Route463 さん プロフィール

  •  
Route463さん: Route463「ゴルフメモ帳」
ハンドル名Route463 さん
ブログタイトルRoute463「ゴルフメモ帳」
ブログURLhttps://ameblo.jp/route463/
サイト紹介文無理なく気持ちよく振り切れて、腰に優しいそんなスイングを求めて日々精進しています。79歳。
自由文歳を重ねてなお一層、上手くなりたいという気持ちは強くなっている。気づいたことがあると、以前はメモ帳に手書きしていたが、今はスマホのメモ帳に入力している。時代は変わった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/12/26 02:29

Route463 さんのブログ記事

  • 左足親指でウエイトを支える
  • 今回は、読者さんから注文のあったリディア・コのスイング画像を高速動画から切り出し描いてみた。 いろいろ学ぶべきところがあるが、私の一押しは、「ハーフウエイダウンからフォローまで、下半身が殆ど動いていない。その結果、頭が自然に残り、上体の突っ込みも起きないので、常に安定したスイングが可能となり、フェースの芯でボールを捉える確率が高くなる」ということである。ダウンスイングで、上腕の回旋によって、クラブ [続きを読む]
  • 桑田 泉「クォータ理論」ゴルフ
  • 前回紹介した記事の打法は、桑田泉さんの「クラブ前倒し打法」と同じではないかと思った。 早速書店で桑田泉著「クォータ理論」ゴルフ(成美堂出版1200円)を購入した。 著書の中で、桑田さんは次のように言っている。----------クォータ理論には、腕の振りでヘッドを先に振る「S3」というのがあり、これを手打ちと称して推奨している。 「S3」には、腕の振りでシャフトのトルクを使うので、フックの要素が含まれている。 [続きを読む]
  • いろいろやっています
  • 若い人とゴルフをやると、飛距離でかなり置いていかれる。 歳だから仕方がないとはいえ、少しでも距離を取り戻したいものだ。 飛距離が落ちた原因の一つは、ボールのつかまりが悪く、引っ張りきれず、ボールが右に弱々しく出ることにあると思っていた。 そんな時、私が通っているセントラルスポーツで、健康器具PR販売をしていた若い衆が、クラブなしでスイングの格好をしていた私を見つけて、「ゴルフをやられるんですか?」と [続きを読む]
  • バックスイングを正しい位置に上げる
  • 最近ボールが右に出るようになって、それがスコアを崩す大きな原因の一つになっている。 フェイスローテーションなど、やってはみるが、答えは出ていない。 コースレッスンGen-Tenでお世話になった大矢隆司コーチが自身のFaceBookに「バックスイングを正しい位置に上げるドリル」という記事を投稿された。 偶然それを読む機会があり、私はバックスイングでどこに上げていいのかが分からなくなっていて、それを直せば右に出るとい [続きを読む]
  • リディア・コに学ぶ
  • 今回は、レッドベターから「Aスイング」の教えを受け、2015年の世界女子ランキング第1位の座についたといわれるリディア・コ(韓国系ニュージーランド人)のスイング画像を描いた。 彼女のスイングの中に「Aスイング」をふんだんに見ることができるので、以下に私専用のメモとして残したい。 なお、文章は、デビッド・レッドベター著の「Aスイング」解説書を引用して書いております。アドレス○股関節から前傾、猫背はダメ。 [続きを読む]
  • Route463のスイング動画
  • 私(Route463)のスイング動画である。撮影日:2017.06.13 カメラマン:kazuさん場所:新富ゴルフAスイングらしくなってきた気がする。公表するには恥ずかしいけど、79歳のじじいが頑張っている一つの記録です。こうして映像にして観ると、インパクト以降で前傾姿勢が崩れ、上体の伸び上がりがあるのがよく分かるね。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • Aスインクの「ダウンスイングドリル」
  • 以下は、解説書からの抜粋です。----------ショートアイアンでアドレスし、バックスインクする。十分に体をねじったトップを作ったら、動きを止め、2つ数える。その後、下半身を目標方向に滑らかに移動してから、体をねじり戻してボールを打つ。体をねじり戻す前に体重移動することが、ダウンスイングを正しい順番(下半身が上半身、腕、手、クラブをリードする)で行う助けとなる。動きを止めるところでは、少し我慢が必要。最 [続きを読む]
  • Aスイングのダウンスイング
  • 以下は、私のメモ用という目的のために、解説書からの抜粋したものです。----------1.切り返しがダウンスイングのスタートとなるが、上半身とクラブがバックスイングを終える前に、下半身はターゲット方向に動き始める。 スイングのパワーを生み出すために、切返しでは腰と肩のねじれ差が大きくなる。 この力強いダイナミックな切り返しの動きが、右肩と右ひじの連携動作をともない、手とクラブを地面の方向に下げる [続きを読む]
  • ダウンスイングをより簡単に!!
  • 以下はレッドベターの「Aスイング」解説書の抜粋です。----------この本で説明したバックスイングにおける体およびクラブのポジションは、すべて、ダウンスイングをより簡単に、繰り返し行えるものにすることを意図しているということです。 スイングにおいては、ダウンスイングのほうがより重要で、そこではより体の動きが主体となります。 最初のうちは、「Aスイング」のバックスイングに違和感があるかもしれませ [続きを読む]
  • 「Aスイング」のエッセンスを取り入れる
  • 前回私はゴルフ場のコース芝の上でレッスンしてきた記事を投稿した。 それを運営しているのがGEN-TEN社、そこで専属コーチをされている野村さんという方が投稿した記事、「Aスイングについて語りたい」を偶然読む機会があった。 それ以来、私は「Aスイング」についてもっと詳しく知りたくなった。 そこで、「Aスイング」の産みの親であるデビッド・レッドベターが書いた「Aスイング」という本を購入した。冒頭、次 [続きを読む]
  • コース内の芝生で練習できたらいいね?
  • 55年近くゴルフをやっているが、私の場合、練習といえばほとんどがマットの上にボールを置いてという方法しか選べなかった。 プロたちがやっているように、私もコース内の種々の状況(フェアウエイ、ラフ、傾斜面、バンカー、グリーン周り、30-40ヤードのショット、パッティング等)に身を置いて、そこで実際に打ってみて、その結果ミスが出たらコーチが直ぐにレッスンしてくれて、納得のいくまで何度でも練習ができた [続きを読む]
  • ゴルフ向上旅 世界巡り(3)
  • 今回もアメリカからの情報です。 画像元:Paul WilsonのCreator swing machine golf,Top Down View-Supper Slow Motion 日本ではめったにお目にかかれないクレーンから撮影したと思われる俯瞰画像である。 以下は私独断の備忘メモである。 テイクアウエイ1.骨盤前傾、股関節で包む。  ゆるゆるグリップ。2.手で上げない。右横の人と握手。  フェース角度は前傾角度に同じ。3.テイクアウエイは、右 [続きを読む]
  • ゴルフ向達熟 世界巡り(2)
  • 今回はアメリカをめぐりました。 画像元:ビジェイ・シン、トーナメントでのYoutube。使用クラブはFW。 以下は、今回の画像を見ながら、学びとった私用のメモ書きである。1.・グイッと右肩が後方に引かれ(赤)、顎が左肩の上に入っている。・右手のひらが上を向き、右肘が直角に曲がり、地面を指している。・手首と肘の形はインパクトまで崩すことなく保持すること。・下半身と上半身のバランスは最高、ダウンに備 [続きを読む]
  • ゴルフ向上塾 世界巡り(1)
  • モー・ノーマン「手首が右太ももの上に来たらグリップエンドを上に向ける」、この言葉に触発されて、それについて詳しく知りたくなった。 ネットが発達した今、触手をちょっと世界に向けて伸ばせば、見たこともないすごい画像にたどり着く。 ゴルフに関する情報の質と量でいうと、わが国を除き、アメリカと韓国が双璧をなしている。 そこにたどり着くには、キーワードとして、アルファベットかハングル文字を入力す [続きを読む]
  • これでゴルフが楽になりました
  • モー・ノーマンのスイング動画から学んだヒントによって、私のゴルフ哲学が変わった気がする。 そんなに大きな力を使わなくても、クラブを楽に振れるので、ゴルフが突然簡単になったかと思えるほどの心境になったからである。 そのヒントとは、 グリップが右太ももの上に来たら、グリップエンドを上左後方向(青い矢印の方向)に向けなさい というものである。上の画像を見てみよう。 ビジネスゾーンにお [続きを読む]
  • モー・ノーマンからヒントをもらう
  • モー・ノーマン(Moe Norman)は、カナダ出身のプロゴルファーで、数多くの優勝を飾っている。 プロ仲間の一人リー・トレビノは、「モーほど正確にボールを打つゴルファーは他にいない。彼はボールをいつも芯で捉え、ボールがどこに行くかを知っている」と賞している。 最近、私はできるだけ体重移動しない打ち方を心掛けてやっているが、長年沁みついたクセはなかなか消えなくて、何かいい方法はないかと、悩んでいた。 [続きを読む]
  • Rotaterをゴルフ練習ツールに応用
  • 韓国語版Youtubeをチェックしていたら、今まで見たこともない不思議な用具を使ってゴルフスイングの練習をしている映像が私の目に飛び込んできた。「えっこれ何?」と興味を持った。 その用具は、Rotaterという商品名であることが分かった。もともとは、肩の周辺をストレッチするためのツールとして、アメリカで開発されたものらしい。 それを韓国ではゴルフレッスン用のツールとして応用したと思われる。 動画を観 [続きを読む]
  • 今やっていることはこれです
  • 今私がやっていることの基本哲学は、腰痛に悩やまされながらもまだゴルフをやりたいと願う79歳の自分に適合した「安全で楽しいスイング」を身につけることにある。 この「安全で楽しいスイング」は、イ・ボミさんのスイングYoutubeと、Goldonegolfの板橋さんのレッスンYoutubeがほぼベースになっている。 忘れそうなのでメモとしてここに残すこととした。アドレスでは、やることが多いので、次のことをルーティン化し [続きを読む]
  • 骨盤を前傾させ、筋肉でやさしく包む
  • 積年の腰痛が少しでも改善するならと思い、フィットネスクラブに入り衰えた筋肉を鍛えることにした。 若くて可愛い女性トレーナーが付き、マンツーマンで鍛えてくれている。 猫背で骨盤が後ろに傾いている姿勢の悪さが腰に負担をかけている。 彼女はゴルフに詳しいわけでないが、トレーナーとして腰痛改善の視点で丁寧に指導してくれている。 彼女の指導:〇アドレスでは骨盤を前傾させて、 周りの筋肉を使っ [続きを読む]
  • Goldonegolfの教え
  • 前回に続き、ちゅうさんのスイングを作り上げているGoldonegolf主宰板橋コーチのゴルフ哲学ともいえる極意を私なりに理解して、練習場で実際にやってみた結果、腰痛予防としてもあわせてアドバンスがあったので、以下に紹介する。 Goldonegolf レッスン動画 ブログランキングに参加しています。ここを していただけると、ありがたいです。 ↓ ↓ ↓にほんブロ [続きを読む]
  • 腰に優しいゴルフを求めて
  • 昨年の夏、お尻から腰のあたりに痛みが出だした。MRIでは軟骨がすり減って神経を痛めている検査結果は幸いなかったが、50年以上も腰に負担のかかるゴルフをやり続け、その上、骨盤後傾の悪い猫背姿勢で生活をしてきたのだから、腰まわりの骨、筋肉、筋膜はとっくに悲鳴をあげ、結局は加齢(79歳)による筋力低下が腰痛の原因とされた。 病院は湿布と痛み止め薬を処方しただけだった。 ここで、ゴルフを終わりにしたくな [続きを読む]
  • テコの原理をゴルフに応用、それが4時半
  • テコを使うと、重いものや大きいものを、少ない力で動かすことができる、この原理は昔、物理の時間で学んだ。 ゴルフにこの原理を応用すると、重いクラブを、高齢者や女性の少ない力でも動かすことができる、となる。 腰痛に悩む私にはありがたいこと。 このことを教えておられるのが、Goldonegolf主宰の板橋コーチです。 以前から板橋コーチの動画レッスンはよく観ていて、それを練習に取り入れるようにして [続きを読む]
  • 右足前を見て,フォローまで振れ
  • 練習場でシャフト試打会があった。 ドライバーと9アイアンを打たせてもらった。 シャフトメーカーの社員(インストラクタ?と思われる)が、私のスイングを見て、直ぐに欠点を指摘してくれて、試打会というよりレッスンとなった。----------お客様は、ダウンスイングからインパクトにかけて、上体が左に動いて(突っ込んで)います。 これではボールの捕まりが良くなくて飛距離が一定しません。 なので、右足 [続きを読む]
  • タイガーウッズからの贈り物
  • お年玉は、イ・ボミのアイアンショット画像だったが、今回は全盛期のタイガーウッズのアイアンショット画像です。 複数枚の画像を重ねて作画するレイヤー機能を使っているので、まだ未熟もあり、一枚を仕上げるのに、何時間もかかる始末である。 今回取り上げるテーマは前回に引続き「本当のダウンブローとは」である。 まずは次の画像を見てみよう。トップ切り返しからハーフウエイダウンまでのクラブの動きを描い [続きを読む]
  • お年玉はイ・ボミのアイアンショット
  • あけましておめでとうございます。 私からのお年玉は、2年連続賞金女王イ・ボミのアイアンショットです。それにしても女子プロって、一般的に成人男子に比べて体力的に劣るのに、どうしてあんなに飛ばせるのか? 真中幾造さんは、彼のゴルフ理論の中で、彼女たちは重いクラブを、重力0に近くなるように工夫してスイングして、腕にかかる重さの負担を極力軽減することによって、ヘッドスピードを上げていると解説してい [続きを読む]