mimichan2009 さん プロフィール

  •  
mimichan2009さん: 今日的見聞録
ハンドル名mimichan2009 さん
ブログタイトル今日的見聞録
ブログURLhttp://serendipity.tea-nifty.com/gift/
サイト紹介文韓国ドラマや、ニュース、政治、事件、イベントなど。
自由文韓国ドラマや、ニュース、政治、事件、イベントなど、テレビや実際に見たり聞いたりしたことなどについて、書いてます。
韓国歴史ドラマのテ・ジョヨンや女人天下が面白いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/12/26 02:26

mimichan2009 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 映画「国際市場で逢いましょう」は面白かった
  • wikiで見ると、 国際市場で逢いましょう』(こくさいいちばであいましょう、原題:국제시장)は、2014年の韓国映画。家族を守るために、朝鮮戦争やベトナム戦争といった激動の時代を生き抜いた男の生涯を描いた映画。第52回大鐘賞では作品賞を始め10部門を受賞した。観客動員数は1300万人を突破し、韓国映画の歴代観客動員数2位につけている。 という内容。 ま、生活のため、ベトナムや、ドイツへ行き、苦労を重ねる。朝鮮戦争で逃 [続きを読む]
  • TV小説「浪よ波よ」は、どういう結末へいくのか
  • 「波よ波よ」は、いまだに、貧乏なジョンフンとジョンテ、ボクスルが、苦労を重ねている。 スヨンとの間に、子供が生まれていて、ばれたジョンフンは、さんざんいびられたあげく、ミジンに離婚を言い渡されて、実家に荷物も送り返された。 ミジンの父親ファン社長は、チョ社長と一緒に、昔、全財産の金塊を盗んで、のし上がり、いまや政界進出のため、会社の資金を無断で献金した。 ボクスルは、ファン社長とつながりのある議員に [続きを読む]
  • 安倍政権
  • 最近の安倍政権は、国民意識と乖離している。 先日知人に、安倍政権のもりかけすぱ問題は、マスコミが言ってるだけと、言われた。 彼女は、自民党の国会議員経験者。 どうしてそこまで思えるのかとびっくり。 私の祖父は政治家だったことを初めて彼女に言った。 母に、政治の話を聞かされてそだった。 母はどこかに行くとき、手土産をかかさない人だった。 政治家に頼み事をするときの手土産と賄賂とどう違うのかわからない。 潔癖 [続きを読む]
  • 韓国のTV小説と映画
  • 今、見ている韓国ドラマは、「波よ、波よ」。 ダルスンは、本当の父親を、ママ父に殺されて、記憶を失って、貧しい家に拾われて、育ったダルスンが、苦労の挙句、裕福な本当の母、本当の家に戻れるというストーリーで、結構はらはらしたが。 「波よ、波よ」では、朝鮮戦争で避難する際に、全財産の金がはいったかばんを盗まれてしまい、貧乏な生活をしている一家の話。 元名門だったので、長男に期待をかけ、数年かけて司法試験に [続きを読む]
  • 最近見た日本のドラマ
  • 韓国ドラマばかり見ていたが、最近日本のドラマを二つ見た。 余命宣告を受けたがんが消えたというドラマの宣伝がすごくて、見てしまった。 結局、ねたばれすると、喘息患者に免疫抑制剤の投与で治療しながら、がんの種を植え付け、がんを起こさせていたある病院が、原因だった。治療した医師は保険金詐欺の疑いをかけられるというストーリー。 ま、最後まで見てしまったが、結局、日本の医薬品の許認可が遅かったため、娘を助けら [続きを読む]
  • ずっと放置している間に
  • KBSのTV小説が、花咲けダルスンがおわってしまいました。 独立運動の戦士を父に持ちながら、父を殺され、その秘密を知りそうになり、追われて溺死寸前で、記憶を失って、孤児となり、拾ってもらって育ててもらったダルスンですが、最後はすべてハッピーエンド。 ま、対象的なライバルの女と、二人の男性の間で揺れ動くパターンは、同じですが、若干設定が違っていて、楽しめました。しかし、悪い奴二人が、最後、一人は死刑、もう [続きを読む]
  • ずっと放置してました。
  • ワードプレスをやめて、何もする気にならず。放置。 ココログよりもアクセス数が簡単に上がるため、ワードプレスのほうがいいと思ってたけれど、悪質ハッカーがアクセスしていたかもしれないと思うと、恐怖。 侵入されて、エリアをすべて使い放題されていて、内容は私にはわからないくらいの高度なテクニックのPHP言語などが、とてつもない量で入っていて、見ることもできなくなっていた。 消すこともできず。 他のサイトにも、ア [続きを読む]
  • しばらくぶりに書きます
  • 「あの空に太陽が」が、最後の記事。 ずっとほったらかしで、その間に、ワードプレスが契約切れで、消滅。 放置してましたが。 「あの空に太陽が」は、未婚の母になった主人公が、もと恋人、子供の父親に、さんざん殺されそうになったり、ひどい目に会う話。 新恋人がすごくいい人で、最後はハッピーエンド。 ま、もと恋人が、あまりにも悪人で、どうなるかとはらはらするし、元恋人は、天才脚本家ということで、女優のヒロインを [続きを読む]
  • 「あの空に太陽が」かなりおもしろくて。。。
  • 「あの空に太陽が」は、今までと違って、ヒロインが、未婚の母になるというストーリーで、しかも、その相手に殺されそうになるというすごい話。 今までは、ヒロインは、もてもてで、三角関係というか、四角関係で、二人の男性に愛されるというパターだったけれども、今回は、二人の男性がいるけれども、ま、最初の男チャ監督に、妊娠して捨てられて、しかも、自分の幸せの邪魔になるから、何度も命を狙われてしまうわけ。 でも、ペ [続きを読む]
  • 今見ている韓国ドラマ
  • 次のテレビ小説「あの空に太陽が」を見始めました。 ヒロインの美貌を狙って、男が群がるというか。。。 映画会社の社長のような人物が2人出てくるのだが、悪い奴のほうが、愛人にしようとするわけ。 その下っ端も、愛人にしようとしたが、社長に命令されて、あきらめ、なんとか、捕まえて、社長に差し出そうとするわけ。 女優を愛人にするという話は韓国芸能界の噂でよくある話だが。。。 でもって、天才脚本家の脚本を映画化した [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」終わってしまいました
  • 「私の心は花の雨」が、終わってしまい、ちょっと。。。 毎日、続きはどうなるのか、と思って、楽しみしていましたが。 ラストは、ちょっとびっくりというか、今までの悪役のイ・スチャンが、やっぱりいい奴だったというラスト。 これは、韓国ドラマ特有のハッピーエンドでしょうか。 スンジェが記憶を取り戻したらしい、と感じたチョン・イルランと、イ・スチャンは、ひそかにスンジェを殺そうとする。 暗い道で、悪い奴らにスン [続きを読む]
  • あと3回で終わる「私の心は花の雨」
  • 124回目。ケオク社長は、ついになくなってしまい、お葬式。 そこに、参列しようとしたソ・ヨニをイルランたちは追い返して、スンジェと会わないようにするが、夢にケオク社長が出てきて、イルランを殺そうとする。 ソノを左遷しようとしたイルランに、父親のパク会長が、本物のソ・ヨニの写真をスンジェに見せると脅し、会いに行くが、そこに、スンジェが鉢合わせして、イルランたちは、大慌てする。しかし、スンジェの前で、パ [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」いよいよラストスパートか
  • 「私の心は花の雨」は、なんと、祖母の社長が、本物のソ・ヨニが誰かを、イ・スチャンが保存していた写真を見て、やっと知り、本物のソ・ヨニに電話をかけた後、イ・スチャンが側に立っていたシーンで終わっていた。その後の展開は、言いあいになり、もみ合いになり、絶対に許さないという社長と、なんとかしてもらおうとするイルラン。 そして、なんと、心臓発作を起こして苦しむ、薬を飲もうとする社長。しかし、その薬を取り上 [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」は親子の対面は果たしたけれども
  • 一昨日の金曜日に見た「私の心は花の雨」では、スンジェ親子も、ソ・ヨニ親子も、親子とわかって、幸せ。。。 だけれども、なぜソ・ヨニをアメリカに行かせたがるのか、調べたいとのことで、ソ・ヨニとコンニムの親子は、わかったことを知らせないで秘密にしている。 しかし、祖母の社長が、チョン・イルランとイ・スチャンの話を立ち聞きしてしまって、びっくり仰天。 「ヘジュはおれの子だ」とか、「おまえが裏切らないように、 [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」はまだ親子と知らないまま
  • コンニムとソ・ヨニは、まだ親子とは知らないままで、チョン・イルランと、イ・スチャンのいいなりになっている。 今日は、116話。 最後は128話。 「戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして‘許し’と‘和解’の物語」と、KBSのホームページには、書かれているが、ソ・ヨニは無実の罪で、刑務所にはいらされたり、コンニムも危うく前科者に [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」は復讐がうまくいくかと思ったけれども
  • 「私の心は花の雨」の102話までは、ヨニが見事に復讐を果たし、イ・スチャンとイルランを、コテンパンにやっつけるかと思ったのですが。 復讐の方法が、かなり手がこんでいました。 ヨニを命の恩人という金持ちらしき女性が、復讐の手助けをするのですが、弁護士がヨニをサポートして、ジュリア・キムという在米韓国人の肩書で、あらわれて。。。 パク代表を通じて、ミソンへ資金援助し、金づると思わせる。そして、第二工場建設 [続きを読む]
  • 「太陽の末裔」は百想芸術大賞受賞だけれども
  • 「太陽の末裔」というドラマは、あまりおもしろくなかったのに、百想芸術大賞のドラマ部門で大賞をとった。 どうしてだろうか、と思う。アジア全域でシンドロームを起こしたって、本当か。 ヒロインは、ソン・ヘギョ演じる美人の女医。 韓国国内でのセクハラまがいのちょっとしたトラブルから、韓国を脱出して、中東に派遣された軍の医療部隊に行く。そこで、彼氏と再会。 そして、大怪我を負った女性とか、超重要人物とか、治療す [続きを読む]
  • 「感激時代ー闘神の誕生」かなりおもしろかったです
  • KBSで放送された「感激時代ー闘神の誕生」終わりました。 最初は、ひどい暴力シーンで、最後まで見られないと思ってたのですが、途中から、主人公のシン・ジョンテが強くなって、すべての相手、それまで、叩きのめされた相手に、勝つようになって、敵をやっつけて、勝ちまくるヒーロー!! ○×拳とか、鉄の爪とか、いろいろ必殺兵器があって、どんな残酷なことになるのか、と恐れていましたが。 黄幇の副幇主のワン・ベクサンが、 [続きを読む]
  • 「私の心は花の雨」おもしろくなってきました
  • KBSのテレビ小説、今度の、「私の心は花の雨」おもしろくなってきました。 というか、ソ・ヨニになりすましているイルランと、彼女の愛人だったイ・スチャンの悪者カップルが、これでもかこれでもか、と、悪だくみをして、ソ・ヨニになりすましていることがばれないようにするわけ。 今日は、本物のソ・ヨニを、ついに刑務所に送ってしまいました。 ひどい!! 無実のソ・ヨニをあろうことか、娘を殺した母親にしたてあげてしまっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …