幽村芳春 さん プロフィール

  •  
幽村芳春さん: 正法眼蔵=坐禅
ハンドル名幽村芳春 さん
ブログタイトル正法眼蔵=坐禅
ブログURLhttp://honjoutarou.blog107.fc2.com/
サイト紹介文愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を紹介しています。自宅で密やかに坐禅始めてみませんか。
自由文自分の家で毎日坐禅をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/23 23:52

幽村芳春 さんのブログ記事

  • 正法眼蔵 海印三昧 4
  • 「海印三昧」というのは、結局は我々の現実のあり方であり坐禅の中身であるから、その様な境地や釈尊の説かれた真実というものを詳しく学んでみる必要がある。こういう境地に入り真実を掴み、体験するという事は、必ずしも見聞が広いとかいろいろな言葉を知っているという事とは関係がない。ここに見聞も広く学問を広範囲にわたって勉強した方がおられたとしても、さらに坐禅をして仏道を勉強することによって、僅かに四つの詩句か [続きを読む]
  • 正法眼蔵 海印三昧 3
  • 釈尊が言われた。「我々の体というものは、この現実の世界の中における様々な要素から出来上がったものである」と。何かここにあると言う事は、現実の実態がそこにあると言う事でしかない。そしてそれがなくなると言う時点では、現実の何かがなくなっていく事に他ならない。※西嶋先生解説この事はどういうことを言っているかというと、普通われわれは自分というものが頭の中で考えられるから、頭の中で考えたものが自分だと思って [続きを読む]
  • 正法眼蔵 海印三昧 2
  • 海印三昧の巻、本文に入ります。仏教の世界では釈尊以来たくさんの祖師方が真実を得られた。その方々はいずれも、その境地として海印三昧と言うものを持っておられた。真実を得られた方々が説法する時も、日常生活を体験する時も、日常生活を実際に行動で生きていく場合にも海印三昧と言うものは常にある。つまり坐禅で得られた心の落ち着きや、坐禅で得られた体の落ち着きと言うものは常にある。そしてそれはちょうど、表面に見え [続きを読む]
  • 正法眼蔵 海印三昧 1
  • 「海印三昧」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。これから始める「海印三昧」の巻も非常に難しい巻でありまして、正法眼蔵の中で1、2を争う難しい巻だろうと思います。なぜそんなに難しいかというと、この「海印三昧」という言葉は、仏教の代表的な経典である「華厳経」という経典の中に出てくる言葉であります。道元禅師は坐禅を中心として仏教思想を理解されていたわけでありますが、その仏教思想というものは「法華経」にも [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 63
  • 道元禅師が「行事の巻」最後の主張を述べます。静かに考えてみる必要がある。人の一生はその長さから言うならばそう大したことはない。釈尊と同じような境地の言葉が仮に3つとか2つとかほんの僅かでも言えたという事は、釈尊ご自身の境地を言葉にして言う事が出来たのと同じ意味がある。なぜかと言うと、釈尊の説かれた教えや釈尊の境地というものは、体と心が全く一つのものだと言う事が原則であるから、仮に1つの言葉、2つの言 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 62
  • 天童如浄禅師の教団に綿州の出身で道昇という名前の人がいた。道昇は老子や荘子の教えを勉強している人であり、その仲間は5人いた。それらの仲間5人が一斉に誓いを立てて言うには、「我らは生きている間に、必ず釈尊の説かれた偉大な教えを理解して我が身のものにしよう。それが達成されるまでは決して郷里には戻るまい」と。この様な5人に対して天童如浄禅師は非常に喜んでおられたので、経行についても坐禅についても、いずれも [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 61
  • 天童如浄禅師(道元禅師の亡き師匠) と趙提挙の問答は続きます。天童如浄禅師言う。   貴方は聡明でいま述べた私の説法をはっきりと理解され、甚だ恐れ多いとことだと思う。貴方がこの席においでになっただけでも幸いであり嬉しく感じる。そしてさらに望ましい事は、貴方のような高貴な方の臨席を得、しかも最後までお付き合いいただくという光栄に浴したのであるから、愚僧が正式の説法をした時にどの様な教えを説いたか試しに [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 60
  • 天童如浄禅師(道元禅師の亡き師匠)に関連して道元禅師の話は続きます。趙提挙という人は、嘉定年間の中国の皇帝であった寧宗皇帝と血筋の繋がった孫であり、明州の軍総監であり、地方における農業の管理をする長官でもあった。天童如浄禅師を都に招待して正式の説法をお願いしたときに、銀の延べ棒を一万鋌、布施として天童如浄禅師に差し上げた。天童如浄禅師は正式の説法が終わってから趙提挙に向かって感謝して言う。自分は先例 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 59
  • 天童如浄禅師に関連して道元禅師の話は続きます。亡き師匠である天童如浄禅師が略式の説法をして常々言うには、「自分は19才の時から様々な地方に行って寺院を訪ね仏道の修行をしたけれども、人を訓育するに足る師匠はいなかった。そして19才で仏道に入った時以来、一日一夜と言えども坐禅のための蒲団を使わなかった日夜とてはない。自分はまだ寺院の住職にならないとき以来、村里の人々とあまり話を交わす事をしなかった。なぜ話 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 58
  • 天童如浄禅師に関連して道元禅師の話は続きます。また天童如浄師禅師が言われた。「坐禅をすることの本質は、体とか心とかというものの意識が脱け落ちる事である。香を焚いたり、礼拝をしたり、念仏を唱えたり、懺悔をしたり、経典を読んだりする事は必ずしも必要ではない。ただ坐禅をするならば、最初から真実は得られている」と。実際のところ、現に大宋国の諸地方には、自分は坐禅の修行をしていると標榜して、釈尊や達磨大師の [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 57
  • 天童如浄禅師に関連して道元禅師の話は続きます。自分(天童如浄禅師)がかつて径山の寺に逗留していた頃、仏照徳光と言う人がその寺の住職をしていた。この仏照徳光住職が法堂に上がって正式の説法をした際に言われるには「釈尊の教えや坐禅によって求める真実と言うものは、必ずしも他の人の言葉を頼りにして理解すべきものではない。各自それぞれ理解せよ」という説法をしていた。この様な説法をして、僧侶が修行している寺院の中 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 56
  • 天童如浄禅師に関連して道元禅師の話は続きます。皇帝が大師号や禅師号という称号を与えようとしても、文章を奉ってこれを辞退し拝謝した天童如浄禅師の行動というものは、古今を通づる優れた例である。時代が遅れて仏道を学ぶ我々にとって勉強しなければならないところである。自分(道元)は中国に行って直接この眼で亡き師匠である天童如浄禅師にお会いできたという事は、これはまさに真の人間にお会いできたという事である。亡き [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 55
  • 天童如浄禅師に関連して道元禅師の話は続きます。ある人々はいう。「沢山の人々に利益を与えるために自分は名誉を貪り利益を愛する。自分が権力を持たなければ沢山の人々を救済することはできない。自分が沢山の財宝を持たなければ人々を救済することができない」と。そういう理由から、名誉を貪り利得を愛すると主張する人々もいるけれども、この様な考え方というものは誤った主張である。釈尊の教えに従っているという外観は呈し [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 54
  • 天童如浄禅師に関連して、道元禅師の話は続きます。中国における達磨大師から大鑑慧能禅師にいたる6代にわたるそれぞれの教団指導者の方々は、いづれも大師や禅師号なりを持っておられたけれども、これらはいずれもこれらの方々が亡くなって以後、皇帝から賜ったものである。生きておられた時に、名誉や利得を得る事を望んで大師や禅師号と言う名称を受けた訳ではない。この様なところから考えていくならば、何よりもこの我々の人 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 53
  • 自分(道元)の亡くなった師匠である天童如浄禅師は越の国の人であった。天童如浄禅師は19才の時に、仏教を文字による理論的な側面からのみ勉強するやり方をやめて、坐禅による仏道の探求を始められ70才の高齢になられても、なお坐禅の修行をやめようとはされなかった。そして南宋の寧宋皇帝から紫の法衣と禅師号とを与えると言われたけれども、これを受けず上奏文を作って辞退申しあげた。そこで、あらゆる方角にいる沢山の僧侶たち [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 52
  • 摩訶迦葉尊者から数えて第32代目の教団指導者である大満弘忍禅師は黄梅という土地の人であった。大満弘忍禅師は在家の時の姓は周であった。これは母親の姓を称えたものである。大満弘忍禅師はいわゆる私生児として生まれた。それはちょうど老子が父親がなく生まれた事情と同じである。大満弘忍禅師は7才の時に釈尊の教えを継承して以降74才に至るまで、正法眼蔵(釈尊の説かれた教えの眼目の所在)に我が身をおきそれを保持した。そ [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 51
  • 南嶽懐譲禅師が馬祖道一禅師に与えた「偈」について道元禅師の注釈は続きます。南嶽懐譲禅師は「隣の老婆がお前の子供の時の名前を呼ぶだろう」と言う事実を想像されたわけではない。隣の老婆は本来がお前さんを子ども扱いして「ああ、隣の坊やが帰ってきた」と言う形でしかお前さんを迎えない性質を持っていると言う意味で極めて世俗的な形でお前に応対するであろうから、仏道修行の問題とはまったくかけ離れた生活になってしまう [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 50
  • 南嶽懐譲禅師が馬祖道一禅師に与えた「偈」について道元禅師が注釈されます。南嶽懐譲禅師の「故郷に帰るのはやめなさい」という言葉の意味は一体何であろうか。どう理解しなければならないのであろうか。元来それが東であれ、西であれ、南であれ、北であれ、いずれかの方向に帰るという事は、単に自分自身が寝たり起きたりするのと同じような恣意的な動作である。つまりあっちへ行ったり、こっちへ行ったりと動いているだけの事で [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 49
  • 洪州にある江西の開元寺におられた馬祖道一禅師は漢州十万県の出身であった。馬祖道一禅師は南嶽懐譲禅師に従って仏道を勉強した年限が10年余りに及んだ。ある時、故郷に帰リたいと言う気持ちを起こして旅支度をして出発した。ところが、旅の途中で故郷に帰っても時間の無駄だと感じ、故郷に帰るのをやめて寺に戻って来た。そして南嶽懐譲禅師の前で香を焚き礼拝を行った。その時、南嶽懐譲禅師は馬祖道一禅師に偈(詩)を与えた。「 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 48
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。時間のたつ速さは矢のようである。過去の先輩方も時間というものを深く惜しめと言われている。このように時間というものは非常にもったいないものであるけれども、人によってはそれぞれ、時間というものが長いというふうに感じている場合もある。この点について拙僧(わし)と言えどもお前方に十分に教えるという事はできない。それほど時間というものの意味は教えることが難しい。諸子に聞きたい。か [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 47
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。諸子は達磨大師がインドからはるばる中国に来られ、少林寺で壁に向かって坐禅される生活が9年に及び、言葉で人を訓育する事がなかったと言う事を承知しているかどうか。また達磨大師の弟子太祖慧可大師が雪の中に立ちつくして、自分の覚悟を示すために腕を断った行いに到っては、まさに非常に苦しい思いを我が身に受けたという事が言える。しかしながら達磨大師は、いまだかつてほんの一つの言葉と [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 46
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。たとえ今迄述べて来た様な生活をしたとしても、当山においては生き生きとした生活が欠ける事なく具わって、周囲の景色も決して見ごたえのないものではない。花は年々に咲き鳥は年々に歌う事を知っている。周囲の木々は素晴らしい情景を見せ時々の音を立て、石も素晴らしい姿を見せてくれる。 遠くに見える青い山は遥かにけむり、泉も静かに奏でている。嶺の上では猿が鳴き、真夜中の月が潤んだよう [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 45
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。説法を聞いている諸子よ。  この様な仏道修行(坐禅)をやる事によって真実を掴むならば、それこそ欠けるところのない人物と言う事ができる。そして坐禅の修行を通じて体験的に真実と言うものを掴むと言う事がないならば、今後大いに努力が必要ではないかと甚だ心配である。  拙僧(わし)は、仏道修行におけるこれと言った徳行や業績もないまま、恐れ多い事ではあるが寺院の住職として生活してい [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 44
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。過去における隠山に住んでいた龍山禅師は、亡くなるまで人と顔をあわせることがなかった。趙州禅師は、亡くなるまで仏道修行を口先だけで説明される事はなかった。匾擔暁了禅師は、しば栗の実を拾って食べ物とした。大梅法常禅師は、蓮の葉使って衣服とした。紙衣道者は、紙を衣服とした。南嶽玄泰上座は、植物繊維の衣服のみを着た。玄太という長老は植物でできた繊維だけを着た。石霜禅師は枯木堂 [続きを読む]
  • 正法眼蔵 行持(下) 43
  • 芙蓉道楷禅師の言葉は続きます。名誉や利得については無限の過去からずっと続いているものであり、その様子がどんなものであるかは人々は十分に知っているけれども、様々な社会生活をし様々な努力をする生活の実態を眺めてみるならば、頭を尻尾と思い違いをする状態で様々な問題に頭を悩まして苦労しているに過ぎない。その様な状況というものに、どうして苦しい苦しいと感じながら、欲しがったり、名誉や利得を手放す事を惜しがっ [続きを読む]