正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 1
  • 「菩提薩埵四摂法」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。この表題の意味ですが「菩提薩埵」というのは、サンスクリットの「ボディサットヴァ」と言う言葉の音をそのまま漢字に当てはめて出来た言葉であります。「ボディ」は真実「サットヴァ」は人と言う意味で、「ボディサットヴァ」というのは、真実を求める人と言う意味であります。この「菩提薩埵」菩薩という仏教徒が他の種類の仏教徒、例えば声聞とか縁覚とかという仏教徒 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 13
  • 漸源仲興禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。「世界が崩壊した状態である」と言う言葉の意味は、現に目の前にあるもの、このもの、様々な事物、様々の状況というものが無数に存在するという事を意味しているに他ならない。そしてこの様な我々の住んでいる世界における様々な場面を考えてみるならば、やはりこの我が身というものが存在すると言う事を否定できない。自分の鼻の頭をつまんでみれば痛いと感ぜざるを得 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 12
  • 漸源仲興禅師にある時僧侶が質問して言う:古仏心(永遠の意味を持った真実を得た人の心)とは、一体どういうものでありましょうか。漸源仲興禅師言う:世界が崩壊した状態である。僧侶が質問して言う:いったいどうして世界が崩壊するのでありましょか。漸源仲興禅師言う:自分の体が現に存在するということをどうして否定することができよう。漸源仲興禅師と僧侶の問答について道元禅師が注釈されます。ここで漸源仲興禅師が「世界 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 11
  • 大証国師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。その様に様々な角度から勉強を進めて行った場合に、垣根や壁は人間が造ることによって出現させるのであろうか、垣根や壁というものがあればこそ人間が努力して作るという動作が生まれてくるのであろうか、あるいは人間が作るのか、作らないのかという事とは切り離されて、現に目の前に垣根や壁があると捉えるべきなのであろうか。また垣根や壁は心理作用というものを持って [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 10
  • 大証国師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。大証国師が僧侶の質問に対して「古仏心とは垣根、壁、瓦、小石」という答えの意味は、現に目の前にあるところの垣根や壁や瓦や小石に向かって一歩積極的に近づいた立場で垣根、壁、瓦、小石と言う意味である。この様に垣根、壁、瓦、小石に関連して、一歩近づいた現実の垣根、壁、瓦、小石を述べるやり方があるけれども、それと同時に、自分自身が垣根や壁や瓦や小石の立場 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 9
  • 大証国師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。さらに古心(時間を超越した心)が真実を実践する事態もあろうし、古心が真実を体験する事態もあろう。また古心が真実を得られた方となる事もあろうし、真実を得た方々の持っているものと言う事が胆に落ち着く事態でもあろう。真実が永遠の性格をも持っていて、それが我々の心を形ずくっているという事情もあるであろう。古心というものは、別の言葉で表現するならば、時間を [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 8
  • 洛陽の光宅寺に住んでおられた大証国師(南陽慧忠禅師)は、大鑑慧能禅師の後継者であり人間界の帝王も天上界の帝王も同じ様に大証国師を尊敬していた。この様に尊崇を受けた例は中国においてさえ見聞きする事が非常に珍しいところであった。大証国師は四代の皇帝に対する師匠として教化を続けたばかりでなく、大証国師が宮中に行く場合には皇帝が自ら車を引いて宮中にお迎えしたと言われている。また帝釈天からの要請があって、はる [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 7
  • 雪峰義存禅師が言われた:趙州従諗禅師こそは、古仏(時間を超越したどの時代にも通用する真実を掴まれた人)である。道元禅師が注釈されます。銘記せよ。たとえ趙州従諗禅師が古仏であろうとも、もし雪峰義存禅師が古仏の力量を持っていなかったならば、趙州従諗禅師にお仕えするだけのやり方(礼儀作法)を自分で身につける事が難しかったであろう。したがって雪峰義存禅師もまた、古仏になるだけの力量があったから、趙州従諗禅師が [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 6
  • 疎山光仁禅師が言われた:古仏(時間を超越したどの時代にも通用する真実を掴まれた人)が住んでおられたと言われる大庾領と言う山には素晴しい雰囲気があって、その放つ光が我々の住んでいる世界にまで到達する。道元禅師が注釈されます。銘記せよ。この様な言葉から、疎山光仁禅師自身が古仏とすでに直接お会いしていて同じ境地にあったと言う事が推察できる。その様な古仏のおられる場所というものを、あちこちと見つけて様々のと [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 5
  • 自分(道元禅師)の師匠であった天童如浄禅師が言われた:自分は永遠の意味を持った真実を究められた宏智正覚禅師と直接お会いしている。この様なところから、天童如浄禅師の日常生活の中には、宏智正覚禅師そのものがおられたと言う事が想像できるし、また宏智正覚禅師の持っておられた境地の中には、天童如浄禅師そのものがすでに入り込んでおられたと言う事が言える。圜悟克勤禅師が言われた:大鑑慧能禅師こそは時間を超越した真 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 4
  • 真実を得られた方々の相互の関係においては、時代を超越した関係もあるし、また同じ時代においてもお互いに関係を持ちながら同時に排除し合わないという関係があると言う事を勉強して見る必要がある。この様にいま述べて来た四十人の真実を得られた祖師方は、いずれも永遠の意味を持った真実を掴まれた方々ではあるけれども、心もあれば体もあり、輝きも具わっていれば、それぞれの国に住んでいたという事情もあった。過ぎ去ってか [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 3
  • 「古仏心」の巻、本文に入ります。仏教界における代々の祖師方が法(宇宙秩序)を次から次へと伝承してきたことにより、釈尊以前の六人の祖師方と釈尊を加えた過去七仏から代々の祖師方の数を数えてくると、中国の六祖大鑑慧能禅師に至るまで四十人の祖師方がおられた。また中国の六祖大鑑慧能禅師からさかのぼって過去七仏に至るまで、四十人の祖師方がおられた。※西嶋先生解説この様に過去から現在に向かって数を数え、また大鑑慧 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 2
  • 「古仏心」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話は続きます。では心というものはないのかと、こういうふうに考えていきますと、心というものがないわけではないけれども、それを掴む事は出来ない。心があるという唯一の証拠は、我々が眼で様々なものを見るとか、耳で様々な音を聞くとかと言う事実そのものが心と言うものが存在する唯一の証拠であって、そういう日常の事実以外に心というものを別に掴むことは出来ないと、こういう主張 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 古仏心 1
  • 「古仏心」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。古仏心というのは何かと言うと、「古」と言う字は「古今」と言う言葉の中に含まれている「古」という事ができようかと思います。古今というのは昔と今という事でありますが、昔も今も超越した時間と言う事で今日の言葉で言うならば、永遠と言う意味をあらわす場合に古今と言う言葉を使うわけであります。この古仏心の「古」と言う字も、そういう点から永遠と言う意味を持っている [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 31
  • 慧徹禅師と僧侶の問答について道元禅師の注釈は続きます。この様な事情というものをこの石門山の慧徹禅師だけはさすがに知っていた。我々の人生の一切のものは、初めも、中ごろも、終わりもすべて現実にこの地面に根ざしたものでしかないと言う事である。この様に我々の問題の捉え方が現実そのものに根ざしているまさにその瞬間においては、一切の問題、一切の現実というものは我々が立っている大地から生まれて来るのであり、大地 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 30
  • 大宋国における石門山の慧徹禅師は梁山縁観禅師の門下における長老であった。ある時、僧侶が慧徹禅師に質問して言う:一体どのようなものが、寺院内における最高の価値でありましょうか。慧徹禅師答える:実在するかどうかわからない現象(姿)や仏教上の抽象的な論議は我々が生きているこの大地を基盤にして、現実の生活の中から生まれて来るものであり、また国全体というものを捉えようとしても入口がどこにあって、何処から入れば [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 29
  • 瑯椰慧覚禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。この様な実情がはっきりわかって来る場合やまだはっきりわかっていない場合、その両方に共通して、我々の眼に見える現象(姿)というものがあり、またあらゆる方角に存在する真実を得られた方々、あるいは真実そのものがある。この様に考えてくると、我々は人間として心を働かせて何とか真実を得られた方々を見たいと思ったり、捉まえたいと思ったり、眼に見えているものは実在 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 28
  • 瑯椰慧覚禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。銘記せよ。仏道においては十方仏(あらゆる方角におられる真実を得られた方々)と言う言葉があるけれども、その「十方仏」という言葉の通り、我々の住んでいる世界にはあらゆる方角に真実を得られた沢山の方々がおられるのである。しかしその真実を得られた方々というものは、本来、眼を通して見えるものであるという実情である。あらゆる方角におられる真実を得られた沢山の方々 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 27
  • 瑯椰慧覚禅師が言われた。この世の中には真実を得られた沢山の方々がおられて、それは非常に素晴しい事ではあるけれども、本来それらの真実を得られた方々は眼に見えている姿に過ぎない。そのことは逆の立場から言うならば、眼に見えているものはぜんぶ現象であって実体がないかもしれないと言えるかもしれないけれども、そのような目に見える実在ではないかもしれない姿というものが何かと知ろうとするならば、その実在ではないか [続きを読む]
  • 正法眼蔵 空華 26
  • 至真禅師と霊訓禅師の問答について道元禅師の注釈は続きます。空華(実在するかどうかわからない現象) というものをいま自分が見ていると言う考え方に立つならば、自分の眼にあるところのかげりというものが全てなくなるであろうし、また自分の眼は実在しないものをあるように見る可能性もあると言う事がわかっていると、諸々の眼のかげりというものが全てなくなると言えるであろう。この様なところから、眼にかげりがあり自分の眼 [続きを読む]