りょうちゃん さん プロフィール

  •  
りょうちゃんさん: 風まかせ「風太郎」日記
ハンドル名りょうちゃん さん
ブログタイトル風まかせ「風太郎」日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ryoutyann4286/
サイト紹介文愛媛の松山で気ままなおっさんのヨット(風太郎、Y-30S)ライフです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/12/25 23:45

りょうちゃん さんのブログ記事

  • 神の宿る島 斎島
  • 愛媛県と広島の間の斎灘に浮かぶ斎島 広島県呉市この島は古来から神の宿る島として信仰され、海上航行の安全祈願が行われていた。斎内親王から幣帛を賜ったという伝承がこの島の名の由来である。島にある蛭児神社は元々斎内親王を祀る社であったと伝わっている。一方で、この島では遺跡・古墳・古城跡など埋蔵文化財は発見されていない。天正16年(1588年)豊臣秀吉の海賊停止令の中では「伊郡喜島(斎島)では海賊行為を禁止した [続きを読む]
  • ヨットAmigo
  • 6年前にBlueで九州一周をした時に宮崎サンマリーナで大変お世話になったヨットAmigoのIさんが伊予港に寄港すると松山のヨット仲間のSさんに情報を貰い、お迎えに。今日は上関から松山を目指したけれど生憎の北東風に阻まれて急遽伊予港に変更、強風によるセイルのトラブルもありシングルハンドで大変だった様子。岸壁に係留し破損したジブを予備のジブに交換キャビンでほっと一息。右がAmigoのIさんこれから函館まで行く往復7か月 [続きを読む]
  • 広島まで牡蠣を食べに! 耐寒セーリング
  • 毎年この時期になると広島から牡蠣のお誘いがある大好きだけど問題は「牡蠣の時期は寒い!」しかも当日は雨の予報なので、暇人の特権で前日に出発。いいお天気だけど朝の外気温は「2℃!」しかし頑張って出航!(*_*)日差しがあれば未だ暖かいが日が陰ると「寒い」(被り物は西表山猫です)確か去年はゴマアザラシの被り物だったなあ・・・針路は北西へ倉橋島を目指す倉橋島を過ぎて江田島の東、沖ノ島マリーナに到着到着後早速明日 [続きを読む]
  • 続 Jelita プーケットに行く
  • 続き帰りの燃料が少なくなって来たのでカオラックで補給しようと隣の漁港に入り桟橋の持ち主に相談すると親切にもタンクローリーを呼んでくれた。ところが桟橋の長さが100mはあってトラックは陸地に停めてホースを100m伸ばして補給。そうするとホースの中の燃料が多量に残ってしまうので終わった後にホースを持ち上げながら歩いて燃料を送って行く。毎回こうして給油しているのだろう、作業者は黙々と作業をこなして帰って行った。 [続きを読む]
  • Jelita プーケットに行く
  • 何時もお世話になります、赤い飛行機、今回も関空からの出発です。ランカウイ往復で6万円は年金生活者の強い味方です。(航空会社の回し者ではありません)それにしても年末年始に海外に出掛けるのは初めてです、良く嫁から許可がでました、やはり日頃のサービスが功を奏したのか。それとももう愛想を尽かされたのか?やって来ましたRLYC(ロイヤルランカウイヨットクラブ)この人は元会社の同僚でBlueには何度か乗っていますがJel [続きを読む]
  • 九州一周 7 鹿児島 錦江湾クルーズ
  • 甑島から本土鹿児島の野間半島にある笠沙恵比寿への航海は楽なもの昼間だし微か乍ら目的の半島が既に見えている快適に帆走し皆でワイワイ言いながら到着笠沙恵比寿ここはお風呂もレストランもあって快適ここで今迄の艇長は下船、新しい艇長を迎える左端が旧K艇長 二番目が新O艇長マサイ式の交代式翌日も短い距離の枕崎漁港一旦荷揚げ桟橋に仮止めしてから漁協に停泊場所を聞きに行く運悪く岸壁は満杯だったが運良く漁船に横抱きさ [続きを読む]
  • 九州一周 6 五島から甑島
  • さて、五島列島を存分に楽しんだ後およそ80マイル離れた甑島に移動する。この航程が今回の一番の想い出のクルージングとなった福江を夜の9時に出航、二人一組で3組のワッチ3時間交代私はA氏と0時から03時の担当まず月明かりも無い真っ暗な福江港を出て直ぐに岩礁や島が行く手を阻み、GPSに表示されない明かりが疑心暗鬼を生む。その明かりは多分海上に設置された風力発電の塔だと確信するまでに皆ですったもんだ。無事に広い海域に [続きを読む]
  • 九州一周 5 五島列島をウロウロ
  • 野崎島から小値賀島は近くてぐるりと回り込んでも2時間ほど漁港に入ると漁船が一杯でなかなか係留場所が見つからない仕方なく一旦荷揚げ桟橋に着けてk艇長が漁協に行く(これが間違い)なかなか帰って来ないので不思議に思っていたらこんな魚を買って来た。。。小振りだが一応クエ! 6千円!!安い!お陰でいい場所に係留させて貰えた。また今夜も鍋!さすがクエ様 プリプリで美味しく頂きました小児賀島から若松瀬戸を抜けて奈 [続きを読む]
  • 九州一周 4 平戸から五島列島
  • 暫く振りの日記です。やはりクルージング中にスマホからの投稿には無理がありました。離島を巡るので電波状況が悪い事に加えて文字入力に手間が掛かりとても片手間ではできません。結局帰ってからPCに向かって想い出しながら書く事になりました。11月6日平戸ではお馴染みの桟橋に係留しますが手前側には大きなボートが停まっているので奥側に停めます。こちらは本船用の大きなフェンダーが付いているのでできれば遠慮したい方です [続きを読む]
  • 九州一周 3 対馬から呼子
  • 対馬の厳原港の様子対馬が初めての四人は早速レンタカーで島内観光。計画では此処でもう一泊して翌日は万関橋を抜けてあそう湾で泊まる予定だったが気の早い艇長が日程を早めて壱岐に行くことになる。4日は北の風が10mを越えて浪も3mを越えているが追い風なのでエンジン無しで8knotで爆走する。壱岐の勝本、湯本港に入る。ここには露天風呂があるので楽しみにしていたが、何と、先日の大雨で土砂崩れがあり暫くお休み。。。残念! [続きを読む]
  • 九州一周 2 別府から対馬
  • まずは松山から別府へ!宇和島フェリーに乗って佐田岬を眺める、何処まで行っても半島が続く。別府に着けば直ぐに「はやまる」に対面??昨日着いたKさんに挨拶すると直ぐに仕事を指示される。やっぱり!(T_T)何とかオーパイの修理を終えてやっと出航??何だかんだで直ぐに暗くなり、別府の明かりがキレイにみえる。5人で2人づつ2時間ワッチで担当は21-24 03-06時計画通り朝の7時に関門海峡を通過無事に戸畑港に到着此処で時間 [続きを読む]
  • 九州一周 1
  • 明日11月1日から九州一周クルージングに出ます。今回は知り合いのヨットに乗せて頂き25日間で反時計回りに回ります。ヨットはWATANABE38 「はやまるV」(以前回航途中で松山に立ち寄りしている)http://blog.livedoor.jp/ryoutyann4286/search?q=%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%BE%E3%82%8B3年前にもBlueで回ってますが、前回との違いは対馬と甑島が加わって屋久島が外れている事。出発は別府北浜ヨットハーバーで終点は大分の佐伯大入 [続きを読む]
  • 倉橋島海の駅へ
  • やっぱりお盆を過ぎると朝晩の暑さは幾分和らぎますなじゃあヨット泊しても大丈夫??って事でやって来ましたお気に入りの「倉橋海の駅」昼過ぎはまだ暑いのでタープを張って凌ぐ奥様は日陰から一歩も動きません・・・ところが、楽しみにしていた桂浜温泉が定休日!!    http://katsuragahama-spa.com/月曜日は定休日だったぁ〜!こうなりゃ仕方無いので港の中でザブン!序でに船底もゴシゴシ(;'∀') (この辺が貧乏性ですな [続きを読む]
  • ロシア人御一行様ご案内!
  • 実は最近回転計の動きがオカシイ事に気が付いていたエンジン音では2000rpm程度だと思うのに回転計の指示は1600rpmだったり1000rpm程度の回転でも指示は0rpmだったり。2GMエンジンの回転計の仕組みはエンジンのフライホイルに付いているギアの回転をセンサーで電気的なパルスとして検知して回転計に指示させるもの。動く部分の無いセンサーはまず壊れないので、問題は回転計だろうと思いコンコンと叩いてみた・・・・すると! [続きを読む]
  • 恐ロシア〜
  • 余りに暑いので今日もヨットで散歩に。。。。さて、エンジンを掛けるか。。。ん?! スロットルレバーが動かない。。なんでかな〜ってエンジンを見ると。。。。何と!!スロットルレバーのシャフトが錆び付いてる!!KURE556を吹き掛けてやると直ぐにスムーズに動くようになった。だけど、何故錆びたの??心当たりは有るけれど、それは又判明してから書きますね。そんな事をしていると外でロシア語が聞こえる!?出てみるとロシ [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑いですねえ毎日 (-_-;)はっきり言ってマレーシアより暑いです、もう熱帯です。エアコンが一日中回りっぱなしです。では海の上なら涼しいのでは?曇りの日を選んでBlueを出しましたやはり風に当たると涼しいですぶらりと野忽那島にやって来ました。久々です、皿山の展望台に登ってみましたが風が無くて汗だく(;^_^A以前は島のお年寄りが毎日散歩に登ってましたが現在は誰も登った形跡がありません。別の日には友人のシーホッパで [続きを読む]
  • 続々 Jelita初クルージング
  • さて、ブロン島の探検村の若い衆に頼んでバイクで買い物に連れて行って貰うモチロン未舗装のでこぼこ道を上がったり下がったりしながら15分で村の中心に到着黄色の星印がアンカリング場所で青い丸が中心地ここが中心地 (;^ω^)民家が数軒あるのみ乗せて貰ったバイク買い物も無事に済ませて船に戻り出航(ウイスキーの瓶には蜘蛛の巣が張っていたので買うのは止め)周囲のジプシー漁船は今日も船内でノンビリしている島に上陸する [続きを読む]
  • 続 Jelita初クルージング
  • 続きもう少しで岩山に打ち付けられそうな状況に半分パニック土砂降りの雨(スコール)なので一瞬カッパを着ようかと思ったが、とてもその余裕は無い、キャップだけを被ってバウに行く。見ればアンカーチェーンが左方向に出ているのでバウを左に向けるようにラットを握っているSさんに言うが、舵が全く言う事を聞かないらしく悪戦苦闘している。アンカーチェーンが緩んだ隙を見て少しづつ巻き上げて行くと船もやっと風上を向き出し [続きを読む]
  • Jelita 初クルーズ
  • またまたやって来ました赤い飛行機に乗ってエアーアジアのお陰で日本ーランカウイ(マレーシア)の往復が5万円程度でできます。(決して回し者ではありません)今年だけで3回目ですが、やっと艇の購入が決まり、保管場所も決まりました。ランカウイロイヤルヨットクラブ!!E桟橋の一番先端にBavaria42 Jelita未だ10歳の若い娘です。このE桟橋には大先輩の海潮音(森さん)やCIMA(松浦さん)が居てD桟橋には秋津洲も居ます。夕方 [続きを読む]
  • 花丸の見送りと整備
  • 6月5日、地元松山の「池川ヨット工房」の池川さんが遂に自作のヨット「花丸」で世界一周の航海に出発した。Sさんのヨットでお見送り一緒に見送りに出ていたSundayⅡの朝井さんから写真を頂きました。奥様と二人で5年ぐらい掛けて地球を一周するらしい。現在位置http://ikegawa-yacht.com/池川ヨット工房のHPで息子さんがブログを更新中です。松山が少し寂しくなります。『体力のあるうちに』と出航の動機を語っていましたが、同年 [続きを読む]
  • 小豆島ー瀬戸内海クルージング
  • 1月末に事故が有って3月初めに小豆島の岡崎造船に修理に持ち込み以来何だかんだで忙しくとっくに修理が終わっているのに取りに行けなかったが、やっと暇になりクルーのM内ちゃんと嫁との3名で引き取りに向かった。高松からフェリーで土庄へ小豆島まで1時間の船旅土庄では岡崎造船の営業部長のSさんが迎えてくれて琴塚へ早速Blueに乗り込み準備が出来たらすぐに出航小さく手を振って見送ってくれるSさんが写ってます。ピカピカのパ [続きを読む]
  • 台湾レース参戦記
  • 運よく知り合いの紹介で乗り組むことができた先月の小笠原回航航海だったが、良い事は続くもので今回はヨット仲間のお誘いで台湾レース(台琉友好親善国際ヨットレース)に乗り組むことができた。乗り組むヨットはCOCORIN TEGETEGE(エリオット52)2本マストの木造レース艇バウスプリットも戦闘的!!5月9日15時沖縄本島の南東にある与那原マリーナに立ち寄ったところで合流する。ゼッケンNo1は直前のアリランレースに出た時のも [続きを読む]
  • 小笠原レース艇の回航
  • 本土から南に500マイル遥かに離れた小笠原は簡単に行ける場所ではないヨットマンにとって憧れであり目標の一つ小笠原に何時かは行きたいと周囲に公言していたら今回運よくヨット仲間から誘ってもらって小笠原レースに参加する油壷のヨットを回航するのに乗せて貰える事になった。ヨットはSWAN40 艇名ビターエンド頑丈な造りの良い船です。前回3月に見た時は未だ整備中で上架していた。ラダーシャフトに少し問題が有って外して置い [続きを読む]
  • 桜満開
  • 関東では先週に満開の知らせがあったが何故か温暖なはずの松山の桜は蕾のままやっと昨日松山の桜も開花、ここでは人も木もの〜んびり。暫くお天気が悪かったが久し振りに雨が止んで温かい南風が吹き昨日はアンカレッジマリーナのクラブレースでシンシア(J29)に乗せて貰った。スタート前写真はアンカレッジマリーナHPからお借りしましたたった3艇のレースでのんびりムードが漂う中、スキッパーだけは気合が入っているスタート前さ [続きを読む]
  • 第3回 広島 牡蠣食べ放題ツアー
  • 今回で3回目の広島牡蠣食べ放題クルージングBlueは修理中なのでSさんのEppyDippy艇で参加今回もギャル2人が参加するが何故かヨットには乗らずフェリーで行くと言う!?何故だ!!結局ジジイ3名で出発!!高気圧の真ん中でお天気は良いが風は無しこのアザラシの被り物は実用品です。常に島と島の狭い処を通りたがるオーナーのSさんを何とかなだめ乍ら無事にやって来ました沖ノ島希望通りに走っていたら間違いなく何度も座礁します。 [続きを読む]